掲示板に戻る 全部 前 50 次 50 1 - 50 最新 50 スレ一覧

【ORIGINAL】BOUNTY HUNTERS【A to Z】

1 名前:ザナージュ ◆AtoZvqTQ 投稿日:2019/10/25(Fri) 19:10
時は2XXX年!世界は核の炎には包まれなかったが、次元の壁が崩壊した!
人間、獣人、魔族、エルフにドワーフ、果ては異世人からサイボーグといった
様々な人種が混在する世界で、賞金稼ぎ(バウンティハンター)を営む男がいた。
これは混沌とした世界をどげんかすべく戦うハンターたちの物語である。
彼らの元に今日も依頼が舞い込む……。



ようこそ、我が城『AtoZ』へ。俺に依頼かい?
……ん?ヒュウ!こいつは懐かしい顔だ。久しぶりだな、元気にしてたかい?


「もちろん!」→>>2

「誰ですか?」→>>3

「借した金返せよ」→>>4

731 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/02/07(Wed) 17:48
>>700話 俺、苦労性。

アリス「ご主人様ー!すごいものを拾ってきましたよ!」
ザナージュ「でかしたアリスちゃん!」
ゼノ「ホメる前に何拾ったかくらい確認しろよ。アリス、何拾ったんだ?」
ルキ「ミミックじゃなけりゃいいけどね」
アリス「ミミックさんじゃごぜーませんよ!ドラゴンボールです!」
ザナゼノルキ「??」
アリス「ドラゴンボールが落ちていたので回収してきました!」
ザナージュ「でかしたアリスちゃん!」
ゼノ「マジでスゲーの拾ってた」
ルキ「玩具か何かでしょ?」
アリス「玩具じゃごぜーません!このタマタマからは神秘的な力を感じるのです!」
ゼノ「タマタマ言うな。でも確かに妙な力を感じるぜ」
ルキ「ホントだ、魔力とは少し違うみたいだけど……ねえ、返して来た方が良くない?」
ザナージュ「迷わず使えよ、使えばわかるさ。あん時の猪木が言った有名な言葉だ」
ゼノ「どん時だよ、聞いたことねーよ」
アリス「ではアリス行きまーす!いでよ、シェンロン様ー!!」

(カッ)
http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240207174705.jpg

ザナ&ゼノ「小っさ!!」
アリス「蛇さんみたいで可愛らしいです!ね、ルキ様!」
ルキ「え?あ、あー、うん……想像してたのとは違ったかも」
ゼノ「顔付きもシェンロンとは微妙に違くねーか?」
ザナージュ「シェンロンっぽい何かだな。まあ何者でもいいさ、お願いさえ叶えてくれるならな」

シェ●ロンぽいナニカ『願いを言え…』

ゼノ「おおっ、シェンロンっぽい!けどこんなちっちゃい龍にそんな力あんのか?」
ルキ「ゼノのその『小さいものには価値がない』みたいな考え、私好きじゃない」
ゼノ「そんなこと言ってねーぞ!?」
シェ●ロンぽいナニカ『願いを言え…』
アリス「シェンロン様っぽいナニカ様が待ちくたびれてますよ!さっそく何かお願いしてみませう!」
シェ●ロンぽいナニカ『今ならザナージュが願いを叶えてくれるぞ…』
ザナージュ「」
ゼノ「マジかよ、ザナージュ」
アリス「太っ腹ですね、ご主人様!」
ルキ「なにお願いしようかな」
ザナージュ「待て蛇!なんで俺なんだ!てめえが叶えてくれるんじゃねえのか!」
シェ●ロンぽいナニカ『願いを言え…』
ザナージュ「オーケー、それでいい。じゃあとりあえず俺を大金持ちにしてくれ」
シェ●ロンぽいナニカ『今ならザナージュが願いを叶えてくれるぞ…』
ザナージュ「俺の願いはてめえをブチのめすことだよ」

ゼノ「金持ちになりたいなら自分で努力しろってことじゃねぇ?」
ザナージュ「そんな猿でも言えるようなクソの役にも立たねえ説教じみたセリフは望んじゃいねえんだよ!」
アリス「いけませんよ、ご主人様!お客様には優しくしませんと!」
ザナージュ「ごめんよ、シェンロンくん。キミの言うとおり、お金持ちは努力して目指すことにするよ」
ルキ「え……?急に何……?」
ザナージュ「わ、わからねえ、口が勝手に……」
ゼノ「もしかしてザナージュがアリスの願いを叶えてくれた……ってことか?」
アリス「さすがご主人様です!いい子いい子してさしあげまする!」(ミシミシ
ザナージュ「うごああああ……!!これは悪い子にお仕置きする力だぜアリスちゃあああん……!」
ルキ「……ザナージュ」
ザナージュ「あん?」
ルキ「皆にコーヒー淹れてきて」
ザナージュ「ああ?なんで俺が……うっ、体が勝手に!?オーケー、俺に任せときな!」(ダダダッ
ゼノ「マジか」
ザナージュ「フッ、待たせたな。コーヒーだ、召し上がりやがれ調子に飲んなよ貧乳てめえ」
アリス「ご主人様がなんだかすごく面白いことになっています!」
ゼノ「ザナージュ」
ザナージュ「あん!?」
ゼノ「あのちゃん踊ってくれよ」
ザナージュ「ゲゲゲロゲゲゲロゲロチュー♪」(フリフリ
ゼノルキアリ「ブフッ」
ザナージュ「ちくしょう覚えてろよクソガキどもめ♪」(フリフリ

732 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/02/09(Fri) 18:15
ザナージュ「ヘイヘイ見ろよこれ。P'sの応援グッズを作ったぜ」

http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240209181339.jpg

アリス「らぶあんどぴーす?ワンピースのロゴみたいでカッコいいですね!」
ザナージュ「だろ?」
ゼノ「モロパクリじゃねーか」
ザナージュ「聖者でも相手にしてるつもりか?俺は海賊だぜ」
ゼノ「アンタは海賊版だろ」
ルキ「何でうちわ?冬なのに」
ザナージュ「応援グッズといえば、うちわかメガホンかタオルだろ?その中だとうちわが一番デザインしやすかったんでな」
ゼノ「それアイドルを応援する時のグッズじゃねーの?バンドは違
ザナージュ「細けえこたあいいんだよ!というわけで全国80億人のP'sファンの皆様!
   これからもこのうちわでメンバーを応援してくれよな!売上金はありがたくバンド活動の資金に充てさせてもらうぜ!」
ゼノ「ウソつけ、アンタ独り占めする気だろ」
ルキ「ギャラの配分で揉めて解散〜なんて事にならなきゃきゃいいけどね」
アリス「これが本当の内輪揉めですね!」

ザナージュ「ちなみにこいつはただのうちわじゃねえ。驚きの機能が搭載されてるんだぜ」
ゼノ「どんな?」
ザナージュ「今は秘密だ。次回のレスで明らかになるさ」
アリス「それは楽しみですね!ね、ルキ様!」
ルキ「え?あ、あー、うん……(絶対くだらない機能なんだろうけど……)」

>>701話 演技でいいから食べてくれ

オーケーベイビー、いいとこに気がついたな。
今回はこの俺、ザナージュがソロでお答えするぜ。
あれ元々は別次元を描いてたものなんだよ。
パラレルの世界っての?平和な世界に生まれた俺達はあんな風に過ごしてるんじゃねえかってな。
だからあのホラー映画の序盤で死にそうなバカップルは
“ハンター世界の坊やや嬢ちゃん”とは別世界に住む似て非なる存在だと思ってくれ。
もしこっちの二人に頼んだって絶対やらねえだろうぜ。
嬢ちゃんは普通に断るだろうし、坊やも……いや、あいつはやりたがるか。
あー、でもあいつのことだ。演技じゃなくて自力で実現させるとか言うかもしれねえな。
まあ、そんなわけであれは別次元の出来事ってことさ。

それをドクターの大バカ野郎が『私はいつもこんな役だ』なんてメタいことボヤいたせいで世界線が崩壊しちまった。
つまり全部ドクターってヤツの仕業なんだ。
最後のスタッフロール?ありゃお遊びだ。尺が余ってたんでね、詰め込んでみた。
ブラザーのウケも上々で良かったぜ。これからも仲良くやっていきたいもんだ、HAHAHA!」



ザナージュ「さあ、次はいよいよ一年最後のレスだぜ!」
ルキ「去年のね」
ゼノ「いつものことだけど遅すぎだよ。世間は鬼との戦いも終わってんのに、ウチはまだクリスマスってどーなんだ?」
アリス「アリスとしては年中イベント気分で楽しい気がしてきました!」
ルキ「待たされてる方は楽しくないでしょ」
ザナージュ「遅れた分はせめて内容で楽しんでもらわねえとな!ちょいと遅めのクリスマス、盛り上がっていこうぜ!」
ルキ「ちょいと……?」
ゼノ「テンションで誤魔化そうとしてねーか?」
ザナージュ「だまらっしゃい!」

733 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/02/12(Mon) 07:29
ザナージュ
「返信と変身の前に私信だ。

長い間お疲れさん。
なんかやたら自虐してたようだが、おたくらの代わりなんていやしねえ。
おたくらは俺が名前すら持たねえガキだった頃からの憧れであり、手本であり目標だったぜ。
別れの挨拶なんていらないだろ?また会える日を気長に待たせてもらうさ。

それとブラザー達もお疲れさん、だな。
おたくらが、どんな理不尽をも笑顔で受け入れよう、などと聖者のような事を口走る男達でなくてよかった。
だから俺は貴公らと本当の友になろうと決めたのだ。
貴公らにネタがあれば乗っかろう。俺に饅頭あれば分け与えよう。貴公らがこれからもこの世界で笑えるように」
ゼノ「どこの黒縄天譴明王だよ」
ザナージュ「まあとにかくだ。彼らと同じ時代を駆け抜けることができて俺はラッキーベイビーだぜ!」

>>702話 時計じかけの俺ん家

アリス「ご主人様、お荷物が届いてごぜーます!」
ザナージュ「差出人は?」
アリス「ボーミズ・ハシシ様という方からです!」
ザナージュ「……誰だ?」
ゼノ「ザナージュの知り合いじゃねーの?」
ザナージュ「ボーミズなんて名前の知り合いはいないぜ?」
ゼノ「ホントかよ、また借金取りじゃねーだろーなー」
ルキ「……アリス、ちょっと伝票見せて」
アリス「プロジェクトAとスパルタンX、どちらを所望ですか?」
ルキ「はぁ……?」
ザナージュ「ユン・ピョウじゃないぜ、アリスちゃん。伝票、送り状のことさ」
アリス「この紙切れですね!どうぞ!」
ルキ「……某水橋氏だってさ」
アリス「やはりボーミズ・ハシシ様からですね!」
ゼノ「ちげーよ、これは水橋さんってイミだ」
アリス「なんと!もしかして声優さんですか?」
ゼノ「パルスィだよ!」
アリス「パルスィ様ですか!?わーい、ケーキ〜♪」
ルキ「アリスの中ではお菓子くれる人って認識なんだ……」
ザナージュ「悪いな、アリスちゃん。中身はケーキじゃないようだぜ」
アリス「ではチキンですか?」
ザナージュ「ノンノン」
アリス「ではチキンライスですか?今日はクリスマス!街は賑やかお祭り騒ぎですからね!」
ゼノ「アリス、あとでチキン持ってきてやるからちょっとだけ静かにしててくれ……」
アリス「はい!食べきれるサイズでお願いしますね!」

