掲示板に戻る 全部 前 50 次 50 1 - 50 最新 50 スレ一覧

イナ妖VSポケモンVS東方66

1 名前:USAピョン 投稿日:2020/09/24(Thu) 17:23
2年ぶりの復活ダニ!
覚えてる人はいるダニ?

807 名前:この投稿は削除されました 投稿日:この投稿は削除されました
この投稿は削除されました

808 名前:パルデア組withレッド&ミュウとマサルとアルセウス ◆lGlYK4pE 投稿日:2023/01/17(Tue) 21:18
アオイ「祝!コライドンアニポケ出演確定!!さて始まりました。アニメポケットモンスター 「めざせポケモンマスター」にてコライドンが登場したね!」
ハルト「これまでニャオハ、ホゲータ、クワッスと続々とラストで出ていたけど新年のアニポケ1発目でコライドンが出てくれたのは嬉しい限りかも!」
アオイ「ハルトのコライドンどう?同族がアニメ出演嬉しい?」
ハルトのコライドン「そんな事よりサンドイッチ食べたい。」
ミュウ 「ダメだー彼仲間がアニメ出演よりも食い気に夢中になってるー!!!取り敢えずペパーパイセン!後でサンドイッチ披露させてあげて!!具材?テラレイド周回したお陰でひでんスパイスありったけあるから大丈夫だよね!」

これまで星6レベルテラレイド周回でゲットした沢山のひでんスパイスをペパーに渡し▼

ペパー「ちょおまっ!あれだけ俺とハルトとアオイがスパイス巡りでやっとの事で
探し出したひでんスパイスを沢山持ってくるとは俺達の苦労はいったい…」
ミュウ 「でも結構頑張った甲斐があったんだよ!本気出したアルセウス とメガシンカしたレッドの強化型リザードンとキョダイマックス化したマサルの強化型ゴリランダーとテラスタル化したハルトの育成型ラウドボーンと全力の僕とで学校最強大会が始まる前になんとかスパイスゲット出来たし…」
ボタン「メンバーが鬼畜構成やん…。」
アオイ「ハルト居ないと思ったら対レイドメンバーに居たんだ。」
ハルト「唯一テラスタル出来るからサポートでミュウ 達がやるって言ってたけど…逆に僕いらないんじゃ無いって思った…」
マサル「だけどテラスタルポケモン相手には此方もテラスタルで対抗しないと駄目だと思う。対抗出来るのはハルトしか居ないから安心して任せられるし…」
ネモ「いいなーいいなーテラレイドのポケモン達!本気モードのマサルさんやレッドさんとバトルだなんて私もポケモンバトルしたかったなー!!」
ペパー「やっぱりネモは通常運転か…」
ボタン「これがウチらのネモ!はっきりしたな。」
ミュウ 「普通はそうバトルとかは制限するけどね。」
アオイ「何気にレイドバトル4人以上になってるのですが…」
レッド「正確には3人と2匹だから足りない筈なんだけどミュウ とアルセウス 単体
でカウントしているから安定してるんだと思う。」
アルセウス 「そこは私の力でアニポケ仕様にした。」

>>800
アオイ「ゲットされちゃったかも!」
ミュウ 「この場合サトシ だったら『こい○○○!』の辺りでモンスターボールからポケモン繰り出すけどコレの場合>>800番号だから何も出なさそうだね…」
アルセウス 「ポケモン図鑑だったらネクロズマが800番号だが」
ミュウ 「うわ!そうじゃん良かったーネクロズマ現れなくて今頃パルデア上空に現れたりしたらソレこそ危険外来案件…」
マサル「それフラグなんじゃ…」
ミュウ 「大丈夫!まだネクロズマの上陸は当分無いからフラグは無い筈だよ!」

>>801
ミュウ 「良かったね!ハルト!アオイ!!またポケモンゲットが出来る新たなポケモンが現れたから図鑑制覇頑張ってね!」
アオイ「えぇーっ!!!400匹捕まえるのもひと苦労したのに新たに更新…」
ハルト「まあでも最強ポケモンシリーズや人から貰ったポケモンとかで追加されてる辺りまだまだ終わらないんだろうなー」
マサル「でも全地方仕様だと1008匹捕まえなきゃだけどね。」
ハルト&アオイ「「うわぁ…。」」
ボタン「それ聞いて2人共ゲンナリしているし…」
ペパー「1008匹は果てしない道のりちゃんじゃん」
レッド「まあ図鑑制覇はついでの事にして今やってる事を集中したら?」
ハルト「じゃあひでんスパイス沢山入りのサンドイッチを」
アオイ「この後ネモとポケモンバトルしてくる!」
アルセウス 「それを聞いてネモのやつ張り切ってアオイを連れてバトルコーナーに行ったな…」
ミュウ「まあ流石にアルセウスだって「すべてのポケモン(全地方)にであえ」って酷な事言わないでしょ?」
アルセウス 「私は言わないがこの世界軸の私なら言いそうだな。」

809 名前:パルデア組withレッド&ミュウとマサルとアルセウス ◆lGlYK4pE 投稿日:2023/01/17(Tue) 21:24
ハルト「そう言えばボタンの手持ちって…」
ボタン「そう!ブイズ!!でも6匹しか手持ちに出来ないから中途半端なのよね…」
マサル「あれ?ポケモントレーナーならボックス制は使って無いの?7匹目ならそっちに送ったりまた対戦の際に手持ちを変える事出来るけど…」
ボタン「ナニ!ソレ!!ウチ手持ちだけしか使って無かったからボックス知らんかった…じゃあハルトも!」
ハルト「まあジム巡りの時は使用してたかな。チャンピオンロードの時は固定メンバーで戦ったけど」
ミュウ 「なんか時代だね。レッド。レッドの頃はわざわざポケモンセンターのパソコンから転送なのに今の彼らは手軽にポケモンを交代させるなんてね。」
レッド「でもサトシ は未だにパソコンからだね。」
ミュウ 「サトシ はオーキド邸にポケモン預けてるから転送式なんだけどね。」


>>802
マサル「パルデア地方山とか崖だらけだから自転車での移動は限られてるね。」
アルセウス 「だからポケモンライドが必須なのか。パルデア地方のポケモントレーナーは全員モトトカゲをポケモンライドにしているらしいな。」
レッド「でもハルトとアオイはコライドンとミライドンでポケモンライドしているから何時でも何処でもお世話になってるね。」
ペパー「しっかしあいつらの正体がまさかモトトカゲの古代の姿と未来の姿だったなんて…道理でモトトカゲ に似ているちゃんだったが
確かに言われてみれば似ている要素あるちゃんだな!」
アオイ「そうなってくるとネモはどうやってジム巡りして来たの?ちゃんとモトトカゲでライドしたの?」
ネモ「んーレンタル用のポケモンライドで雪山や崖には登ったかな。」
※注意原作にはありません。此処仕様です▼

