掲示板に戻る 全部 前 50 次 50 1 - 50 最新 50 スレ一覧

【鬼滅の刃】鬼殺隊音柱・宇髄天元だこっからはド派手に行くぜ【銀朱の月を添えて】

1 名前:宇髄天元 ◆udzuWj8M 投稿日:2022/12/01(Thu) 00:04

ここは鬼殺隊音柱・宇髄天元、またの名を派手を司る祭りの神により開設された屋敷である。
位置づけとしては総合・水屋敷の『はなれ』となり総合とは相互関係の元開放されている。
話し合いが生じた際や行事など企画がある場合、屋敷間にて越境し言葉を交わすこともある。
規律にしっかりと目を通して活動せよ、それじゃ宜しく頼むわ。

◇◆鬼殺隊・隊律一覧◆◇

壱・隊員同士の私闘を禁ずる

弐・屋敷を荒らす鬼並びにそれに与する者は除隊処分とする

参・異世界からの越境行為を禁ずる

肆・名無し隊員同士の過度な会話は謹むべし

伍・所属隊士(キャラハン)として参加希望者は>>2へ目を通すべし
   尚、鬼舞辻に与する鬼の参加は禁止とする

陸・身分証(トリップ)の携帯は
   『鬼滅の刃』の登場人物にのみ許可する

漆・所属隊士が忠告した際は留意すべし
  小説のような物語や独白などによる自己満足な文章
  個人的な思想論などは反応に困る為控えるべし

◇◆休息の場◇◆
http://www.10ch.tv/chat/chat.cgi?mode=0&submode=5&chatid=narikiri_charaneta&roomid=803976413


838 名前:煉獄杏寿郎 ◆Gv0oNgqY 投稿日:2023/05/21(Sun) 06:06
>>829
む、川の向こうにいるのは…
やあ薩摩の少年!!久しいな!!つい最近、君の話を隊の皆にしたばかりだ!
元気そうで何より!それにしても、ずいぶんと大きな荷を背負っているが一体

《煉獄どんの誕生日ば祝うために本場の唐芋(薩摩芋)100sほど籠ば入れて鍛錬がてらに走ってきたでごわす。》

百!それは凄いな!一体、薩摩芋何本分なんだ!
今は時期ではないだろうに、そんなに沢山貰ってしまって良いのだろうか!
ではそこで待っていると良い!今向かうから…

《今そちらに投げ渡すから受けっとってほしいでごわす。》

何ッ!?
待て待て、下は川だぞ、水に落ちれば折角の芋が台無しだ!!
あ!こら、勝手に投擲体勢に入るんじゃない!せっかちにも程がある!!

−−ザザッ

うむ!何を考えているのか理解に苦しむが、こうなっては致し方ない!!
ただし一本たりとも川へ落とさぬよう丁重に、細心の注意を払って投げるのだ!
この煉獄が受け止めてやる!さぁ来い芋ッ!!

−−スウゥゥゥゥゥ

《チェストー!!》

−−ドゴッ

ふんっ、ぐぬぬぬぬ!!!

−−ズザザザザッ

…ふーっ。
うむ!芋は無事のようだな!こんなに沢山の薩摩芋を一度に見るのは初めてだ!
確かにこの重さならば良い鍛錬にもなるし、腹が減れば蒸して食える!一石二鳥だ!
薩摩の少年!ありが…むっ、もう居ないとは!本当にせっかちな奴だ!はっはっはっは!!

>>830

−−本物だが!!

そんな事は初めて言われたな!
俺は今までずっと、目の上に絡繰を付けていると思われていたのか。
…ふ、はは、はっはっはっは!そんなわけないだろう、君本当に面白いな!わははっ!!

うむ!では俺からも面白い芸を見せてやろう!
この眉をこうして…む、むむむっ…下がり眉にしてやるとだ…

−−ババンッ

………………。

どうだ!千寿郎にそっくりだったろう!
だがこれを維持するのは中々難しくてな!三秒が限界だ、あと喋ると元に戻る!
逆に千寿郎が眉間に力を入れると俺に瓜二つになるぞ!何れ兄弟芸を君に披露してやろう!
楽しみにしているといい!はっはっは!!

839 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/21(Sun) 11:32
脱いだ隊服はどうやってお手入れするのか

840 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/21(Sun) 15:04
なんか柱で煉獄さんがリーダーみたいな感じになってるけど
年齢制なら悲鳴嶼さんがリーダーじゃないの?

841 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/21(Sun) 18:07
氷の呼吸!いちごかき氷!練乳がけ!


842 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/21(Sun) 20:22
猗窩座「杏寿郎!俺も親父の介護していたから苦労は分かるぞー!」

843 名前:宇髄天元 ◆udzuWj8M 投稿日:2023/05/22(Mon) 00:46
>>827
朝活だか腸活だかよう分からんが、どうせならトンカツとか夫婦生活とか、
そっちのが浪漫があるだろ、え?おっさんみたいな言動はやめろ?
誰がおっさんだ!!こんな色男を捕まえて、俺をおっさん等と呼ぶのは
猪の野郎とオマエくらいだ、何処がおっさんか説明しろ!!

………はぁあ!?柱の中じゃおっさん枠でしょだあッ!?
馬鹿言ってんじゃないよお兄さん枠だろうが、どう見ても目ん玉腐ってんじゃねェのか!


………まァ、いい、で、今度はどんな活動なのよ?
腸内の環境を整える為の活動。何だお前便秘なのか、水飲め水!!
浮腫むだ太るだ言って水分摂らなかったり、食事からの水分も断つ奴もいる。
まったく、逆効果なんだよ、きちんと摂るモンは取って健康的に過ごさなきゃ
便秘にだってなるわ。見た目を気にする気持ちもわかるが、俺等は鬼殺隊だ。


人間を越えてくる鬼と戦うには屈強な肉体を手に入れ、
日が暮れてから夜明けまでの長時間、戦い抜く体力が必要になって来る。
腸活も役に立つとは思うが、必要な物を必要な分体内に取り込み、
健康で強い身体を育てることを優先するんだな!

まァ……そうだな、細く華奢な身体を好む野郎もいるが、そんなのより
肉付きがよく安産型の尻が好きな色男もいる、その辺はもう相性だからな、
運命の出会いなんてもんもあるから安心して待ってると良いわ。
それに、お前はもう少しド派手に食った方が良いと思う。

朝から納豆飯五杯と牛乳二立くらい飲んで食うオンナくらいが俺は好ましいわ!



>>828 >>831
(>>837)
お、煉獄じゃねーの……って、なんだありゃあ、でけェカモノハシだな。
――――って、おいおいおいおい、カモノハシなんか日本に居る訳がないだろ、
いや、しかし、あの独特な特徴は図鑑で見たことがあるカモノハシ。

しかも、煉獄と楽しそうに会話までしてやがる。
つーか煉獄、いつの間に動物と会話が出来るようになったんだ?
面白いモンを見たな…まァ、いい。

俺もド派手に紹介して貰おうか、おい!煉獄!何と話してんだよ!


>コダック少年!是非君の意見を聞かせて欲しい!栗花落少女に何を贈れば喜んで貰えるだろうか!

へぇ、コダックっていうのか初めましてだ、俺は鬼殺隊音柱、宇髄天元。
女房が三人居る華やかな色男だがよろしく頼むわ。
ん、煉獄の誕生祝に駆けつけただと、ハッハッハ、じゃあ昔馴染みってことか、
ま、日にちが遅れたっつってもよ、お祝いしたいって気持ちが嬉しいよ。
煉獄の二十歳の誕生日は来年の五月九日までに祝えばいいし、
栗花落の十六歳の祝いも来年の十八日までに祝えばド派手に問題なし!!

派手を司る祭りの神が許可してんだから良いんだよ。
贈り物?そんなの考えて考えてフッと相手の笑顔が見えたらそれを選べ!
俺は常に自分の直感で選んでるぜ!!


>>831 >宇髄のお尻を服の上からツンツンするコダック

煉獄 >それは……なるほど、褌か。

いやちょっと待て!!なるほどってなんだよ!!
お前は確かに男らしいとは思う、どっちかっていうと名無しもよく言ってるが、
熱血天然柱だ!!しかし、いち友人として忠告するが、
うら若き十六歳のオンナの誕生日に褌は流石にマズイというか…


れ、煉獄、もしマジで褌にするなら俺から渡そうか?いつもの連盟でいいぜ?


844 名前:宇髄天元 ◆udzuWj8M 投稿日:2023/05/22(Mon) 00:47
>>829
はいどーも、大きな声がすると思えば煉獄に来客か!
薩摩出身の隊士ね、はぁ!?ってお前そんな山ほどの薩摩芋背負って来たのか?
二十六.六六七貫!!まぁ、俺の体重と似たモンだから対して重くはねーが、
背負って乱取り稽古でもすればいい鍛練になりそうだ。

それに、ワザワザ煉獄の為に本場の薩摩芋を贈ろうとする気持ちが見事だぜ。
はぁいいねぇ!!その馬力と得も言われぬ熱い心!よっしゃ、俺も担いで鍛練だ!


>今そちらに投げ渡すから受けっとってほしいでごわす。

いやいや、ちょっと待てって既視感スゲーがお前等皆、揃いも揃って破天荒だな!
背負い籠ごと投げ飛ばすって見たこともねーし、聞いたこともねーわ!
しかし、鬼殺隊でも屈指の躯体の持ち主の俺様だ!!
受け止めてやろうじゃねぇか、オラオラ!ぶん投げて来いコラッ!!

>チェストー!!

―――ザザッ


―――――ん?オイ、どうした?
なに!?腰をヤッた!?おいおいおいマジかよそりゃヤベーだろ、動けんのか?
ん?煉獄にも同じことをやって成功したのにって?何回やってんだよ馬鹿野郎。
身体だって消耗品なんだからな、無理をすれば動かなくなるのも早くなる。


膝を使いまくれば膝が痛くなるし、指先を使いまくれば変形してくる。
一般的な爺さん婆さんを見てみろ、若いころから一所懸命働いて腰だって曲がってる。
真面目に正直に生きて来たああいう人を俺達は守らなけりゃならないんだからな、
若いからって無理すんな、取り敢えず歩けるなら胡蝶んとこで見て貰え……は?