ザナージュ「ワーオ!見てくれよ。この輝きを!」
ゼノ「腕時計か?スゲーな、コレって高いヤツじゃねーの?」
アリス「じーしょっくですか?」
ゼノ「違う違う」
ルキ「メッセージカードには何て?」
ザナージュ「『抱いてほしい』と」
ルキ「何々……次のデートに遅刻したら殺す、だって」
ザナージュ「あ、コラ勝手に読むな、しかもウソをつくな!」
ゼノ「けど許さねーってさ。大丈夫かよ、ザナージュ?このクリスマスも二ヶ月遅刻してんだぜ?」
ザナージュ「大丈夫だ、9月のパーティーには間に合わせる。この時計があれば俺は時空すら飛べるのさ」
アリス「本当ですか!?凄いですねご主人様!」
ゼノ「それって凄いのは時計じゃねーのか?」
ルキ「いくら高級な時計でも本人が遅刻魔じゃ宝の持ち腐れね」
ザナージュ「バカ野郎、この時計を使いこなせるのは世界で俺だけだ。それを今から見せてやるよ」
ゼノ「なんだなんだ?」

734 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/02/12(Mon) 07:30
ザナージュ「装・着!」
(ジャキーン
アリス「おおー!カッコいいですご主人様!」
ゼノ「確かにポーズはカッコいいけどそれが何だよ?変身でもすんのか?」
ルキ「カッコいい……?」
ザナージュ「よーく見てな。前回披露したP'sうちわと組み合わせることによって発動するこの時計の真の力をな」
ゼノ&アリ「真の力……!?」
ルキ「……ただのうちわと腕時計でしょ」

ザナージュ「アクセス……ザナーッシュ!!」
(ピカー
ゼノルキアリ「!?」
http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240212072636.gif
↑ゼノとアリス視点

ゼノ「おおーっ!?スッゲー!!今まで見て来た中でザナージュが一番カッコいい瞬間だ!!」
アリス「ですです!!きっと今がご主人様の人生で一番輝いています!!」
ルキ「それはさすがにザナージュがかわいそ過ぎない……?てか、私にはザナージュがジャンプしただけにしか見えなかったんだけど」
ゼノ「マジ……!?ザナージュが光に包まれながら時空を移動したのがお前には見えなかったのか……!?」
アリス「見逃してしまったのですね……かわいそうなルキ様……」
ルキ「いや、別にいいけど……」
ザナージュ「あれはピュアなハートの持ち主にしか見えないのさ。残念だったな、嬢ちゃん」
ルキ「あっそ……」

ゼノ「いやー、スゲーなー。いいモンもらったなーザナージュ!」
ザナージュ「悪いがやらないぜ、俺へのプレゼントだからな」
ゼノ「ちぇ……まあ仕方ねーか、ザナージュの専用アイテムだもんな……」
アリス「ご主人様以外の方が装備しても意味ごぜーませんよね……」
ルキ「あるでしょ、時計なんだから」
ゼノ「でも変身はできねーだろ」
ルキ「それはザナージュもできないから」
アリス「ですがまさかうちわにあんな機能があったとはビックリクリスマスです!」
ゼノ「ああ、驚きの機能ってアレのことだったんだな!」
ザナージュ「フッ。愛と平和が砕かれた時、H EROは現れるのさ」
ゼノ&アリ「おおーっ」
ルキ「……なんでもいいけどお礼くらいは言っておきなよね。礼儀知らずだと思われたら困るし」
ザナージュ「もちろんさ、俺はやられたらやり返す。倍返しだ!」
ゼノ「古りーぞ。今回は何返すんだ?」
ザナージュ「P'sのアルバム……何!?それは被っているだと!?」
ルキ「誰と話してんの?」
ザナージュ「どうすっかなあ……彼女は俺が持ってるもんは大抵持ってそうなんだよなあ」
アリス「あの方は何を贈るかより、誰が贈るかを大切になさる方だと思いますよ!」
ザナージュ「アリスちゃん……フッ、まさかキミに教えられるとはな」
アリス「この前出てきた野原ひろし様と同じ匂いの靴下でも、ご主人様からの贈り物ならばきっと喜んでくださりますよ!」
ザナゼノルキ「それはどうだろう……」

ザナージュ「そうだ、パルスィちゃんにセクスィちゃんなサンタ服をプレゼントして着てもらうってのはどうだ?」
ルキ「あんたとゼノしか得しないでしょ」
ゼノ「なんでオレが出てくんだよ!?」
ザナージュ「それだけじゃないさ。もう一つサンタに必須のプレゼントを用意する」
アリス「なんですか?」
ザナージュ「俺自身がソリになることだ」
ゼノ「アンタが得するだけじゃねーか」
ザナージュ「俺は上に乗ってもらうのが好きなんや!」
ルキ「最低のオチ」
ザナージュ「じゃあ無難にマフラーとかストールにするか」
ゼノ「フツーだな」
アリス「らしくないですね」
ルキ「期待裏切っていいの?」
ザナージュ「なんなんだお前らは!」

735 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/02/14(Wed) 00:25
ハッピーバレンタインハンターズ
っ【生チョコ】
素直に分け合えば全員分以上の数があるけど敢えて一人一人には渡さない
せっかくだから皆で奪い合いをしてね!

736 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/02/14(Wed) 00:52
ザナージュ
「1、まず時計を装・着!した俺のイラストを用意します。
 2、うちわのイラストを用意します。
 3、パッカーンとしたうちわのイラストを用意します。
 2と3を1のイラストに重ねて繋げればあら不思議!簡単にアニメが作れるぜ!」
アリス「以上、詐欺師のようなマジシャンのようなイケメンご主人様による手品の種明かしでした!」

>>704話 もちつきラプソディ

ザナージュ「ハッピーニューイヤー。今年も当事務所をどうぞご贔屓に」
ゼノ「あけおめー」
ルキ「ことよろー」
アリス「あけましておめでとうごぜーまーす!!」
ゼノ「ってもう2月だぞ。正月の挨拶してんのなんてオレらくらいだよ」
アリス「数日前までクリスマスだったのにあっという間ですね!」
ルキ「あっという間というか私達が遅いだけっていうか」
ゼノ「あ、そうこうしてる間にバレンタインのチョコが届いてるぜ!」
ザナージュ「落ち着きな、みっともねえ。今回はあくまで正月って設定なんだからなうっひょおおお!!」
ゼノ「落ち着けよ」

ザナージュ「正月にやりたいことねえ。お前らなんかあるか?」
ルキ「私は特に……そういうザナージュは?」
ザナージュ「バレンタインムードでイチャイチャしてるカップルどもを爆破して、
   女の子の方だけ俺が華麗に助けて恋に落ちたいね」
ルキ「季節も内容もイカレてる」
ゼノ「一応今は正月って設定なんだから、正月の話しよーぜ……」
アリス「はいはい!アリスはお餅つきがしたいです!」
ゼノ「餅つきかー、そういややったことねーな」
ザナージュ「魔界にいた頃やらなかったのか?」
ゼノ「やるワケねーだろ」
ルキ「あんた餅つく悪魔見たことあんの?」
ザナージュ「オーケー、じゃあやってみよう!やりたかったことは?」
アリス「やってみよー!」
ザナージュ「やったことないことも?」
アリス「やってみよー!!」
ゼノ「ホント元気だなこの二人……」

ザナージュ「じゃあ早速始めよう。合図を頼むぜ、アリスちゃん」
アリス「はいな!ゾンビ相手にロケットランチャーを持ち出す男の人がいたんですよ〜!」
ザナージュ「なあ〜にい〜!?やっちまったなあ〜!」
アリス「男は黙って!」
ザナージュ「ハリセン!!」
アリス「男は黙って!」
ザナージュ「ハリセンボルグ!!」
アリス「愛ですね〜」

ゼノ「……なあ」
ザナージュ「なんだ?」
ゼノ「餅つきするんじゃなかったのかよ」
ザナージュ「ん?今したじゃねえか」
ゼノ「クールポコをな!」
ザナージュ「同じようなもんだろ。なあ、アリスちゃん?」
アリス「はい、アリスは満足ですよ!」
ゼノ「お前餅ついてすらねーじゃん!」
ルキ「まあ、アリスがいいならいいんじゃない……?」



バレンタインチョコ(ノーマルver)
http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240214004537.jpg

バレンタインチョコ(アイスver)
http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240214004610.gif

737 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/02/19(Mon) 04:31
同時上映
>>708話 ハンターファイト開始!地に堕ちたハンター
>>735話 チョコレート戦争
(ゲスト:ドクター、ラハール、DZ)

ドクター「第一回チキチキチュコレート争奪戦!チョコを手にするのは誰だぁぁぁぁぁ!!」
ザナージュ「今噛んだか?」
ラハール「噛んだな」
DZ「そこは滑らかにお願いしたいでやんすねぇ、ドクターのダンナ」
ドクター「今のはわざとだ。君達が気づいてくれて安心したよ。その程度の事にも気付けない様な相手と戦ってもつまらないからね」
ザナージュ「面白えこと言うな。殺すのは最後にしてやるぜ」
ゼノ「なあ……マジで戦んのか?チョコなら人数分あんだから、フツーに分け合って食えばいいじゃんか」
ザナージュ「そういうわけにもいかねえんだ。依頼だからな」
ラハール「我らに殺し合いをさせる事がか」
DZ「お金持ちの道楽みたいでやんすね」
ザナージュ「勘違いすんな!マジで殺るわけねえだろ。あくまでゲームみたいなもんだ」
ドクター「そういう事だよ。今回の戦いはサイバースペースで行う」
ゼノ「なんだそりゃ?」
ドクター「簡単に言えば仮想空間の事だよ。そこで私達の分身(アバター)を戦わせるのだ」
DZ「ということは、攻撃を受けてもオレっち達自身はダメージを受けないってことでやんすね」
ラハール「残念だ。それではザナージュを抹殺できぬ」
ザナージュ「確かに残念だ。てめえを返り討ちにしてやれねえのがな」
ラハール「それは当然だ。貴様の実力ではな」
ザナージュ「あ?現実世界で戦るか?」
ゼノ「二人ともよせよ……」