>>803
ハルト「いや人に向かって破壊光線って怪我どころの騒ぎじゃ無いよ!」
ペパー「おいおいチャンピオンがポケモンに指示したのかよ!(戦慄)とんだ暴君じゃん」
ミュウ 「あーでも食らったのロケット団だから問題無いと思うよ?ムコニャ達だってサトシのピカチュウに10万ボルト毎回食らっては耐性とか出来てるから日常茶飯事だし…」
ボタン「過酷過ぎ無いん!!」
レッド「もしかしてはかいこうせん指示出したのワタル?」
ミュウ 「そう。丁度その頃ジョウトのいかりのみずうみ怪電波事件で当時調査に出向いてた。ヒビキ、コトネ、クリスがジョウトチャンピオンだったワタルに出会って以下の行動したみたい。悪人だから攻撃をしたのはワタルぐらいだろうね。チャンピオンでは、レッドですらそうはしないのに…」
レッド「でも相手ロケット団だったら僕もやってたかも」
ミュウ 「レッドも参戦したらロケット団終了のお知らせじゃん!」


810 名前:パルデア組withレッド&ミュウとマサルとアルセウス ◆lGlYK4pE 投稿日:2023/01/17(Tue) 21:25
>>804
ミュウ 「そうこうしている内に今年1発目から傷ついたラティアス助ける為に無茶したみたいだけどスーパーマサラ人なら良くある事だね!」
レッド「サトシ だけだと思うけど…」
ミュウ 「そう言えばレッドはそうはしないね。」
アルセウス 「サトシとレッドでは身体の造りが違うのでは?」
ミュウ「でもカントーの人達イシツブテ合戦とか言う狂気のスポーツやれたり
レッドに至っては強さの果て目指してハナダの洞窟、シロガネ山、ワイルドエリア、そしてエリアゼロに武者修行してたからレッドもレッドのポケモン達もとんだ仕上がりになってるよ?」
ネモ「イシツブテ合戦?イシツブテ合戦ってなんなんですか?」
ミュウ 「イシツブテ合戦とはイシツブテと言うポケモンが居てね。まるくて持ちやすいから掴んで相手に投げつける事がイシツブテ合戦のルールなんだけど知らない人から見たら狂気の沙汰なんだよね。ちなみにイシツブテはこんなポケモンです。」

そう言いながらイシツブテにへんしんしネモ達に見せ▼

ボタン「ヤパス!」
ペパー「ボタンの語彙力が!」
ハルト「多分「ヤベェ!パネェ!スゲェ!」って言ってると思う」
アオイ「いやホントに狂気の沙汰じゃないですか!カントーって魔境かナニかですか?」
マサル「少なくとも戦闘集団じゃ無いんですよね…」
ミュウ 「海外チームに戦慄覚えさせちゃったね!」

>>805
アオイ「今の何!?ポケモンの声!」
ネモ「向こうから聞こえたかも!」

ボフンとモンスターボールからピカチュウが現れ▼

レッド「ピカチュウ…分かった。行ってこい!」
レッドのピカチュウ「ピッカー!!!」
アルセウス 「どうやらレッドのピカチュウは聞こえたみたいだな。あのポケモンの悲鳴が」
ミュウ 「じゃあ僕らも行くか!」

駆け付けた頃にはピチューが崖先付近に倒れてて▼

ハルト「大変だ!あそこから落ちたんだ!」
ペパー「急いでポケモンセンターに連れてってやろう!」
ミュウ 「じゃあみんなーポケモンセンターを思い浮かべて!僕が飛ばしてあげる!」

ミュウ の強力なテレポートでピカチュウに抱えられたピチューとハルト達はポケモンセンターに先に行き
後からマサルとレッドが遅れて来たが野生のピチューは無事に退院出来た▼

ミュウ 「あれなんかバグった…>>807は僕達だからね」
アルセウス 「>>806は次に回すか。」


811 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/18(Wed) 08:22
多分ポケモンSVのDLCはエリアゼロに居た幻のポケモンについてだったりして?

812 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/19(Thu) 15:40
トサキントサキントサキン

813 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/19(Thu) 16:06
まとわりつく

814 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/19(Thu) 22:15
>>811はお口チャックした方が良い(ネタバレだから)

815 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/20(Fri) 16:20
たまには最強ゲッコウガだけじゃなくムウマージ、フワライド、ワッカネズミの事知ってください!

816 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/21(Sat) 17:40
パーモットの かいでんぱ!
「はあ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙っ!!」

………

パーモットの かいでんぱ!
「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙っ!!」

817 名前:レッド&マサル&アオイwithミュウとアルセウス ◆lGlYK4pE 投稿日:2023/01/21(Sat) 21:53
アルセウス 「さてハルト達が学校最強大会に出ている為此方はいつも通りにやるとしてだな…ってレッド。どうした?そんながっかりな顔をして」
レッド「出たかったなー。学校最強大会に」
ミュウ 「いやそもそもキミ学校の関係者じゃないから出られる依然の問題だよね!ま、仮に出れたとしても
カントーサイドからパルデアに話しが通されてキミの存在が明るみになって最悪キミだけ強制送還になるから!忘れがちだけどレッドキミってばグリーン達に内緒でこっちに来てるんだからある程度自重してよ!」
マサル「レッドさん…グリーンさん達に相談も無しにこっちに来てたんですか?」
ミュウ「そう。パルデアのテラスタルについて興味がてらパルデアの大穴にも興味を知ってハルト達がエリアゼロに調査してるって言った際にレッドも追いかけたんだよね…無論僕もついて行ったけど。その間全てが終わった際アカデミー側から結構悶着があったけどそこは僕の力とアルセウスの力で有耶無耶にしたけどね。」
アルセウス 「ただ一部の者達には真実は話しをているぞ。ハルト達が信頼している人達(教師陣)限定だがな。」
アオイ「お陰で先生達ミュウとアルセウスを知って驚いてたなーレホール先生なんてパルデアの四災以上に興奮しちゃった時はちょっとドン引きしちゃったけど」
マサル「あれ?アオイちゃんなんで此処にいるの?学校最強大会は!」
アオイ「あ、私午前の部からです。午後の部ではハルトとペパーとボタンが午前の部から私と実行員長のネモも参加なんです。」
アルセウス(本来午前の部とか午後の部とあったりしたか?)
ミュウ (僕達が介入した結果内容が変わったんだと思う。本来レッドやマサルだって関わらないしね…)

>>806
アルセウス「まあそうだな。そちらは知らないと思うがポケモンの世界では
一族に色違いが出るとなると仲間外れにされたり場合によっては疎外されたりするから野生のポケモン事情は割と酷な現状なのだ。」
アオイ「色違いにそんな現状があったんですか!」
マサル「割と僕達ポケモントレーナーからしてみれば色違いは珍しいからお目にかかるのも幸運だけどポケモン達の場合だと世知辛いのか。」
レッド「でも幻のポケモンはそうでも無いよね?」
ミュウ 「まあ割と色違いだろうかそうじゃないだろうかは寛容だからね。セレビィを見てみなよ1匹だけピンク色でも他の通常色のセレビィ達はちゃんと仲間だと判断しているし」
アルセウス「ミュウ族も仲が良いよな。」
ミュウ「まあね。ただでさえ数が限られているし仲間外れとかで失いたく無いね。」

