掲示板に戻る 全部 前 50 次 50 1 - 50 最新 50 スレ一覧

【神魔の領域】幻想世界の住人達U【夢幻の存在】

1 名前:人造不死者アリシエル ◆ice7ZQAw 投稿日:2017/11/20(Mon) 06:00
ここは、現実世界では神話や架空の英雄譚にのみその名を見る事の出来る、
様々な異形や神秘の存在…。そして、彼らと共に生きる幻想世界の人間達の集う場所。

浮世の疲れも課せられた使命も忘れ、一時の休息を楽しみましょう……。


スレッド内ルールはこちら。

・荒らし、煽りに類するレスは一切無視して下さい。彼らに構う方への扱いも同様で。
・キャラクターハンドルでの参加者は、ファンタジー系列のオリジナルキャラクター限定。
・基本は全年齢対応の質雑ですので、過剰なセクハラや最強厨等はご遠慮願います。

……それでは、皆様の参加をお待ちしています。

前スレ
【神魔の領域】幻想世界の住人達【夢幻の存在】

167 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/04(Sun) 22:09
おや?こんな夜更けに旅人さんかい?
ここはハッカガム鉱山街だよ
西に行くとワンワンオの港町があるよ
さて、これくらいでいいかな?
後はそこの看板を見てくれ
俺はもう入り口で土地を説明するだけの生活に疲れたんだ・・・

168 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/05(Mon) 07:46
モンスターが3匹うろついてるな
人に危害を加える前に狩っておくか
くらえ!レインスラッシュゥゥゥウ!!!

169 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/05(Mon) 12:17
???「あたし不老不死な見た目17歳の魔法使いなんだよ!」

170 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/05(Mon) 21:44

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
  /   ,――――-ミ
 /  /  /   \ |
 |  /   ,(・)(・)|
  (6       つ  |
  |      ___ |  
  |      /__/ / 
/|         /\ 

171 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/06(Tue) 09:22
???「ヤッホアリス!あたしの名前決めて!」

172 名前:人造不死者アリシエル ◆ice7ZQAw 投稿日:2018/02/07(Wed) 08:00
>167
あ、ちょっと…! ねえ、少しいい?
ココって一体どの辺りなのか教えてくれたら助かるんだけど……。

……そ、そぉ。聞いた事ない名前ばっかだし、こりゃ大分遠方まで連れ去られたって事かぁ。
あ、うん…ありがと。何かよくわかんないけど、仕事でもないのになんでまた。
とりあえず誰にも強制されてるんじゃないなら、当分は休んでてもいいんじゃない?
好きでもなくて得にもならないって思う事だったら、無理して続けたって身体にも毒だよ。

>168
エルミーシャ「ひぅ!? な、なに…?
ひとにきがいなんて、そんなこと…しないよぅ。
ただ、ゆくえふめいになっちゃったアリスのこと、さがしてるだけなの……!?」
タラスクス「グルアァァァァァァァァ!!!!」
ビオランテン「!!((ll゚Д゚;乂))」(殺意と害意を感じ取って妖魔の眼前に数本の蔦を伸ばす)
エルミーシャ「だ、だめだよぅ…! ここであばれたら、たいへんなことになっちゃ…!?」
(突如三体の魔物の姿が収縮し、凄まじい勢いで遠方に吸い込まれて姿を消す)

アリシエル「ふぅ…っ、間に合ったぁ……。看板に従って急いで宿取った街に戻ったらコレだもんねぇ。
ひとまずは騒がれる前に回収出来て良かったわぁ…。さて、と…長居は無用だしさっさとココを離れるとしましょっか。」

>169
エルミーシャ「えぅぅぅぅぅぅぅ!! アリスぅぅぅぅぅ!!!!」
タラスクス「ガウッ! ガフォッ!!」
ビオランテン「!!(ヽ(*≧ω≦)ノ)」
アリシエル「あぁもう! みんなして大袈裟なんだから…ってか、
ちょっと苦しいから全員で迫らないで少し離れ…むぎゅ。」