ドクター「安心するのは早いな。ダメージを受けても我々が死ぬことはないが、アバターのダメージに応じて痛みが伝達する仕組みになっている」
DZ「え、マジでやんすか!?なんでそんないらない機能付けたでやんすか!」
ドクター「ゲームといえど最低限のスリルと緊張感は欲しいだろう?」
ザナージュ「へえ、たまにはいいこと言うじゃねえか」
ラハール「その意見には同意しよう」
DZ「オレっちが欲しいのはチョコだけでやんす!」
ゼノ「んじゃアンタはやめとけよ。元々戦いは苦手だろ?」
DZ「……それだけはできないでやんす」
ゼノ「なんでだよ」
DZ「このチャンスを逃したら二度とチョコに手が届かない……そんな気がするでやんすよ」
ドクター「そう、それを敗北という」
ゼノ「いや、チャンスなんてこの先いくらでも
ザナージュ「よしな、ゼノ坊。DZの覚悟は本物だ。負け犬だって追い詰められりゃ必死に噛みつくさ」
ラハール「憐れみの言葉は戦士にとって最大級の侮辱だと覚えておくがいい」
ゼノ「アンタらの言葉は侮辱じゃねーのか?」

DZ「好き勝手言ってくれるでやんすねぇ!ダンナ達にオレっちの気持ちがわかるわけないでやんす!」
ドクター「何を言う。ザナージュは誰よりも変態の気持ちが解る男だよ」
ラハール「如何にも」
ザナージュ「ああ、だからお前らの気持ちもよく解るぜ」
ゼノ「(もう帰りてぇ……)」
DZ「じゃあ質問でやんす。あんた方は今年チョコ貰えたでやんすか?」
ザナージュ「名無しちゃんからいくつか貰ったぜ?あとアリスちゃんからデカいのと、嬢ちゃんから小さいのをな」
ドクター「私もアリスから頂いたよ。あと研究会の知人からいくつか」
ラハール「……妹から貰った。あと依頼人からいくつか」
ゼノ「……ルキにデカいのと、アリスに小さいの貰ったぜ。あと近所のちっちゃい子やおばちゃんからいくつか」
DZ「見てみい!!全員本命から貰ってるでやんしょ!しかも揃ってあといくつか貰ってるでやんすし!!」
ゼノ「ま、まあまあ落ち着けよ……」
ドクター「では名無しくんのチョコ以外にも、我々が貰ったチョコ全てを賭けるというのはどうかな?」
一同「なん……だと……!?」

ラハール「……勝者が総取りということか。しかしそれは流石に……」
ゼノ「それはやめようぜ……くれた人達に失礼だろ。リスクもデカいし……」
ザナージュ「なんだ、怖じ気付いたのか?いいぜ、負けるのが怖いなら逃げ出しな。ただし、お前らの愛はその程度ってことになるがなHAHA」
ゼノ「なにをー……!」
ラハール「……良かろう。受けて立つ」
DZ「オレっちは元々リスクなんてない無敵のゴブリンだから勿論賛成でやんす!」

ナレーション『こうしてバカ5人による死闘の幕が切って落とされた――!』

738 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/02/19(Mon) 04:32
ゼノ「へぇ〜、これがサイバースペースか。スゲーな、ホントにここに立ってるみてーだ」
DZ「アバターの視点がそのままオレっち達が見てる景色になってるんでやんすね」
ザナージュ「相変わらずこういう無駄なもん作ることに関しちゃ天才的だな、ドクターのヤツは」
ラハール「昔からな」
ドクター「お気に召したかな?ここなら存分に暴れる事が可能だ。それでは臨場感のある戦いを楽しんでくれたまえ」
ザナージュ「オーケー、始めるぜ!」

ザナドクラハDZ「ガンダムファイトー!レディー・ゴー!!」

ゼノ「違う……そうじゃない……」
ドクター「何が違う?」
ゼノ「ガンダムが戦うワケじゃねーだろ。オレらが戦うんだろ」
DZ「戦うのはアバターでやんすよ?」
ゼノ「細けーな、わかってるよ!そのアバターはオレらの分身……分身……!?」
ドクター「ようやく気づいたようだね。待ちくたびれたよ」(ニィ
ザナージュ「やっぱり何か企んでやがったか」
DZ「ん?何?なんでやんす?」
ラハール「……身体能力だけなら一般人にも劣るドクターが生身でこの様な戦いに参加する筈あるまい」
DZ「あ、確かに。……しまった、オレっちも弱いのに生身でやんす!!」
一同「(頭も弱いのか)」

ドクター「見せてあげよう。私の戦闘形態を」
http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240219042420.gif

ゼノ&DZ「!?」
ザナージュ「ヒュウ、お前はいつからアイアンマンになったんだ?」
ドクター「アイアンマンではない、ガンダムだよ」
ゼノ「ガンダムでもねーよ!つーかアイアンマンかガンダムならアイアンマンの方が近けーよ!」
DZ「というかメタリックルージュ?」
ゼノ「く、くそっ、なんにしろちょっとカッコいいじゃねーか……!」
ザナージュ「ヘイヘイヘイ、見とれてんなよ。敵だぞ」
ドクター「ハッハッハ、無理もないさ。アリスには遠く及ばないが、このバトルスーツもなかなかの出来だと自負しているよ」
ラハール「そうか……では礼代わりに俺も一つ見せてやろう」
ドクター「何?」

ラハール「出でよ」
http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240219042457.gif

ゼノ&DZ「!?」
ザナージュ「召喚術か。ハッ、どうせなら美女を喚んでほしいもんだ」
ゼノ「黒縄天譴明王みてーだ……召喚系も悪くねーな……!」
ドクター「なるほど、そう来たか。圧倒的な力なら私のアーマーを破壊できると?」
ラハール「そういう事だ。この広々とした空間が仇となったな」
ドクター「ククッ、実に面白い。いかに強大な攻撃だろうと当方不敗!このドクターアジアに当たらなければどうということはない!」
ゼノ「アンタ、アジア人じゃねーだろ」
DZ「無理矢理ガンダム要素入れようとしてないでやんすか?」

739 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/02/19(Mon) 04:32
DZ「ていうかあのダンナ達、ガチ過ぎるでやんしょ!!全然ゲーム感覚じゃないでやんすよ!」
ザナージュ「あいつらは昔からそうなんだよ。ゲームだろうとガチでやり合うヤツらなのさ」
DZ「大人げなっ!」
ゼノ「(そうだよな……ドクターもラハールさんもザナージュと張り合う力を持ってんだ)」
DZ「ゼノきゅんからもツッコんでやってほしいでやんす!」
ゼノ「わかった。そこで見ててくれ、オレのツッコミを」
DZ「キュン……」
ザナージュ「やれやれ、ようやく火がついたか。……これで少しは面白くなりそうだぜ」(ニッ
ゼノ「ヘッ、どうやらオレも出し惜しみしてる場合じゃねーみてーだな」
ドクター「賢明な判断だ」
ラハール「ならばどうする」
ゼノ「見せてやるよ、オレの新技!」
DZ「ちょおおお!?ツッコミは!?」
ザナージュ「今はお前の仕事さ」

ゼノ「名誉……挽・回!」
http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240219042530.gif

DZ「!?…………え、ハリセン?」
ラハール「ハリセンボルトか……その若さで会得していたとはな。よもやよもやだ」
DZ「真面目な顔して何言ってるでやんすか!?」
ドクター「それがハリセンボルト……ツッコミ役のみが会得することができるという奥義かい」
DZ「え、みんなあのギャグみたいな技知ってるでやんすか?知らないのオレっちだけ?」
ザナージュ「見た目がハリセンだからって甘く見ない方がいいぜ。あのしぶといアンデッド属性を一撃で消し飛ばす威力があるんだからよ」
DZ「見た目ハリセンにする必要あるでやんすか?普通に雷の剣で斬った方がよくないでやんすか?」
ドクター「なるほど……悪魔とはいえ所詮子供だと侮っていたな。すまない、ゼノくん。お詫びに全力で叩き潰してあげよう」
ラハール「もはや加減はできぬ。悪く思うなよ、ゼノ」
ゼノ「そりゃどーも、上等だぜ!」

DZ「まずいまずいまずい!ガチ勢が増えただけでやんす!このままじゃチョコが貰えないでやんす!こうなったらせめて一つだけでも盗み食いを……」
ザナージュ「情けねえヤツだな」
DZ「ダンナ……」
ザナージュ「一つだけ?あいつらはその一つが欲しくて身体張ってんだぜ」
DZ「!」
ザナージュ「お前みてえに『誰のどんなチョコでもいいから一つだけ』なんて考えてるヤツが勝てるわけねえだろうが!」
DZ「ダンナ……うっ、ううっ!でもオレっちは昔から……腕力も人望もなくて……欲だけはあって……」
ザナージュ「意地は?」
DZ「意地……?」
ザナージュ「このまま逃げ続ける人生でいいのか?」
DZ「…………」
ザナージュ「それじゃお前は本当の負け犬だな。そこで泣いてろ、俺は行くぜ」
DZ「……待つでやんす!!」

740 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/02/19(Mon) 04:33
DZ「あるでやんすよ!」
ザナージュ「何が」
DZ「負け犬にも……意地ってものが!」
ザナージュ「……なんだよ、 そんな顔もできるんじゃねえか」
DZ「この顔のイラストあるでやんすか?」
ザナージュ「あるぜ、後で貼ってやるよ」
DZ「ひょっほぉぉぉー!!」
ザナージュ「だがその前にあいつらを叩き潰す。行けるかDZ?お前にやってほしいのは
DZ「オレっちが囮になってる間にダンナがスナイプするでやんすね?任せるでやんす!」
ザナージュ「……フッ、悪かったなDZ。お前は負け犬なんかじゃねえ。お前は
DZ「ダンナ、皆まで言うなでやんす。オレっちの命、ダンナに預けたでやんすよ!」(ダッ
ザナージュ「(ああ、DZ。かわいいDZや。ありがとうよ。お前は負け犬なんかじゃねえ。お前は俺の――)


   飼い犬だ」
http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240219042600.gif


ドクター「あっ!」
ゼノ「いっ!?」
ラハール「うっ!?」
DZ「え?」

http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240219042649.gif
DZ「お……おお……!?な……なんじゃこりゃあ……!!」
ドクター「DZくんもろとも我々を撃つとは……」
ザナージュ「撃っちゃうんだな、これが」
ラハール「不覚……!」
ザナージュ「悪いなDZ、俺が狙ってんのは一つだけじゃねえ。全部だ。チョコもターゲットもな」
DZ「さ、さすがでやんすね、ダンナ……」
ザナージュ「ま、お前にも少しくらい分けてやるよ。俺は寛大だからな」(ニッ
DZ「ニッ……信じてたでやんすよ、ダンナ……」(ガクッ
ドクター「すまないアリス……私を許してくれ……」
ラハール「スターナ……済まぬ……」
ゼノ「ごめんなルキ……つーか待て!攻撃の規模とダメージの比率全然合ってねーな!!」

