掲示板に戻る 全部 前 50 次 50 1 - 50 最新 50 スレ一覧

【ファンタジー系オリキャラ】第四章。………質問ですって?【質雑】

1 名前:キリアと娘二人 ◆x2MaTKKo 投稿日:2013/05/09(Thu) 09:25
此処が新しい新天地……、
そう、この場所こそが無限の開拓地!!

ユ「開拓民乙。
結構待たせちまったかも知れないけれど新しい場所、開幕だ」

ア「ルールが色々と一新されてますので是非御確認下さいませにゃ」

取り合えず現行のルールが>>2に、

ユ「色んな場所への扉が>>3で」

ア「自己紹介用のテンプレが>>4ですにゃ」

各自熟読した後に開始だぜ☆
皆、この場所も末長く宜しくねっ!!

805 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/04/17(Tue) 01:30
数山義亮に勝てますか?

806 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/04/17(Tue) 18:49
沈みやがれぇッ!!水月山ッ!!(津波が起きる)

807 名前:ディオン・アシャール ◆OVWTzIlA 投稿日:2018/04/19(Thu) 02:19
ふふ、お久しぶりです。皆さん
さて、時間が惜しいので今回は手短となりますがご了承下さいね


>>775「貴様は何をしている?」
私は特に、あなたのように岩を毎日運んだり、定期的な運動をしたりはしていないですね…
運動、というものをそもそもあまりしていないような気もします
最近では自身で作り上げた研究用の世界に閉じ籠って魔術の実験に没頭しているのですよ
ですから、自分を高めるというよりは新たな発見に時間を費やしている、といった感じでしょうか

実験の内容…知りたいです?
ふふ…やめておいた方がいいかもしれませんよ?
きっとそれを知れば、あなたが岩を運ぶ理由が何であったのか…意味などあったのか…
凡てを、嘆くことになりかねませんからねぇ…


>>776「フレイムピラーよ、死になさい」
おやおや、女魔術師の方ですか…【魔法障壁展開】
珍しいですね。魔術師自体、この辺りでは見た覚えがなかったので興味深いです
しかしそれにしても…なかなかの威力の炎ですね
障壁越しにも熱気が伝わって来るようです…まぁ伝わってもらっては困りますが

魔物の討伐任務でも請け負っていたのでしょうか?
実力の高い女性の魔術師は貴重ですからね、是非…今後ともご活躍願いたいものです(にこ

……それとも、
…私と共に来てもらうのも、悪くないかもしれませんね……フフ


>>777「その斧で私の首を切り落として」
それはできかねますね…(苦笑
介錯、とはまた違った物言いのようにも聞こえますし…一体、何を求めているのです?

――救済ですか?それとも、転生でしょうか?
……或いは、それが貴女にとっての愛となり得るのでしょうか…
一度きりの愛だなんて考えたら…ふふふ、なんて儚いものでしょう
ですが、いづれにせよ私にはできかねることなのです…申し訳ありませんね
理由?……そうですね……

私の美学に反します(ニコッ


>>779「モンスターを倒すだけで強くなれるなんて嘘だ!」
ふふっ、純粋な方なんですね…?あなたは…

言葉は単純ですが、きっとそこには深い意味が隠されていたのですよ
モンスターを倒すといっても片っ端から倒せばいいというものではないんです
対峙する環境の把握、生態の観察、個体の性質を見抜く力…
多面的な状況把握能力を身に付けながら倒さなくては、ただの脳筋じゃあないですか(にこ

考えながら、倒してみればいいと思いますよ
すべては物の見方次第なんです
覚えようとして覚えないといつまで経っても頭に入らない文字列と同じなんですよ
上達するために必要な事を学び、その要素を注意深く取り入れながら実行しなければ、
行動に意味など伴わないのです


>>782【物乞い少女は十字軍により刺された】
…あぁ、なんということを。(少女の傍に跪いて手を翳す)
大丈夫です…今、傷を癒してさしあげますから…

【致命傷を負った少女はディオンと共にその場から姿を消した…】

……この場所であれば、彼らの往来の邪魔にはならないでしょう

【手から温かな光が送られ、少女の表情が徐々に安らいでいく…】

……大変でしたね。あなたはただ、信じ続けたのですよね
その信仰心の高さは…きっとあなたやあなたの周囲の方々を救うはずだと、そう思ってやったことなのでしょう?
…大丈夫。何も心配はいりませんよ
痛みはすぐに…消えていくでしょう…
苦しみからも、解放されます。ただ静かに、今は心を落ち着かせるだけでいいのです

……名残惜しいですか?…未練があると?……わかりました

例えあなたが……新たな存在として復活したとて、その信仰心に揺らぎはないでしょう

…さあ、目を閉じて。
もはや今のあなたの肉体を救うことはできませんが、新たな世界を与えることはできます
ですから、どうか…安らかに――

【少女の体から漏れ出す光の粒子が、ディオンの翳す右手の平の傷口へと向かって行く】
【光が完全に吸収されると、少女の腕は力なく地面へと垂れ落ちた】
【その表情は、とても安らかであっただろう…】