アリシエル「……でも、ありがと。それに、心配かけてごめん。」
エルミーシャ「えっぐ、ひぐ…っ。ぶ、ぶじでよかったよぅ……って、だれなの?」
アリシエル「あ、そ…そぉ。でも、取り込み中に急に横からそんな事言われても…ねぇ。」
エルミーシャ「それって、にんげんじゃないよね…? いったい、なにものなの?」

>171
アリシエル「いや、だからいきなりそんな事言われてもさぁ…。」
エルミーシャ「すぐにはそんなの、きめらんないよぅ…。」
アリシエル「てか何でわたし? 普通、そぉ言うのって、
親御さんとか親しい身近な人に決めて貰うものなんじゃないの?」
エルミーシャ「どうして、しょたいめんのアリスなの?
しらないひとより、しってるひとのほうがだんぜんいいとおもうんだけど……。」

173 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/07(Wed) 09:21
???「てへ。転生特典で不老不死な見た目17歳の魔女っ娘になったんだよー!」

174 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/07(Wed) 22:50
(アリシエルの脇腹をくすぐる)

175 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/08(Thu) 06:40
初老の導師「目標を見失っただと?何をやってるんだ!」
ゴリラ「ウホーッ!!(激しく胸ドラムを打つ。)」
初老の導師「ね。ねぇ…ほんと何やってんの…?」

胸ドラムの振動は人には聞こえない音域で遠くアリシエルの周辺まで轟いた。

猫「うにゃっ!?(音で目を覚ましアリシエル達の追跡を始める。)」

176 名前:一張羅コートの男 投稿日:2018/02/08(Thu) 22:43
・・・。
(コートを開くと、そこには男の生まれたままの姿が!)

177 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/08(Thu) 23:00
あ、ギルドのアリス先輩じゃないですか、どうも
…なんでこの女この寒いのにミスニカなんだろ(ボソッ
いえ、何でもないです
ちょっとこれからダンジョン行くんで今日はこれで

178 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/09(Fri) 05:16
さっきの奴が言ってたウルトラ…?ウスルラぁ?だったかなあ?んん〜どっかで聞いた様な覚えがあるんだがなあ?……いてっ!
おう、ぶつかってわりいな姉ちゃん。おいらちと考え事しててなあ。……まあ思い出せないようなら大した事じゃねーんだろうな。ブツブツ……

179 名前:人造不死者アリシエル ◆ice7ZQAw 投稿日:2018/02/09(Fri) 12:00
>173
エルミーシャ「ふぇ!? えぇぇぇ!?」
アリシエル「いや、それ…さらっと言ってるけどさ、
わたし達の世界じゃ禁術でも完全には踏み込めない神の領域なんだけど……。」
エルミーシャ「それ、こっちじゃさいこういの『しんぞく』や『まぞく』のだよぅ。
ほかのせかいとかじげんは、そんなことまでかんたんにできるの…?」

>174
アリシエル「ひゃ!? くく、うひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!」
エルミーシャ「ちょ、ちょっと…だめー! アリスにへんなことしないでー!!」
タラスクス「グルルル…ゴギエェェェェェ!!!!」(威嚇の咆哮)

>175
アリシエル「……あーもぉ、油断も隙もないわ。
で、さっきベッドに潜り込もうとしてた変なのはどぉしたの?」
ビオランテン「!(Σd=(・ω-`○))」
アリシエル「とりあえずとっ捕まえて窓からポイ、ねぇ…。
まあ、怖いボディガードに摘み出されたってわかったらもぉ来ないでしょ。」

タラスクス「グル…?」
アリシエル「何よ、どぉしたの? …って、術士っぽいお爺さんとゴリラ?
芸の調教でもしてるんだろうけど、あんまり上手く行ってなさ気?」
エルミーシャ「ずっと、おこってばっかりだもんね…。
……あ、ねこちゃんだ。どうしたの?」

180 名前:人造不死者アリシエル ◆ice7ZQAw 投稿日:2018/02/09(Fri) 12:02
>176(一張羅コートの男)
アリシエル「……。」
エルミーシャ「……。」
タラスクス「……。」
ビオランテン「……。((。´・ω・))」

