掲示板に戻る 前 10 次 10 1 - 10 最新 10

大人になっても魔法少女

[1:魔法少女(26) ◆RH0/Bng. (2017/11/08(Wed) 15:31)]
私は魔法少女歴13年のベテランである。
敵対していた悪の組織と親玉はとっくの昔に倒してしまった。
…世界は平和になったわ。
仲間たちはもうみんな引退して、結婚したり、それぞれの人生を歩んでる。
なのに、なんで私だけ未だに魔法少女続けてるのかしら?
ねえ、どうして? 答えてよ、シロ。

シロ「いだだだ! 髭を引っ張らないで! わ、悪者はまた来ないとも限らないから!
   その時、新人の魔法少女たちを指導する立場の人が必要なんだよおぉぉ!
   ほ、ほら、君の時だって魔女のお姉さん居たでしょお!?」

こいつは喋る白猫「シロ」、異世界の魔法王国の住人である。
私たちを魔法少女に仕立て上げた張本人。
そして、こいつの言う「魔女のお姉さん」とは、私たちに魔法少女の何たるかを教えた師匠。
役目を終えると、露となって消滅してしまったのだ。

…ってあのお姉さん、元魔法少女だったの?
確か200年ぐらい生きてるって言ってたけど、まさか私もそうなるの?

シロ「そ、そうだよ!
   元の肉体が寿命で死ぬと、次の魔法少女を指導する魔女に生まれ変わるんだ
   その時まで、君はずっと魔法少女を続けなくちゃならない」

どうして、どうして私なの!? なんで寄りによって!?

シロ「君はメンバーの中で一番魔力が高かった
   だから、僕が選んだわけじゃない…これは必然なんだ
   あのお姉さんだって、68歳で死ぬまで魔法少女だったんだから」

どうしてそんな大事なことを黙ってたのかって言ってんのよおぉぉぉ!

シロ「ぎ、ぎゃああああぁぁぁぁっ!!」


[543:魔法少女(22) ◆S6ELeVhI (2019/05/14(Tue) 01:15)]
>>339-340
はーい☆
今日も今日とて悪を滅ぼし平和を守る魔法少女!
トワイライト☆スズカけーんざん! ですっ。

キュウ「今日は別口のが2体出てきたようだの。心してかかれよ」

わかってるよ〜!
さーてっ、どんな相手でしょーか。
私の前に立ちふさがるなら薙ぎ倒すまでだけど……おぉっ、一人目発見!

怪人残業撲滅マン「疲れた社畜どもを徹底的に甘やかして二度と働きたくない気分にさせてやるぜー!」

なぁ……っ、日々お疲れ気味の社会人さん達に癒しを与えるだと……!?
逆に明日への活力出ちゃったりしないかな、そうなると本末転倒だけど大丈夫!?
っとぉ、今度は二人目も!

怪人ザンギョウダー「さぁ俺様の能力で朝九時から翌朝2時まで働くがいい!週五土日休時給1500円でな!」

……ぶ、ブラックだけどお給料ものすごく好待遇っ! 日給にして25500円……月給にして51万……!?
高収入のサラリーマン並みのお給料が出てると考えれば悪くはない……!

……わ、私には、この二人は倒せないっ!!

キュウ「早うやれ」

>>341
よくよく考えれば私結界張れたっけ。

キュウ「最近お主杖で殴ってしかいないからの……」

うるさーい。
っにしても、チョコだってわかってるけど、動きがキモチワルイ……。
近寄ってきたら的確に口の方に飛んできてるし……全く、食べ物で遊ぶなんてサイテーですよっ!!

キュウ「珍しく正論を言うの」

やるなら食べてもヘーキそうなカナタ先輩にお願いしますっ!!

キュウ「そのうち本気で怒られるんでないかのお主」

>>342
う、ううううるさいです……っ!
前も言った通り、やたらと珍問出したり、難易度上げたり、落単いっこで留年させたりする、がっこー側が悪いんです……!
私は普通、私は悪くないもん……っ。

キュウ「でもお主の周りはきちんと適応して試験通っておるがの」

キュウ「情弱情弱敗北者、負け犬コミュ障敗北者」

……〜〜〜〜!! きぃぃぃ〜〜……!!

>>343
わ、わーっ!
しー、しーっ! お願いです、言わないでー……っ!
そんなしたり顔を浮かべててもダメ、です!
バレたら私、カナタ先輩に何を言われるか……。

カナタ「てめえらちょっと待て。」

……っぴぃ。
ぶ、ぶぶ、無事、だったん、ですね……! カナタ先輩なら、無事だと信じてました……!
だ、だから、そ、その……お、お願いします、ゆるして、ゆるしてくださあい……っ!
ひぃぃぃぃーん……!