>>811>>814
ミュウ「あーやっぱりかー>>814さんは指摘してくれたと思うけど結構考察班や
推測班によって割と答えが上がってんだよねー後一昨日辺り海外のリーク勢が暴露しやがったし」
アルセウス「ソレは答えても良かったのか?特にアオイにはまだ聞かされない内容だが…」
ミュウ「大丈夫!今アオイの方は向こうでレッドやマサルと一緒にピクニックorキャンプやってるから聞こえてないよ。ソレにアルセウスだって察知は感じてたでしょあの時彼らの他に未知なる存在の気配に薄々は…」
アルセウス「やはりミュウ にも感じていたか。答えるのも野暮だったから黙っていたがどうやら彼方も此方の事情に反応が無くて良かったな。」
ミュウ「まあ此方からエカウントしなければ大体ポケモンは大人しいよ。僕に然り、アルセウスに然りね」

818 名前:レッド&マサル&アオイwithミュウとアルセウス ◆lGlYK4pE 投稿日:2023/01/21(Sat) 21:55
>>811
レッド「あ、カスミのトサキントだ。思えば僕もハナダジムにジム巡りした際
トサキントじゃなくてヒトデマンかスターミーだったけどピカチュウの頑張りで水バッジ貰えたんだよね。」
レッドのピカチュウ「チャアア!!!(訳:あの時はレッドをチャンピオンに上り詰めるため10万ボルトで撃破したんだー)」
アオイ「レッドさんでもジムチャレンジした過去があったんですね!」
マサル「あれ?でもパルデアにトサキントって居たかな?」
アルセウス「あれはミュウがへんしんしたトサキントだぞ。あやつ昨日のサトシ とあちらのカスミとの対面で思い出したかと思えばトサキントにへんしんするとはしかも鳴き声まで似せてメタモンやゾロアークよりも本物に酷似させるとはな。」
トサキント(ミュウ )「あっちゃーやっぱアルセウスにはバレたかー結構へんしんに関してはバレない自負したと思ったけどバレちゃうもんだねぇ」
レッド「見分けがつかなかった…」(本物を知ってる分)
マサル「いや僕もですよ!ミュウってホントに他のポケモンに化けるの上手いんだなー」(同じく本物を知ってるので)
アオイ「ミライドンダッシュでも見破れなかった…」
(レッドとマサルから図鑑のデータでそれぞれ知った)

>>813
アオイ「ソウルブレイズ!あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙っ!!!音が!音が!ーなんなのこの技!こうかはいまひとつなのに見ているこっちとしては気持ちが悪い…」
マサル「おかしいな…まとわりつくってこんなのだったかな?」
ミュウ「うわ…エフェクトがエグいじゃん…女性子供には見せられない感じ?これ相手にとってはガチで不快になるやつじゃん!」
レッド「でも技の系統ではバインド技だからターン毎にダメージがある分技の構成としては厄介だよ。」
アオイのソウルブレイズ「クッ!離すでござる!!こうなったら…アオイ殿!交代させてくだい!拙者は半分がゴーストタイプが故この手の技回避できまする!その間に相手側のポケモンを打破する為にミライドン殿を!」
アオイ「わかった!ソウルブレイズ!戻ってきて!!行ってきて!ミライドン!!」
アオイのミライドン「ギャーーーース!!!!!!」
その後ミライドンのイナズマドライブが炸裂した▼

>>815
ミュウ「今だったらオンラインで星レベ4か5辺りのテラレイドイベントで彼らが現れるみたいだけどやっぱり注目するべきなのは最強テラレイドシリーズ第3弾のゲッコウガが話題になってるみたいだね!」
マサル「ゲッコウガは人気ありますからね…カロス地方
でも御三家の1体ですし」
アオイ「ゲッコウガ?それってなんのポケモンですか?」
アルセウス「ミュウよ…」
ミュウ「はいはーい!」

そう言いながらアオイに見せる為にゲッコウガにへんしんし▼

レッド「分類はしのびポケモン。タイプはあく、みずで特にカロス地方の初心者用でケロマツって言うポケモンの最終進化がゲッコウガなんだ。」
マサル「レッドさん詳しいですね。」
レッド「意外でしょ。まあ僕が知ってるのはサトシもゲッコウガを手持ちにしているのを見た事あるからソレで知ったんだよね。」
アオイ「じゃあ今度はこのゲッコウガが相手ってことかーしかもテラスタイプはどくタイプ!」

>>816
此方のミュウとアルセウスの特攻がガクッと下がった!▼

ミュウ「まさか初見でかいでんぱをお見舞いされるとは考えては居なかった!」
アルセウス「なるほどこれが対戦か…」

アオイ「普通にポケモンバトルしてる!」
ミュウ「いや繰り出されたら受けるのはゲムポケ仕様でもアニポケ仕様でもやりますとも!」
アルセウス「やはりでんきタイプが故に彼も覚えてるもんだな。」
ミュウ 「レッドのピカチュウも覚える事は可能だけど技構成には入ってないかなー」
レッド「まあ使わないしね。」
マサル「そう言えば使ってるところ見た事無いから入ってないんだろうなー。」


819 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/22(Sun) 11:38
チョゲプリーーーー!!!!!(甲高い声)

820 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/22(Sun) 11:38
私は誰だ

821 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/22(Sun) 18:30
ワタル「ほぅ、カイリューがアンコールを習得したか」

822 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/22(Sun) 21:32
図鑑説明によるとマスカーニャはヤンデレである!

823 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/24(Tue) 00:58
イブキ「認めない!認めない!ワタルが負けたなんて!認めないんだから!」

824 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/24(Tue) 18:35
 、,,--,,,__            ,,,.. -ー┬‐ァ   .,,'i
  ゙''-,!,. ~~゙゙''゙''゙~ ̄ ̄ ̄~゙''゙''゙゙   ,,-''゙~  ,,-''゙|
     ~゙''-,,'          ,,-''゙~  _,,-''゙   ,!
       ,',.c、    ,c..、  ヽ、  r''゙  _,;=‐''゙~
      ,!ヒ;;ノ _   ヒ;;_ノ    |  \ ゙ヽ、
      {D 、_,__,,   ○    ゙|   / /
      ゙ヽ、         ‐==ニ| /,/
       ,! ゙''ー         ,   |ヾ''\
         {  i       / ノ-=ニ|/ /
       },,,,}       〉,,,}   |' <゙
       !、        ,   //
        ヽ、      (  .ノ゙~
        f゙' ,,‐〜ー-- f゙ i゙~
        ~''゙       '゙'゙'~

825 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/24(Tue) 18:36
あ、野生のピカチュウが現れた!

826 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/26(Thu) 18:21
イベントテラレイドバトル 【最強ゲッコウガ】1月29日 開幕!

827 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/26(Thu) 18:37
あ、間違えた。1月27日だ。こりゃまた失礼!