―――おやすみなさい。

808 名前:ヴィルヘルム ◆sEWmV1PI 投稿日:2018/04/21(Sat) 18:00

「ふえっくし! ………チッ」

「鬱陶しい花粉だな、クソが……口隠しとくか」


>>804

「いや、要らねえよ。使い道がねえ」

「ハンマーアックスは何処かの死にたがりにくれてやったし、他に研ぐようなモンはねえし……」

「使わねえモン押し付けられてもなァ、邪魔になるだけだろ」


「……そうだな、どうしてもっつうならアレだ」

「有料で引き取ってやってもいいぜ? 砥石1つにつき、銀貨10枚でどうよ」


>>805

「知らねえよ、誰だそりゃ?」

「具体的な事を何も言わねえで、勝てるかどうかだけ訊かれてもなァ」

「答えられるか、そんなモン。オレに分かるワケねえだろうが」

「その……何だ? とにかくてめぇの言う野郎がどんな奴か、とっとと教えろ」

「てめぇも分かんねえってんなら、調べに行け。今、すぐにだ」


>>806

「またてめぇかよ水芸野郎……」(使用:簡易魔法杖 対象:自身)

「同じ手を、2度も食う馬鹿があるかァ!」(スキル:【炎の玉】 対象:津波)


「………あァ、もう何も言わなくていいぜ」

「俺ももうこれ以上、何も言う気はねえ……!」(スキル:【稲妻】 対象:>>806)



809 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/04/21(Sat) 18:24
宝箱にレアアイテムが入ってるように祈る!

810 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/04/23(Mon) 14:55
およ?薫殿

811 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/04/23(Mon) 16:20
アローレイン!!(広範囲に矢の雨が降り注ぐ)

812 名前:ヴィルヘルム ◆sEWmV1PI 投稿日:2018/04/28(Sat) 19:27

「………眠い」


>>809

「アホか、祈っても何も変わりゃしねえよ」

「宝箱の中身だってそうだ。開ける直前にまでなっちまったら、何をどうしようと関係ねえ」

「その時に入ってるモンが出るだけだろうが。ったく、くだらねえ事を……」

「ンな無駄な事に時間を費やすぐらいなら、自分の【開錠】が上手く行くよう祈ってろ」

「精神状態が成功率を左右するなんざ珍しくもねえんだし、分かんだろ? こっちの方が余程有意義だってよ」


>>810

「人違いだ馬鹿野郎……って、てめぇは確か」

「あん時(>>722)の和国人か? いや、別に答えは聞いてねえ」

「てめぇの事なんざどうでもいい。その薫とか言う女を探してんなら、他を当たりな」

「オレは知らねえし、協力してやる気分でもねえ。報酬があるなら別だがなァ」


>>811

「はッ……」(スキル:【稲妻】 対象:アローレイン)

「上から来ると分かってりゃ、対処は簡単が過ぎるってなモンだ」

「何の真似か知らねえが、ンな技がオレに通じるかよ」

「出直しやがれ、生まれ変わってからなァッ!」(スキル:【魔法の矢】 対象:>>811)



813 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/04/30(Mon) 18:23
不死者(ゾンビ)が冒険者の脳みそを求め、彷徨っています。

814 名前:イーノ・シングウジ ◆OErIvK4s 投稿日:2018/05/05(Sat) 14:22
金はもらったしおまけに酒ももらっちまった。ありゃあ僥倖、ツイてるなんてもんじゃねぇな
にしてもこの時期やけに街中は賑わってるわでなんかあったっけな……

まま、この際それは置いておくとして。
しばらくぶりになっちまったな! いやあすまねぇすまねぇ

さあてまたちょいと名無しに付き合ってやるとするかぁ!


>>748
おう。いいんじゃねえか?
そういう夢を持つのは悪かねぇ。その夢に向かって努力を続けて叶えられるように頑張りゃいい
それかアレだ。どっかの王都に騎士養成学校なんてもんもあったような……無かったような……
正直記憶が曖昧だしあんま信用ならねぇと思うけど、そこ目指して「入れてくれよな!!」つってきてみたらどうよ?

いや俺の言葉通りに頭突っ込んでもマジに捉えられないと思うしむしろ帰れって言われるかもしらんけども

それに世界最強のっつったろお前。それ相応の覚悟がねぇと厳しいぞぉ〜?
ただでさえ世界最強なんて敷居の高いとこ目指すんだろうからな。まず最強を目指すなら俺を超えてもらわねぇとなあ!!

……言い忘れていたが俺は世界で人口の下の方から数えた方が早いくらいのとこの強さだからな、ナメてると痛い目見るぜ!
って言って本気で戦りあうつもりは本音言うとないんでまあ名無しには頑張って騎士になっていただいて夢を叶えてもらいたいね
俺のとこにも騎士モドキがいてさ。最強目指してるわけじゃないと思うけど今度会わせてやろうか。
少しくらいは勉強なるんじゃねえか? ならねえかもしれないけど。


>>751
……ご自由にって言われても鎧なんて着ねぇからなー
どうしたものか。かと言って持って行っても装備するやつなんざいねぇわけだし。

そう考えると俺らって防御面全然考えてねえな? コレ。
動きやすさ第一みたいなとこあるし……大事だし動きやすさ……


しかし鋼でできてるだけあってよく出来てんなー。こういう構造してんのか
ほほーん、クソ重そうだけど。……トウマのやつには戦う時くらい鎧つけてそれっぽくして見せろなんて言ってみる?
でもなーあいつ似合わなそうだしな……どうしてもビジュアル面を気にしてしまう。装備するにしてもチェストプレートとレギンスくらいか
全身をガッチガチな鎧に身を包んだら逆に動きづらくて戦力低下しそうだし

ちょ、俺これ1回身につけてもいい? あ、そう? じゃちょっと遠慮なく



【装備してみた!】


……めっちゃがっしゃがっしゃ言うし何より落ち着かねぇ
防御面に関してはまあまあ、鋼でできてるだけあって多少の強度はあるようでいいんじゃないかと思う
これなー、もうちょい軽量化出来るならトウマに放り投げるんだけど

俺は俺で手段は用意出来るから別に必要にはならないしなー


【装備解除して元飾ってあった場所に戻した!】


……ま、また今度だな。世の中にゃ色々な鎧があるもんだ。
また歩き回ってよさげなモンがありゃそいつをコレ(手で金のサインを作る)で買いゃいいさ。だろ?