〜翌日

ゼノ「結局オレらが貰ったチョコは返してくれんのな」
ザナージュ「当たり前だ、女の子が他の男に作ったチョコを無理矢理奪ったってスカッとするだけだろ」
ゼノ「ならアンタにとってはいいんじゃねーか……?」
ザナージュ「だがそれは男だけじゃなくて女の子まで悲しませちまうことになる。俺にはできねえ」
ゼノ「……アンタは短気で卑怯な腐れ外道だけど、女にだけは優しいんだな」
ザナージュ「バーカ、仲間にも優しいだろ?」
ゼノ「仲間は撃ち殺しただろーが」
ザナージュ「生きてるじゃねえか」
ラハール「ザナージュッ!昨日の借りを返しに来たぞッ!俺と戦えッ!」
ドクター「私からも頼むよ。こう見えて義理堅い性分なのでね」
DZ「ダンナ達の行動パターンはバッチリ把握したでやんす!次は勝てるでやんすよ!」
ゼノ「やっぱ全員来たな……んじゃオレも混ぜてもらうかな」
ザナージュ「いいだろ、王者としてまとめて面倒見てやるぜ!」

ザナドクラハDZ「ガンダムファイトー!レディー・ゴー!!」

ゼノ「違う……そうじゃない……」

741 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/02/20(Tue) 19:17
紙芝居屋「ふぉっふぉっふぉ、今日は桃太郎のお話を聞かせてあげよう」
アリス「それは楽しみです!アリスはあの弱肉強食なストーリーが大好きなんです!」
ルキ「そこは勧善懲悪って言うとこだと思うけど……」
ゼノ「今時、紙芝居屋なんて珍しいな」

紙芝居屋「昔々、あるところに獅子舞がいました」
http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240220191518.gif

アリス「なんとぉー!紙芝居屋さんはご主人様だったのですね!」
ゼノ「登場の仕方が段々凝ってきたな……」
ルキ「力入れるとこが違くない?」

>>713話 鉄血のハンターズ

ザナージュ「ドブみてえなニオイさ。この街は腐った連中が流れ着くドブ川みたいなもんだからな。そこに住む俺達はさしずめドブネズミってとこか」
ゼノ「何パンクロッカーみてーなこと言ってんだよ」
アリス「ドブネズミさんには写真には写らない美しさがありますよ!」
ルキ「ま、ザナージュはゾンビみたいなもんだし、腐ってるのはあながち間違いじゃないかもね」
ザナージュ「シンダシンダ〜!!ミンナミンナゾンビ〜!」
ゼノ「いい加減にしろ!」(スパーン)
ザナージュ「ひでぶっ!」

アリス「ご主人様は本当はいい香りですよ!鼻が曲がりそうなくらいに!」
ゼノ「それクセーってことじゃ……」
ルキ「香水付けすぎなんだって」
ザナージュ「エゴイストでプラチナムな俺に相応しい匂いだろ?」
ルキ「Gacktか」
ザナージュ「そうだ」
ゼノ「肯定しやがった」

アリス「ルキ様からは食欲をそそられるいい匂いがします!アリス、お腹空いてきました!」
ルキ「(身の危険を感じる……)」
ザナージュ「焼肉のタレみてえな?」
ゼノ「そういうんじゃねーだろ。ルキはもっとこう……甘い感じの」
ルキ「いやちょっと何言ってんの……」
ザナージュ「気持ちわりいヤツだな」
アリス「へんたーい♪ざぁーこ♪」
ゼノ「オレか!オレが悪いのか!」

アリス「ゼノ様は無臭です!終わりです!」
ゼノ「うおい!もうちょい何かあるだろ!」
アリス「強いて言うならあまじょっぱがらい匂いがします!」
ゼノ「それ病気だろ。……まあクサくねーならいいや」
ザナージュ「今の雷鳴はアンタに捧げるレクイエムさ」
ルキ&アリ「クサッ」
ゼノ「やめろよ!そういうのやめろよ!」
アリス「冗談です!ゼノ様はいい臭いですよ!」
ゼノ「『匂い』が『臭い』になってんぞ!」
ゼノ「ゼノ様からも美味しそうな匂いがします!」
ルキ「よく料理してるしね」
ザナージュ「ラーメンみてえな?」
ゼノ「アンタさっきから食いたいモン言ってるだけだろ」

アリス「アリスはどんな匂いがしますか?機械なのでやはり鉄でしょーか!」
ルキ「アリスは……
ゼノ「血だよ」
アリス「厨二病ですか?」
ゼノ「違げーよ!血が通ってるってことだよ」
アリス「はい??」
ゼノ「お前の身体は機械かもしれねー。けど感情があるし、腹だって減る。生きてるヤツらと何も変わんねーよ」
アリス「ゼノ様……」
ゼノ「な、なんだよ」
アリス「クサいです」
ゼノ「ちょ」
ザナージュ「まあ、今のはクサかったな」
ルキ「うん」
ゼノ「悪かったな!」
ザナージュ「けど、坊やらしいぜ」
ルキ「……うん」
アリス「ありがとうごぜーます、ゼノ様♪」
ゼノ「……おう」

742 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/02/21(Wed) 04:47
>坊やらしいぜ
「坊や/らしいぜ」ではなく「坊/やらしいぜ」に空目した
それもこれもザナージュがやらしいせい

743 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/02/23(Fri) 12:13
このふぐ刺しは君らのために用意したものじゃないんで食べないように

744 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/02/26(Mon) 00:17
みんな俺に現金を分けてくれ!
ttps://d.kuku.lu/k6r7f3j62
(曲が流れるから音量に注意だぜ)

>>714 話 単純な恋の罠

『恋なんて言わば エゴとエゴのぶつかり稽古』

ゼノ「いや、そこはシ

『今、あなたは「そこはシーソーゲームだろ!」と思いましたね?』

ゼノ「なっ……!(思考が……読めるのか?まずい……)」
ザナージュ「何がまずい?言ってみろ」
ゼノ「アンタまで読むなよ!」
アリス「名無し様凄いです!ゼノ様の心をお読みになりやがるとは!」
ルキ「ま、ゼノはわかりやすいからね」
ザナージュ「確かにな。坊、やらしいぜ」
ゼノ「オイ待て、読点の位置に気をつけろ」

アリス「ぶつかり稽古というとお相撲さんのようですね!」
ザナージュ「だが間違いじゃないぜ。恋も相撲も裸で密着するからな」
アリス「それはミスターとチルドレンでも大丈夫ですか?」
ザナージュ「恋に年齢なんて関係ないさ。後先考えずにギッタンバッコンする勇気、人はそれをシーソーゲームと言うんだ」
ゼノ「それ遊びってことじゃねーのか!」
ルキ「アリスもいるのに何て会話してんの」

『これがメンタリズムです』

ゼノ「メンタリズム……なのか?」
アリス「IKKみたいですね!」
ゼノ&ルキ「IKK?」
アリス「胃が 腐った 方 です!」
ゼノ「ダイゴが二人出てきて二人ともハズレってどういうことだよ」
ルキ「そういえばメンタリストってのがいたっけ。最近見ないけどあの人って今何してんの?」
ザナージュ「炎上系配信者として元気に頑張ってるぜ」
ルキ「……それ元気に頑張ってんの?」
ザナージュ「自ら火の中に飛び込み精神を鍛える。それがメンタリズムなのさ」
ゼノ「過酷な道なんだな……」

アリス「ですが思考を読むのはすごいです!アリスもメンタリズってみたいです!」
ザナージュ「オーケー、じゃあ俺の考えてることを当ててごらん」
アリス「地球温暖化について!」
ザナージュ「悪いな、考えたこともねえや」
アリス「むむむ、難しいです!ゼノ様とルキ様はわかりますか?」
ゼノ「金」
ルキ「女」
ザナージュ「お、よくわかったな」
アリス「お二人ともすごいです!メンタリストみたいですね!」
ゼノ「ザナージュを知ってるヤツなら誰でもわかんだろ……」

アリス「ではご主人様、アリスの考えていることはわかりますか?」
ザナージュ「『お腹が空いた』、かい?」
アリス「すごい、よくわかりましたね!さすがご主人様です、世界一カッコいいです!」
ザナージュ「フッ、それほどでもあるさ。オーケー、今から何か食べに行くかい?」
アリス「わーい!ご主人様大好きです!」
ザナージュ「キミもキュートだぜ、アリスちゃん。HAHAHA」
ルキ「……チョロいね」
ゼノ「チョロいな……」
アリス「KMDです!」
ゼノ&ルキ「KMD?」
アリス「これが メンタリズム です」



ザナージュ「そうだ、屋根裏に差し入れが置いてあったからお前らにやるよ」
ルキ「何で屋根裏に」
ゼノ「大丈夫なのかよ、それ」
ザナージュ「大丈夫大丈夫、鬼X隊からの差し入れだから安心しな」
ゼノ「なんだ、それなら大丈夫だな」
アリス「中身はなんですか?」
ザナージュ「女性も喜ぶこと間違いなしのスイーツだそうだ」
ルキ「やった、ちょうど甘いもの欲しかったから嬉しい……」
アリス「アリスも〜♪」
ゼノ「二人ともよかったな」
ザナージュ「後で食った感想聞かせてくれ。あちらさんに俺から伝えておくからよ」
ルキ「ん、わかった」
アリス「はーい!」

745 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/02/26(Mon) 02:30
もういっそ紙芝居屋に転職した方が儲かるんじゃないか?w

746 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/02/29(Thu) 05:20
次は主題歌を作ろう!

747 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/03/01(Fri) 19:38
ザナージュがゾンビサバイバルの世界に放り込まれたら
たぶんゾンビになっても今とそう変わらなさそう

748 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/03/08(Fri) 19:07
ザナージュ「こないだは俺がみんなに現金をわけてもらったからな。今日は俺がみんなに元気をわけてやるぜ」

>>715話 ケーキ爆発、BURN無礼BURN

ザナージュ「デカァァァァァいッ説明不要!!」
アリス「すごく……大きいです!」
ルキ「……大き過ぎない?」
ゼノ「顔どころか全身埋まるな」

715『食うなり顔を埋めるなり二人で入刀するなりしてくれ』

アリス「食べていいでごわすか!?わーい、ありがとうごぜーます名無し様!!」
ザナージュ「じゃあ坊やと嬢ちゃんは入刀を頼むぜ」
ゼノ&ルキ「なんで」
ザナージュ「不満ならお前らが顔埋めるか?」
ゼノ「顔埋める理由がねーだろ」
ザナージュ「顔を埋めるのに理由がいるかい?」
ゼノ「アンタは理由がなくてもケーキに顔埋めんのか?」
ザナージュ「理由ならあるさ、ネタ振りされた。ケーキに顔を埋める理由なんざそれだけで十分だ」
ルキ「そう、じゃあこれからはお笑い界で頑張って」
ゼノ「エアガン撃ったり、後輩にペットボトル投げつけたり、女の子紹介させたりすんなよ」
ザナージュ「笑えねえんだよ」
アリス「ご主人様なら全部やりかねませんからね!」