>>344-345
………………んー……。

…………どっちも、語呂が悪くない、です?
もうね、魔女とかの方が……よくない、かな。
あ、でも、魔女っていうのは、使われてるし……。

キュウ「代案もなしにごちゃごちゃ言うでないわ」

キュウ「お主はいいとこ、魔法NEETであろう」

に、ニートじゃないもん……Educationは受けてるもん……。


[544:魔法少女(22) ◆S6ELeVhI (2019/05/14(Tue) 01:45)]
>>347
く、国のえろい人ってどなたですか……?
で、でもですね、あ、あなたになんか言われなくても、知ってますよーだ……!

キュウ「…………」

……何も言わずに、黙るのは、やめて……?
しゅ、就活は、ほら、来年から始めるし……。
私だって、そ、そんな、怠けてるだけじゃないし……。
き、きっと、良い就職先だって、見つかるし……。

キュウ「…………」

……養鶏場の鶏を見る目、やめよ……?
そ、そろそろ、ほんと、つら……辛い……。

>>350
えっとぉ……。
私の杖、装飾がじゃらじゃらしてて、確かに重い、ですけどね。
こう、全身の力を、上手く使うとね……?

キュウ「いや魔法少女の力でぶん回してるだけだろうに、何をそれっぽい事言おうとしておる」

キュウ「お主ならブラスチックの棒を振り回してるようなものであろう」

……いや、だって、ね?
魔法少女の力で、って言うと、なんか……チープで……。

キュウ「だってもさってもチープもジープもあるか阿呆」

>>351
さ、流石に戦うのは無理……かなぁ……。
確かに、こう、巫女っぽいけど……。
そういう自然現象って、神様の御業と捕らえて、何とか静まってもらう方が多い……かなぁ。

キュウ「日照りに対して雨乞いをしたり、大雨の日には水神や雷神を鎮める儀を執り行ったり」

キュウ「あるいは魔法少女の能力を生かして、颯爽と人命救出に向かったり、かの」

キュウ「馬鹿正直に歯向かうよりもよほど効果的よな」

……まあ、本当に強い、魔法少女なら、台風の一個や二個、簡単に切り裂けちゃうんだろうなぁ……。
そういうのに、憧れてたから……ちょっと自分の弱っちさに、幻滅する時もあるけど。
でも、私は私なりに、頑張るって、決めたから。
うん、大丈夫。

キュウ「それ何度目の誓いかの」

……良い感じの流れ、だったのに……邪魔しないでよ……もう……。

>>355
ふんっ。
このトワイライト☆スズカによくもまあそんな提案を出せたものです。
その度胸だけは買ってあげてもいいですよ。

キュウ「何時にもまして勇ましいの此奴」

ですけどねっ!
そんな懐柔が私に通用すると思ったのが運の尽きです!
私は、世界の半分なんていらない……!
この世界が大好きだから、半分だけ貰ったところで嬉しくともなんともない!

キュウ「ほう、此奴も成長したものだの……」

―――どうせなら全部差し出してくださいっ!!
それなら考えなくもないですっ!!
さあ、オールオアナッシングです!!
出すんですか?! 出さないんですか!?

キュウ「成長どころか悪化しておった」


[545:名無しさん@お腹いっぱい。 (2019/05/14(Tue) 18:18)]
おお、削除基準日から一ヶ月経ってまさかの
奇跡も魔法もあるんだねっ!


[546:名無しさん@お腹いっぱい。 (2019/05/15(Wed) 00:57)]
魔法少女アイドルということでよろしいか?


[547:魔法少女(22) ◆S6ELeVhI (2019/05/15(Wed) 01:32)]
>>356
……なんで、カナタ先輩……って、こんなに、おちょくられるんだろ……?
ふつーに、魔法少女してる姿は、格好良い、と思う……んだけど、なぁ。

キュウ「お主目が見えぬのか?」

その返しは、ひ、酷くない……!?
あ、あれでも、私の憧れ……憧れの先輩、なんだけど……!

キュウ「まあお主は13年前から背中を追いかけてきたからの、わからんでもないが」

キュウ「それはそうとして、あの反応の良さはどう考えても芸人のそれよな」

……わ、わからなくも、ない。

>>358
キュウ「もうそうなると不老不死を完成させておるのではないかの」

キュウ「つまりロリババアという奴だの、見た目は違和感ないから問題無いわな」

キュウ「(48)とかは……うむ……外見が相応だと、直視したくない類だの……」

ま、まあ、48歳とか、私にとってはずーっと先……だし?
そんな風にはならない……かなぁ……。

<このまま続けていたら、あんたもいずれそうなるのよっ!?

うっ。
……で、でも、ほら、うん、私はその前に辞めますし……多分、きっと……。
……辞められる、よね?