アリシエル「っぎゃああああああああああああああああああああああああああああ!!!!」(バギィッ!!)
エルミーシャ「え、えぅ…あぅ…///」
タラスクス「…グル。」(心なしか青ざめた表情で派手に吹っ飛ばされたコートの男を見ている)
ビオランテン「…。(┐(´ー`)┌)」

>177
アリシエル「はぁい、元気してる? …って聞こえてるっつーの。
今日はたまたまちゃんと洗ってたのがコレだけだったからよ、恥ずかしい言わせんな。」
エルミーシャ「めいきゅうに、いくの…? きをつけてね……。」

>178
アリシエル「わわ…っ! ん、もぉ…気を付けてよね。
考え事もいいけど、ちゃんと前は見なさいよ?」

エルミーシャ「ね、ねえ…アリス? さっきのひとがいってたなまえって…?」
アリシエル「間違って憶えてるっぽいけど、ウルスラさんの事、なのかなぁ…?
あの人、ギルドでも数少ないA級の冒険者だし、そりゃまあ聞いた事位はあるでしょ。
……まあ、飽くまでもわたしらの世界での話だったら、だけど。」
エルミーシャ「……だよね。にたようなとか、おなじなまえのちがうひとのことかもしれないし。」

181 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/09(Fri) 12:04
冒険者のランクってどうやって決められるの?
実績やら何やらで定期的に査定あったりする感じ?

182 名前:触手男 投稿日:2018/02/10(Sat) 01:45
貴様のサードアイをよこせーーーっっ!!!!!
ウネウネウネウネウネウネウネウネウネウネ

183 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/10(Sat) 15:08
ビオランテンって奴はいつ頃から出てきたの?
気になるのでよろしければ教えてください

184 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/10(Sat) 20:43
ゴリラ「ウホウホ」
初老の導師「猫が戻って来ただと?何か情報は掴めたか?」
猫「にゃん」
初老の導師「そろそろ魔物どもの戦闘能力を知りたい所であるが…」
猫「にゃーにゃー」
ゴリラ「ウッホッホッ」
初老の導師「…ええい!埒が明かん!いっそ私が直々に戦ってデータを取るか…!」
ゴリラ「やめておけ。お前には荷が重い」
初老の導師「!?」

185 名前:人造不死者アリシエル ◆ice7ZQAw 投稿日:2018/02/11(Sun) 08:00
>181
アリシエル「そぉそぉ。何はともあれ、実績が全てって感じなのよねぇ。」
エルミーシャ「なにか、すごいかずの『とうばつ』とかこなしてやっと…ってとこ、みたいな。
それに、なにかしっぱいしたら…ひょうか、おおはばにさがっちゃうの。」
アリシエル「まあ、何はともあれ信用第一だからなぁ…主に実力的な意味で。」

>182(触手男)
エルミーシャ「ひぅ!? や、やぁー!! きもちわるいよぅ…! こないでー!!!!」
アリシエル「ただの宝石だと思って狙って来た…って風でもなさそぉだけど、
だからと言ってコレが何か知った上でも、って感じでさえなさそぉなのがどうも引っ掛か…ぎぃっっ!?」
(額に埋められた翠玉に触手が触れた途端、魔力振動が発生して激しく悶絶)

タラスクス「ガガッ!? グ…ギガァァァァァァァァァ!!」(激しい絶叫と共に異形の男目掛け激しい炎を吹き付ける)
ビオランテン「…。((・0・。))」
エルミーシャ「すっごい、もえてる…。それより、アリスぅー!!」

>183
ビオランテン「…。((*'へ'*))」
アリシエル「いつから…って言われたら、そぉねぇ…。」
エルミーシャ「たしか、おととしのクリスマスのとき…じゃなかった?
あのとき、ツリーがないからっておおさわぎしてたひといたから…。」
アリシエル「そぉそぉ。その時にコレなら丁度いいか、って事で呼んだのよねー。
結構長い間休ませてたし、たまには外に出してあげようって思ったから。」
ビオランテン「!!(ヽ(*´□`)ノ゙)」

>184
アリシエル「……てかまだ揉めてたんだ、あの一人と一匹。」
エルミーシャ「なんか、さっきのねこちゃんもあっちにいるよぅ……。
でも、やっぱりまだおこってる…。なにが、きにいらないんだろ?」

タラスクス「……グル!?」
ビオランテン「!?(( ゚ ω ゚ ))」
アリシエル「えぇ!? 何よそれ!? いきなりゴリラが人の言葉喋ったって…。」
エルミーシャ「ほんとなの…? ここからじゃ、こえ…きこえないけど。」

186 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/11(Sun) 09:25
ここら辺では見かけないお嬢さんね
貴女も医学の神に会いにいらしたの?