――――歩けねぇのかよ!!ったく仕様がねーな!
今日は薩摩芋に免じて背負って行ってやるよ、手間かけさせんなアホが。


>>830
ああそうよ、絡繰りで動くようになってんだわ。
それがようピョコピョコ動くモンで、思わず眉毛ばかり見ちまうていうか、
俺の視線の丁度良い所に眉毛がくるんだよな、目の前で動くもんだから
話が入って来ない時があるのが難点だ、まったく誰か操作してんだか。

――――なんて、そんなこと言ってると“またお前は”ってさ、呆れられるか、ハッハッハ!

先代の炎柱も立派な眉だったし、煉獄も、そんで弟もあの眉だしな。
活力があって意志の強さも感じられるあの眉はもう、煉獄家ということを
より際立たせる特徴だ、良いと思うでド派手だしさ。


逆に俺は眉をどんな形にでも化粧で変える為短く切りそろえてる。
変装ではやはり眉で変化を付けるんでな……そう考えても眉毛って大事だわ。


>>834
へぇ、お前さんはとても気に入ってくれて、何度も何度でも活動記録を
視聴してくれてんだな、ハッハッハ、>>750で煉獄が何度も見返すのを
勧めてたが実践してる奴がいようとは、幸せなもんだよ。

活動記録の原本も活動写真も、どっちもその道の達人が作り上げたものだ。
少々の差異はあろうが、きっとその携わった人間の持てる、
それ以上の情熱を掛けて作り上げているもんだからな、違っているからと嫌がらず、
初めて知って地味に驚いてくれたり、不死川兄弟の普段のやりとり、
その場の空気を感じ取って貰えたら広報も幸せだと思うわ。


まァこの過去の話は不死川の弟視点ってもんもあるからな、
今後もしかすると不死川の視点ってのも、広報は死ぬ思いで情報を掻き集め
大量のおはぎを献上したりとか小細工しつつ仕事すると思うからなァ、
期待して待ってると良い……恐らく映像化してもらえんだろ。


まさか、とは思うが…いや、めちゃくちゃ見てくれてるようだから問うが、
不死川の親父のすね毛の本数とか数えてねぇだろうな?

…………。


んな地味な事はしねーか、疑って悪かった、明日もド派手に生きようぜ!!
また稽古つけてやるからなァ!気合入れてまた来い!


845 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/22(Mon) 01:23
時透の親父出てたんだな
時透の兄貴と違って出番一瞬だったから
忘れていた

846 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/22(Mon) 12:20
水屋敷から煉獄さんに引き摺られて宇髄さんが帰って来たように見えたけど
煉獄さん力が強いなw

847 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/22(Mon) 21:25
世界一可愛い幼女の鬼がいても斬る?
そんな幼女鬼を斬るならそいつの方が鬼だと思わないか?

848 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/22(Mon) 21:36
鬼瓦せんべい、どうぞ
硬いけど甘いぞ

849 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/23(Tue) 00:30
いつ見ても時透に復讐目論んでた小鉄が
息吹き込んで助けて脱出の流れ熱い

850 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/24(Wed) 17:24
昨日23日はキスの日だったそうですよ!
宇髄さんと煉獄さんもキッスしましたか?
ああ、お二人がしたのかじゃなくてそれぞれしたのか聞きたかったのです
キスってストレス解消したり綺麗になったりお互いの相性がわかったり
良い効力があるそうです!

851 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/24(Wed) 21:03
大分には作り物の鬼のミイラが存在する
幾つかの骨を組み合わせて作ったそうだが、足の骨だけがどんな動物だったのか分かっていない

852 名前:宇髄天元 ◆udzuWj8M 投稿日:2023/05/25(Thu) 00:26
よう、少し間があいちまったが早速稽古を始めようか。
天気の悪い日が続いたんでな、俺も少し身体が鈍っちまった気がする。
さァ気合入れてくぞォ!!

―――と、その前に稽古予約、一件取止めがあったようだな?
それに関して最後に話があるからよ、依頼に行ってくれた名無しと、
此処へ集う名無しに話があるからさァ、読んでくれると嬉しいわ。


>>835
ハッハッハ、やっぱ煉獄は人望が厚いね、慕われてんだわな。
誕生日だったってことで褒めちまうが、煉獄は普段から表裏なんてなく、
強い責任感を持って周囲からの信頼もある。
自分は面倒見がいい方じゃねぇと言いながら、超絶気が利くし、
人の不安を取り除ける言葉を掛けられる人間だったりするんだわ。

……そうは見えないってのが何か引き付ける物があるんだろうな。
ハッハッハ、別に弄ってるんじゃねぇよ、いや、パッと見あんなド派手な奴だ
一般人はあんなに真っ直ぐに鬼殺隊の炎柱を務め上げてるとは露程も思わんだろ。
人間見た目じゃねーんだよ、俺様だってこんな華やかな色男だが、
任務に対しちゃ真摯な姿勢で挑んでんだぜ、誠実だろう惚れちまうだろうなァ。

――――っと、そういう話をしてんじゃなくて、お前もこんな豪華な
贈り物をしちまうくらい煉獄を慕ってんだな、良いと思うぜ、俺はよ。

相撲も熱心に興味を持っている、ああ、何かあれば相撲を取りたがるのよ。
この前の端午の節句も騎馬戦で終わるかと思ったら相撲で締めたしな。
大の相撲好きだ、そんなん貰ったら諸手を挙げて喜ぶに違いねーわ!
煉獄は奥に居る、はやく届けてやるんだな。


>>839
脱いだ隊服?そりゃコートハンガーに引っ掛けて置いたりするな。
泥で汚れたらブラシを掛けるし、返り血を浴びれば洗って落とす。

強く優れた、特別な繊維で作られているからな、通気性が良くて、
濡れにくく燃えにくいし雑魚鬼の攻撃くらいじゃ破けねーからさ、
家庭での洗濯もパパパッと出来るもんよって、俺の場合嫁がやってくれる。


いつでも清潔でバリッとした隊服で任務に臨めるのは嫁のお蔭だぜ。
やっぱ洗い立ての隊服を身に纏うと、背筋も派手にピンと伸びるわ!!
まァ、数着予備として自宅にはあるが、時々前田がやってきて保守、
意地、管理をやっていってくれるんだが、俺の嫁の隊服を作らないか、と、
毎度毎度言って来るのがかなりウザい。

あの変態気質はどうにかならんのかね、アイツの女隊士の採寸は狂ってるわ。


>>840
問題に対しての回答、反応速度が一番速いから中心人物に見えたのかね。
闊達なんだよ、声もでかいし、ハッハッハ!

一応っつーか、柱の統率を図ってるのは悲鳴嶼さんだ。
柱最強ってのもあるし最古参ってのもある。が、誰よりも冷静沈着で頼りになる。
その経験を重ねた上での知識と判断力は見事でなマジで信頼できる存在だ。
強靭な精神力と極限まで練り上げられた肉体と技、剣を交えなくとも分かる
そのクソ強さは憧れちまうとこもある。あれで目が見えないのがド派手だ。
そんな感じでさ、全員一致で柱のリーダーは悲鳴嶼さんだって言うと思うわ。

ま、柱ってのはリーダーとなって隊を押し上げるのが仕事だし、
モジモジしてる奴は向いてねーと思うからな、煉獄くらいじゃねーと
仲間を引っ張っては行けねーと思う……いや、よく考えてみるとさァ、
口数少ないのとか言葉が足らないのとかネチネチしてんのとか……

案外向いてねーヤツのが多いかもなァ!ワッハッハ!!


まあそうね、煉獄は柱の中でも持ち前のリーダーシップを発揮して
全員に積極的に話し掛けているし、特に自分より年下の柱に多く声掛けしてる。
交流も大事にしてるし良い上官だと思うわ。

柱同士でもさ、協力、行動、作業を遂行するには連携が大事になって来る。
馴れ合いはよくねーが、助け合ったり弱点を補完することで
個人では達成できなかった任務を成し遂げることも難しくなくなる。

炎柱のリーダーシップは見習うべきだと思うわ。
特に二十一歳組はなァ、はっはっは!!


853 名前:宇髄天元 ◆udzuWj8M 投稿日:2023/05/25(Thu) 00:27
>>841
頭がクソ痛くなりそうな呼吸だな、自分で編み出した新しい呼吸か?
空気中の水分を凍らせ、刀身に氷を纏わせて凍てつく斬撃を繰り出す…
味はいちご味だけどなァ、ワッハッハ!!派手なかき氷だわ!!

しかも練乳掛けとかベタついた斬撃になりそうだよ、ツライよな夏場のべたべた。
それでもさ、氷の呼吸ってのは在りそうで無い呼吸だからなァ、
その線で鍛練を重ねて見ると良いんじゃねぇの?クソ派手なモンになりそうだ。


そして大紅蓮氷輪m……ゴホン、いや、豪快でド派手な大技を体得し、
俺達の後に続けよ、待ってるぜ。

―――――と、こっちは待ってると溶けちまうな!
いちご味のかき氷練乳掛け、さっそく派手派手に頂くとしようかッ!!