ザナージュ「準備はいいな?それじゃ俺がケーキに顔を突っ込んだら、アリスちゃんが食ってくれ。そのあと坊やと嬢ちゃんでスパッといっちまいな」
ルキ「順番がおかしいでしょ」
ザナージュ「え?」
ルキ「いや、え?じゃなくて」
ゼノ「何でアンタが顔埋めた後のケーキをアリスに食わせるんだよ。しかも食ったら入刀できねーだろ」
ザナージュ「そこはほら、エア入刀で」
ゼノ「殺陣シーンかよ」
アリス「なんでもいいから始めちゃいませう!アリスはケーキが食べたいです!」
ザナージュ「オーケー、飛び込むぜ!ザッバーン!」

749 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/03/08(Fri) 19:08
ゼノ「…………」
ルキ「…………」
ザナージュ「暗いよー!怖いよー!」
アリス「ご主人様ー!!」
ゼノ「またこの展開かよ!」
ルキ「ワンパターンなヤツ……」
ザナージュ「ヤベえ、出られなくなった。窒息する前に助けてくれ」
ルキ「会話できてんだから大丈夫でしょ。しばらくその状態で頭冷やせば?」
ザナージュ「なんだとこの薄情者め!俺をこんな状態で晒し者にする気か!」
ゼノ「犬神家の一族みてーだ」

アリス「待っていてください、ご主人様!アリスが今お助けします!」
ザナージュ「おお、さすがアリスちゃん。そこで人を嘲笑ってる性悪なガキどもと違って頼りになるぜ」
ゼノ「なんでケーキに埋まったバカな大人にそこまで言われなきゃなんねーんだ」
アリス「ご主人様ったら、そんなに誉められると照れまする〜///」(バシバシ
ザナージュ「ぐあああ!!」
ルキ「あ、ザナージュ沈んだ」
ゼノ「スゲー勢いでな」
アリス「きゃー!ご主人様ー!こうしてはいられません!救出を急ぎませう!」
ゼノ「仕方ねーな、オレが斬ってやるよ」
アリス「いえ、今からアリスが全速力でケーキを食べます!」
ゼノ「斬った方が早くねーか?」
アリス「ゼノ様、食べ物で遊んじゃいけませんよ!いくらルキ様と新婚ごっこ
ゼノ「よーしわかった!好きなだけ食え!」
ルキ「急にどしたの」

アリス「では効率アップの為にアリス分裂します!」
ゼノ「は?分裂?」
アリス「ワンダーチェーンジ!」

(カッ)
http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240308190426.jpg

ゼノ「数が……倍になりやがった……そんなのアリかよ……!?」
ルキ「(何これかわいい……)」
アリス「これなら効率二倍です!ただし自力では動けないので、このコントローラーでゼノ様とルキ様が操作してくださいませ!」
ゼノ「なん……だと……!?」

ルール
アリスを操作して犬神家になったザナージュをたすけよう!
ただし一気に食べ過ぎるとアリスはしばらく動けなくなるので注意しよう!

ゼノ「なんかマリオパーティーのミニゲームみてーなの始まったぞ……どーやって動かすんだコレ?」
ルキ「〜♪」(スイスイ
ゼノ「お前操作上手いな!えーと、このボタンを……こうか?」
アリス「ひゃっ!どこ触ってるんですかゼノ様ー!」
ゼノ「へっ!?悪い、なんかミスったか!?」
アリス「そこはお胸のボタンです!」
ルキ「うーわ」
ゼノ「コントローラー触っただけだぞ!?つーか何のためにそんなボタン付けてんだよ!」

(プスプス
ルキ「あれ……アリス動かなくなっちゃった」
アリス「申し訳ごぜーません、もうお腹いっぱいです……」
ゼノ「え、早くね?お前ならこれくらい余裕で食えるだろ」
アリス「今は体が小さいので!」
ゼノ「お前一体何のために分裂したんだよ!?」
アリス「計算ミスです!これはもうゼノ様とルキ様が入刀するしかありまへんね」(ニヤリ
ゼノ「はっ……!お前まさかそれを狙って……」
アリス「さあ、ご主人様が窒息する前に早く決めちゃってください!」
ゼノ「お、おう!……ルキ、一緒にやってくれるか?」
ルキ「……私、剣なんて使ったことないし、手添えるだけだからね」
ゼノ「十分だ!待ってろよ、ザナージュ!今助けてやるぜ!」
ザナージュ「ヘイヘイヘイ、遅えぞお前ら。待ちくたびれて出てきちまった」
ゼノルキアリ「あ」
ザナージュ「あ?」

http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240308190448.gif

750 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/03/10(Sun) 20:44
大砲でミサイルを迎撃するぜ!

751 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/03/17(Sun) 00:28
君たちは花粉症には悩まされないかい?
俺は喉痛い

752 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/03/23(Sat) 20:29
ザナージュ達が今考えていることを当ててやろう


花見団子何味買おうかな


だな

753 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/03/30(Sat) 21:50
最近どんなことに興味を惹かれる?

754 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/04/06(Sat) 17:15
ザナージュちゃんあーそーぼ

755 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/04/06(Sat) 20:43
ザナージュがゾンビになったら言いそうな台詞。

「この世の全ての美女の脳ミソは、俺が美味しく頂くぜ!!!」

756 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/04/06(Sat) 21:22
ゼノルキペア遊びましょ

757 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/04/07(Sun) 23:46
http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240407234003.gif
http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240407234034.gif

ザナージュ「例の恵方巻きだが、イメージとしてはこのくらい衝撃的な味だったらしい。さすが奥義だぜ、HAHAHA」
ゼノ「笑ってる場合じゃねーだろ!ルキ、アリス、しっかりしろー!!」

>>725話 某人形の館

ザナージュ「グッズねえ、モノによるだろうぜ。例えば抱き枕なら、野郎の抱き枕など死んでもいらん」
アリス「そうですか?ご主人様の抱き枕ならアリスは欲しいですよ!」
ザナージュ「フッ、キミには尚更必要ないさ。抱きたいなら俺を
アリス「はいな!」(メキメキ
ザナージュ「うがあああ……!」
ゼノ「懲りねーヤツだ……」
ルキ「実はそういう趣味なんじゃないの?」

アリス「どんなグッズでもご主人様のグッズならたくさん売れやがると思いますよ!」
ゼノ「ザナージュの顔をプリントしたTシャツとか?」
ルキ「売れなさそ」
ザナージュ「やかましい。んなもん俺じゃなくても売れねえだろ」
アリス「んなことごぜーません!ルキ様やスターナ様のTシャツならDZ様のような方がたくさん買ってくださるはずです!」
ザナージュ「HAHA、あいつならシャツをタオルとして使いそうだな。
   『あうう〜!オレっちの汗がルキちゃんの顔に染み込んでいくでやんすぅ〜!』とか言ってよ」
ルキ「キモい」
ゼノ「衣類じゃなくてさ、フィギュアとかホビー系ならどうだ?」
ザナージュ「それこそ男にしか需要ねえよ。メジャー作品ならともかく、マイナー作品でフィギュア化されんのは美少女キャラばっかだ。
   マッチョな野郎のフィギュアなんて見たことねえだろ?」
ゼノ「んなことねーよ。バットマン、スパイダーマン、アイアンマンとかいっぱい出てんじゃん」
ザナージュ「そいつらは海外で超メジャーな上に美少女キャラがいねえだろうが!」
アリス「怒られますよご主人様!」

ルキ「ゼノはヒーローとかああいう系のグッズ好きだよね」
ゼノ「まあな、ついつい集めたくなるんだよなー」
アリス「可愛いお人形さんやぬいぐるみならアリスやルキ様も欲しいです!」
ルキ「わ、私は別に……」
ザナージュ「オーケー、じゃあドクターに頼んで俺達のフィギュアを作ってもらおう」



ザナージュ「さあ、試作品が届いたぞー!」
アリス「わー見るのが楽しみですね!」
ルキ「顔はちゃんと可愛くなってる?」
ゼノ「見てみようぜ。どれどれ……」
ザナージュ「じゃあまずはアリスちゃんと嬢ちゃん、ここにはいないがスターナちゃんのフィギュアからだ」
アリス「わくわく!」

http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240407234115.jpg

ルキ「想像と違った」
ゼノ「コエーよ!!なんだよコレ!ホラーじゃん!」
ザナージュ「俺に言うな!文句ならドクターに言え!ちっ、あの野郎……面白がって妙なもん作りやがって」
ゼノ「コレ……売れるか……?」
ルキ「ないでしょ」
アリス「いえ、アリスはどれも可愛いと思いますよ!」
ルキ「そ、そう……。あのさ、私のやつ特に酷くない?」
ゼノ「髪が伸びたり、捨てても手元に戻ってきそうだな……」
ルキ「へー、私のこと捨てるつもりなんだ」
ゼノ「な、なんだよその言い方!?お前じゃねーだろコレは!?」
ザナージュ「よく見りゃアリスちゃんの顔だけはちゃんと本物に似せてんな、ドクターの野郎」
ゼノ「目ン玉飛び出てるけどな……」
アリス「よろしければここで再現してみましょうか?」
ゼノ「やんなくていい!次行こう次!」
ザナージュ「オーケー、お次はゼノ坊とドクターだ!」

758 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/04/07(Sun) 23:46
http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240407234145.jpg

ルキ「誰これ」
ゼノ「うおい!何でアメコミ風なんだよ!」
ザナージュ「何言ってんだ、お前の為にヒーローっぽくしてくれってドクターに頼んでやったんじゃねえか」
ゼノ「原型ねーじゃん!オレこんなゴツくねーだろ!ちくしょう、ドクターのヤツ、自分はちょっとスタイリッシュな感じにしやがって……」
ザナージュ「ゴーグル外すと目からビーム撃ちそうだよな」
アリス「ですがこのゼノ様は本物のゼノ様より逞しくて強そうでカッコいいですよ!」
ゼノ「え、マジかよ……」
アリス「ね、ルキ様!」
ルキ「え?いや、私は……あ、そういえばザナージュのはないの?」
ザナージュ「ねえ。俺のような美形をアメコミ風の濃いタッチで再現するのはなかなか難しいそうだ」
ルキ「あっそ……」
ゼノ「面白くならなかったってことか」
ザナージュ「お黙り!さあ、後はこいつを商品化して売り捌くだけた。売上次第で第2弾が出るかもな、HAHAHA!」
アリス「どのお人形も売れるといいですね!」
ルキ「どれも売れなさそう……」

>>726話 泣く子はいねえが役に立つ

アリス「皆様大変でごぜーます!」
ザナージュ「どうしたんだい、アリスちゃん」
アリス「事務所の外で怪物さんがなぐ子様をお探しです!」
ザナゼノルキ「??」
ゼノ「怪物?魔物か?」
ルキ「なぐ子って誰?」
アリス「わかりません!ご本人に聞いてみます!」
ザナージュ「オーケー、見に行った方が早そうだ」

『なぐ子はいねがーわり子はいねがー』

ザナージュ「なるほど、ナマハゲか」
アリス「ナマハゲー!!違うだろー!!」
ゼノ「違わねーし古りーぞ、アリス」
ルキ「そういえばもう節分(は過ぎたけど、この日は節分)だっけ」
アリス「鬼を殲滅してスコアを競うイベントですね!」
ゼノ「オレの知らねーイベントだ」
ザナージュ「鬼の目にも涙とはよく言ったもんだぜ」