あら、ご存知無いのかしら?
あの山の洞窟に住むケンタウロスは呪術や瘴気など
あらゆる要素によって変貌した体を健康状態に戻せるのよ
だから医学の神と呼ばれているの


ただし殆どの人は治療時に苦痛のあまり発狂してしまうのだけれど……

187 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/11(Sun) 10:44
おーい、忘れてねえだろな女共ー?
チョコくれよ、チョコ!

188 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/11(Sun) 17:02
おまえのような存在にも好きな人はいるの?

189 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/11(Sun) 20:57
アズサ「あたしね、転生前の世界では過労死したからさ…」

190 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/11(Sun) 21:41
エロミーシャにボンデージ着せたい

191 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/12(Mon) 11:19
アズサ「上げとくね!」

192 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/12(Mon) 19:53
ゴリラ「ウホ?」
初老の導師「彼女達を倒したいのか、だと?いや、特にそんな事は無いが、召喚の研究に使う為使役している魔物を一体捕獲したいのだ」
初老の導師「戦闘力もおつむも弱そうなセイレーン辺りが狙い目だな」
猫「にゃーお」
初老の導師「む?これは奴の呼び子じゃないか!いつの間にくすねていたんだ。野良の癖にやるじゃないか!よしよし」
猫「にゃん♪」
初老の導師「……」

初老の導師「……早速吹いてみたい所だが…これ間接キスにならんかな…?」
ゴリラ「借せ」

(澄んだ音が辺りに鳴り響く。)

初老の導師「おぉ…(いった〜!。)」

193 名前:人造不死者アリシエル ◆ice7ZQAw 投稿日:2018/02/14(Wed) 08:48
>186
アリシエル「ええ、まあ…ってか、ぶっちゃけると他所の世界の、ですし。」
エルミーシャ「いがくの、かみさま…? ケンタウロスが…?」
アリシエル「……わたし達の世界のとはまた勝手が違う存在の様な。
こっちのだったら一族だけで集団作ってる様な手合いは弓術に長ける狩猟民族だし。」

エルミーシャ「そのはなし…ほんとだったら、アリスもみてもらったほうがいいかも。でも…。」
タラスクス「…グム。」
アリシエル「呪術とか瘴気、ってのが何だかねぇ…。
とりあえず、実際に治療受けたって人に話聞いてから考えた方がいいかも。」

>187
アリシエル「……はぁ、またか。ってかあんたら、何でいつも懐具合が悪い時にばっか……。
まあ、非常食用に取っておいた板のがあるから、それでいいでしょ?」
エルミーシャ「……!」(人造不死者が板チョコを取り出すと同時に素早く別のを奪い取る)
アリシエル「…ってか、ルミィも何してんのさ?」
エルミーシャ「こ、これ…おやつにとっといたのだもん!
ぜんぶはあげないもん!! はやいものがちー!!!!」
ビオランテン「…。((ーー;).)」
アリシエル「だよねぇ。気持ちはわかるけど、そこまで必死にならなくても…。」

>188
アリシエル「そりゃあ居るわよ…ってか、何よその言い方。感じ悪っ。」
エルミーシャ「ひどいよ…。ひとじゃなくなったら、ひとすきになるのもだめなの…?」
アリシエル「ま、まあ…好きの意味も色々あるだろぉけど、
正直『恋愛』って言うのだったら、そぉ言うのはあっても隠しちゃうかなぁ?
わたしの場合は、普通の生き物とはもう同じ時を歩めない身体なわけなんだし。」
エルミーシャ「ちがいがありすぎると、やっぱりさけられちゃうから…。」