キュウ「知らん、儂の管轄外、お主次第」

何、そのカタコト……。

>>359-360
あー、確かに、なってそう……です。
先輩方が、魔法少女になってから、13年。
当時、二十歳近くだったとしても、三十路過ぎ、ですから、ね……。

キュウ「真っ当な感性しておったら、年相応の格好ぐらいするんじゃないかの」

キュウ「未だにぱっつぱつのぴっちぴちな全身タイツなんぞしていたらそれはただの痛々しい熟女だからの」

…………私は、それ、見たくないなぁ……。
あれは、あれで、格好良かったし……思い出は、綺麗なままに……しておきたいなぁ。

キュウ「まあ、淑女となっておる方が可能性は高かろう」

キュウ「そうでなければ此奴をけしかける」

……え?!


[548:魔法少女(22) ◆S6ELeVhI (2019/05/15(Wed) 01:32)]
>>348
キュウ「とかなんとか言ってるうちになんか出てきたの。カナタの知己らしい」

わー……凄い、艶やか。
流石に、ああいう風には……なれない、けど。
あんな感じに、ハキハキした、態度には……ちょっと、羨ましい、かも?

……カナタ先輩、楽しそう、だなぁ。
やっぱり、敵同士でも、懐かしいもんね……ああいうの、いいなぁ。

キュウ「そのうちお主も昔の知り合いが出てくるかもしれんの」

キュウ「今みたいに裏表あるわけでもなく、阿呆みたいにきゃっぴきゃぴしてた頃の知り合いがの」

……い、イメージ変わったね、って言われること……多いから、やだぁ……。

>>363
ふぇ……!?

キュウ「年下狙い、そういうのもあるのか」

い、いやいや、いやいやいや……わ、私、そういうの、まだ、早いかなーって……!
お、男の人、と、なんて………………む、むり。

キュウ「年齢以前にそういう経験もないこの万年喪女にはそもそも男自体が無理よな」

う、うるさい……っ!!

>>364
キュウ「m9(^Д^)」

こ、こら、キュウ……!?
通行人に、混じって、何してるの……!

キュウ「呵々々、折角だし便乗しておこうかと思っての」

キュウ「うん? どうしたかの? 煽られただけで堪忍袋の緒が切れるのかの魔法少女とやらはの? んー?」

ば、ば、ばか……!
せ、先輩が、怖い目をして……さ、サイズを、振りかぶってるからぁ……!
あ、あ、あ、あわぁぁー……う、うちの、馬鹿狐が、ごめんなさいぃー……!!

>>366
そ、それは、もう、ご飯じゃ……?
お夕飯、というか、宅飲み、的な……。
あ、あと、ビールは、私、あんまり……。

キュウ「此奴は下戸での」

う、うん。
だから、そもそも……あんまり、お酒は……。

キュウ「そのくせ飲み始めたらべろんべろんになるまで飲むから性質が悪い」

キュウ「いっつもいっつも貧相な体晒してイビキかいて寝始めるのを見ねばならん儂の気持ちにもなってほしいものだの」

ばっ……ぎゃ、ぎゃあー……!?
そ、それは、言わない約束、じゃない……!?


[549:魔法少女(22) ◆S6ELeVhI (2019/05/15(Wed) 01:32)]
>>367
さ、最悪だー……。

キュウ「近年稀に見る外道だの」

キュウ「だから気に入った」

気に入った、じゃ、ないでしょ……!?
もう、本当、この馬鹿狐、面倒くさい真似ばっかりするんだから……。

キュウ「お主ほど面倒くさくはなかろう。ん?」

……表、出なさい?

>>545
キュウ「奇跡も魔法も絶望も関係ないと思うがの」

キュウ「単に怠け者が冬眠から這い出てきただけのことよ」

わ、私を熊か何か、みたいに、言わないの……!
口の悪さは、全然、変わらないんだから……。

え、ええと、そういうわけなので……。
い、今暫くは、ご安心、ください。
み、見守ってくださると、う、嬉しい……です。

>>546
ち、ちち、違います……!
ひ、人前で、歌ったり、踊ったり、なんて……む、無理無理ぃ……。

キュウ「そもこんなのがアイドルなぞ、ちゃんちゃら可笑しくて臍で茶が沸くの」

キュウ「人目につくのが嫌いで何がどうして魔法少女なぞなったのかわからん」

あ、あの頃は、始めた頃は、気にならなかっただけ……。
今は、ちょっと……うん……。
ちゅ、注目されたりとか、苦手に、なっちゃって。
深い理由、とかは……特に、ないんです、けど……。

キュウ「……自覚のないコンプレックスといったところかの」


[550:名無しさん@お腹いっぱい。 (2019/05/15(Wed) 03:37)]
おお、復活してるじゃん
いつ消えるかわからないからヒヤヒヤしたよ


[551:名無しさん@お腹いっぱい。 (2019/05/15(Wed) 19:59)]
魔法少女の条件は美人or可愛いでなくてはならないんだよ

と萌え豚が言ってた


[552:名無しさん@お腹いっぱい。 (2019/05/17(Fri) 19:43)]
ぼくらの魔法少年で最近は男の娘が増えてる


掲示板に戻る 前 10 次 10 1 - 10 最新 10

NAME:
MAIL:

read.cgi ver.4.21.10c (2006/07/10)