『なぐ子はいねがーわり子はいねがー』

ザナージュ「他を当たりな。ここには鬼を見て泣くようなピュアな子はいねえさ」
ゼノ「ハハ、ガキの頃のオレなら泣いたかもしれねーけどな」
ルキ「(悪魔のセリフと思えない……)」
アリス「泣く子はごぜーませんが、悪い子ならここにごぜーますよ!」
ザナージュ「確かにな。刃物を持った金髪小僧と目付きの悪いひねくれ娘がいるぜ」
ゼノ「銃持った白髪のオッサンもな」
ルキ「ついでに手癖も悪いおっさんがね」
ザナージュ「誰がおっさんだコラァ!ヘイ、Mr.ナマハゲさんよ。このガキども叱ってやってくれよ」

『なぐ子はいねがーわり子はいねがー』

ルキ「……お仕事大変ですね」
ゼノ「お、お前なー、そういうことは言っちゃいけねーんだぞ」
ルキ「あ、ごめん、つい……」
ゼノ「ゴメンな、ナマハゲさん」
ザナージュ「俺がナマハゲ役ならこんなガキは絶対泣くまで追い回してやるぜ」
アリス「おや?ナマハゲ様ってお顔は怖いですが、よく見ると手足は人間みてーですね。やや!下から覗くともうひとつお顔が!」
ゼノ「あ、コラよせアリス!ナマハゲの人が困ってんだろ!」
ルキ「すみません、よく言っておくんで今回は許してあげてください……」
アリス「えへへ、どうやら悪い子はアリスでした。申し訳ごぜーません、ナマハゲ様!」
ザナージュ「やっぱり俺がナマハゲ役だったら泣いたかもしれん」

759 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/04/11(Thu) 11:06
高いところが好き?

760 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/04/14(Sun) 11:38
ルキさんのように綺麗な花には棘がありますね!

761 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/04/15(Mon) 11:23
「もちろん!」→>>2

「誰ですか?」→>>3

「借した金返せよ」→>>4

今更ながらの話題だけどさ、これって一種の選んじゃいけないと分かってるのに
選びたくなる選択肢だよね。

例えば某理不尽過ぎるファミコンソフトの最初の画面。

1 げーむを はじめる

2 げーむを さいかいする

3 おやじを なぐる

3を選ぶと「ぎゃーひとごろしー」のセリフの後、こんてにゅうやの親父に反撃され
最速ゲームオーバー、葬式の画面へ…。

762 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/04/16(Tue) 18:54
アナウンサー
「さあ、ついに始まりました!
賞金とチーム存続を懸け、総勢80名のハンター達が一斉に戦うバトルロイヤル!
果たして優勝はどのチームに!
それでは選手入場です!!」

http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240416184928.jpg
「まずは優勝候補の一角!恐らく今大会で最もバランスの良いチームでしょう!
我らの剣技と魔法に死角無し!
鉄壁の連携と絆!チームワークとはこういうことだ!
若き勇者、アルス率いるブレイブハーツ!!」

「こちらも優勝候補筆頭!
天が呼ぶ地が呼ぶ人が呼ぶ!悪を倒せと彼らを呼ぶ!
もう大丈夫!私達が来た!宇宙の平和と日曜の朝はこの手で守り抜く!
チビッ子人気No.1チーム!ジャスティ・マックス率いるハイパーボイジャー!!」

http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240416184957.jpg
「その昔、保安官、ギャング、戦士、三つの派閥が
領地を守る為、手を取り合い誕生したこのチーム!
最も長い歴史を誇る古豪!
ガンスモーク家現当主、ビリーを先頭に堂々の入場です!!」

「おどろおどろしい雰囲気が会場を包み込んできました!
色物軍団と侮ることなかれ!侮ればたちまちその首吹き飛ぶぞ!
天下無双の傾奇者軍団!鍵を握るはやはりこの男スライヤ!
斬魔衆、ここに見参!!」

http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240416185025.jpg
「徒手空拳ならこのチームが最強でしょう!
攻防共にもはや死角無し!地上に存在する全ての格闘技を極めし者達!
俺より強い奴らに会いに来た!格闘界の生ける伝説ホラと超新星ヘラ!
ケントーサ親子率いるキィィィングオブゥゥゥキィィィックスジィィィムゥゥゥ!!(巻き舌)」

「もう噛ませ犬とは呼ばせねえ!
覚えておけ!狩るのは俺達、狩られるのはお前達だ!
首を洗う必要はねえ!汚物どもはまとめて消毒してやらあ!
地獄の看守長ヘルマンが支配するルール無用のアウトロー集団!アルカトラズだー!!」

http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240416185048.jpg
「やってきました、ある意味最も危険なチーム!
テレビ放送ができない最大の理由は彼らにあり!存在そのものがタブー!
我々にできるのは彼らが勝ち抜かないことを祈るだけです!
船長、波乗りジョニィと9人の海賊達!帆を上げろ!ホワイトラヴァーズ出航だ!!」

「トリを飾るのはやはりこの男!
今回はスターゲイザーやフリーハンター、さらに酒場のおやっさんをも巻き込み登場だ!
曲者揃いのこのチーム!チームワークは大丈夫なのか!?どうなんだザナージュ!
オーケーベイビー!AtoZ改め、BOUNTY HUNTERZ!!」



ザナージュ「ってストーリーを考えたんだが、見たいかい?あ、もちろんメンバー集めのとこからな」
ゼノ&アリ「見たい!(です!)」
ルキ「完走までに終わりそうにないから却下」

>>730話 剣士の弟子を名乗る剣士

ザナージュ「弟子?いらねえなあ。めんどくせえし、パシリならもういるし。な」
ゼノ「な、じゃねーよ。なんでオレ見て言うんだよ?オレがパシリだってのかよ」
ザナージュ「違うのか?」
ゼノ「ちげーよ。だいたい弟子とパシリは別だろ」
ザナージュ「そうなのか?嬢ちゃん」
ルキ「多分ね」
ザナージュ「ま、どっちだっていいさ。俺に弟子なんてもんは必要ねえ……いや、待てよ?」
アリス「どうしました?」
ザナージュ「美少女を弟子にして、『師匠』と呼んでもらいてえ」
ゼノ「邪な師匠だな」
アリス「ししょ〜!」
ルキ「↑ここだけ違うスレみたい……」

ザナージュ「やっぱ弟子取るか。授業料だとか言って金をむしりとるチャンスだ」
ゼノ「邪な師匠だな。こんな師匠から何を学べってんだよ」
ザナージュ「ふんっ!」(スパーン)
ゼノ「イッテ!!何すんだよ!?」
ザナージュ「お前に隙があったからじゃ!修行中に気を弛めるでないわ、バカ弟子め!」
ゼノ「はぁ?なんだよ、いきなり。オレがいつアンタの弟子に
ザナージュ「隙有り!」
ゼノ「おっと」(ヒョイ
ザナージュ「!」
ゼノ「残念だったな、お師匠さん。オレに隙なんてねーぜ」
ザナージュ「ふん!さっき一発食らったではないか」
ゼノ「あれは、その……ノーカンだ、ノーカン」
ザナージュ「師匠と弟子ってこんな感じでいいのか?嬢ちゃん」
ルキ「多分ね」

763 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/04/16(Tue) 18:54
アリス「楽しそうです!ご主人様、アリスもお弟子さんにしてくだせーませ!」
ザナージュ「わしの修行は厳しいぞ。それでもよいのか?アリスちゃん」
アリス「はい!覚悟はできておりまする!」
ザナージュ「よろしい!弟子入りを許可する!」
アリス「わーい!」
ゼノ「なんだコレ。ザナージュのヤツ、ノリノリじゃねーか」
ルキ「ま、すぐ飽きるでしょ」
ザナージュ「あ、当然お前らも弟子じゃからな。バシバシ鍛えてやるぞい」
ゼノ「え、マジ?まあ強くなれるならいいか」
ルキ「だる……」

ザナージュ「よいか、我が弟子達よ。よく遊び、よく食べて、よく休み、よく盗め。
   キャラハン人生を面白おかしく張り切って過ごせ。
   それが我が守銭流の教えじゃ」
アリス「しゅせんりゅう?」
ルキ「守銭奴ってことじゃない?」
ゼノ「いいこと言ってる風だけど、よく盗めってのは何だよ」
ザナージュ「達人の技術と饅頭を盗めということじゃ」
ゼノ「饅頭はダメだろ」
ザナージュ「いいんじゃよ、グリーンじゃよ。そもそも弟子というのは師匠から盗むのが仕事なのじゃ」
アリス「ではアリスを褒めてください!実はご主人様がおやつに取っておいたお饅頭、こっそり食べちゃいました!」
ザナージュ「なん……じゃと……!?あれ結構高かったのに……ま、まあよい。よくやったぞアリスちゃん」
アリス「えっへん!」
ルキ「ダメな師弟……」

ゼノ「なー、師匠。オレもっと強くなりてーんだよ。戦い方とか教えてくれよ」
ザナージュ「よかろう。ではまず事務所を掃除しなさい」
ゼノ「へ?掃除?」
ザナージュ「これも修行じゃ」
ルキ「どういうこと?」
ゼノ「(そうか!ただの雑用かと思ってた何気ない行動が全部修行になってる、ってヤツだな!
   ベストキッド的なアレだ!よーし!)わかった、掃除してくるぜ!」(ダダッ
ルキ「あ、ゼノ!……何で急に張り切ってんの?」
ザナージュ「チョロい坊やじゃのう。では嬢ちゃん、次はお前の番じゃ」
ルキ「……私は別に修行とか必要ないから。ダルいし」
ザナージュ「隠すな隠すな。わしはお前が夜な夜な外でこっそり魔法の修行をしておるのを知っておるぞ」
ルキ「え、見てたの?」
ザナージュ「え?」
ルキ「え?」
ザナージュ「マジでそんなことしてたのか?知らんかったぞい、HOHOHO」
ルキ「ちっ……知られたくなかったのに……」
アリス「別に隠すことないじゃないですか!」
ザナージュ「そうじゃそうじゃ、立派なことじゃろ」
ルキ「いや……」
アリス「これからはアリスも修行にお付き合いいたしまする!まずはルキ様も岩を持ち上げられるようになりませう!」
ルキ「……こうなるから知られたくなかったの」
ザナージュ「あ、すまん」

ナレーション『そして数時間の刻が過ぎた……』

ザナージュ「よくやったなお前達。見事じゃ。もうお前達に教えることは何もない」
アリス「お師匠様!ありがとうごぜーました!」
ルキ「何も教えてもらってないけどね」
ゼノ「修行期間、短過ぎんだろ。数時間じゃさすがに何も変わんねーよ」
ザナージュ「俺に師匠役はやっぱ無理だぜ。次スレは、成長した俺の弟子を主人公にしようと思ったんだけどよ」
ルキ「そんなこと考えてたんだ……」
ゼノ「まず次スレを考えてたことにビックリだよ」
ザナージュ「最終回ではないぞよ。もうちっとだけ続くんじゃ」

ゼノ「ザナージュさー、今回は遊びだったけど、マジでオレに剣の稽古つけてくれよ」
ザナージュ「無理だっつってんだろ。剣なんてもう何年も使ってねえんだ」
アリス「そういえばご主人様は元々魔法剣士なんでしたっけ?」
ルキ「らしいけど。……ってことは魔法の知識も案外あったりして」
ザナージュ「ないない、魔法のお勉強が嫌でジョブチェンしたようなもんだぜ?」
ルキ「ま……あんたはそうだよね」
ゼノ「惜しいな、剣も魔法も使えるならオレらの師匠になってもらえたかもしれねーのに……」
ザナージュ「HAHAHA、そんな都合のいいヤツがそうそういるわけ……」
ラハール「来たぞ、ザナージュ!今日こそ貴様の息の根を止めてくれるッ!」
一同「あ、いた」

764 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/04/27(Sat) 11:07
ルキをストーカーして絡んでやるぜ
これはゼノのためのお膳立てだ

765 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/04/27(Sat) 18:59
あんたらならファッションショーもいけるっしょ!