>>842
またお前か!よく来たな、上がって行け!
いつも俺以上のド派手な化粧を施し、俺以上の露出を図る変な野郎だし、
ちょっと鬼っぽいがまァいい、話くらい聞いてやろう。

――――ああ、そうなのか。

親父さんは病を患って介護が必要な状態だったんだな、そりゃ大変だぜ。
親が病気だと子は悩むっつーか、他には頼れない辛さもあるだろうから
苦労以上のモノがるよな。ああ、俺の父親もある意味病気でな。

一緒ではないがお前の苦労も分かるってもんよ。なんてな。

しかし、親の面倒を見るってのはどんなに苛酷で残酷か。
無理をしてでも親を支えつづけた結果、自分を褒めてやれない人間も多い。
何かもっと出来たんじゃないのか、他に方法があったんじゃないか、
後悔の念に押しつぶされ自分を責め続けてしまう事もあるそうだ。

でもな、親なんて子を責めることなんてねーんだよ、俺んちは別だが。

いつまでも過去に囚われてねーで、次の人生をしっかりと歩んだ方が、
親としては嬉しいと思うぜ。俺んちはド派手に別だけどよ。


>>845
こないだの活動記録の話だな、時透は親父似だなァ表情そっくりだろ。
髪色とか瞳の色は母親譲りなのかね、あんまり派手ではねぇが
綺麗な色をしているよな。本人はどうでも良さそうな態度だったけど。

しかし、時透の親父は竈門と同じ赤い瞳だったとはね。
何処かおぼろげな記憶の中で、竈門の言葉に一瞬何かが揺さぶらせた。
時透はその何かを手繰り寄せる事が出来れば、新たな境地に
辿り着けるんじゃねぇのかと思う。

――――ってのは俺の妄想だが、時透家ってのは杣人だったんだなァ。
いや、刀を握って二月で柱になったのは知っててさ、代々剣士の家系じゃ
無いのは分かってたんだが……
木を切り、木を植え自然の恩恵を受けながら生活をする杣人とは。

時透の性格ではちと想像できなかったもんで驚いたわ。
まァ、今後どうなって行くか見守る事にしますかね、親父はまだ出てくんだろ。


元846
可愛いは正義、うちの嫁三人も女隊士もそんなこと言ってたなァ。
その話もなんか似た様な感覚になるわ。猫のお蔭で世界が救われたとか。

ハッハッハ、ま、確かに悲鳴嶼さんも甘露寺も猫が好きだっていうし、
実際あののんびりした様子を見ると、俺様でさえ愛でたくなるわ!
戦意喪失した恐ろしい怪物の心境も解らんでもないわな!

子猫も愛くるしくて抱いてやりたい気分になるが、親猫をさ、
脇を持ち上げてぶらーんとさせると、無駄に長い身体がもう良いんだよ。
言葉として言い表し辛いんだが俺はあの様子が好きだわ。

あと、悲鳴嶼の旦那の背中にぶら下がってる猫とか“やるな!”と思っちまうのよ。
自分がどういう姿をすれば可愛いのか、しっかり熟知されてるとしか思えねー。
気がつかねーうちに地味に手玉に取られてんだろうな、俺達はよ。

ある意味猫が侵略者だったのなら……秒で屈服させられる自身があるわ!!


854 名前:宇髄天元 ◆udzuWj8M 投稿日:2023/05/25(Thu) 00:29
>>847
―――――…いてて、もうマジなんなの笑っちまうだろ!!
久々だわ、誰かに首根っこ引っ張られて帰宅すんの!
時々信じられねーくらいの馬鹿力で、この俺様を制圧すんのやめてくんない?
めちゃくちゃド派手にビビるんだわ、ワッハッハ!ヤベーなコイツ!


まァそうね、芋団子は頂くとするけど中身は何も入れなくていいわ。
え?フグ刺しは大好物だっただろって?オマエね、幾ら好物であっても、
芋団子の中身にすんのとは話が別だろ、しかも何で生クリームも一緒なのよ。

どうせなら生クリームじゃなくて、醤油の方がまだ優しいと思うけどよ。
百歩譲ってみたらしだったら中がフグ刺しでも……良いんじゃねぇの。と。

うーむ、よくよく考えてみたら、この思考もかなりヤベーよなァ。
煉獄と一緒に食い物の行事を越えて来ると、何かが違うようになるっつーか、
新しい扉を開いてしまう気が激しく派手にするんだわ。
見た目が良くて味がヤバいのと、見た目がヤバイが味が良いのと、
究極の二択を迫られてる感覚か―――いや、後者一択だが。


ふぐ刺しと生クリームの芋団子――――誰か煉獄から薩摩芋を取り上げろ!!
いいな!それが今日の特別任務だ、取り上げた奴は今日の夜回り免除だぜ!


>>847
幼女の姿をした鬼か―――…んなもん簡単だぶった斬るだけだわ。

いくら元の姿が可憐な幼い女児だろうと、それまで何人の命を奪ったと思う?
鬼は腹が減ったら人を襲う。言を俟たないが鬼にとって人は食糧でしかない。
目の前にいるのが親、兄妹、大事な人でも腹が空けば一瞬で喰らい尽くす。
力も普通の人間よりはるかに強い、抗う間もなく喉笛を噛み千切られるだろう。

ああしかし、食った人間の数の比じゃねぇよな、一人でも二人でも食った時点で終いだ。
放って置けば次々と罪なき人々を襲い、幸せをも奪って行く。
その幼女の親が目の前にいようとも、どんなに泣かれようと、どんなに恨まれようと、
どんなに罵られようと、俺は必ずその頸を刎ねる。

俺が他の者から“鬼だ”と言われても構わない、それが俺が選んだ道だからな。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

と言う訳で、冒頭でも話したが…
削除基準を決めるのはスレ主である俺!!と、ゲストキャラハンの
煉獄杏寿郎だ。独断での削除依頼はド派手に控えて貰おうか。


これまでも削除については>>114 >>257で話させて貰っているが、
問題があるそうな質問に関しては削除するかしないか、
またその質問を返答するかしないのか、それは所属隊士である
宇髄天元と煉獄杏寿郎が話し合って決定する。

柱である俺達が判断するから焦らず対応を待て。

独断で進めてしまわれると質問を貰った側もした側も何故消されてしまったのか
それすら分からなくなってしまうからな、どうしでも気になる質問があるなら
まずは相談をしてくれ。そこで審議をはじめても良いと思う。

今後、名無しとしてどうしてもこの質問は許せないとか、俺達に応えて欲しくない、
そんな物があれば「避難所」でまず話を聞くぜ。


ただ、毎回言っているが此処は俺の個人スレだからなァ、俺が全ての権限を持っている。
削除基準を決めるのも俺で、実行する判断も俺がする、そこを理解してくれ。



ああ、それと、煉獄が次の稽古に来るまで稽古予約の受付を止める。
今回も協力を願う、そんじゃド派手に正座して待っててくれ。よろしく頼むわ。



855 名前:煉獄杏寿郎 ◆Gv0oNgqY 投稿日:2023/05/26(Fri) 06:24
やあ!皆、遅れてすまない!
余計な御宅を並べている時間など無いな!各員、自主練の成果を遺憾なく発揮するといい!

さあ竹刀を構えろ!鍛錬再開だ!!

>>815
よもやなお兄さんなどと言う渾名を付けられるとは!
それこそ、よもやよもやだな!わはは!!

それで!らじお体操とは一体何だ!
ふむ、腹式呼吸を取り入れながら全身を動かすことで体をほぐし免疫力を上げると!なるほど!!
つまり全集中の呼吸にも通じるものがあるというわけだな!
短時間で効率的に体力向上へ繋げる事が出来るのなら、是非とも鍛錬に取り入れたい!
名無し少年!そのらじお体操とやら、一度やって見せてくれないか!
…ん?さっき宇髄の前で披露したばかり?
そうか!だが俺はまだ見せてもらっていない!もう一度頼む!キレッキレのやつだぞ!!

−−チャンチャンチャチャン♪

ほう!音楽に合わせて踊るのか!甘露寺が喜びそうな稽古法だ!

〜♪〜♪腕を振って脚を曲げ伸ばす運動!いち、に、さん、し、

名無し少年!背が曲がっているぞ!腰をもっと落とさねば鍛錬にならないだろう!

〜♪〜♪腕を回す運動!いち、に、さん、

ただ回すだけでは物足りないな!二の腕に重石でも括り付けてはどうだ!

〜♪〜♪体を前後に曲げる運動!いち、に、さん、し

体の柔軟さもまた、剣士には必要不可欠だぞ!手のひらをしっかり地面に付けろ!
もっとだ!もっといけるだろう!そう、その調子だ!いいぞ!!!

−−む、体操はこれで終いか!
そうだなぁ、今のを十回ほど繰り返せば稽古前の準備運動になるだろうか!
宇髄の前で披露したのを合わせて、まだ二回目だ!残り八回!
今度は俺も一緒にやるとしよう!さあ少年、清々しい朝の空気を吸い込みながらいざ!

キレッキレで頼むぞ!!

>>818
だからこそ、より胸を締め付けるものがある。
母の日とは産み育ててくれた母親へ感謝を示す日であると同時に、家族を想う日でもあるからだ。
不死川弟の見る走馬灯は、一貫して母親と兄への想い、家族への愛だ。
自分が命をかけて守ろうと決めた人を、自らの手で殺めてしまったと知った時
己の大切な家族を襲った鬼の正体が、最愛の母親だったと知った時
彼らの心境は如何程だったろうか。

前に、不死川から聞かれたことがあるんだ。
弟がこの先鬼殺隊に入る事を、戦場に出る事を兄としてどう思うのかと。
あの時不死川は、自分には兄弟など居ないと頑なに言っていたが
ふふ、まったく…存外嘘を付くのが下手な男だ。

彼の気持ちは彼にしか分からない。ただ同じ一人の兄として言えることは
例え何を言われたとしても、罵倒されたとして
も家族は家族、弟は弟。
入隊を決めたのは本人の意思、鬼殺隊である以上鬼と戦い人を守るが使命だ
そんな事は百も承知している。だがそれでも

…心配でないはずがないじゃないか。なぁ、不死川。

彼が、異常なまでの執念で鬼狩りを続ける理由が分かったように思う。
家族を鬼にされた怒りと、母を手にかけた己への戒め
そして何より、弟の未来の為に鬼を狩っているのだろう。
ならば俺は同じ柱として、同じく弟を持つ一人の兄として、彼を支えるまでだ。
ああ、今度の柱合会議には好物のおはぎでも持参するとしようか!