>>753
おっ、いいねぇ肉
店で買ってそれ焼いて食うのもいいけど狩りに出て新鮮な肉を食らうってのもまた乙なもんだってのは分かるぜ

いつだっけかな、何年か前に狩ったファヴニールの肉がまた最っっっ高にうまかったんだよ
あんなん食えることなんて普通に生きてても味わえないもんだからな、
そういった意味ではその時ばかりは旅で世界を歩き回っててよかったと当時は思ったもんだ


んじゃまあせっかくだしあんたの狩りに付き合うぜ。いい時間だしな、腹も減ってるし都合がいい
狩り過ぎない程度に今夜の分もついでに確保出来る程度にやるとするか!



【しばらく後】


……。
やりすぎたこれ? いや肉にするならこれ捌くだろ? 結構な量にならねぇこれ?
俺そのこと考えるの完全に忘れてたわ。……二匹くらい担いで俺持って帰るからその残り何とかしておいてくれねぇ?
いやむしろなんとかしておいてくれよな! じゃあ俺行くから!! じゃあな!!!!

815 名前:イーノ・シングウジ ◆OErIvK4s 投稿日:2018/05/05(Sat) 14:53
――あのあと狩った魔物を持って帰ったらおったまげられた。今夜は盛大な焼肉だな!


>>754
……いや、結構だ
それに献花手向ける相手がまだいねぇ――ってのは嘘になるか。
つっても今ここで買うってほどじゃあない

あいにくそういうのは自分で用意する質でね
悪いけど間に合ってるからさ、俺じゃないやつに頼むわ
にしても2割引って。元がいくらかもわからねえけどさ
頑張って一本や二本でも多く売れるといいな


>>755
おー、いいパンチだ……でもな少年。
もうちょい腰を下ろして拳を全力で突き出さなきゃ俺には届かねぇぞ?
まあ不意打ちとかなら別に飛びかかってグーでいきゃ存外届く事あるかもしれねぇけど

それ、もいっちょ掛かってこい! 次はもっと拳を突き出すようにだ!!



【数分後】


っと、いいね。大分いい感じになってきたんじゃない?
少年、お前ちいせぇ割りに中々悪くないセンスの持ち主だな
将来大物になるんじゃねえの? まあ? 俺の足元にもまだまだ及ばねぇだろうけど?


ははは、お前くらいの生意気さ加減が丁度いいってね。体壊さねぇ程度にじっくり鍛錬に励むんだな!

その先に俺はいるかもしれないしいないかもしれない



>>757
あん? なんだどうした……って思ったら鳥かよ
こういうのなんつーんだっけ? インコ、だったか? なんか喋るやつ
実際にいるもんなんだな。世界のどっかにゃ喋るネコやらもいるくらいだし

……で? なんつった? か、かあいそう? 可哀想って言いたいのか?
何に対してなのかさっぱり訳がわからんがお前はそういう可愛そうだと思った場面に直面したってわけ?
って思ったんだけど別にこいつが見て可哀想だなって思ったわけじゃない可能性もあるわけで、
ただ覚えた言葉を連呼してるかもしれないわけだろ? よくわからねぇな


特に害があるわけでもねえし放っておいていい気がするな。どうするか。


いやどうもこうもねぇな。これといって何か訴えかけてきてる様子もないし
多少気にはなるっちゃ気にはなるけど。大丈夫だろ


816 名前:イーノ・シングウジ ◆OErIvK4s 投稿日:2018/05/05(Sat) 15:16
暑くなってきたもんだなぁ



>>759
おっ、いいね。あんたも剣も使い手ってかい?
中々剣を使う奴がいても生粋の剣士ってなると中々見かけないもんでさ
こいつぁいい。せっかくだしあんたのその必殺の剣とやらも見せてもらおうじゃないの

ただ俺は見せてもらうだけだ。返す理由もねえからな。
どんなもんかだけ見せてもらって、あんたはこういうやつなんだなって。
んじゃ来いよ、受け流すくらいはしてやらあ!


【必殺剣を繰り出す>759】


ほお、いいじゃないの。悪くねぇ。
けどな、ちょいと気合が足りねぇんじゃねえのか?【手持ちの大剣で切り払った!】

色々と惜しいんだよなぁ踏み込みといい殺意といい。
必殺って言ってんだから殺す気でこねえと意味がねぇだろうが!
生半可な気持ちで必殺なんてつけて生ぬるい剣筋見せてちゃ即返り討ちだぞ

だが根本的なモンは悪かねぇ。色々と詰めが甘いってだけだ
ま、俺に剣を届かせたいならもっと鍛えてからにするんだな。
中途半端に挑むならその首ホントに貰っちまうからな。……そんな趣味無いけど
さっきは切り払っただけだったがやろうと思えば、腕持っていったからな

中途半端な気合と覇気だけで威圧しようと思ってんならやめとけ。


>>760
……子供同士の喧嘩か
昔はよくグーとグー、木刀と木刀で喧嘩しあったもんだ
加減ってもんを知らないからな……本気で怪我したことだってあったっけ

懐かしいもんだ。もう十何年も昔か



まあ喧嘩の規模も結構凄かったし親も出てくるわな。親も大変なもんだなぁ
親の気持ちなんて微塵も考えたことないけど。

ま、俺の出る幕はないし放っておこう


>>761
いきなり失礼な姉ちゃんだなあ!! うるせー!! こっちはこっちで色々あんだよ!!
……あ、チョコっすか。はい、すんませんありがとうごぜぇやす。
あと俺そういうのはちょっとアレなんで。ハイ。いや別に女が苦手とかそういう女が無理とかそういうわけじゃなくて。はい




何だったんあの姉ちゃん? 喧嘩ふっかけてきたかと思ったら、
普通に客引きついでとか言ってきてチョコレイトもらっちまったけど
大丈夫なんだろうなこれ。変な薬盛られてねぇだろうなこれ?