194 名前:人造不死者アリシエル ◆ice7ZQAw 投稿日:2018/02/14(Wed) 08:50
>189、>192
エルミーシャ「ふぇ!? そうなの?」
アリシエル「過労って言う位だから相当な苦労したんでしょうけど、
死ぬまでって一体何やってたのよ? まあ、良い事とはとても思えないけどね。」
ビオランテン「……。(畄⌒ヾ(・ω-。))」
アリシエル「『ようわからんけど大変やったんやね。コレあげるから元気出しいよ!』…ですって。」

つ もぎたてクランベリー数十粒

>190
エルミーシャ「えぅ…。なまえ、びみょうにまちがってるよぅ……。」
アリシエル「てかルミィにそんなの着せてどぉする気なのさ?
あんまり変な事考えてたら、ただじゃ済まさないから。」
タラスクス「ガウ…。」
アリシエル「『嬢ちゃんに言わねーって事は、やっぱ似合ってないし命も惜しいからかぁ?』だってぇ?
うっさい! 色気のあるのが似合わんで悪かったわねぇぇぇ!!」

>192
アリシエル「……っ!?」
ビオランテン「…?((。´・ω・))」
アリシエル「ないっ! ないのよ!! さざ波の呼び子がないの!!」
タラスクス「フガッ!?」
エルミーシャ「ど、どこでおとしちゃったの!?
アリス、いつもちゃんとふところやポーチにいれてるよね!?」
アリシエル「そ、その筈なんだけど、ふと手をやったらどこにもなくて…。」
エルミーシャ「ど、どうしよう…。やすむとこ、なくなっちゃったよぅ…!」

アリシエル「まあ、休眠の為の場所がなくなって、
過剰な疲労で動けなくなったら癒しの眠りにつけなくなるだけなんだけど…でも。」
エルミーシャ「このままほっといたら、アリスにも『ふか』がかかっちゃうから、
はやくさがすか、なくなったらあたらしいのつくらなきゃ…ふぇ?」
タラスクス「…ウガ?」
エルミーシャ「これ、よびこのねいろ…。もしかしたら…!」
アリシエル「誰かが拾ってただの楽器だと思って吹いてるのかもね。
でも、思ったより近くで良かったわ! とりあえず、行ってみるっきゃないわ!!」
ビオランテン「!(ヽ(・ω・` )ノ=з=з=з)」

195 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/14(Wed) 12:19
アズサ「ちょっとね…お仕事が忙しくてさ?」

196 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/14(Wed) 12:37
やあアリス、君の仲間になりたいって人たちが来ているぞ
こちらの黒髪で目付きの鋭い男は熟練のゾンビハンター
赤い鎧を来た少女は正義の心を持つゾンビだ
青い服の女性はさっきゾンビに噛まれて来たんだってさ

197 名前:テンパッた男 投稿日:2018/02/14(Wed) 17:22
あ・・・うおっ・・・チョッ、チョコッ、あ、ありがと・・・
ずずっと・・・ずっと大切に保存しておくから・・・・・

198 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/15(Thu) 14:52
アリシエルはここの名無し達の事、どう思ってる?
前スレでは、アリシエルに告白した名無しとかいたけど。
そういうの迷惑?

199 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/15(Thu) 19:29
久しぶりに見た時はあれ?こんなトリップだったっけ?と思ったけど
のうみそエルミーシャにしてふかくかんがえるのはやめた(^q^)

200 名前:人造不死者アリシエル ◆ice7ZQAw 投稿日:2018/02/16(Fri) 12:08
>195
アリシエル「いや、まあそりゃそれも可能性はあるだろぉけどさ…。」
エルミーシャ「それでも『げんど』があるとおもうよ…?
しぬまでさせられるしごとって、どんなの? なんか、こわい…。」

>196
アリシエル「……はい? 仲間って言われても、一体どんな?
ま、まあ…わざわざ指名してくる位だからあんまり悪い気もしないんだけ…ど。」
エルミーシャ「ふぇ!? えぇ!?」
タラスクス「フゴ!? ゴウッ!!」