828 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/26(Thu) 19:50
知ってるし

829 名前:レッド&マサル&アオイwithミュウとアルセウス ◆lGlYK4pE 投稿日:2023/01/27(Fri) 00:49
これまでの彼ら達の軌跡>>770からの追加▼

マサル
元ガラルチャンピオンで、
現在はただのポケモントレーナーマサルとしているのだがひょんなことからパルデア地方から危険外来を果たしたデカヌチャン騒動に巻き込まれ後から駆けつけて来たレッドとミュウと出会う。そこから一緒にレイドバトルで何とか倒し無事にパルデアに送還。
その後レッドとミュウの提案によってパルデア地方へとやって来た。この間残りのガラル組と一悶着(主にユウリがパルデア地方へと行きたいと言ったがチャンピオン業があるため断念)し、パルデア地方の調査という事で正式にソニア博士とホップ助手の推薦で出向くことになり現在に至る。
(ポケモンSVではガラルにちなんだネタがある為もあるが)ちなみにポケモン剣盾で男主人公を選ぶと大体彼になる。

アルセウス
一説では1000本の腕で宇宙を創ったとされ、また別の一説では宇宙が無い頃に何も無い場所から産まれたとされ、世界を創造したと言われてる幻のポケモンにして神にひとしき存在なのだがとある出来事によって
別の次元から此方の次元軸にやって来た。その際に此処のミュウと出会いミュウから此方の次元軸のアルセウスがやらかした案件を知り一時期はそのアルセウスに問い質そうとしたがパルデア地方の出来事を知り、パルデア組の行く末を見届ける事になった。ちなみに過去においてサトシの頑張りによって命の宝玉を返された為完全体へと復活、後にフェアリープレートも加算され17の命の源を内装し
究極の存在となった。

レッド「…そう言えば僕思ったんだけど…ハルト達がこっちに居ないとポケモンSV要素無くなるね。」
マサル「あー……。」
アルセウス「今現在だと剣盾と赤緑orFRRGとダイパだけになるな。」
ミュウ「申し訳程度のポケマス(分かり難いがレッドの服装はマジコスで時系列的にはポケモンHGSSだがポケモンSMも入ってる)僕は半分アニポケ半分ゲムポケでアルセウスはアニポケの劇場版仕様だから別なんだけどね!」
アオイ「だから私呼ばれたんだ…急遽此処に来る様にって」
マサル「ごめんね。アオイちゃん…せっかくネモとバトルで盛り上がってまたバトルしようとした矢先こんな事になるなんて…」
アオイ「良いんです。マサルさん…ネモとはまたいつでもバトル出来るので問題ないです!」

>>817
アオイ「可愛いー!!!!このポケモンは!」

スマホロトム『トゲピー はりたまポケモン。カラのなかに沢山のしあわせがつまっていて優しい人にしあわせをわけあたえるというロト!』

アオイ「マサルさんのポケモンですか!」
マサル「うん。この子はまだ産まれたばかりだがら育成しようか考えてるんだ。でもこっちだとトゲピー居ないポケモンだからどうしようか迷ってる…」
ミュウ「それ言ったら僕とアルセウスどうなるの!」
アルセウス「そうだな。しかも私もミュウも幻のポケモンだがな。」
アオイ「今更だけどこの2体は特殊だからもう慣れました…」
レッド「しかもゲットされてもなくて野放し状態だから道ゆく人達からすれば捕獲し放題なんだけどね。」
ミュウ「残念だけどそうやすやすと僕らは捕まえられると思わないでね!来たらテレポートして逃げまーす。」
アルセウス「では私は此方の私みたく分身を渡すか。」
アオイ「アルセウスだけゲット可能な展開になりそう…」


830 名前:レッド&マサル&アオイwithミュウとアルセウス ◆lGlYK4pE 投稿日:2023/01/27(Fri) 00:52

>>820
アオイ「…何、このポケモン…コレもポケモンなの!」

スマホロトム『ミュウツーいでんしポケモン。ミュウ のいでんしを組み換えて生み出されたポケモンでいちばんきょうぼうな心を持つと言われているロト!』

アオイ「レッドさんのポケモンなんですか!」
レッド「カントー地方の図鑑制覇する時にハナダの洞窟の最深部でゲットした以来かな。」
ミュウ「いや久しぶりじゃん!僕の事覚えてる?僕とキミ似てる感じあるでしょ?実は僕とキミは親子なんだよ!」
レッドのミュウツー「なんだと!私とお前がか!」

アオイ「ええぇー!!!!衝撃的な事実発覚したー」
マサル「え、これ本当な話し?」
アルセウス「成程…。ミュウ がミュウを産みその産まれたミュウを遺伝子組み換えとやらで誕生したのがミュウツーか…。」
ミュウ「まあキミを誕生させた博士はキミを最強なポケモンに仕立て上げようとしてたけど現在の環境なら僕もキミも負ける時もあるよ…ただアニポケ要素が入ると話は別だけど」
レッドのミュウツー「…そうか。私は生まれても良いポケモンか…ソレはそうと…その隣にいるポケモンは…明らかに私やミュウよりも強い!」
ミュウ「あちゃー無視出来なかったかー」
アルセウス「私はアルセウス …此方のミュウとは幻のポケモンな仲間だ」
ミュウ「ぶっちゃっけ今此処でバトルすると後々な状況に陥るからソレは別の所でやろう。」

後日、なぞのばしょでポケモンバトルした▼

アオイ「下手したら帰って来れなかったーー」

>>821
レッド「ただワタルの場合耐久型のカイリュー使うイメージが出来にくいね。」
ミュウ「はかいこうせん一択でしょ。マスターズトーナメントでワタル(脳筋な姿)披露してくれたし」

マサル「あのぉ…遠回しにそれ悪口なような…」
アオイ「うわ…これ交代が出来なくなると厄介ですね…」
レッド「まあ対策としてボルトチェンジかトンボがえりを視野に入れた方が良いね。もちものもきれいなぬげがらもなお良いよ。」
アルセウス「レッドがちゃんとアドバイスするとアオイもマサルも勉強になりそうだな。」
ミュウ「まあレッドも考えてるからね。」

>>822
ミュウ「マスカーニャがヤンデレ…知ってた!」
アルセウス「時折彼がアオイを見てる目はソレはもう頼れる相棒なかたちのソレでは無いな…」(目を逸らし)

アオイ「あのミュウ …アルセウス …こっちを見てよ!なんで2人とも目を逸らすの!」
アオイのマスカーニャ
「また二人を見たんだね…アオイ…お仕置きしないどだね…」
アオイ「言ってる言葉言葉がその筋の特徴なソレ!」

マサル「あーなんか分かります。ユウリのインテレオンもマスカーニャと同じタイプかなー」
ミュウ「え?まさか…彼もそのタイプ??」
マサル「一時期ザシアンに相棒のポジション取られたとかの理由嫉妬してましたし」
レッド「受け継がれし病みか。」
アオイ「洒落にならない!!!」(ガーン!!!!)