にしても娼館の客引きがいるって俺そんな変なとこまで来ちまってたのか。
大通りまで出てちんたら空でも眺めて時間でも潰してようか……


……乳はいっちょまえだったな


>>763
召喚獣ねぇ
ペット感覚でならまあ一匹くらいならって考えたことは無くもないけど……
そんな余裕は正直俺たちにはあまりないなあ

かと言ってペットに癒し効果があるってのも事実っちゃ事実だろうし。
結構ストレス抱えることも多いしそういうこと考えると割とマジでありなんじゃないかって思っちまう
でも名無しの言ってる召喚獣ってペットとかそういうレベルじゃなくて、こう……

神聖な感じとかもっとこう、強大な感じのイメージだったりするだろ? そういうアレならまた違うんだよなー
そらかわいい女の子の見た目してる召喚獣ならちょっと。うん。気にはなるよな男だし。
名前だけしか知らねえけどシルフィードだったりウンディーネだったりさ。風と水それぞれ司ってそうじゃない?

817 名前:ヴィルヘルム ◆sEWmV1PI 投稿日:2018/05/05(Sat) 19:15

「あァー………クソッ、かったりい」

「何もやる気が出ねえな、畜生が……空から金でも降らねえモンか」


>>813

「徘徊するゾンビを殺し直せってか? ……面倒臭え」

「パスだパス。気が乗らねえんだよ、他を当たれや」

「もしオレを襲いに来るようなら、そん時はブッ殺しといてやるからよ」

「今は放っといてくれ。それか銀貨だ、銀貨を寄越せ」



818 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/05/09(Wed) 00:33
この先の峠を越えた場所に、俺の墓があるんだよ
実は俺、二年前にモンスターに殺されたんだ
だから今はこうやって道具屋として商売してんだ、よろしくな

819 名前:ヴィルヘルム ◆sEWmV1PI 投稿日:2018/05/12(Sat) 20:08

「く……あァ」

「うあー………あ?」


「あァ、おう。てめぇ等かよ」

「何見てんだよ、殺すぞ」


>>818

「………おい、聞き間違いか? それとも聞き逃したか?」

「もう1度確認するから、間違いねえか確かめろ」


「あの峠の向こうに、てめぇの墓がある。これはあってるな? よし」

「で、てめぇは2年前に妖魔に殺された。これもいいか? ……問題は次だ」

「だから今てめぇは、道具屋として商売やってる。此処だ、此処がおかしい」

「殺されたのと商売してんのは、『だから』で繋がるモンじゃねえだろ」

「アンデッドとして蘇ったってんなら、『だから』の前に言えよ」

「そうじゃねえなら何で道具屋やれてんだ。おかしいだろうが、馬鹿かてめぇは」


「……まァ、何でもいい。死体が商売してるぐらいまだ普通だろ」

「出るモンに問題がなけりゃ関係ねえ。そんなワケだ、聖水でも貰おうか」



820 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/05/13(Sun) 18:34
攻略したダンジョンの数が冒険者のステータスが、覚えておけ

821 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/05/18(Fri) 15:42
ドラゴンゲイル!!(大きな爪痕が地面に複数刻まれる)

822 名前:イーノ・シングウジ ◆OErIvK4s 投稿日:2018/05/18(Fri) 17:08
よう、元気か? つってもこの雨じゃ元気になるもんもなれやしねーな
つってもテンションめっちゃ低いってわけでもない。雨は雨で風情があって好きだぜ

窓際にこう座ってよ、外で降ってる雨を眺めてこういうのさ。


「いい雨だな」


……なんつってな!


>>766
へぇ、興味あるね
そいつって信憑性高いのか? って聞こうと思ったがそいつぁ野暮ってもんか
宝の地図ってだけで男は心躍るもんでさ。こういうのは実際に足を運んでみてこそだと思うんだよ
つーわけで、おいくら万ほどするのさ? よっぽど高くなけりゃ購入視野といきたいんだけど

……ほほーん? よかろうその地図買ったぁ!!


最近そういうの少なくてさ、手持ち無沙汰だったんだよなー
いいタイミングでいいもん持っててくれたぜ名無し。
おもしれぇもん見つけた暁にゃ忘れてなけりゃ名無しにも少し分けてやるからよ


まあ程々に期待しとけって!
にしても宝の地図かぁ、どんなお宝が眠ってるかワクワクしてくるな!


>>769
ぶ、ぶさあッ!?