>>834
ほう!
君は映像として公開された任務記録だけでなく、書籍まで幾度と見返し比較しているのか!
素晴らしい心掛けだ!天晴れ!!

実を言うと、不死川本人から生い立ちについて詳しく聞いた事は無くてな。
君と同様、公開された記録を見て初めて知った事も多い。
しかしあんなに可愛らしい兄弟たちがいたとは驚いた!
ははは!俺が言うのもなんだが、不死川にそっくりじゃないか!
何より彼が屈託なく笑う姿を初めて見た。
ふ…そうか、元々はあんな風に優しい笑顔を人に向けられる男なんだな。

これまでに、どれ程の人たちが理不尽にその笑顔を奪われてきたのだろうか。
当たり前にあった幸せが瞬く間に崩れ去っていく
この場に集う少年らの中にも、不死川と似た境遇の人がいるのかもしれない。
鬼殺隊士として、この先も為すべきことを為そう…そう強く思わされた記録だったな。

うむ!いつかまた、あの兄弟が幼い頃と同じように笑い合える日が来ると良い!
共に頑張ろう!名無し少年ッ!!

856 名前:煉獄杏寿郎 ◆Gv0oNgqY 投稿日:2023/05/26(Fri) 06:25
>>835
やあ名無し少年!君は確か、遠征に出ていると聞いていたが!
無事任務遂行といったところか!お疲れ様!よく頑張ったな!!

《遅ればせながら俺からも誕生日プレゼントです》

それでわざわざ足を運んでくれたのか!ありがとう!!
うむ!こうして声をかけてくれる、君のその気持ちが何より嬉し

《つ【大相撲大阪場所、名古屋場所、九州場所全日程のチケット】 》

……………。

−−君、知り合いに相撲関係者でもいるのか。

年の割に恵まれた体躯をしているし!花形力士の血縁ではないのか!
そうなのだろう!白状するといい!!
これまで君たちには色々と驚かされてきたが、流石にこの贈り物は常軌を逸している!
よもやよもやだ!本当に貰ってしまっていいのか!信じられん!
両国の夏場所全日程分の席を押さえるなど…ん?名古屋?

…んッ!?

ちょっと待て、大阪は分かるが名古屋場所に九州場所というのは初耳だぞ!
一体何が催されているんだ!俺の知らない、相撲の隠れ行事か何かがあるのか!
気になる!気になるが時間がない!せめて両国…いや、名古屋ならば何とか行けるか!
よし!名無し少年!任務明け早々申し訳ないが、君には道案内を頼みたい!
日暮れ前には戻らねばならん!鍛錬を兼ねて全速力で向かうぞ!

>>839
任務後、藤の家にて休息を取る場合は家主のご家族が
家に戻れた時には弟の千寿郎が手入れをしてくれる!実にありがたい!!
任務続きでどちらも叶わない場合は自分で何とかすることもあるが、
お世辞にも手入れなどと呼べるような仕上がりではないな!

ちなみに、我々鬼殺隊の隊服には布や糸に特殊な繊維が使われている!
故に修繕が必要な場合には、隊の中でも縫製を専門にする隠へ任せる必要がある!
鬼と戦う上で、通気性や防御力に秀でたこの隊服は非常に重要だ。
傷やほつれの有無は勿論、身体や手足の動きを阻害しないよう
常に自分にとって最適な大きさかどうかを確認してもらう必要がある。
俺も縫製担当には定期的に声をかけるようにしているんだが…
皆驚くほど手先が器用で羨ましい!釦など瞬く間に付けてしまうんだ!

前田少年の針を動かす手があまりに正確で素早いものだから
その針を刀に変えれば良い剣士になるのではないかと、一度稽古に誘ってみたんだが
「逆に貴方はその刀の腕を裁縫に生かせるのか」と一蹴されてしまった!
ぐうの音も出なかったな!はっはっはっはっ

>>840

うむ!誤解だ!!

何故そのような印象を持ったのかは知らないが
柱合会議で俺が真ん中に居る事が多いのは、単純に到着が早いからだ。
直前の任務の状況にもよるが、なるべくお館様の屋敷には一番乗りする主義でな!
そこへ他の柱が集まってくるから、自然と中心に近い位置になるというわけだ!
ああ、口を開くのも早いと思っているのなら、それはもう単純に性分だな!はははっ!

これでも柱の中では、歳も柱としての歴も下から数えた方が早い。
特に、誰がリーダー格だのと明確な決まりがある訳ではないが
もしも一人選べと言われれば、君の言う通り岩柱が適任だと皆口を揃える事だろう!
実際、会議の時にも喧喧諤諤とした場を諫めるのは大抵悲鳴嶼さんだ!
まさに鬼殺隊を支える大黒柱と言えよう!

857 名前:煉獄杏寿郎 ◆Gv0oNgqY 投稿日:2023/05/26(Fri) 06:26
>>841

うまい! うまい! うまい! 

この氷のきめ細かさ!舌に乗せるとフワッと溶けて消える!
硝子の器に盛られた様は、さながら富士の山のようだ!美しいッ!!
他にも色々な砂糖水があるのだな!黄色に緑に青…青?!
赤が苺ならば、察するに黄色は柑橘系、緑は何かの野菜だろうか!
だが青だけは何の味がするのかさっぱり分からん!
確か先日の柏餅作りの場にも用意されていたな!
茄子味かとも思ったが、これはもっと鮮やかな…海のような色をしている!
うむ!物は試しだ!次はその、青色の砂糖水で頼む!!

−−シャリシャリシャリ

ふーむ、掛け声が勇ましい割に手付きは物凄く慎重だな!職人のようだ!
しかし上手いものだな!氷を溢さず綺麗に盛るコツはあるのだろうか!
俺にも氷の呼吸の極意を教えてくれ!千寿郎に作ってやりた…む、煩かったか!それはすまん!!

………………ジーーーーッ…

おお!完成したのか!ん?気が散って上手く出来なかった?
いや!俺の目には十分美味そうに見えるがな!わははは!!
さて!では謎の青色かき氷!早速いただくとしよう!

サクッ

うまい! うまい!! うまい!!!

だが食っても何味か分からん!分からんが爽やかで美味い!不思議味だ!!

うまい! うまい!! うまァァいッ!!!

>>842
…君、忘れているのかもしれないが
前にも同じ台詞を同じ格好で叫んだ事があるぞ。聞き覚えがある。
もっと人の話をしっかり聞くと良い!そんなだから俺は君の事が嫌いなんだ!

もう一度言う!俺の父は部屋に篭ってはいるが体が弱っているわけではない。
そもそも、世話といっても家のことは殆ど弟に任せている。
少なくとも、俺は君に労われる程の事など何もしていない!だがありがとう!

君も、その歳で家族の介護とは!心労も絶えない事だろう!
そんな中にあっても冗談を吐ける明るさは素晴らしい!
少々忘れっぽいところはあるが、きっとお父上にとって君は
陽の光のような存在なのだろう!忘れっぽいところはあるがな!
うむ!ならば素晴らしい提案をしよう!

−−今から共に飯でも食いに行かないか!!

腹が減っては戦は出来ぬと言うだろう!今日は俺の奢りだ!
鍛錬に任務に介護に物真似と何事にも全力を尽くす君を、細やかながら労ってやろう!
さあ早く隊服に着替えて来ると良い!悪鬼に食わせる飯など無いからな!!
はっはっはっはっ!!

>>843 (宇髄)
宇髄、君に教えてやろう…

−−俺は、褌姿で堂々と往来を闊歩するうら若き少女を知っている。

異世界の場では流行りらしいぞ!
俺も俄には信じられなかったがな!わはは!!

うむ!だが知っての通り褌は取り止めだ!理由は聞いてくれるな!
あれだぞ、決して後(胡蝶)が怖かったからとかそんな理由ではないぞ!断じて!

《れ、煉獄、もしマジで褌にするなら俺から渡そうか?いつもの連盟でいいぜ? 》

そうか!それは心強い!
ならば次はその手を使わせてもらうとしようか!間もなく甘露寺の誕生日だからな!
後(伊黒)の相手は頼んだぞ宇髄!はっはっはっはっ!!

858 名前:煉獄杏寿郎 ◆Gv0oNgqY 投稿日:2023/05/26(Fri) 06:27
>>845 >>849
相変わらず熱心に任務記録を見返しているようだな!感心感心!!

《時透の親父出てたんだな 》

いや!かなり印象的な登場だと思ったがな!

回を重ねるごとに、時透の頭にかかる靄が晴れていくようだ。
最初に思い出す記憶は、彼にとって良いものであればいいと思っていた。
本当に良かったなぁ、宇髄の言うように後は手繰り寄せるだけだ。きっともう大丈夫。

竈門少年とは不思議な男だな、まるで人の心と心を繋ぐ架け橋のような存在だ。
彼の真っ直ぐな性格が、嘘偽りの無いその言葉が、目の前にいる人たちの心を打つのだろう。

>>849《小鉄が息吹き込んで助けて脱出の流れ熱い 》

同感だな!
これまでの時透は、どちらかと言えば感情ではなく計算で動いている印象だった。
それは彼にとっての損得ではなく、鬼殺隊の損失を最小限に抑える為に最善な動きを選び取ると言う事だ。

そんな彼が、きっと剣士となって初めて自分の感情に従って動いた。
守りたいと強く願い、身体を突き動かしたものは、まだ刀を打つ事すら出来ない少年だ。
彼を知る者としては、その時点で既に胸が熱くなるようだったな!
うむ!同じ歳の頃の弟を持つとどうもいかん!つい兄のような目で見守ってしまう!わはは!!

−−人のためにすることは、巡り巡って自分のために

さあ!いよいよ霞柱の本領発揮だ!
記憶を失っても尚、二月で柱に上り詰めるほどの天才剣士がその靄を完全に晴らした時
その口から溢れる言葉が、戦いが、今から非常に楽しみだな!

>>846

−−うむ!芋が待っていたからな!