>>823
?回想シーン?
ミュウ「いい加減認めなよ!レッドが今チャンピオンになってるのが何より証拠!!ソレは事実なんだから崩せる訳無いじゃん」
レッド「…なら、認められる前にキミとポケモンバトルしよう…ソレなら良い?」
イブキ「望む所よ!」
回想終わり▼

マサル「で、結局コレどちらかが勝ったんですか?」
ミュウ「勿論レッドに決まってんじゃん!ラプラス、ピカチュウで完封したし」
アルセウス「凄いな…レッドのピカチュウもピカチュウの面を被ったピカチュウだな…」
アオイ「いきなりボルデッカーはキツそう…」

アオイ「一旦切ります。」

831 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/27(Fri) 15:21
早くも最強ゲッコウガに対して対策しているなーしかも対策ポケモンはシャワーズとヤドランか

832 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/27(Fri) 18:52
最強ゲッコウガ強いと思ったけど・・・ワンパンだったな

833 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/27(Fri) 20:30
タケシのパラダイスとか懐かしい

834 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/28(Sat) 19:45
本日2023年1月28日は【ポケモン レジェンズアルセウス】発売1周年!

835 名前:パルデア組withレッド&マサルとミュウとアルセウス ◆lGlYK4pE 投稿日:2023/01/29(Sun) 20:42
遡ること2日前それはネモ達が学校最強大会から帰って来た出来事であった。。▼

ネモ「あれ?アオイ達は??」
ミュウ「アオイ達なら今開催されている星7レベルテラレイドイベントに参加しているから此処には居ないよ?」
ペパー「おいおい大丈夫ちゃんかよ!星7レベルっつたらLv.100MAXのテラレイドだよな?いくらネモと同じチャンピオンランクだってアオイ1人じゃあ危なかし過ぎる!」
アルセウス「安心しろ。サポートにはレッドとマサル後一足先に帰って来たハルトも居る。」
ミュウ「あっそうこう言ってる内にみんな帰って来たよ!」
アオイ「みんなーやったよーゲッコウガ!ゲットだぜ!!」
ボタン「どうやってゲットしたん?対策も碌に無かった筈…」
アオイ「>>831さんが対策のヒント教えてくれたお陰でシャワーズでゲット出来たよ!」
ハルト「テラスタイプは勿論はがね、特性はちょうすい、持ち物はおんみつマント。技構成はとける、めいそう、アシストパワー、アクアリングでやり切ってたなー」
マサル「取り敢えずサポートとして僕はニャイキング、ハルトくんはヌオーでレッドさんはヤドランでダメ押しを」
ボタン「パーティが十分過ぎる!」
ハルト「マルチだとある程度自由が効くから楽な感じだなー」
アオイ「で、ハルトの時はハルトがニャイキング、私もニャイキング、マサルさんもニャイキングでレッドさんがゲンガーでー」
ペパー「イジメか!あ、いや確実に捕獲するには十分な戦略だな。」
ネモ「レッドさんはニャイキングじゃなかったんですね!」
レッド「まあかげぶんしん使って来るって後から聞いたから素早さ特化のゲンガーのしろいきりで中和させがいがあったかな。」

>>824-825
アルセウス「ほう…パルデアにもピカチュウはいるもんだな。しかし…鳴き声が私が知っているソレとは違うが」
ミュウ「お馴染みな感じじゃないんでしょ?でもパルデアじゃあコレが当たり前なんだって!」
マサル「やっぱり他の地方になるとポケモンは同じでも所々が違ったりするのかな?」
ハルト「ところでさっきのエカウント音声…なんなんですか!「あ、野生のピカチュウが現れた」って」
レッド「え?野生のポケモンに遭遇すると聞こえない?さっきみたいな感じで出てくる筈なんだけど」
アルセウス「コレはもしかするとハルト達の方は出てこないスタイルか。まあ普通はああやって教えるってのはまず無いだろう。」
ミュウ「よくよく考えたらサトシもいきなりな流れで野生のポケモンに遭遇しているからこのタイプは特殊だったねー」

>>826-827
>>828そして現在。。▼
アオイのゲッコウガ「コウガ!」
ハルトのゲッコウガ「コウガ?」

ボタン「いやゲッコウガ2体は圧巻過ぎひん?」
ペパー「まあパルデアじゃあ見ないよなー」
ネモ「ハルト!アオイ!早速ポケモンバトルしようよ!!星7レベルの実力見てみたいし」
アオイ「でもこの子達レベルが100MAXだからバトルしてもアレだよ?」
ハルト「ソレにまだ充分に基礎してないから動けるかどうか」
ペパー「Lv.100オーバーなら勝負になんねーじゃあ」
アオイ「んーでもレベルの概念無くせるマサルさんのゴリランダーとかレッドさんのリザードン相手じゃあ秒殺されるのがオチかな。」
ハルト「そうやって最強リザードン、最強エースバーンばゲットしたけど今回はセオリー通りにしたんだよなー」

ペパー「レベルの概念無くせるとかチートじゃね?」
ボタン「それな。」
ミュウ「でもサトシかいる世界観だとありえたりします!ソレをマサルにもレッドにも応用しました!」


836 名前:パルデア組withレッド&マサルとミュウとアルセウス ◆lGlYK4pE 投稿日:2023/01/29(Sun) 20:44


>>831
アオイ「>>831さんのお陰でゲット出来たよー!ありがとうございます!!」
ハルト「でも色違いは出なかったなー」
ミュウ 「Lv.100で証持ちで色違いは贅沢過ぎない?」
レッド「色違いを集めたいなら孵化させるのが一番てっとり早いけど…」
マサル「確実に捕まえたりしたいならひかるおまもりも重要かな。」
アルセウス「そうやって孵化させたポケモンは大事に育てろよ。個体値?とか云々抜かすならさばきのつぶてな。」
マサル「軽ーく死刑宣告ですね…。」
ミュウ「アルセウスからしてみれば命を大事だもんね…僕もそう思うよ。」


>>833
ミュウ「でも悲しいかな。ソレ流れて聞けなくなったのあっという間だったんだよねー」
レッド「確か6回だけの幻のEDらしいね。」
アオイ「でも何で6回しか聞けなくなったんですか?」
ミュウ「当時とある団体方々から苦情の電話があってそれで打ち切りになったんだよねー」
アルセウス 「成程そう言った背景があったのか。」
レッド「でもなんか印象はデカいかな。僕にとっては別人だけどタケシがあの格好で踊るのは吃驚するね。」
ミュウ「まずレッドの所タケシは年上のお姉さんLOVEじゃないからそこで麻痺るかもね。」