言うに事欠いてなんて事言うんだよ! 割とショックなんだけど!
いやまあ自分の顔なんてそうそう見るもんでないし
ビジュアルにそんな自信があったわけでもないけどさ?
堂々と言われると存外悲しくなるもんだなって。そんなアレかな俺……


つーか別にあんたの事を取って食おうなんて粉微塵も思っちゃいねえよ
そんな見境なしに女食おうと思うほどウェイ系してるわけじゃねえし、そもそもそんな余裕ないしっつーか
そりゃあんたにだって男を選ぶ権利はあるだろうけどそれと同じで俺にも同じ女を選ぶ権利があると思うわけでして
ああいや決してあんたがムリってわけじゃなくてってこのままじゃ色々こじれて何も解決しねぇ気がする


とにもかくにも!!
街コンなりでいい出会いがあるといいなあんたに。
性格はともかく見た目は悪くねぇんだしそのキツい当たりをどうにかすりゃ俺が拾ってやらなくもないぜ、つってな! がはは

がははじゃないな、ウン


>>771
いい切りっぷりですなぁ
この野菜千切りにして? ナベに油引いてそこにぶっこんで?
あとは強火だか中火だかで焼いていい感じの焼き色になったら? どうすんの?


……って料理の話じゃねえのかよ! 包丁振り回すのやめろってマジで対人技かよそれ! あぶないなあ!
とりあえずそれそのままだと焦げるからちゃんと様子見ておけよな。飯出来たら教えてくれ


>>773
おう、俺もそう思う
特にツンデレの女の子とか見てるとそう改めて思う時があらぁ
ああいう中々素直になれてねえ子がふとした時に見せるデレってのがまた素晴らしいわけよ。わかる?

あ、そういうことを言いたいんじゃないの?
間違ってるけど間違ってない的な。逆? 間違ってないけど間違ってる?

823 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/05/19(Sat) 00:06
この爆撃魔法をお前に授けよう
唱える(連絡する)と、空から爆撃をしてもらえるのだ

824 名前:ヴィルヘルム ◆sEWmV1PI 投稿日:2018/05/19(Sat) 21:11

「………暑い」

「畜生、そろそろ水浴びがしてえなァ」

「贅沢言うならキンキンに冷えてて、飲んでも美味え水がいい……」


>>820

「はァ? ンなワケあるかよ」

「達成した依頼の数が、冒険者のステータスだろうが」

「てめぇこそ覚えとけ、タコ。請け負った依頼を成し遂げる事こそ冒険者の本分」

「ダンジョンだ何だはそのついで、手段に過ぎねえ。分かってんのか?」

「人の役に立てねえ冒険者なんぞ、ゴミ以下の値打ちしかねえんだよ」


>>821

「鬱陶しい!」(スキル:【炎の玉】 対象:>>821)


「チッ、一体何だったんだありゃァ……」

「いきなりオレの足元にブッ放しやがって、つい反撃しちまったが」

「何の目的だったんだ? オレへの攻撃にしちゃ、明らかに狙いが逸れてたし……」


「………まァいい、放っとくか。急所は外したから死んではねえし」

「次また何かやらかせば、そん時に改めて殺せばいいだろ」

「今は面倒臭えし、何よりやる気が出ねえ。……冷気属性の魔術、覚えときゃよかったぜ」


>>823

「爆撃魔法……なァ」(入手:【爆撃魔法】の魔術書)

「どっかのエルフ耳の馬鹿女が使いそうな術だな、そりゃ」

「名前忘れちまったなァ、何だっけ……まァいいか」


「広範囲焼き払うなら【炎の玉】で充分だし、この手の魔術は間に合ってんだが」

「貰えるモンは貰っといてやるよ。使うかどうかは別としてなァ」



825 名前:ディオン・アシャール ◆OVWTzIlA 投稿日:2018/05/19(Sat) 23:57
やれやれ、漸くこちらに戻って来れましたか…
すみません、お待たせしてしまって……って、おや、誰も待っていませんでした?
ふふ、それならばいいのです

…このネタ何回目ですかね?


>>783「沈みやがれえッ!!水月山ッ!!」
【津波が起きる!】
【だが次の瞬間には荒れた津波が飛沫を立てたまま時を止める!】

見てて思い出したんです。こんな感じの浮世絵があったなと。
せっかくですから、再現したくて止めてしまいました
これぞまさに芸術ですよね。美しい瞬間が、時を止めて永遠にそこにあるのです
ああ、私も今度クラシック音楽でもかけながら時を止めて芸術について語ってみましょうか…
その場所に時間を閉じ込めるのです。永遠に美しい時間が流れるのです

えっ、そんなサイコパスなフォトグラファーがいた、ですか?
ふふ、私は魔術師ですから大丈夫ですよ、大丈夫。ええ、はい。


>>788「畑しかないが、ゆっくりしてください」
ありがとうございます。お言葉に甘えさせて頂きますね
本当に…見渡す限り畑しかありませんね…
ふふ、ですが、のどかで平和な証でしょうから安心しましたよ
危険な場所では作物が育つ余裕もありません。
一面の畑という特性を生かした村の発展に、どうぞお努め下さい。


>>791「ヴィルちゃあん!」
ヴィル……ああ、そういえばヴィルヘルムというお方がいらっしゃいましたね
この辺りにもいらっしゃったのです?へぇ、そうだったんですね
元気でいらっしゃるようで、何よりですよ。
この通り人気者という事も分かりましたし、安心しました(にこ


>>793「風呂中襲撃されたら?」
終わりではないと思いますよ、恐らくは。
確かに無防備な状態には近いかと思いますが、とにかく身の回りにあるものを駆使することをおすすめします

そう、まず真っ先にお湯をかけることです。できれば温度を上げてあらん限り下さい
次に桶を投げつけるのです。桶がなければシャンプーやリンスなどを相手の目に向かって噴射させるのです
とにかく時間を稼ぐことですね、少しでも逃げる時間を。
上手く行けば逃げ出せることでしょう………衣装を取る余裕があればいいのですがね