アリシエル「ちょ、ちょっと待てぇぇぇぇぇぇ!!
ゾンビってあんた、それ動屍体でしょうがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」
エルミーシャ「え、えと…それより、『ゾンビハンター』って、
ようは『しにぞこない』かりをせんもんにしてる『かりゅうど』や『せいしょくしゃ』…だよね?
どうみても『けんえんのなか』とか『ふぐたいてんのてき』なのに、なんでいっしょにいるの…?」
ビオランテン「…。((ーー;).)」
アリシエル「だよねぇ…。どぉ見てもあなたの言う通り『即仲間割れ必至なあかん奴』だよねぇ…。
と、とりあえずやんわりお引取り願うしか……はぁ。」

201 名前:人造不死者アリシエル ◆ice7ZQAw 投稿日:2018/02/16(Fri) 12:12
>197(テンパッた男)
アリシエル「そ、そぉ…。なんかそこまで喜ばれると、
こっちが逆にすんごく申し訳ない気がしたりするんだけどなぁ…。」
エルミーシャ「え、えと、あの…それ、たべものだよ? おかしだよ?
おいとくのじゃなくて、たべるの。たべもののプレゼントは、おいとくほうがしつれいなんだよ…?
たべてほしいっておもって、あげるのなんだから…!
ほら、たべよ! おいしいの、いっしょにたべてもっとたのしくなろ?」

タラスクス「…ガフ?」
ビオランテン「…。((・0・。))」
アリシエル「な、何でルミィ…こんなに積極的なんだろ?
甘いものとかお菓子とか、取られるの物凄く嫌がる子なのに……。」

>198
アリシエル「どぉ思ってるって言われても…ねぇ。」
エルミーシャ「ひとそれぞれ、ってしかいいようがないよぅ……。」

アリシエル「ん〜、まあ…告白とかは確かに想われてるって事は嬉しいかも、だけど…。
でも、やっぱりあんまり交流のない人だとか初めて会う人だったら『え?』ってなるわよ。
それに、わたし自身がこの身体のせいで色々偏見やら何やらで酷い目痛い目見てるし、
一緒になってくれるとか好意向けてくれる人が居たら嬉しいって思う反面、
巻き込んで酷い目に遭うとかって事になったら、辛いってもんじゃないからなぁ…。」
エルミーシャ「いいひともいてうれしいけど、やっぱりこまっちゃうこと…あるかも。」
アリシエル「そんなトコも含めて、遊びに来てくれる事はやっぱり嬉しいかなぁ。」
エルミーシャ「でも、えっちなのやこわいの、いじわるなのはいや……。」
アリシエル「わたしは兎も角、ルミィは泣かされっぱなしだもんねぇ…。」

>199
アリシエル「あー…それなんだけど。
前に居たトコで使ってたのと『鍵』その物は同じなのよ。」
エルミーシャ「でも、ここじゃちょっとちがう『きごう』になっちゃうみたい……。」
アリシエル「ぶっちゃけるとそぉ言う事だから、あんまり気にしないで。
……って、ちょっとぉ。その脳味噌何たらって…どぉ言う意味よそれ?」
エルミーシャ「なんだか、いやなかんじのかお…。
よくわかんないけど、すっごくばかにされてるきがするよぅ……。」

202 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/16(Fri) 12:17
アズサ「へへ…ちょっと、ね?社畜だったんだよあたし」

203 名前:触手男 投稿日:2018/02/16(Fri) 15:04
人間なんてくだらない!
俺達は錬金術によって生まれ変わった選ばれし崇高な存在なんだ!
それをわかるんだよアリシエル!!!!

204 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/16(Fri) 19:29
冒険者もサバイバル時は捕らえた兎を捌いたりしてるの?