本場薩摩の芋だけあって、どれも立派なんだ。
蒸すだけでも美味だろうが、味噌汁に入れても団子にしても間違いなく絶品だろう。
そう考えると、居ても立っても居られなかったというわけだ!
すまない宇髄!気が急いてしまった!怪我はないか!
大の男を引き摺って帰るのは、流石に無礼極まりなかったと反省している!
次は背負う事にしよう!大丈夫だ、百キロの芋よりは軽いだろう?わはは!!

ん?普通に走った方が早い?

………ふむ、確かに。

おっと!そんな事より芋団子だ!早速作るぞ!!

>>854《煉獄と一緒に食い物の行事を越えて来ると、何かが違うようになるっつーか、
    新しい扉を開いてしまう気が激しく派手にするんだわ。 》

何を言う!固定観念に囚われていては、派手柱の名が泣くぞ!
行く手を遮る扉があれば、激しく派手に爆破し前へ進むのが宇髄天元という男だろう!

つ【生クリーム】

さあ俺と共に新たな境地へ進むのだ!いざ!心を燃やせ!!

859 名前:煉獄杏寿郎 ◆Gv0oNgqY 投稿日:2023/05/26(Fri) 06:29
>>847

斬る!!

例え外見が女子供であろうと、相手は人を喰った鬼だ。
理不尽に命を奪う悪鬼を見逃すわけにはいかない!

《そんな幼女鬼を斬るならそいつの方が鬼だと思わないか? 》

ならば問うが、その幼女鬼とやらが君の家族友人を傷付けたとしても君は同じ事が言えるのか。
見逃す事で、いつかその鬼が君の大切な人に牙を向ける可能性を考えた事がないのか。
犠牲となった人にとって、その周りの人たちにとって、鬼の見目など関係がないだろう。

名無し少年、我々は鬼を狩り人を守る為に刀を握っている。
たとえ憎まれようと、罵られようとも、その責務を決して忘れてはならない。
覚悟が無いのならば辞めておくがいい。
その背にある「滅」の字は、きっと君には重過ぎる。

>>848

ボリッボリッ

うまい!うまい!うまい!!!

この硬さが癖になるな!良い顎の鍛錬になりそうだ!
宇髄に食わせてやるといい!前に、顎を鍛えたいと言っていたからな!はははっ!

ボリッボリッボリッ

ボリッボリッ

ボリボリボリボリ…


……そろそろ茶が欲しいな。

>>850
なるほど!明け透けだな!!
接吻の日というのも初めて聞いた!
そういうのは、特定の日だからと言ってするものではないと思うが!

《ああ、お二人がしたのかじゃなくてそれぞれしたのか聞きたかったのです 》

それはそうだろう!はっはっはっは!!

うむ!何にせよ縁遠い話だ!
素晴らしい効能を並べられたところで、宇髄と違って俺には相手が居ない!
分かっていて聞いてくる辺り、君もなかなか意地が悪い!
ふむ…とは言え、時には心を落ち着かせ英気を養う事も大切だな!よし!

−−ならばここは一つ、君にお相手願おうか


…………ふ。

はははっ!そう慌てるんじゃない、滝行の誘いだ!
心頭滅却し滝に打たれれば、頭も体もスッキリするぞ!
ん?意地が悪い?何を言う、お返しだ!はっはっはっはっ!!

>>851
ほう、それは興味深い。
我々の知る鬼は、頸を斬ればたちまち骨も残さず消滅してしまう。
故に君の言う通り本物であるはずはないが、
だとすれば尚更、誰がどのような意図で遺したのか気になってしまうな!
だってそうだろう?その説明だと、複数の動物の骨を組み合わせその姿を模したというわけだ!
途轍もない執念だ!動物の骨を集めるだけでも大変だろうに!

《足の骨だけがどんな動物だったのか分かっていない》

なに、全てが明らかになるよりも謎を残した方が浪漫があるというものだ!
個人的には、頭の角をどのようにして再現したのかが気になるな!
人の頭部に近いのは猿だろうが、猿に角など無いし!鹿や山羊のそれでは大き過ぎる!

ふむ…俺の予想は「牛」だな。
どうだ!当たっているだろうか!!

860 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/26(Fri) 12:31
仲睦まじいお2人を見て新たな扉を派手派手に開く隊員が続出してるみたいですよ

861 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/26(Fri) 13:33
三刀流に興味はある?

862 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/26(Fri) 15:10
>ん?意地が悪い?何を言う、お返しだ!はっはっはっはっ!!

もう杏ちゃんたらそんな意地悪誰から教わったの!

863 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/27(Sat) 00:46
鬼滅の公式小説版何処まで読んだ事有る?
俺は既に知っている人物を文章でどう描写するかが好きだが
鬼滅小説はそのまま名前のみなので触りしか読んでない…

例えば「木箱を背負った温和そうに見えて意志が強い少年」
とかでなく
まんま「炭治郎」みたいな

864 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/27(Sat) 01:49
玄弥は混乱したぽい事言いつつ
一番喜怒哀楽鬼が憎鬼なる経緯把握してたな

865 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/27(Sat) 22:25
蔦屋重三郎はどの位知ってる?
北斎や写楽などド派手な絵師の育手だからと
後の世では家康や紫式部に匹敵する程注目されるよ

866 名前:宇髄天元 ◆udzuWj8M 投稿日:2023/05/28(Sun) 23:16
>>848
顎を鍛えたいとは言ったが…ガリッ、これはなんか口の中で溶ける感じだな。
外見はイカツイが優しい味っつーか…ボリボリ、瓦せんべいの生姜味じゃねーから
わりと癖もなく食べ進めれるな…ボリボリ。

しかし…ガリガリ……煉獄オマエ一度に口に入れる量がボリボリ…多過ぎんじゃね?
ん?茶が欲しい?

ほれ。
つ【綾鷹ほうじ茶】

――――ゴックン。

あー、ド派手によく顎使った。顎の鍛錬にめちゃくちゃおススメだわ。
ん?ああ、誰かさんがクソ笑わせるからな、毎回顎が痛くなったり、
込みあがる笑いを抑えるのに必至なもんで、表情を操る為に
顎の筋肉を鍛えようと思っててなァ、俺もまだまだ修行が足らないトコがあんだよ。

まァ、古くからある菓子だが、一度食うと後引く美味さだし、
もう十枚くらい貰ておくぜ、御馳さーん。


>>849
ああ、俺も真剣に見てたわ。
時透にしても小鉄にしても見ているこっちが心を動かされる熱い回だったな。
あれだけ時透を嫌っていてさ、“絡繰り人形を壊されてしまうかも知れない”
そんな恐怖から、先代の絡繰師から受け継いだはずの人形の本当の使い方も教えず、
嫌な事から逃げてばかりいた小鉄が、身を挺して時透を救おうとしていた。

あんな十歳のガキが大人の刀鍛冶だって恐ろしい鬼に立ち向かって行ったんだ。
腹刺されても必死に、最後まで諦めなかった。

半ばヤケクソであの水の檻に息を吹き込んだのかも知れない。
然し、その息は時透に届いた、諦めない気持が届いたんだよ、スゲーものを見た気分だ。

“人のためにすることは、巡り巡って自分のために”

気持ちが動いて小鉄を助け、鉄穴森を助け、そして自分が救われる。
俺達は自分の意志なのは大前提だが、自分以外の誰かの為に剣を振るい命を守る。

命を貰った森に命を植え、またそれを命として貰いまた植える。

時透の父親の生業、杣人の生き方に通ずるもんもあるんだろうな、なんか似てね?
つまり杣人は剣士に通ずるんじゃねーか、そんな感想を持ったわ。
さァ、続きが気になっちまうねェ、なァ?激しくド派手に楽しみだぜ!!


>>850
へェ、キスの日っていうのか良いこと聞いたぜ〜
で、俺様が当日にキスしたのかしないのか、名無し的には気になっちまうと。
お前ね、キスなんてもんはド派手な外国人にとっちゃ、
挨拶みたいなものだって知ってるのかよ?

ハッハッハ!!俺様はこの日本の派手を司る祭りの神だ、
そりゃあ派手派手にキスの日だろうが何だろうが三百六十五日
いつでもどこでも女房にしてんに決まってんだろ!!羨ましいだろ!
だから俺は色男なんだよなァ、よく麗しい、美人だ、伊達男言われるし、
キスさせて貰える嫁が極上の別嬪だからさァ、俺もそうなるわな!!

良い効果だらけだ、お前も俺の嫁のような恋人を探すと良いぜ?
勿論三人な、ワッハッハ!これもド派手な自慢だわ!


>>857(煉獄)

>宇髄、君に教えてやろう…

何をだ?

>――俺は、褌姿で堂々と往来を闊歩するうら若き少女を知っている。

へェ、若い乙女が褌一丁でウロウロする、そんな激しい店に出入りしてんのか
俺の知らないうちにド派手な遊び覚えて来たな……って、え?
異世界で見掛けて来たァ!?褌ってあのフンドシだよな!?うら若き少女が―――

なんだよそれ、ド派手過ぎんだろ!!その尻は安産型だったのあ…いや違うな、
何か言おうと思ったが、どれも俺が変態の様な発言しか出来ねーわ!!
異世界ってのは不思議なもんだな、流行りもまた斬新だ。
とはいえ、穿いてる本人はなんのつもりもなく、そこにあったから穿いたんじゃ
ねーかと思ってみたり。若い女は無鉄砲なもんよ。知らんけどな。


まァ、深い仲でもねー女に褌なんて贈るもんじゃねーな、
栗花落は完全に消される覚悟がねーとアレだし、甘露寺には…
元教え子だし、それはそれで面白展開になりそうだが嫉妬で狂いそうなのがいるし。
辞めとくんだな、後ろが怖い訳じゃねーがこっちもダイナマイトくらい
ブン投げねーと命の保証も出来ねェわ。クソ根深い面倒事には巻き込まれたくねー。
―――とにかくくどいからな、胡蝶も伊黒もさァ、ワッハッハ!!