>>834(此処だけミュウ とアルセウスだけ)
ミュウ「だが残念な事に今いるメンバーで事情を知っている人(ポケモンも)0説!極め付けはガッツリ関係ポケモンであるアルセウスですら別ポケアルセウス違いだという事に!」
アルセウス 「取り敢えずわかった事はヒカリ似の少女を此方の私は説明も碌にせずにヒスイに生きるポケモンに全て出会わせる為だけに誘拐させたのか。確かに人とポケモンの架け橋にするべく別の世界の未来から過去に送るには苦肉の策かもしれん…」
ミュウ「極め付けはその当時のポケモンを怖がらない事が条件はキツイよねー」
アルセウス「しかし元の世界に戻さないまま放置はどうなってるのだ!!!!!!」
ミュウ「すべてのポケモンに出会いました。分身貰いました。元の世界は!」
アルセウス「こう言う事だだったのか。前に私の事を邪神とか云々言われた際何の事かと思ったが、確かにこの仕打ちは酷いな。」
ミュウ「かといって当事者じゃない方のアルセウスだからとばっちりもとばっちりだね!」

837 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/30(Mon) 16:07
>>当時とある団体方々から苦情の電話があってそれで打ち切りになったんだよねー

実はそれデマなんだよな・・・
あの歌うたってタケシの声優も務めるうえだゆうじさんによるとそういう団体からの苦情云々以前に最初からあの歌がEDにつかわれるのは6週だけって決まってたらしいよ

838 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/30(Mon) 18:39
マスカーニャって♂でも♀でも良いよね

839 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/30(Mon) 18:40
ttps://livedoor.blogimg.jp/soccermatomato-uuokcjhs/imgs/a/d/ad0a38aa.jpg

840 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/30(Mon) 19:05
DLCでは新たなパラドックスポケモンが出るのかなー

841 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/30(Mon) 20:40
【グレンアルマ&ソウブレイズ】テラレイドが期間限定で開催!

842 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/31(Tue) 18:31
そういえばアオイで思い出したけど・・・アニメ ポケットモンスターダイヤモンド&パールで出ていたな・・・
そっちのアオイはサトシに好意を寄せていたけど・・・

843 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/31(Tue) 22:05
オレ!スシー!

844 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/01/31(Tue) 22:10
だから何?

845 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/02/02(Thu) 18:09
ポケモンの今と昔の違い 育成が楽な事

846 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/02/03(Fri) 17:50
昨日(2月2日)ポケットモンスタースカーレット・バイオレット公式ガイドブック パルデア図鑑完成ガイド購入した。

847 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/02/03(Fri) 22:42
前回のアニポケなんかいい話っぽく〆られてたけどあのブリムオンとんでもないゲスポケじゃん・・・
自分がエネルギーを摂取するためだけにタケシの心の傷に付け込んで幻覚を見せて弄んで助けに来たサトシたちにタケシを操ってけしかけ
挙句自分の攻撃で同族の幼体であるミブリムを傷つける羽目になりそれに関して一切謝罪も反省の意も示すことなく
タケシを解放したのも変わり(ロケット団)が見つかったからにすぎず今のところそれで収まってるがなんかの拍子にそのロケット団にも逃げられるか
それだけでは満足しきれなくなったら同じことを繰り返して新たな被害者を出すことは確実
そうなる前に俺のレベル100鉢巻ハッサムで退治してやるよ!!

848 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/02/03(Fri) 23:20
やれやれ

849 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/02/04(Sat) 19:25
テラバースト配布。

あいことば:LETSTERA
受取期限:2023年3月31日

850 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/02/05(Sun) 19:25
カクレオン・ゲッコウガ・マスカーニャ「変幻自在弱体化は痛い」

851 名前:コダック 投稿日:2023/02/05(Sun) 23:18
コダァ?

852 名前:パルデア組withミュウとマサルとアルセウス ◆lGlYK4pE 投稿日:2023/02/06(Mon) 09:44
最強ゲッコウガをゲットしたハルトとアオイしかしながら何回やっても星6レベルコノヨザル(テラスタイプドラゴン)には勝てず▼

アオイ「わーん!!!なんで明らかに最強シリーズより星レベルは下な筈なのにアレには勝てないのー!!!」
ハルト「おかしいよ…対策は万全な筈なのに気が付いたら巣穴外に戻されるし…」
ボタン「ねぇミュウあなたの時はどうやって対策とかしてん?ハルトとアオイあれから潜っては飛ばされ潜っては飛ばされてんやけど」
グレイシア(ミュウ )「んー僕達の時は運が味方してるのも最大の要因かなー後は如何に弱点、火力とか浴びせたり後は耐久性があれば勝て(ゲット出来)るよ?」
ペパー「ってお前ミュウかよ!いつのまにかボタンがグレイシアゲットしたのか!って思ったけどそうやられるとほんと見分け付かねぇな…」
グレイシア(ミュウ)「いやさボタちゃんが「ミュウ って全てのポケモンの遺伝子持つんやよね?じゃあグレイシアになれるん?」って言ってきたんでこうなりました!」
ネモ「すごーい!今のボタンの声だよね?声真似も出来たりするの?」
グレイシア(ミュウ)「今のは声帯だけメタモンのへんしんを使って応用したかな。やろうと思えばテレパシーから声を発する事は出来るけど…ミュウが喋るってなったら後々面倒になるし…」
マサル「そう言えばさっきからハルトとアオイちゃん全然微動だにしなくなったけどどうしたの?」
グレイシア(ミュウ)「連敗という名の現実を叩きつけられ意気消沈してる所かな。」

>>837
グレイシア(ミュウ)「グレイグレーイ?グレイグレイグレーイ!!グレーーーー!!!」
アルセウス「『え、マジでデマやったんの?ミュウ生の一生の不覚!!あんなに豪語してたのにまさかデマやったなんてはっず!!!』と、言っているな。」
ペパー「いや待て何でグレイシアから元に戻らねんだよ…その状態前置きだけの展開だろ」
グレイシア(ミュウ)「いやさ。グレイシアにへんしんしたらさ。ボタちゃん感激しちゃってさ。1日だけその状態になってとか言われてさ。現在に至ってんのよ。」
アオイ「喋るか鳴き声だけかはっきりしないんだね…」
ハルト「ってかグレイシアの鳴き声ってそんな感じなの?僕らが普段聞いてる時は
そんな鳴き声じゃ無いんだけど」
グレイシア(ミュウ)「アニポケだとこんな感じだよ?でもハルト達がいつも聞いてるのは『キューンウィーン!!!』コッチでしょ?」
ハルト「!?そう!その鳴き声だ!ってかミュウってそっちも真似たり出来るの!」
グレイシア(ミュウ)「キュキューイ?キュキューン!キュイキュー!」
アルセウス 「『僕を誰だと思ってるの?ミュウだよ!この手の事なんて朝飯前さ!』と、言っているな。」
ペパー「さっきからアルセウスは通訳してるのか?」
アルセウス「私が通訳しなかったらお前達分かると思うか?」
アオイ「うーん無理かも…前にセイジ先生の授業の時でピカチュウの喜怒哀楽の鳴き声に関して全然答えれなかったし…通訳無しでそれずっーとされたら諦めちゃうよ…」
ハルト「ってかさっきからボタンが…」
ボタン「あわわわ…グレイシア本物だ…(感激)」
グレイシア(ミュウ)「いや本物じゃないから!正確にはへんしんした状態だから個としてだと偽物みたいなもんだから!」
アオイ「でもボタンからしてみると本物なんだね。」
グレイシア(ミュウ)「まあ遺伝子上はそうなるね。じゃあ本物にはなるか。」