205 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/17(Sat) 22:40
光を散りばめた蝶の様な妖精が妖魔達の周囲でひらひらと舞い踊っている
「妖精の森においでよ!そこでは魔物も妖精もみんな仲良く楽しく暮らしているよ!」

206 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/18(Sun) 07:44
初老の導師「ふむ、呼び子を吹いても対象を召喚出来るわけではないのだな」
初老の導師「或いは触媒そのものではなくエネルギーの補助に当たるマジックアイテムか?だとすれば他の魔物も同じ様に…」
ゴリラ「♪〜♪〜♪」
初老の導師「…おい、うるさいぞ。誰かに気付かれたらどうするんだ。って、来たー!」
ゴリラ「ウッホッホッ♪」
初老の導師「ここは貴公に任せるからな。どうにかしたまえ。では!」

(導師が逃げた後、ゴリラはちり紙で拭いた呼び子を照れ臭そうにアリシエル達へ差し出した。)
ゴリラ「ウホォ…///」

207 名前:人造不死者アリシエル ◆ice7ZQAw 投稿日:2018/02/18(Sun) 22:00
>202
アリシエル「はあ…。まあ、言葉濁す位だから思い出したくもない事なんだろぉし、
言いたくないならそれ以上は無理に聞こうとかは思わないけど……。」
エルミーシャ「よっぽどつらくて、何もできないまましんじゃったんだよね…。
……でも、『しゃちく』ってなに? こっちじゃ、ぜんぜんきかない『たんご』だし。」

>203(触手男)
アリシエル「っ!? あんた…生きてたの!?
あいつの炎まともに浴びて燃え上がってたのに!?」
タラスクス「グオッ!? グ、グ…!」
エルミーシャ「えうぅぅ…。こ、こわいよぅ……!(ふるふる)」

アリシエル「……まあ、確かに寿命も百まで保てばいい方で、
基本能力もどうかと言われれば弱くて脆い方なヒトの諸族なんて、
あんたみたいな異形の力やら不老不死みたいなのを欲しがる連中にとっては、
そりゃもう下らないとかつまらない、なぁんて思うんでしょうけどね。」
ビオランテン「…。((*´・д・))」

アリシエル「でも、別に欲しくもないのにヒトだった事と引き換えにされて、
こんな生命の理からも無理に外されて得てしまった力のせいで、わたしはずっと苦しんだのよっっ!!
あんたみたいにヒトだった事平気で止めてまでそんな力が欲しい奴らの事なんてわからないし、
これからもずうっと、わかりたくもなんかないわよっ!!!!」
エルミーシャ「アリス…。」

>204
アリシエル「兎が、ってよりは捕らえた獲物全般に言える事ね。
獲ってすぐにでも処理しないと、いざって時にすぐ食べられないし。」
エルミーシャ「いのししとかしかも、すぐかいたいするよ…。」

208 名前:人造不死者アリシエル ◆ice7ZQAw 投稿日:2018/02/18(Sun) 22:01
>205
タラスクス「ガウ?」
エルミーシャ「あ、ようせいだ……。」
アリシエル「あら。いつの間にか妖精の支配地に入ってたんだ、わたし達……。
それにしても、ひと口に魔物って言うけど、どんなのが居るんだろ?」
エルミーシャ「やっぱり、まじゅうとかげんじゅう…なの?
ようせいといっしょにくらしてるの、だいたいそういうのだから。」
アリシエル「それか樹霊みたいなのでしょ。ココって森だし。
まあ、何かお誘いっぽいし、今から少し遊びに行ってみるってのもいいのかな?」
エルミーシャ「まだ、たびのとちゅうだからながいはできないけど…。」

>206
ビオランテン「!!((σ`3´)σ)」
アリシエル「音が近くなって来た…。こっちで合ってるみたいね!」
エルミーシャ「……あ、だれかいる。でも、ひとじゃなくて…ゴリラ?」

アリシエル「コレ…失くしたわたしの呼び子! ああ、良かった!!
とりあえず、あなたが拾ってくれてたんだ…ありがと。」
エルミーシャ「よ、よかったよぅ…。ほんとになくなったら、どうしよう? っておもってたから…。」
タラスクス「…グル。(しかめっ面)」
アリシエル「そぉ言えば何か唾っぽい臭いするわねぇ…。
まさかと思うけど、さっきまで吹いてたのって……いや、まさか…ねぇ?」

209 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/18(Sun) 23:30
そんな…あんなかわいらしい兎さんや鹿さんをたべるなんて…うっうっ

210 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/21(Wed) 12:41
むしろ魔物だから可愛らしいのやいたいけなのから餌食にするんだろ