766 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/05/07(Tue) 19:35
http://www.10ch.tv/bbs_img/img-box/img20240507193400.jpg

ザナージュ「ハンターズグッズ第二弾、緑線判子だ」
ルキ「……ラインスタンプ?」
アリス「おおー!これも可愛いです!これからバンバン使っていきませう!」
ゼノ「どういう場面で使うんだ、コレ……?」
ザナージュ「オーケーベイビー、手本を見せてやるぜ」

ゼノ『なに食べたい?』
アリス『いだだぎまぁず。』

ルキ『また行こうよ』
ザナージュ『オーケーベイビー』

ゼノ『話があんだけどさ』
ルキ『だる……』

ザナージュ「と、まあこんな感じさ」
ゼノ「そういうのやめろよ!」

>>742話 坊や、それは濡れ衣じゃ

ザナージュ「そいつは俺のせいじゃあない。おたく自身とゼノ坊に邪心があるからさ」
ゼノ「ちょ、待てよ!オレはカンケーねーだろ」
アリス「そうですよ、ご主人様!ゼノ様は悪魔のくせに邪心なんて皆無のお人好しです!」
ゼノ「ホメられてんのかわかんねーけどありがとう!」
アリス「ゼノ様がお持ちなのは下心です!」
ザナージュ「おっと、そうだったか」
ゼノ「そんなモンねーよ!」
アリス「じゃあ恋心?」
ザナージュ「おっと、そうだったな」
ルキ「そうなの?」
ゼノ「そんなモン……ね、ねーよ」
ザナ&アリ「(ニタァァァ……)」
ゼノ「クソッ、ムカつく顔しやがって……」

ザナージュ「まあ確かに『坊、やらしいぜ』に見えなくないこともなくなくなくないな」
ゼノ「どっちだよ。ったく、風評被害もいいとこだ」
ザナージュ「『ゼノ坊らしいぜ』って言えばよかったか?」
ゼノ「そもそもさ、『坊』いらねーだろ」
アリス「坊はイヤでごぜーますか?」
ゼノ「ヤだね、坊なんて」
アリス「では『棒やらしいぜ』でいかがでごぜーましょう?」
ゼノ「いいワケねーだろ、悪化してんじゃねーか!!『ゼノ』だけでいいって言ってんだ!」
アリス「じゃあゼノ、焼きそばパン買って来いや」
ゼノ「い、いや、お前じゃなくてさ……」

ルキ「……私も気になってたんだけど、そろそろ『坊や』とか『嬢ちゃん』って呼び方変えない?」
ゼノ「そーだそーだ、もう坊やじゃねーんだかんな」
アリス「え、ゼノ様って女の子になったんですか?」
ゼノ「お前ちょっと静かにしててくれ!ほら、お菓子やるから!」
アリス「かしこかしこまりました、かしこ!」
ザナージュ「呼び方なあ、今更変えたら逆になんか気持ち悪くねーか?」
ルキ「慣れの問題でしょ、その内慣れるって」
ザナージュ「じゃあ……ルキ」
ルキ「え……」(ドキッ
ザナージュ「あん?どうした?」
ルキ「べ、別に……やっぱ、あんたに名前で呼ばれると変な感じ……」
ザナージュ「じゃあ今まで通りでいいか?」
ゼノ「ああ!」
ザナージュ「なんでお前が即答すんだよ」

ゼノ「まあルキは今まで通りでいいとして、オレのことはゼノって呼んでくれよな」
ザナージュ「じゃあ……エロ」
ゼノ「アンタだろーが。いいから呼べよ、名前で!」
ザナージュ「わかったわかった、お前が一人前になったらな」
ゼノ「そりゃオレはまだ熟練ではねーけど、もう一人前だろ?」
ザナージュ「何言ってやがる、まだ卒業試験もクリアしてねえだろうが」
ゼノ「なんだよ卒業試験って?」
ザナージュ「まず彼女作れ」
ゼノ「バ、バカ!どんな試験だよ!!」
ザナージュ「HAHAHA、なに想像したんだ?坊、やらしいぜ」
ゼノ「ク、クソォォォーーー!!!」

767 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/05/09(Thu) 20:52
ザナージュの嫌いなものに勇者とかなってたけど
やっぱりその勇者がイケメンで「英傑」とか言われてるお人ならさも嫌いか。

その上お姫様も付いていたり魔王を倒したり実績を持つならさぞかし僻むのか
まあ、その勇者別名が「蛮族」とか「厄災」となあだ名があるんですけどね。

768 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/05/12(Sun) 22:19
>>743話 ふぐ刺しがなくなる頃に

ゼノ「……って言われたんだから食うなよ、ザナージュとアリス」
ザナージュ「何で俺とアリスちゃんにだけ言うんだ?嬢ちゃんは食っていいってのか?」
ゼノ「ルキは言わなくてもつまみ食いなんてしねーよ」
ザナージュ「俺やアリスちゃんだってつまみ食いなんてしねえよ。堂々と食ってやるぜ。なあ、アリスちゃん?」
アリス「はい?」(モッシャモッシャ
ザナージュ「おや?」
ゼノ「早えーんだよ!食うのやめろアリス!!」
アリス「ダ、ダメです!満腹中枢の暴走を確認!食欲急上昇中!もう止まりません!」
ゼノ「要するにお前次第だろ!」
ザナージュ「既に半分くらい食っちまったようだな」
ゼノ「なんてこった……アリスから目を離すんじゃなかった……」
ルキ「……」
ザナージュ「ヘイ、嬢ちゃん。お前、アリスちゃんを止めなかったのか?」
ルキ「目が……」
ザナージュ「目?」
ルキ「アリスの目が……魔獣の目をしてたから……私、動けなくて……ごめん……」
ザナージュ「オーケー、そいつは仕方ねえ」
ゼノ「お、おう……そりゃオレやザナージュでもどうしようもねーよ……」
ルキ「……でもどうするの?この料理って他の人の為に用意されてたんじゃ……」
ザナージュ「でえじょうぶだ、ドラゴンボールで復活できる」
ゼノ「そのドラゴンボールはどこにあんだよ」
ザナージュ「みんなの心の中にいつまでも在るさ」
ゼノ「そうだな!でも料理は心じゃどうにもならねーんだよ!」
ザナージュ「ヘイヘイヘイ、お前料理するくせにそんな発言していいのか?」
ゼノ「イミが違げーだろ!」
アリス「おやめください!!」
ザナ&ゼノ「!」
アリス「ケンカしてる場合じゃないでしょう!!」
ゼノ「お前が言うな!……まあ確かにケンカしてる場合ではねーな」

ザナージュ「そうだな、早いとこ全部食っちまおう」(バクバク
ゼノ「うおおおい!?何やってんだよ!?」
ザナージュ「どうせ手え付けちまったんだからもう全部食え。証拠隠滅だ、最初からなかったことにしよう」
ルキ「ムリでしょ」
ゼノ「まあ残さず食うのはいいことだな……」
ルキ「……そこ感心するとこ?」
アリス「ご主人様に賛成です!743様には後で謝りませう!」(バクバク
ザナージュ「大丈夫大丈夫、金も後で払えばいいさ」(バクバク
アリス「お金が足りなければ体で
ザナージュ「おっと、そこまでだアリスちゃん」

ゼノ「あーあ……やっちまった……オレらも共犯になっちまうんだろーな……」
ルキ「あの料理って……」
ゼノ「ん、フグ刺しがどうかしたか?」
ルキ「誰の為に用意されてたんだろ……」
ゼノ「高級品だからな。どっかの金持ちとかお偉いさんじゃねーの?」
ルキ「……私達、打ち首だったりして」
ゼノ「いや、さすがにそれはねーだろ……なあ、ザナージュ」

ザナージュ「ブーブー!」
ゼノ&ルキ「!?」
ゼノ「ウソ……だろ……ザナージュがブタになってやがる……!」
アリス「ブーブー!」
ルキ「アリスまで……!」
ゼノ「どういうことだよ!?」

おやっさん「あのフグ刺しはな」

ルキ「え、あの人……」
ゼノ「酒場のオッチャンじゃねーか、何でここに?」
おやっさん「あの料理は>>743に頼まれて、私が用意したものだ」
ゼノ「そうだったのか……悪いことしたな」
おやっさん「あれは本来……カシラ?ハシラ?よくわからんが異国のなんか凄い有名な人にお出しする予定だったのだ」
ルキ「すごいざっくりした説明」
おやっさん「それをなんだ、ザナージュとアリスのやつめ。大切な料理を豚のように食い散らかしおってからに」
ゼノ&ルキ「すみません」
おやっさん「まあ、こうなったからには仕方がない。お前たちにはしばらくウチの店を手伝ってもらうぞ。ゼノは厨房、ルキは接客だ」
ゼノ「わ、わかった。それで許してもらえんなら……」
ルキ「えぇぇぇ……」
ゼノ「けどザナージュとアリスはどうなるんだ?元に戻れんのか?」
おやっさん「心配するな、一週間ほどで呪いは解けるだろう。では店に戻るぞ、急いで代わりの料理を用意せにゃならん」
ルキ「ま、待って、私、接客とかはちょっと……」
おやっさん「ブーブー言うんじゃない」
ザナ&アリ「ブーブー!!」

769 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/05/12(Sun) 22:20
ザナージュ「どうだった?ウチのガキどもの仕事ぶりは」
おやっさん「期待以上だ。ゼノの料理の評判は上場。DZのようにルキ目当てで来る客もいる。まあ何度か路地裏で冷たくなって発見されたが」
ザナージュ「そりゃよかった。よければアリスちゃんも派遣するぜ?」
おやっさん「それは丁重にお断りさせてもらう。店が消滅してしまうからな」
ザナ&親父「HAHAHA!!」
おやっさん「とにかく助かった。二号店ができたばかりで人手が足りんかったのでな」
ザナージュ「じゃあ今度の大会、ウチのチームで出場してくれるんだよな?」
おやっさん「よかろう、元・王国騎士団団長の力を見せてやろう」
ゼノ「よう、コソコソ何話してんだ?」
ルキ「昼間から悪人面が二人揃って密会?」
ザナ&親父「!?……あ……あ……!」



おやっさん「ザナージュ」
ザナージュ「なんだい、おやっさん」
おやっさん「最近の若者は怖いな」
ザナージュ「そうだね、おやっさん」

>>745話 転職したら紙芝居屋だった件

ザナージュ「というわけで新作を用意したぜ。この前作ったやつの完全版+完全新作2つの計3作品だ!」

ttps://d.kuku.lu/k6r7f3j62
(音量注意だぜ!)