853 名前:パルデア組withミュウとマサルとアルセウス ◆lGlYK4pE 投稿日:2023/02/06(Mon) 09:47
>>838-839
グレイシア(ミュウ)「キュイキューイ。キュイキュキュキューンキューイ?」
アルセウス 「『またしてもマスカーニャガチ勢はまーた数が増えてしまったか。
人型寄りのポケモンってなんでこんなにも人気なんだろ?』と、言っているな。」
マサル「自分と同じ目線になれる感じ?挨拶にしろ目が合うにしろ好き愛な意味も含まれてるんじゃ無い?」
アオイのマスカーニャ「フンッ!他の奴らに言われても嬉しくもニャンとも無いよ。でもまあ…アオイに言われるなら話は別だけど…」(言った矢先)

アオイ「みーんな大好き!!」
アオイのデカヌチャン「アタイも大好き!」
アオイのソウブレイス「拙者も好きでごさる。アオイ殿!」
アオイのエーフィ「フフ僕もだよ。」
アオイのガブリアス(色違い)「バッ!あまり大声で言うなよ!!あー分かった!分かった!オレも大好きだよ!」
アオイのモスノウ「ご主人ーあたしも大好きでーす!」
アオイのミライドン「アギャス!」(訳:私もアオイの事好きだ。)
アオイのマスカーニャ「はぁー?」(ピキ#)

ネモ「おーアオイのポケモン達はみんなアオイの事が好きなんだねー」(悪気無し)
ボタン「ネモ…これ以上いけない…」
マサル「でもポケモン達がトレーナーに応えてくれるのは良い事なんだけどね。」
ハルト「いやそれにしたってタイミング悪過ぎ…って?ペパー先輩?」
ペパー「俺だって…俺だって!!アオイの事が好きだ!」
グレイシア(ミュウ)「いやポケモン達が言うのと異性から言うのとちゃあ意味合いがまた違う!」
アルセウス「その結果アオイは赤面し、ペパーは事の重大を察して赤面しマスカーニャは限界点突破したようだ…」
アオイのマスカーニャ「フフフ…そうだよね…アオイはみんなのアオイだもんね…ソレは分かるよ…でもね。僕のモノに出来ないなら!kグレイシア(ミュウ)「言わせないよ!その言葉は冗談でも言っちゃダメだ!!なのでこの話は終わり!」
この後落ち着かせるようめっちゃくちゃアロマセラピーしアオイはマスカーニャと仲直りの印に絵をプレゼントしたという▼

>>840
ハルト「えー!古代種とか未来種とかもう出ているのにまた新たなパラドックスポケモンとか出たりしたらまたエリアゼロに行かなくちゃならなくなるじゃん!!」
アオイ「でもスカーレットとバイオレットブックにはほぼ確定?みたいだけど記載されてるよね。えっと…」
アルセウス「スイクン、ライコウ、エンティを合わせたポケモンとビリジオン、コバルオン、テラキオンを合わせたポケモンか?」
アオイ「そう、それ!!」
グレイシア(ミュウ)「
え?マジ??よりにもよって三犬と聖剣士が合わさったソレがイメージとして記載されてんの!」
ネモ「三犬?聖剣士?」
アルセウス「三犬はスイクン、ライコウ、エンティこの3匹を総称する言葉だな。そして聖剣士はかつてのイッシュ地方の大昔悪しき人間達によって起こされた戦争によって巻き込まれたポケモン達を守るべくテラキオン、コバルオン、ビリジオンが悪しき人間達との戦い、制裁した伝説がありその功績にちなんで彼らを聖剣士と総称する言葉だ。」
ネモ「へぇーじゃあ元になったポケモン達が合わさったのが次にハルト達が出会うポケモン達なんだ!もし見つけてゲットしてきたら戦わせて!」
ペパー「いや待てかるーくイッシュ地方の歴史知らされたんだが!」
アオイ「此処にレホール先生居たら歓喜しそう…しかもアルセウスの口から語られてるのは事実って事?」
ボタン「ってかその気になられたら人間を制裁とか伝説のポケモンパネェな。いや…ミュウやアルセウス見てきたが…幻のポケモンも侮れないかも」
グレイシア(ミュウ)「僕は兎も角アルセウスがブチギレたら一巻の終わりだけどね。後から聞いたけどシンオウで起こった神々の異変。あれサトシが居なかったらガチで世界が滅亡してたんでしょ!割と洒落にならない案件なんだけど!」
アルセウス「ギシンとかいう人間がダモスを操って命の宝玉を渡さないとか抜かして最初の歴史になるって後にディアルガから聞いたのだ。そこからサトシ達が過去の世界に来てくれてギシンの野望を打破してダモスとの約束を果たしてくれたのだ。」
アオイ「あのぉ…すみません…ポンポンとヤバイ単語が出てきたんですが…」
マサル「サトシが居なかったら本当に危うかったって事か…」
グレイシア(ミュウ)「しくじったら世界王者にはなれなかったし…ポケモンマスターの夢も消えてたかもね。」



854 名前:パルデア組withミュウとマサルとアルセウス ◆lGlYK4pE 投稿日:2023/02/06(Mon) 09:49
>>841
マサル「もしかしたら今やってるコレじゃないの!」

そう言うと星6コノヨザル以外のテラレイドの巣穴がハルト達の前に出現し▼

マサル「偶には気分展開になるし参加するかい?」
アオイ「ごめんなさい!私、もう手持ちにソウブレイズ居るので今更私のソウブレイズ以外に新たにソウブレイズをゲットはちょっと!」
ハルト「僕も良いかな。グレンアルマ手持ちに居るからアオイと同じく僕もパス」
アオイのソウブレイズ「アオイ殿!」
ハルトのグレンアルマ「御主人!」
ボタン「意外や…。てっきりそのイベントにも参加すると思ったけどしないんやな。」
アオイ「だってソウブレイズとは野良のテラレイドで初めて会ったから今更だし」
アオイのソウブレイズ「その節は大変申し訳候。」
ハルト「僕はカルボウからグレンアルマに進化させたから愛着があるかなー」
グレイシア(ミュウ)「どうやら2人は彼ら達の思入れがあるから気が引けないって事だね!」

>>842
ペパー「なんだって!アオイがサトシの事が好きだって!!」
アルセウス「安心しろ別人だ。そもそもコッチのアオイはサトシとは会った事も無いし会えるかもどうか分からん。」
ミュウ「やろうと思えば僕がフーパにへんしんしてあっちからコッチに連れて来れる形を取れば良いけど…
でもそれやちゃうと人数制限オーバーしちゃうんだけどね。」
ネモ「えー呼べないのーせっかくサトシとバトルしたかったなー」(ガッカリ)
ペパー「いいや!呼ばなくて良いから!ミュウの負担ちゃんもある事だしソレには越した事無いだろ」
ボタン「なんかペパー妙にソワソワしてない?」
ペパー「き、気のせいだ!」