211 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/21(Wed) 18:25
ぼく知ってるよアリシエルが昔百合営業やってたこと

212 名前:人造不死者アリシエル ◆ice7ZQAw 投稿日:2018/02/22(Thu) 20:30
>209
エルミーシャ「あ……。え、えと…。」
アリシエル「い、いやまぁ…そりゃ見た目的には可愛らしいし、
実際ペットとして飼ってる人だって居るけど、
当たり前に食材の一つとしても数えられてるからねぇ……。」
エルミーシャ「でも…まいにち、まいかいつかまえてたべてるとかじゃないよ?」
アリシエル「街や村から出ない人だったらあんまり縁はない食材だし、
見た目だとかペットで飼うって事も考えたら、まあ言いたい事はわかるんだけどね…。」

>210
アリシエル「はぁ!? 何よ、その理屈は!?」
タラスクス「ガウ…ゴフッ!」
アリシエル「何よ、あんたまで…って、まあ確かにそれは言えるトコあるかぁ。
可愛らしいとかひ弱なのだったら、実力的には与し易そうだから、
優先的にそぉ言う手合いが狙われるのは自然な流れ…ってトコなわけだ。」
ビオランテン「…。((ーー;).)」
アリシエル「あー、それはわかるわ。見た目だけじゃなくて態度もアレなら余計だもんねぇ。
ルミィも見た目の問題は兎も角、普段あんな気弱で泣き虫じゃなぁ…はぁ。」
エルミーシャ「えぅ〜…。」

>211
エルミーシャ「ゆり、えいぎょう…? また、はじめてきくことば…。
なんなの、それ……?」
アリシエル「営業、って言うからには売り物の宣伝でしょ?
わたし、花売りの仕事なんてやった事ないけど? てかそもそもあなた誰よ?
ぶっちゃけ人違いじゃないの、それ?」

213 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/23(Fri) 10:55
とりあえずドラゴンに木の化け物は人間の言葉は喋れなさそうだけど
そんなの相手にどうやって意思疎通してんのオマエ?

214 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/24(Sat) 11:41
>可愛らしいとかひ弱なのだったら、実力的には与し易そうだから、
>優先的にそぉ言う手合いが狙われるのは自然な流れ
>見た目だけじゃなくて態度もアレなら余計

つまり、ルミィは他の三匹からずっとエサとして狙われているって事かw

215 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/02/25(Sun) 00:06
はっきりとは覚えてないがサイなんとかって奴いたよな?

216 名前:人造不死者アリシエル ◆ice7ZQAw 投稿日:2018/02/25(Sun) 21:36
>213
アリシエル「…あー、それね。ぶっちゃけると、契約者同士の精神感応って奴なのよ。
お互いに考えてる事を相手にはっきりとわかる形で伝えられるの。」
エルミーシャ「はやいはなしが、あたまのなかだけで、
おたがいがわかることばにかってに『ほんやく』されながらはなす、みたいなかんじ……。」
タラスクス「ガウガウ!」
ビオランテン「…。((゚ェ゚(。_。(゚ェ゚(。_。*))」

>214
エルミーシャ「ふぁ!?」
アリシエル「違うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!
誰が誰の餌だ! 友達を餌食にするとか誰がんな事するかぁぁぁぁぁ!!」
タラスクス「グルルル…ギエェェェェェェ!!」
ビオランテン「!!(ヽ(`Д´#)ノ)」

エルミーシャ「えうぅぅ…みんな、こわいよぅ。と、とりあえず…あやまって?」

>215
アリシエル「え? そんなの居たっけ?」
エルミーシャ「しりあいに、サイなんてあたまにつくひとなんか…しらない。」
アリシエル「いつ、どこでその人と会ったのさ?
その辺わかったら、もしかしたら思い出せるのかも…だけど。」
エルミーシャ「ぜんぜんおぼえがないんだから、
つきあいのながいしりあい、とかじゃない…よね?」

掲示板に戻る 全部 前 50 次 50 1 - 50 最新 50 スレ一覧
名前: E-mail(省略可)

read.cgi ver.4.21.10c (2006/07/10)