まぁ私は魔術師なので魔法で対応するため問題ないのですがね


>>795春の妖精「花粉蒔いてるとしばかれる」
おやおや、お可哀想に。それが貴方のお仕事ですから、仕方のないことなのでしょうが…
誰かのためになる仕事は、別の誰かにとっての不利益になることもあるのです
あなたの仕事が、まさしくそうなのでしょう
それでも仕事を全うさせるのか、或いは仕事をやめるのか…
いづれにせよ、私が言えることは…

あなたには、仕事を辞める権利があるということだけです


あぁ、でも妖精なんでしたね?権利、あればいいのですが……。


>>796「バンザーイ!!」(しがみつく)
ふふふ、元気がいいですね【dodge】
すみません、反射的に躱してしまいした。いえ、本当に何となく避けただけなんです
ところで何故そんな輝きを放っているのです?
まさかしがみついた後にそのまま自爆…なんてことはないですよね?
ふふ、言って見ただけです。どうぞお気になさずに

826 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/05/20(Sun) 17:38
新しく町に辿り着くたびに、その時期の最強装備が売っててうれちーなー

827 名前:ヴィルヘルム ◆sEWmV1PI 投稿日:2018/05/26(Sat) 19:21

「暑くなったり寒くなったり……」

「面倒臭えよなァ、こう言うの」


>>826

「………オレにはてめぇが何を言いてえのか、これっぽっちも理解できねえ」

「言ってる内容も、てめぇの頭ン中も、全部だ。意味不明過ぎて探る気も失せらァ」


「とりあえず、よかったなとだけは言っといてやる」

「だからあっち行け。そんで戻ってくんじゃねえ」



828 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/05/28(Mon) 23:38
そろそろ湖にでも行って、巨大魚倒して食うとするか

829 名前:ディオン・アシャール ◆OVWTzIlA 投稿日:2018/05/29(Tue) 03:17
こんにちは、ナナシさん。
私も最近は研究ばかりで引きこもり気味ですから、少しは外に出なければと思いましてね

>>798オーク「私に乱暴するつもりでしょう?!なろう小説みたいに!」

………。

あ、すみません。ちょっと思うところある言葉が聞こえたので思わず言葉に詰まりました
まさか更新の催促を受けているのではないかと思いましたが……違いますよね
いえ、此方の話ですから、お気になさらず
とりあえず私にあなたを乱暴するような意思はありませんから、ご安心ください


>>799「ダンジョンの全てを制覇したいのだ」
ふふ、それがあなたの旅の目的なのですね
いいですね、立派なものです。未開の地も含めて、制覇したいのですよね
人はまだ見ぬ世界に憧れるものですから、その好奇心を発散するのにダンジョン探索は良いものかと。
とはいえ、その数は私にも分かりかねます。

私ですら、実験のために時折創り出しては冒険者を誘導してその行動を調査させて頂くことも…

――おっと、…フフ、いえ、何でもありません


>>801「巨大な化け猫が村人を食べていますよ!」
ふむ、化け猫ですか。また珍しい…
クァール、であれば…あのネコ科に近い生物はなかなか危険ですから、気を付けなければなりません
或いは、クァールとはまた別種の生物のことを差しているのでしょうか?
その化け猫の排除が必要であれば、仰って下さい

話し合ってみましょう。
丁度つい最近、魔物との交渉術が上がった気がしますので多少は話も聞いてもらえるのではないでしょうか
まぁ人を食べているというくらいですから、お腹が空いているのか、或いは…
猫は利口な生き物ですからね、人に恨みがあるのかもしれません
原因を突き詰めてから、討伐に当たるのが妥当かもしれませんね。根本的な解決を図るためにも。


>>802奴隷A〜C「僕は食料です。食べて下さい」
よく躾けられているようですね。しかし貴方がたの本心はどうでしょうか?
なにより私は人肉を好みませんのでね…食料として貴方がたを見ることはないでしょう。
しかしながら…私の魔術実験に付き合って下さるというのであれば……考えます
大丈夫ですよ。実験とはいっても、1度で終わるような内容ではありませんので(にこ
つまり命の保証は致しますし、なによりも助手として働いて頂きたいのですよ
やはり、一人ではできることに制限がありますからね、猫の手でも借りたいと思っていたのです
……交渉成立、でしょうか。では、その3名を購入いたしましょう



〜〜〜〜〜〜〜〜〜
まぁそういうわけでですね、貴方がたにはさっそく頼まれてほしいことがあるのですが…
とりあえず衣装は整えましょう。そして清潔でない方を助手にする気はありませんよ
はい、これが今日から貴方達の使う衣装です。髪を洗うなどの身支度はこの先の宿屋で整えて下さい
主人として、その分の代金は支払いますから


――戻って来たようですね。それでは始めましょう
まず、貴方がた一人一人に数日は生き延びられるだけのお金を渡します。
その資金を使いながらでいいので、職を見つけて稼いで下さい
そうしてから、私の欲しい実験材料を集め始めて下さい
そして、万が一その実験材料が見つかった時には私の元へ戻ってきてください。
期限は設けません。万が一といったのも、見つかる確率がかなり低いものばかりだからです
プロでもないのに無理強いしても仕方ありませんからね、そこは大目に見ますよ(にこ
はい、では…はじめてください。
私は旅の続きへ出るので、これで失礼しますね?
助手としての最初のお仕事です。はりきって下さい。期待していますよ

830 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/06/01(Fri) 00:28
ヒッヒッヒ…ヴィルちゃあん!
アンタを切り刻む為に地獄から這い上がってきたよぉ…
さぁ、またアタイを楽しませてねぇ!!
(切れ味の悪そうな、血で錆びた鉈に舌を這わせる)