867 名前:宇髄天元 ◆udzuWj8M 投稿日:2023/05/28(Sun) 23:18
>>860
仲睦まじいねぇ、ちょっと言葉の選択が違うような気がするが、
鬼殺隊の柱同士だ、柱は鬼殺隊を支える為に存在するが、
柱を支えるのもまた柱だ、お互い信頼し背中を預け戦っている。


それが仲睦まじく見えるなら、まァ、良いんじゃねぇのかよ、と。
手柄だけが自分の評価を得る手段、そんな殺伐とした雰囲気ではないし、
それはお館様が許す筈もない。だったら仲間である柱を信じ、
苦しくとも辛くともそんなの余裕だボケ雑魚が、共に目標に向け突っ走って行くだけだ!


どうせ生きてるからにはさ、苦しい、辛いと思うのはよくあることで、
生きてるからにはそれが当然、自分だけが不遇なのではなく、それでも
前を向いて生きてくものだろ。

そこに素晴らしい同士がいれば人生に彩を与えてくれる。

ガキの頃に植え付けられた価値観に違和感を覚え、
今だって不意に何が正しくて何が間違っているのか迷う事もある。
しかし、仲間や嫁達が俺を光差す方へ導いてくれてるのさ。

同じ道は歩けねぇが、炎柱には背中も蹴っ飛ばされてるくらい
力を貰ってるよ、って、此処だけの話だからな、煉獄には言うんじゃねぇぞ!


――――新しい扉?生魚に生クリームを乗せたいってのか?
挑戦し続ける人生もいいだろう、それは俺が応援してやるわ。
寧ろ煉獄を宜しく頼むぜ!連れてけ連れてけ!!


>>861
>三刀流に興味はある?

俺はいつでも三刀流だ!!


>>862
おいおいおいおい、何故こっちに目線送ってくるんだよ!!
はァ?煉獄が意地が悪くなったって?それと俺がなんで関係あるんだよ?
柄の悪い輩と絡むようになったから、伝染したんじゃねぇかって!?

何言ってんだこの野郎!俺は上官だぞ、言葉はもっと包んで言え!!
っつーか、そうは言うが煉獄は元からその位は言うぜ?
まったくのお坊ちゃんじゃねーんだよ、毒舌とまではいかないが、
わりと辛辣なトコもある、その辺も極めて素直なヤツなんだよ、ハッハッハ。


喧喧諤諤、罵詈雑言飛び交う中でも破壊力のあることを言うのが煉獄だ。
俺はわりと話を聞いてるだけのことが多いが、なかなかいい勝負してるぜ。
え?アンタも先頭きって騒いでそうだ?いや違うね、
騒ぐ前にもう大騒ぎで乗り遅れちまうのさ、若いのは熱くて直ぐに火が点いちまう。
けどさ、これでも俺様は上から二番目の年長者よ?

温かい目で見守るってのが派手な神の持ち場ってワケさ。


>>863
それは寧ろ読者の持つイメージを優先させた書き方、なんじゃねぇかと思うが。
俺達の活動記録を小説にしたモノが世に出回ってるのは
鬼殺隊の広報から聞いているが、お前等一度映像とかで見てるんだろ?


その時自分の中で抱いた、竈門だったら竈門という一人の人間を
もう知ってるって訳だ、それを覆さず読ませるためにその方法を取った。
んな事は考えられねーかな。

まァ、あえてそういう描写が好きだって言ってるしな、
お前が手に取ったものは合わなかった、と諦めるしかねーかと。
小説なんてもんは相性だ、どんなに人気があって有名な著者であっても
文字を負って違和感や嫌悪感を抱くことってのは、あるあるだと思うわ。

変だ、可笑しいってことはない。好みの問題だ。
自分の感覚のままに物事を捉えた方が面白みがあるからなァ、
誰でもなく自分の心の声に耳を傾けてみな。



868 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/28(Sun) 23:52
時透の両親の台詞やあまね様に水かける瞬間とか
時透回想も地味にアニオリ増えているな
確かに鬼知らなかったらあまね様の話怪しく感じてしまうか…

869 名前:宇髄天元 ◆udzuWj8M 投稿日:2023/05/29(Mon) 00:58
>>864
状況の把握と分析能力はまァ、悪くはねぇが身体が硬直し過ぎだな。
次の動作に入る間がちと長いんじゃねーかと、その辺まだ経験不足か。
場合によって適切にその対応を変えるのは常、予想に反した事態に
遭遇したとしても、あり得ない事態になろうとも、頭を切り替えて
的確に対処しなけりゃ上には上がって行けねーよ。

柱になりたい―――そう強く思うなら尚更な。


それともう一つ、不死川玄弥の日輪刀は色変わりしてねぇよな?
こりゃあ一体どういうことだ、しかもあの肉体の変化……。
回りくどいのは面倒臭せーから、ちょっと悲鳴嶼さんにでも聞いてくるか。

ああ、兄貴に聞いても「俺に弟はいねェクソがァ!」とか言って、
突っぱねられるからなァ、あんな瓜二つの三白眼で何言ってんのかと。
ハッハッハ、そっくりじゃねェかド派手に双子のようだわ!

何があったかは詳しくは聞かないが、鬼殺隊として同じ環境下に在るんだしな、
そのうち膝付き合わせて話す機会も……あの気性だ、無いかもな派手に!
っつーのは半分冗談だが、俺にも合いなれない弟もいるしねぇ。
そもそも、不死川玄弥の視点ってのは先週知る事が出来たが、
実弥の方の視点てのがまだ分からん。

……玄弥の方はなんとなく歩み寄ろうとしてんのは伝わって来るし、
良い方向に進むんじゃねーのかとは思うがね、風柱は優しい奴だしな。
兄の気持ちも派手派手に把握して分析してみるんだな。


>>865
知らんね!北斎や写楽の師ってのは聞いたことはあるが、
書籍とかそんなのは手に取ったこともないな!ド派手に興味無かったわ!

徳川家康、紫式部、まぁね、それは流石に俺も知ってるんだが、
ぶっちゃけその辺と同じくらい有名な、ってのは俺の中では違うんじゃねぇかァ!?
然し、後世のちの歴史家に評価され日の目を見る偉人ってのは多い。

大正時代には無名でも、先行く未来を生きるテメー等には
常識的に指名度がある存在になってる埋もれた人材は山ほどいるんだろう。
俺も割と仕事柄、教養として頭に入れとかねーとって話題も多い。
フッフッフ、まさか此処に通うオマエから学ぶことがあるとはなァ。

知識と情報は自分から得ようとしなければ手に入れる事は困難だ。
だが、間がな隙がな学ぼうと思えばいつでも得る事が出来るのも知識と情報なんだと思う。
戦うには気合と根性、資質も必要だが先の先を読む為にはそれも必要。
ただ刀を振るだけでもダメなのよ、奥が深いのさ鬼殺の道は。なんてな。

まずは基礎体力を向上し、経験を積むのが先か。いや、同時進行だ。
何事も貪欲に行けや、なァ、若手の筆頭になれよ、立ち止まれないから此処へ来たんだろ?


>>868
曖昧になってたとこが見られて幸運だったと思えばいいさ。
俺もさわり程度に聞いてた部分が、今回広報の努力で明らかになり、
時透の必死に努力したこととか忘れてたの思い出したわ。

涼しい表情をしてる故に、アイツがまだ十四なのも忘れそうに…
成る訳ねーわな、どうみても生意気盛りのクソ餓鬼のはしくれだったわ。


だが、それはひたむきな生き方を愛し、純粋な心を持ち合わせているのを隠す、
隠れ蓑だったってワケだ、強く生きる為にまるで心を霞で覆い隠すように。
そしてそれがまた兄の生き方だったんだろう、両親を失い、
壊れそうな気持ちを奮い立たせる術だった。兄として生きる為に。

まだ十のガキだったからな、お互い不器用で親の存在が必要だった。
人のためにすることは、巡り巡って自分のために、そんな教えが出来る親のな。

だから兄は虚勢を張って、真逆の人の為と解いて偽りと読む生き方を選んじまった。

こらから時透はどんな生き方をするか。
人に感謝出来るようになったあの姿を見れば、俺も派手に安心出来てるぜ。



870 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/29(Mon) 01:22
あまね様美し過ぎますね
というか鬼殺隊顔面偏差値高過ぎません?

871 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/29(Mon) 01:34
今回は無一郎の過去も壮絶で重い話だったが戸締りの大事さも分かった
鬼相手に戸締りもくそもないけど今の世の中何があるか分からないもんね

872 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/29(Mon) 19:48
時透回想はアニメでかなり増えたが
お館様の言葉思い出す場面無くなった様な…

873 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/30(Tue) 02:14
上げ馬神事どう思う?
大正では余裕で開催して上げまくりだが 
後の世では無理矢理馬上げる事問題視されるよ

874 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/31(Wed) 12:00
宇髄さんの称号、遊び人+忍者で遊び忍てどうだろうか?


875 名前:煉獄杏寿郎 ◆Gv0oNgqY 投稿日:2023/05/31(Wed) 13:06
>>860

−−何処へ通じる扉だ!生くりぃむか!!

うむ!よく分からんが、己の限界を決めず常に壁を越え先に進もうとするその心意気や良し!!
扉を開く事は成長への第一歩だからな!!はっはっはっはっ!!

そう言えば、水無月には和菓子の日というものがあるらしい!
前に甘露寺を招いて、皆で菓子の食べ比べをしたのを覚えている!
一口に和菓子といってもその種類は様々だ、馴染みのある団子や羊羹に練り切りも良いが…
麹町の甘味処で売られている鯛焼きが最近のお気に入りでな!
名無し少年!君は食べたことがあるか?
パリパリの生地で餡子を挟んだ甘味なんだが、魚の形が何とも可愛らしいんだ!

ん?何故急に鯛焼きの話をしたかって?

うむ、俺はそれを見て思ったんだ。
折角魚の形をしているのだから、中に魚が入っていても良いんじゃないかと。
魚といえば河豚、河豚といえば宇髄だろう?
もし魚の焼き型が手に入れば、鯛ならぬ河豚焼きを振る舞ってやろうと考えていたんだが

−−君、試食係を頼まれてくれるか。

扉を開いたからには、足を踏み出さねば意味がないだろう!
さあ!和菓子の新たな可能性を求め、共に進むとしよう!心を燃やせッ!!