アリス「豪華ですね〜、社長〜!」
ゼノ「ムダに凝ってんな〜」
ルキ「ザナージュは飽きっぽいのに凝り性だからね」
ゼノ「熱しやすく冷めやすいってヤツか」
ザナージュ「ハッキリ言って俺は物語を小説風に書き起こせるほどの文才はねえ。だからアニメで表現することにした」
ゼノ「それはそれで手間かかんねーか……?」
ザナージュ「いやあ、でも自分達が動いてるの見るのは楽しいぜ。俺達のようなORIGINAL世界の住人なら誰もが一度は夢見たはずさ」
アリス「はい!アリスは特に動きが多くて嬉しいです!」
ザナージュ「アリスちゃんはギミックが多くて楽しいからな。怪力だし、頭や手が飛んだりビーム撃ったり」
ゼノ「必要最小限の動きしかしないルキとは真逆のスタイルだよな」
ザナージュ「そうだな、スタイルは真逆だ」
ルキ「なんかムカつくんだけど」
ザナージュ「まあ派手な動きは少ねえが、『らしさ』は出せたんじゃねえかと思ってるぜ」
アリス「はい!ルキ様の省エネっぷりがよく出ていると思いまする!」
ザナージュ「もっと派手な技も考えてたんだが、あまり動き回るのも違う気がしてよ。それに」
ルキ「それに?」
ザナージュ「動きを表現しなくていいから、ぶっちゃけ楽。まあ、飛んだり跳ねたりするより歩くシーンの方が遥かにめんどくせえんだが」
ゼノ「ぶっちゃけたな」
ザナージュ「面倒と言えばお前もだぜ、ゼノ坊」
ゼノ「へ、オレ?オレはどちらかっつーと動き回るから誤魔化しやすいんじゃねーのか?」
ルキ「誤魔化しって」
ザナージュ「お前はアクションよりも剣が面倒くせえ!」
ルキ「そういえば剣の絵は崩れやすいんだっけ」
ザナージュ「そうだ、だから剣の絵だけ別に作って合成するようにした。ただ、お前はウチのエースだからな。大事なサビの始まりはお前に任せてやったぜ」
ゼノ「うおお……ありがとなザナージュ……!」
ルキ「めっちゃ嬉しそう……」
アリス「ゼノ様、ちょっと泣いてます?」
ルキ「でも目立ちたがり屋のザナージュがよく自分の出番削ってまで、ゼノに譲ってあげたよね」
ザナージュ「……銃ってのはな」
ゼノルキアリ「?」
ザナージュ「アクションシーンが難しいんだ。ついでに俺の場合は顔と衣装も難しい」
ゼノ「……ぶっちゃけたな」
ザナージュ「まあメインからモブまで一つは見せ場があるんだ。これならどのキャラのファンも喜ぶだろ」
ルキ「どのキャラにもファンがいればね」

770 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/05/12(Sun) 22:20
>>746話 名もなき詩

ザナージュ「というわけでエンディングテーマを作ったぜ、というか作ってもらったぜ」
アリス「お歌まで作れるなんてAIって凄いですね!アリスびっくりしちゃいました!」
ルキ「う、うん……アリスも凄いと思うけど……」
ゼノ「アニソンっぽいな。スタッフロールまで流したりしてさ」
アリス「映画みてーな爽やかな終わり方です!」
ザナージュ「和風ロックのアニソンってオーダーしてできた曲の中から、一番いい感じのやつを採用したのさ。
   バラードよりもああいう疾走感のある曲で締めた方か俺達らしいだろ?」
ルキ「女性ヴォーカルだけど、あんたが歌わなくていいの?」
ザナージュ「性別を指定するのをうっかり忘れてたのさ、HAHAHA。ただあの曲は男の声よりもレディの方が合うと思うぜ」
アリス「今度はアルバムを作りませう!」
ザナージュ「お、そうだな。幸い詩はできてるしな」
ゼノ「あんな短い詩で歌なんて作れんのか?」
ザナージュ「じゃあもうちょい書き加えるか」
ルキ「その前にレス書きなって」

771 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/05/13(Mon) 19:25
前回までのザナージュとゆかいな仲間たちはー!!!!

アウトサイダーズVSザナージュ一味VSダー○ライ
またしても何も知らない大○洋さん

772 名前:BOUNTY HUNTERS ◆AtoZvqTQ 投稿日:2024/05/14(Tue) 00:02
ザナージュ「しまった、スタッフクレジットが一部ズレてる上に消し忘れた箇所があったぜ」
ゼノ「一番やらかしちゃいけねーエンディングでやっちまったな」
ザナージュ「やるなと言われるとついついやりたくなるのがこの俺さ」
アリス「では動画の修正はしないでください!」
ザナージュ「オーケー、修正はしないぜ」
ルキ「あんたさっき何て言ったっけ」

>>747話 ZOMBIE SURVIVAL

ザナージュ「ってのはなんだい?ゲームかなんかか?流行ってんのか?」
ゼノ&ルキ「…………」
ザナージュ「なんだお前ら。何か言いたそうだな」
ゼノ「アンタ知ってんだろ」
ザナージュ「知らねえぜ?ゾンビサバイバルなんて初耳だ」
ルキ「ホントに見たことないの?」
ザナージュ「ないない、そんなスレがあること自体たった今知ったぜ」
ゼノ&ルキ「知ってんじゃん」
ザナージュ「え?」
ゼノ「アンタ今『スレ』って言ったじゃねーか」
ルキ「知らないのに何で『スレ』のことだって分かったの?」
ザナージュ「あ、あ〜、そうかそうか、そんなスレがあんのか。いやあ、なんとなく言ったら当たったぜ。すげえ偶然だな、HAHAHA」
ゼノ「わざとらしいんですよォーッ!!」(スパーン)
アリス「ゼノ様のその敬語もわざとらしいでごぜーますですよ!」
ルキ「それ言ったらアリスの敬語が一番……まあ、もういっか……」

>たぶんゾンビになっても今とそう変わらなさそう

ザナージュ「どういう意味だ。超絶男前のこの俺がゾンビみたいだってのか?」
ルキ「実質ゾンビみたいなもんでしょ。異常にしぶといし……」
ザナージュ「俺のようなタフガイじゃなきゃハンターなんて務まらんぜ」
ゼノ「狙った獲物にはしつこくつきまとうし」
ザナージュ「プロだからな。仕事は完遂するさ」
アリス「若い女性の方ばかり狙いますし!」
ザナージュ「護衛の為さ。俺は狩人(ハンター)であり騎士(ナイト)でもあるんだ」
ルキ「つまりゾンビみたいなもんね」
ゼノ「だな」
アリス「です!ゾンビだけに!」
ザナージュ「待て、何でそうなる!俺の話を聞いてなかったのか?」

ゼノ「いいじゃんか、アンタはそれくらい恐れられてるってことだよ」
ルキ「そうそう、ザナージュって名前を聞くだけで皆ビビッちゃうから」
ザナージュ「だったらゾンビなんかよりもっといい例えがあるだろうが。グールよりクールな存在に例えやがれ」
アリス「では映画の登場人物に当てはめていきませう!ご主人様はどのような役がいいです?」
ザナージュ「俺は当然主人公さ。ゾンビだけでなくヒロインのハートも撃ち抜く二枚目のな」
ルキ「なんか言ってる」
ゼノ「当然って自分で言いきるのがスゲーよ」

アリス「ではゼノ様とルキ様は?」
ザナージュ「そいつらは序盤でイチャついてる所をゾンビに襲われるカップルとかそんなもんだろ」
ゼノ「なんでだよ!」
ザナージュ「不満か?」
ゼノ「え?あ……ああ、不満だよ」
ザナージュ「どこが不満なのか言ってみな」
ゼノ「え?あ……あ……?」
ザナージュ「なんなんだお前は。ゾンビみてえにアーアー言いやがって」
アリス「ルキ様も不満ですか?」
ルキ「別に……そんなザナージュの妄想にあーだこーだ言っても仕方ないでしょ」
ザナージュ「こいつは俺の妄想じゃなくてゼ
ゼノ「よーし、わかった!!オレらはゾンビに襲われる役だな!!やったぜ、一度やってみたかったんだよそういう役!!」
ルキ「変な願望……」

アリス「ではアリスの役を教えてくだせーませ!ヒロインですか?」
ザナージュ「いや、ゾンビより強いヒロインはさすがに……キミはラスボス
アリス「ヒロインですよね?」
ザナージュ「もちろんさ。俺が主人公ならヒロインはキミしかいないぜ」
アリス「わーい♪」
ゼノ「頼り甲斐のあるヒロインだな……」
ルキ「守り甲斐はなさそうだけど……」
ザナージュ「泣けるぜ……」

ゼノ「よし、ちょっとゾンビに襲われる練習してみっか」
アリス「ではアリスがゾンビ役をやります!お二人は存分にイチャイチャしてくだせーませ!」
ルキ「どっちもやんなくていいから。ほら、頭くっつけて」
ザナージュ「こいつらならどんな世界でも適応できそうだな」

773 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/05/14(Tue) 18:03
お前が噂のうつけのザナージュか!

774 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/05/15(Wed) 20:06
武器商人とのコネくらいねえのか?

775 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/05/17(Fri) 07:10
これは、、、まさか!
ああ、ザナージュの勝ちだ!


今だと負けフラグらしい

776 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/05/22(Wed) 12:27
ザナージュを追う高級車のベンツが猛烈な勢いで走ってきた!

777 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/05/22(Wed) 16:03
1回だけ必ずスリーセブンを出せるお守りを授けよう

778 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/06/07(Fri) 14:36
ワンチャン 主役になりたいって思ったりするぅ?

779 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/06/07(Fri) 16:26
ザナージュアバロニク?

780 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2024/06/16(Sun) 17:45
ザナージュって人間?それなのに人の心が無いような?
美女に弱いってのは分かるザナージュは三枚目ってやつだな。


掲示板に戻る 全部 前 50 次 50 1 - 50 最新 50 スレ一覧
名前: E-mail(省略可)

read.cgi ver.4.21.10c (2006/07/10)