>>843
ハルト「はっ!何処かでシャリタツの声が聞こえた!!」
ハルトのシャリタツ「オレースシー!!」
ハルト「なーんだ。僕のシャリタツが言ってたのかー」
ペパー「おいおいハルト。お前のシャリタツまさか…ヌシだったシャリタツか!」
ハルト「はい。ペパー先輩とのあの後のバトルした後何気なくオージャ湖の孤島近辺探索したらコイツが居たのでゲットしちゃいました!」
アオイ「ええぇー!ヌシポケモンってゲット出来るのー!!」
ミュウ 「そう言えばあの後元のサイズに戻った元ヌシだったポケモン達暫くしたら他のポケモンと一緒に居たなー」
ハルト「そう言うアオイはゲットしなかったの?」
アオイ「知ってたらゲットしてたよ…。」

アルセウス 「それでは一旦切るか。」
アオイ「あれ?そう言えばレッドさんは何処へ??」
マサル「あ、言われてみれば見なかった。レッドさん何処に行っちゃったんだろ…」
ハルト「はっ!まさか…レッドさん僕とアオイが立派になられたからまーた武者修行の旅に行っちゃたんじゃあ…」
アオイ「そんなー!!!まだ私別れの挨拶言って無いんだけど!」
ミュウ(心の声:…ごめんみんな。取り敢えず事が終わったからパルデアのサンドイッチ巡りに行くって言ってハルト達に言うの忘れちゃってた…)


855 名前:パルデア組withレッド&ミュウとマサルとアルセウス ◆lGlYK4pE 投稿日:2023/02/06(Mon) 09:51
アオイ「あれから隈なく周りを探したけどレッドさん…居なかった…うっうう(泣)」
ハルト「やっぱりまた武者修行の旅に行っちゃたんだ!もうパルデアには僕達が居るから大丈夫だと」
レッド「ただ今ーごめんね。みんなちょっとお腹空いちゃったからサンドイッチ店に寄っちゃたよ。コレハルト達にお土産ね。」
アオイ「あれ?レッドさん武者修行の旅に行っちゃたんじゃあ…」
レッド「え?ミュウにちょっとサンドイッチ店に寄るからアオイ達には遅れるって言っといて伝言を頼んだんだけど……ミュウ?」
ミュウ「ごめんなさーい!!!言うの忘れてましたー!!!!」
マサル「てっきり僕らはレッドさんが旅を再開したと思いましたよ。」
レッド「まあそれも魅力的だけど当分はキミ達の所に居るよ。まだまだハルト達の冒険も見届けたいしね。」

>>845
ハルト「ホント!ソレ!!厳選するにもミントとか買うと結構額が馬鹿にならない!」
アオイ「チャンピオンランクに行く前はカツカツだったけど今はある程度買えるから割とアレだよねー」
レッド「へぇー僕の頃とは大違いだねー」
ハルト「レッドさんの時は厳しかったんですか?」
レッド「ひと飴与えると1レベ上がるふしぎな飴やポケモンの技のPPポイント1上がるポイントアップも限られたからね。テラレイドするだけで報酬に貰えるキミ達の環境の良さが羨ましいよ。」
ミュウ「でもレッドの場合そこら辺のポケモントレーナー辺りに再度ポケモンバトルして経験値集めやシロガネ山の野生ポケモンとバトルしたり後一番の金策は殿堂入り後何度も四天王やその当時のチャンピオン辺りバトルして賞金掻っ攫ってたけどねー」
ボタン「カツアゲ?」
ペパー「意味合いとしてはだな。」
マサル「ってかカントーって道ゆくポケモントレーナーとか辺り再度ポケモンバトル出来るんだ…」
レッド「コレを使えばもう一回出来るけど」

マジコスパーカーのポケットからバトルサーチャーを取り出し▼

アルセウス「なんだソレは」
レッド「それを使うと再戦出来るかどうか調べられるんだ。」
ネモ「何その夢の様なアイテム!じゃあさーじゃあさーパルデアにも使って良いですか?」
ハルト「ってかネモが使いたいだけじゃん…」
ペパー「ってかよりにもよってとんでもない代物ネモに託さないで!レッドさん!!」
レッド「これは僕のだからあげられないかなー」

>>846
レッド「まだ購入はしてないかな。でもブックの内容パルデア地方のポケモンや彼ら達の全体図を記載された資料もあるらしいね。」
ボタン「画像見たんやけど…スター団のみんなが記載されてる!!!いつのまに皆んな写真撮ったん?」
ネモ「トップもいるー普段こういう服着てたんだー」
ミュウ「キミ達はある程度知ってんじゃ無いの?」
ネモ「まっさかープライベートはあんまり知らないよ。」
アルセウス 「これから歩めば良いのだろ。まだまだお前達の冒険はアレで終わりでは無いだろうしな。」

856 名前:パルデア組withレッド&ミュウとマサルとアルセウス ◆lGlYK4pE 投稿日:2023/02/06(Mon) 09:52
>>847
アルセウス「だかソレがポケモン世界じゃあよくある話だ。あのブリムオンからしてみれば生きる為に人間の感情を糧に得るためにタケシの心を利用したに過ぎない。」
ミュウ 「野生のポケモンあるあるかなーブリムオン側からしたら本能に忠実だし
たまたま負のエネルギー持ってたから今日のご飯はあのニンゲンにしよう的なやつじゃ無い?」
ハルト「怖ッ!!図鑑説明まさにその通りだ…」
アオイ「ポケモンは怖い生き物なんだね…」
アルセウス「だがソレは人に心を許してないポケモン達だけだな。自然の中で暮らしているポケモンと街中で暮らしているポケモンなら全然態度が違うな。」

>>849
ハルト「テラバーストってコライドンやミライドンの技構成に入ってる技マシンの中身?」
アオイ「技マシン171だね!でもこのテラバーストなら
オモダカさんに貰えるから
今更配布は…」
レッド「なんか特別仕様だったりして…それか効果が少し違ったりとか」
マサル「ランクマッチやる時は十分に有利な技らしいね。」
ハルト「でもやっぱり大丈夫かな。材料さえアレばポケモンセンターに行けばゲット出来るからなー」

>>850
アオイのマスカーニャ「じゃあしんりょく運用するしかニャイね。ゲッコウガも激流型に変えたらどうだい?」
アオイのゲッコウガ「そうする…はぁーせっかくポケモンSVに出れるから色々と準備したのに寄りにもよって弱体化されるとは痛いな…」
ミュウ「1回こっきりしか使えないんだって?全然自在じゃないじゃん!!」
アルセウス「そうなるのか。ニャオハ族は新しく登場したのに弱体化を余儀なされるのは可哀想だな。」
アオイのマスカーニャ「まあでも僕は最初から特性しんりょくだけだったから全然痛くもニャイね。これからもこの特性で乗り切るよ!」

掲示板に戻る 全部 前 50 次 50 1 - 50 最新 50 スレ一覧
名前: E-mail(省略可)

read.cgi ver.4.21.10c (2006/07/10)