>>861

無いな!!

炎の呼吸とは、この炎刀一振で繰り出す技が全てだ。
これまでの歴史の中で多少手は加えられてきただろうが
少なくとも、刀の数を増やしたという記述を目にしたことは無い。
剣術というものは、本数を増やせば攻撃力が単純に増すと言うわけでもないんだ。
宇髄のように並外れた筋力でもあれば別だろうが
抜刀の速度や、一太刀に乗せる威力を考えてみても、刀を増やす事にあまり利を感じない。

そもそもその三刀流とやら、一体どうやって刀を握るんだ!
両手では足りないだろう!口か!口に咥えるのか!
口に咥えた刀で、威力ある斬撃を繰り出せるとは到底思え…
いや待てよ、宇髄が似たような事を遊郭でやっていたような気もする。
しかしあれを数に含めて良いものだろうか…むむむ。
宇髄!君は二刀流に拘りがあると思っていたが果たして

《俺はいつでも三刀流だ!! 》

……………。

−−だそうだ!!この話はこれでお終いだな!!

>>862
やあ!君の滝行は見事だったぞ!
般若心経を唱えながら微動だにせず激しい水に打たれる様は、まるで岩柱のような貫禄があった!
あれ程滝行が好きなら早く言えばいいものを!これからの季節、涼を取るにも最適だ!
是非また行こう!今度は悲鳴嶼さんも誘ってな!

さて、では今日の鍛錬は相撲をや−−

《もう杏ちゃんたらそんな意地悪誰から教わったの! 》

なんだ!相撲は不服か!
滝行もいいが、剣士である以上足腰を鍛える鍛錬もせねば…ん?そうじゃない?

−−ふむ。

なるほど!接吻の日の話か!
それはすまなかった!意地の悪い事をしてしまったな!
だが、誰にと聞きながら目線を完全に宇髄にやっている辺り、君も中々遠慮が無い!

>>867 おいおいおいおい、何故こっちに目線送ってくるんだよ!! 》

はっはっはっは!ほら、バレてしまったぞ!
彼の名誉の為に言っておくと、思った事が口に出てしまうのは俺の性分だ!
確かに口は悪いが、程度を弁えているのはむしろ宇髄の方じゃないかと思う!
口は悪いがな!わはは!!

とは言え、気を悪くさせてしまったならば申し訳なく思う!
詫びに、次の非番は心ゆくまで滝行に付き合うとしよう!

876 名前:煉獄杏寿郎 ◆Gv0oNgqY 投稿日:2023/05/31(Wed) 13:08
>>863
これは俺の解釈だが、我々の記録は見る者に想像の余地を与えている事が多いと感じる。
「あの時のあの行動の意味はこうだからじゃないか」
「この人物の本質はこうなのではないか」
同じ場面を眺めていても、君と俺とでは受け取り方も異なるだろう。
揺るがぬ主軸はあれど、全てを押しつけないからこそ捉え方は無限で、だからこそ面白い。
宇髄も言うように、映像記録から思い描いた各々の「人物像」そのままに
小説の世界へするりと入り込めるよう、広報らが工夫した結果ではないかと思う!

ちなみに、聞くところによれば小説には日常のちょっとした一コマまで記録されているらしい!
先刻俺は「映像版の印象」そのままに入り込めると言ったが
読了後には個々の人物像が更に広がり、時に覆る…かもしれない!
個人的には、冨岡を笑わせるべく奮闘する柱の面々が描かれた記録がオススメだ!
是非手に取ってみると良い!

うむ!久方振りの宣伝だな!!

>>864
状況を素早く把握することは、戦場において非常に重要な能力だ!
目や耳、その他あらゆる感覚をもって得る情報が多ければ多いほど
早ければ早いほど、次に取るべき選択肢も浮かびやすくなるだろう。
相対する鬼の力が強力であれば尚更、一瞬の判断の遅れが命取りとなる。

不死川弟の、混乱の最中にあっても冷静に現状を見極める判断力と
上弦の動きすらも正確に捉える動体視力は見事だ!
そこに身体能力が追い付けばきっと良い剣士になるだろう!
竈門少年の同期と聞いたが、彼の周りには個性も才能も豊かな隊員が多い!
全員まとめて継子にしたいくらいだが、胡蝶と悲鳴嶼さんに叱られてしまうな!
はっはっはっは!!

>>865
写楽といえば、歌舞伎の役者絵で有名な浮世絵師だな!
絵画骨董にはあまり詳しくないが、あの個性的で生き生きとした画風はとても良い!
未だ謎に包まれているその正体が、実は北斎ではないかという説もあるらしいぞ!興味深いな!

《蔦屋重三郎はどの位知ってる? 》

うむ!すまんが知らん!!

言っただろう、絵画骨董の類は詳しくない!
育手と言うからには絵の師範なのだろうか!ふむ…出版業、版元か!なるほど!
どちらかと言えば、我々の活動を支援する広報担当のような役割だろうか!
多くの人の目に触れてこそ、後の世まで轟く名画となる。
北斎も写楽も、俺ですら知る名浮世絵師だ。その版元の手腕もまた推して知るべし、だな!

歴史とは、どうしても目立つ偉業を成し遂げた者が光を当てられがちだが
その影で共に生き、背を支えた人たちが大勢いた事も忘れてはならない!
時代の移り変わりの中で、僅かでもそういった人たちの功績が認められるのは良い事だな!
うむ!蔦屋重三郎殿!その名前、覚えておくとしよう!!

877 名前:煉獄杏寿郎 ◆Gv0oNgqY 投稿日:2023/05/31(Wed) 13:12
>>868 >>872
そうか!相変わらずよく観察しているんだな!
とは言え、紙の記録も映像としての記録も、
関わる者たちの努力と熱意が込められている事に変わりはないだろう。
正直、俺は細かな違いの有無には然程関心がない。
それよりも今目の前で息づく人たちの心の移り変わりを、成長を、
人と人との繋がりの深さをこの目に焼き付けたい。

君は、繰り返し家族の記憶を覗く中で何を感じた?
人のためにした事は巡り巡って自分のために、そう言って誰かの為動いた優しい両親は亡くなり
それを無駄死にだと責めた兄もまた、身を挺して弟を庇い命を落とした。
ただただ、理不尽だと思わないか。
鬼による被害を除いたとしても、きっとこの世界は不条理な事ばかりだ。
それを誰よりも理解している筈の時透もまた、記憶を無くして尚誰かの為に刀を振るい続けた。
一心不乱に、まるでこの世の不条理と戦う事が己の使命かの如く。
たった十四の少年がだ、胸が詰まる。
靄が晴れ全てを思い出した時透の、剣士としての成長が楽しみであると同時に…
いや、或いはそれ以上に、澄んだその目がどうかこの先少しでも多く美しいものを映すように。
そう願ってしまうのは俺のエゴだろうか。君はどう思う?

媒体は何であろうと構わない。
事実報告よりも、俺はその心で感じ取った君自身の言葉を聞いてみたいものだな!

>>870
うむ!時透が白樺の精と評したのも良く分かるな!
容姿の美しさに加え、その凛とした佇まいはどこか神秘的にさえ感じさせる!
鬼殺隊を取り仕切る長の御内儀として気苦労も絶えないことだろうが、
献身的にお館様を支え、その手を取り歩まれる姿は慈愛そのものだ。心より尊敬する!

《というか鬼殺隊顔面偏差値高過ぎません?》

顔面偏差値とは!!

ははは!随分と話が飛躍した気がするが、顔の造りの良し悪しなど個性の一つでしかない!
あまね様の人を惹きつける美しさが、外見だけでなく内側からも発せられているように
日々何を成し、どう生きるかが肝要だ!
まぁ、君の言わんとすることも分からなくはないがな!
それこそ宇髄など、黙っていれば新劇の花形役者と言っても通りそうな風貌をしている!
妻はちょっと多すぎるがな!はっはっはっはっ

>>871
大切な人たちを、立て続けに失う痛みはどれほどだろうか。
助けてやりたかったな、せめて鬼に牙を剥かれた兄弟だけは。
手が届かず零れ落ちてしまった命を目の当たりにする度、胸が締め付けられる。
だがどれだけ悔やんだ所で時間は戻らない。失われた命が帰ることはない。
故に我々がすべき事は、後悔の数だけ己を叩き上げ、足を止めず前へ進み続ける事だ。
そうだろう、名無し少年!

《鬼相手に戸締りもくそもないけど今の世の中何があるか分からないもんね 》

うむ!未だ鬼の存在を知る人は少ない、それ自体は素晴らしいことだ。
鬼を知らず、遭遇する事もなく、天寿を全うできるのならばそれが一番だ!
だが、知らぬ事と存在しない事は同義ではない。
それに、人を傷つけ命を奪うのは何も鬼ばかりではないからな。
君の言う通り、戸締まりだけで結果が変わるとは言い切れないが
それでも、行動せずに後悔するよりは余程いい。

>>873
うーん、難しい問題だな!
人を背に乗せた馬が壁を駆け上がり、超えた回数で一年の吉凶を占う伝統行事だったか!
個人的には進んで見たいとは思わないが、一口に酷い、可哀想と言ってしまうのも違う気がする。
例えば戦国の時代には、弓矢や銃弾飛び交う戦場に馬を連れるのが常識だった。
前に名無し少年から聞いた話によれば、未来の世では今以上に競馬が盛んらしいな!
古くから人と共に生きてきた動物だからこそ、使役される機会も多く
一方で愛着が湧くからこそ、君の言うように問題視する声も多く上がるのだろう。

そもそも鎹鴉とて、同様に動物を使役していると捉えられてもおかしくはない。
彼らには彼らなりの信念があり、我々鬼殺隊士とは共に戦う同志でもあるが
危険な戦場に伴われ、日夜情報伝達に奔走させられる姿は
動物愛護の観点から見ればきっと誉められたものではないだろう。
言葉の通じぬ動物ならば尚、その心を推し量るのは難しい。
時代が変われば常識も変わる。
神事と言えども、一度その形を見直す時期に来ているのやもしれないな。

878 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/31(Wed) 19:29
滝行にはまだ季節は早い気が
どうせなら高いところから素麺でも流しましょう

879 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/31(Wed) 19:42
滝の話題、楽しそうだな
その点では観光地としての滝も悪くない
華厳とか那智とか
どっかの滝を見に行こう
打たせ湯付きの宿泊施設にも泊まって

880 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/05/31(Wed) 19:44
トマティーナどう思う?
名前通り大量の赤茄子を派手に投げ合う伊国の祭な

881 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/06/01(Thu) 03:24
走り込みや滝行で男性隊士上半身裸だが
流石に女性隊士は上着て良いんだよな?