831 名前:ヴィルヘルム ◆sEWmV1PI 投稿日:2018/06/02(Sat) 19:07

「……腹ァ、減ったな」

「そろそろ肉が食いてえ……そんな気分だ」


>>828

「待てよ、湖……だと?」

「其処で魚獲って食うのか? ……危なそうだな」

「それ、オレにも噛ませろよ。手伝ってやるぜ」

「護衛、戦闘、調理……万事オレに任せろや、その分てめぇが楽できる」


「ただし! ……殺した魚は山分けな。オレにも食わせろ」

「てめぇが湖まで案内して、オレが魚を獲って焼く。そして2人で食うんだ」

「悪かねえだろ? なァ、早く行こうじゃねえか」

「1回だけ、1回だけでいいから。次は自分で行くから」


「―――――とっとと案内しろよ」(スキル:【雷鳴の手】 対象:自身)


>>830

(スキル:【魔法の矢】 対象:>>830)

(スキル:【魔法の矢】 対象:>>830)

(スキル:【炎の玉】 対象:>>830)


「……くたばったか。ったく、面倒臭え奴だな」

「とは言え、あのクソガキに比べりゃ余程マシだってのも事実」

「何回でも這い上がって来やがれ。何回でもブッ殺してやる」

「………まァ、聞こえちゃいねえだろうけどよ」


「あとついでに、これも貰ってっといてやる」(入手:鉈)

「研ぎ直せば使えんだろ、多分。使えねえなら捨てるだけだ」

「そん時はてめぇに返してやるよ。首洗って待っとけ」



832 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/06/03(Sun) 17:02
新しいダンジョン発見したかい?

833 名前:ディオン・アシャール ◆OVWTzIlA 投稿日:2018/06/05(Tue) 21:43
こんにちは、ナナシさん。
さて、さっそく行きましょうか


>>804「研ぎ石ならここに」
武器を磨くための砥石ですね。切味を上げるには丁度いいでしょう
しかしながら…私は魔術師ですから、刃を用いる攻撃は致しませんもので…
…あぁ、この杖刀ですか?
大丈夫ですよ。コチラ側を用いたことは今の所ありませんから…ええ、確か。


>>805「数山義亮に勝てますか」
えーと、どなたでしょう?
存じ上げない方ですね。貴方のお知り合いでしょうか?
力量の知れぬ相手に勝てるか否か、
一言でお答えすることなどさすがの私にもできかねますよ


>>809「宝箱にレアアイテムが入ってるように祈る」
ふふ、いいですね。祈ってみるのも。…たまには。
人は何かに縋りたくなる生き物ですからね…
祈るという行為自体に意味はありませんが、信じたくなるのですよね?
そして本当にレアアイテムが入っていた時…それが例え、祈ろうがそうでなかろうが結果が変わらなかったとしても、
祈った結果だと信じてしまう……――そこから、迷信が始まるのです


>>810「およ?薫殿」
人違いですよ。
前にもどこかで聞いた名前ですね…――まぁ、偶然と思っておきましょう
ところで、その名前……女性だけでなく男性にも使える名前だそうじゃないですか
ひょっとしてあなたは、男性の薫さんをお探しなのかもしれませんね?
それにしてもやはり、私じゃあないんですが。


>>811「アローレイン!!(広範囲に矢の雨が降り注ぐ)」
ふふっ… 【ディオンの頭上に魔法障壁が展開され、アローレインを受け止める】
今日の天気は危険そうですね。傘を持ってくるべきでしたよ
でも雨の日って、私は嫌いじゃないですよ

【徐々に暗雲が空を覆い始める】

視界が悪くなって、音も消せて…逃げ隠れするのにとても便利だと思うんですよ

【突如、豪雨が降り注ぐ】「ザァァアア!!!」

……おや、ずぶぬれになってしまいましたね?フフッ
ああそれとも、この声も聞こえないでしょうか…自分でも自分の声が聞こえなくなるほどですから
魔法を展開しておいてよかったですよ。足元は濡れてしまいましたが。


>>813「不死者が脳みそを求め彷徨っています」
そうでしたか。ご忠告、どうもありがとうございます
けれど大丈夫ですよ。こう見えても、私、魔術師なので(にこ
……あ、見た通りでした?ふふ、それはよかったです
そう見えるように此方の世界に訪れる際、衣装を整えてきたのですよ

あぁまぁそれはいいとして…不死者ですよね?
本能のままに行動しているならば、やはりあまり脅威ではないんです
知能があり、狡猾な手段を用いる魔物やそういった魔族の方が、よほど手を負いますからね


>>818「この先の峠を越えた場所に、俺の墓があるんだよ」

ほう

「実は俺、二年前にモンスターに殺されたんだ」

それは災難でしたね…ご愁傷様です

「だから今はこうやって道具屋として商売してんだ、よろしくな」

素晴しい精神ですね!死してなお商いを営んでいらっしゃるとは。
実に献身的ではありませんか。
その身を持って、冒険者の方々に死の存在が身近にあることをお伝えしているということでもありますから
しかしきっと、その御身では商売一つでも何かとご不便でしょうに…
その状態で生きていると言えるかどうかは難ですが……
もし、貴方がこの世に留まり続けることが本当は苦痛であるというのであれば…
異界へ送りましょうか…?……敬意を持って。

834 名前:ヴィルヘルム ◆sEWmV1PI 投稿日:2018/06/09(Sat) 20:04

「………はァ」

「暇だな……前貰った【爆撃魔法】の試し撃ちでもするか?」

「どんな魔術か確認しとかねえと、いざって時に困るしなァ……」


>>832

「してねえなァ……。つーか、そう言う事は元の世界でもしてねえ」

「見付けんのは依頼人とかで、オレ等に回ってくんのは調査とか」

「棲み付いてる妖魔の掃討とか、その辺だからなァ」


「てめぇが新しいダンジョンを見付けて、手に負えねぇと思ったら」

「金持ってオレん所に来な。額と内容が釣り合ってりゃ、協力ぐらいはしてやるよ」



835 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/06/10(Sun) 18:01
竜殺しの大剣を手に入れたどー!