882 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/06/02(Fri) 16:19
すみません、チャットのお部屋を汚してしまった者です。本当に申し訳御座いませんでした。


883 名前:宇髄天元 ◆udzuWj8M 投稿日:2023/06/03(Sat) 00:23
すっかり間があいちまった、遅くなったな直ぐに稽古開始するぜ。

>>851
ん、するってぇと、その作り物の鬼のミイラってのは様な動物の骨を使い
剥製を造型されてるというんだな?手間暇も掛かるだろうに、何で作ったのかねぇ。

ふーむ、実はな、俺も鬼のミイラの話ってのは聞いたことがあってな。
大分ではなく東北、宮城のある集落で旧家の蔵から発見されたとか。
なんでも鬼の頭と手のミイラだったと。

これも作りものなのか何なのかよく分かってねーらしいが、
恐らく、だが、俺達が追っている鬼舞辻無惨が作り出した鬼とは
また違うものだと認識している。それと桃太郎なんかに出てるものとも違う。
人間が作り出した恐怖の象、戒め、災い、その辺りの象徴が鬼だったんだろ。

それを造りだす、具現化することで人の心にその姿を思い留めて
貰う事が出来るからなァ、誰の心の中にも住ませて置くことが可能ってわけだ。
何か悪事に加担する時にも、想い止まらせる最後の砦、にでもなりそうだ。

―――で、足の骨?人の形に似て強靭な筋肉を持つものなら…
やっぱ猿なんじゃねーかと思う。二足歩行の膝の発達を考えた場合、
より人に近いモンを想像するからなァ、間違いねぇ!猿だ!!

きっとクソでかいド派手な猿だったんだろう!ああ、人間と同じ背丈の猿なんざ
居るなんて聞いたことねーしな、鬼の関節となると大きさも必要だ。


>>870
あまね様ほどド派手に神秘的でお美しい方は見たことがねぇ。
派手を司る祭りの神の献身的な女房も派手で肝が据わってて美女揃いだが、
産屋敷家当主、輝哉様に寄り添い、鬼殺隊を支えようとなさるあまね様は
外見も透き通るように美しいが、御心も清らかで美しいと思うわ。

時折体調不良でお館様が柱合会議に参加されない時は、
代理としてあまね様が出席なさるが、鬼殺隊の歴史にも通じていて、
的確な指示を与え、そして意見もとても的を得ていらっしゃる。
とても聡明な方だ…俺の四つ上だしな、女性でありながらスゲーと思う。

――――え?鬼殺隊は顔面偏差値が高い?
偏差値ってのがイマイチ分からんが、まァ、鬼殺隊一の色男は俺様だ。
俺が最高位でその後に続くのが…そうね、冨岡、煉獄が鬼殺隊のこっそり
ランキング「色男番付」の上位につけてるし、女性版の方では胡蝶や
甘露寺も入賞してるらしんで「柱」も美形が多いと思うわァ。

ただ、入隊条件に顔が良いってのはねーからな、ブサイクでも意欲があり、
逃げ出さない根性があれば入れんだよ!まァ、お前も気合でカバーしろ!
悪りぃな、俺は正直んなんだ、ワッハッハ!!


>>871
寝苦しく、窓や戸を開けていたから鬼に襲われた、って訳じゃねぇと思うけどよ。
まァな、世の中鬼ばかりが夜の闇の中を徘徊しているんじゃない。
ああ、強盗や殺人犯、そう言ったよからぬ事を企てる悪党だって歩いている。
お前が言うように戸締りだって防犯の一種だからな、気をつけるのが一番さ。

窓や玄関、勝手口、戸締りの意識が低いとそういうトコが一瞬の隙が生まれる。
気付いた時には侵入され、空き巣、強盗などに貴金属意外に
大切な自分の命も奪われる、なんてことはよくあることだそうだ。
被害に遭わないためにも日頃から気を付けといた方がいい。

まァ、割と一般庶民ほど意識が低いんじゃねーかと俺は思ってるのよね。
忍びの頃、諜報活動なんかしてた頃は鍵が開いてるウチが多くてさ、
バンッバン侵入しまくってたわ。一般庶民と偉そうなヤツの家ほど入り易かった。
油断し過ぎだわ。お前等も気をつけろよ、俺様がバンッバン入ってるかも知れねーぞ。


884 名前:宇髄天元 ◆udzuWj8M 投稿日:2023/06/03(Sat) 00:24
>>872
ハッハッハ!煉獄も言ってたがその観察力はたいしたもんだ。
これからの鬼殺隊としての任務で役に立つと良いな、武器になると思うわ。
まァ、俺様の戦闘計算式ってのもさ、実はそう言った観察力っての?
それと洞察力で構築してくもんなのよ。

表面的な部分を観察し、注意深く見る。
そしてさらに見えない部分を注意し見抜く洞察力。

お前はどちらかと言うと観察力は長けているからよ、
次からは想像力を養うよう、物語を洞察する力を働かせてみな。

今回無かったからと言っても、次回に演出上ズラす事もあるかも知れないし、
意図や都合があって無くす場合もある。
物事には流れもあるし、なぜそうなったか、考察してみるのも良いと思うわ。
好きな場面が無くなりガッカリしたって嘆く前に、そういうのを想像すんのも
楽しいと俺は思うっちまう方だな。ん?地味だって?馬鹿言え俺は派手な柱だわ!


>>873
馬の気持ちや立場を考えるとは、優しい世界になってるんだなァ。

ああ、上げ馬神事ってのはさ、大昔、全域朝時代から行われてる神事で、
馬を奉納する行事が祭りへと発展したと伝えられてんだ。
華やかな衣裳に身を包んだ武者が馬に乗り、崖を駆け上げるのが勇猛だ。
奉納ってことは神仏に献上するってことだからな、馬だってそれように
用意されていて、万が一命を落としてもそれは献上した形になるので、
神仏に差し上げたものとして扱われる。

虐待とか、そういった水準の考えでは無いからなァ、ちとピンとこねーわ。
しかし、そうね、結構前の>>139で答えた事があるが、
祭事、神事、神賑わい、この辺りは文化として地域に根付いているもんでさ、
派手さを追求し過ぎればその先はしぼむだけだったりするし、根源を大切にし、
その想いを共有できる環境を整えねぇと、この上げ馬神事も
野蛮でいたずらに命を奪う遊び、だと言われちまうのかも知れない。

しかし伝統行事も継続するには多くの理解者が必要になって来るのか。
世の中変わってくとは思うが伝統文化を残してく努力はして欲しいわな、
昔を生きる俺からはそんなとこだわ。


>>878
滝の落差を使い流しそうめんか!こりゃいいな、どんだけ高速だよ、ワッハッハ!
誰も箸で掴めなくててんてこ舞い、派手に右往左往じゃねぇか。
良い動体視力の訓練になりそうだよな、落とせば食い物を粗末にするし、
隊士達も必死に食らいつくだろうさ。

まァ、白い素麺は見難いし、慣れるまでは色つきの素麺を流そうか。
ん?ああ、素麺と言えば色つきの麺だろ?俺はアレを食うのが好きだ!
大体の素麺の束に二、三本入ってる…素麺と冷麦を一目で区別するのに
そうしてるそうだが、今は七色麺だとか祝い用の贈り物としてド派手な赤の麺とか
そりゃあ沢山販売しているそうだ。

想像してみろ、七色の麺が滝を急降下していく様を。

あまりにもド派手で鮮やかな流しそうめんだ、胸が高鳴らねーか?
鼓動が鳴っていてもたっても居られなくなるわ、ああ、今すぐ流してみたい!!
季節が早いとかそんなんどうでもいいさ、明日の朝が明けたら早速実行だ。
もし希望するなら素麺の他に流したいモンがあれば持って来い!
あー、あれだ、芋天は絶対だ持って来れば反対はしねーだろうからな。


>>882
先に返答する。

いや、特に問題はない、寧ろわざわざこっちに謝罪にまで訪れてくれて悪りぃな。
義理堅い対応で恐縮しちまうわ、いくら俺でもな、ワッハッハ!
数あるこういった場所で、その中でも出会ったって事は何かの縁だ。
もしお前が興味があったのなら、名無しとして質問や雑談をしに来ても良いし、
俺達と同じように名を名乗り、所属隊士として活動してもいい。

とにかくまた顔を見せてくれていいぞ、お前さえよければな。
分からない事は稽古つけてやるわ。んじゃ、また来いよ。


885 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/06/03(Sat) 03:56
昔から祭の神は短命なのが多かったという説があるが、どこまで本当なのか
もちろんテンゲン殿が短命という意味ではなくて

886 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/06/03(Sat) 07:45
宇髄さんがこんな間を開けて思ったこと
煉獄さんも好きだけど宇髄さんも好き

887 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2023/06/03(Sat) 13:31
宇髄の旅行かばんから
いつかのひな祭りで飾った嫁さん人形がちょこんと顔を出している
落とさないで

掲示板に戻る 全部 前 50 次 50 1 - 50 最新 50 スレ一覧
名前: E-mail(省略可)

read.cgi ver.4.21.10c (2006/07/10)