836 名前:ヴィルヘルム ◆sEWmV1PI 投稿日:2018/06/16(Sat) 19:21

「アイツ等、今何してんだろうな……」


>>835

「竜殺しか……。オレのいた世界でも、英雄譚の代名詞だった」

「徒党を組んでならオレ等もやったが、単騎ではまだした事がねえな……」


「……向こうじゃ仲間がいたが、今は違え」

「もしやり合うとなったら、必然的にオレ単騎になっちまう」

「ドラゴンを相手に、オレだけで勝てるか? アイツ等のサポートもなく」


「………いや、違うな。勝てる勝てねえじゃねえ」

「相手が何だろうと、手段を択ばねえで勝つ。それがオレの戦いだ」


「まァ、ドラゴン討伐の依頼でも来ねえ限りあり得ねえ事だけどなァ」

「誰が好き好んでドラゴン襲いに行くかっての。仕事でもねえとしねえよ、ンな事」



837 名前:エルシュナイテッド ◆OErIvK4s 投稿日:2018/06/17(Sun) 03:49
夜風に当たって寝ようと思っていたら気付けばこんな時間だというのにまだ起きてる変わり者もいたものね
なに? あんたも暑くて寝苦しいからってこんな夜遅くに歩き回ってたってわけ?
こんな時間じゃ不審者だと勘違いされかねないわよ

なんて意地悪言うのも性格悪いかしら……


ということでどうも。私がこっち顔出すのももう大分暫くぶりだったかしらね
たまにはいいでしょ私が来るのも。イーノばっかで見飽きてたんじゃない? なんてね


>>775
……うん、いいんじゃない? 体を鍛えることは特別悪いことじゃないわ。
私だって毎日それなりに体動かしてるし、相応に鍛えているもの
その岩? を毎日運ぶことだっていい運動にも修行にもなるでしょうしね

……私は何をしてるかですって? そんなこと聞いてどうするつもりなのよ
特別なことなんて何もしてないわ。ただ適当にしているだけだもの
偉そうにあれこれしてただなんて言うほどのものでもないから……

にしてもその岩もまた随分と大きなもの使ってるわね……
ホントにこのサイズの岩を毎日運んでるわけ? 中々やるじゃないの
私? 私だってこれくらいなら余裕とまではいかなくても運べなくもない……んじゃない? 試してみる?



――――。


これ、案外来るものがあるわね……
これを毎日ってあんた、思ってたより中々やるようでちょっと驚いたわ……


>>776
!!

あっぶないわねぇ、いきなり何よ? 何か私したかしら
喧嘩を売る相手を間違えてない?
人間違いはよくあるものだし見逃してあげるけども、
人相手に殺しに来るだなんてよっぽどの理由があるかただのサイコな思考の持ち主かでしょ

悪いけどあんたに構っていられるほど私は暇じゃないの。分かってもらえたかしら?
それにそういうのはもっと有意義な相手に……いや、有意義な相手って意味分からないか……
魔物とか魔獣相手に放ってる方が色々と美味しい気がするんだけどな
ともあれあと二回、同じように私に仕掛けてくるならこっちにも考えがあるんだから

大人しくしていることね


>>777
……。
どうにも今日は厄介なのが多い気がしなくもない


悪いけど私はあんたの介錯人になるつもりはないわよ。
何が悲しくてこんな所で人の命を絶たせなきゃいけないのよ……そのお願い事は悪いけどお断りするわ。
あんたの都合に付き合ってただの人殺しになるつもりなんて無いもの


正直に言えば私は人を殺したことが無いといえば嘘になるわ。
でもそれはあくまで戦いの中での話であって、
こうして頼まれて「はいわかりました」と素直に従ってただ殺しを行うのはナンセンスだって話

悪いけど死にたいのなら自分一人で勝手にしてちょうだい
ほんとに死ぬって言うなら止める理由も無いし、
あんた一人でその斧を使ってどっかしらの部位を叩き切ればいいじゃない

私は止めないわ。あんたはあんたで生き死にを決めなさい


>>779
何事も経験は成長に繋がるわ。
でも経験すること=強くなるってのはイコールじゃないの
経験して得た知識を活かせるか否かで変わっていくものでね

もちろん武器や防具みたいな装備品でも大分変わってくるけども。

結局は意識の問題よ。強くなりたいならまず心構えを強く持つことね
そんでもって後は気合よ気合。
魔物をやっつけることによって自信をつけるのも悪いことじゃないんだけど。


今まで魔物やらをやっつけてきた数で強さが決まるならどれくらいのバケモノになってんのかしら……

838 名前:エルシュナイテッド ◆OErIvK4s 投稿日:2018/06/17(Sun) 04:31
眠い。眠いんだけどこの時間になっちゃもう寝るのも勿体無い気がするんだけど私の考え方がアレなのかしら……
……やっぱりもう少ししたら寝よ、たまには変な時間に寝ても怒られない、でしょ


>>782
……。

ちょっと。そこ邪魔なんだけど? さっさとどいてくれるかしら?
どこの連中か知らないけど往来の邪魔になるようならさっき女の子にしてくれたようにするわよ

多人数でよくもまあやってくれたものね。
あれがこの街での十八番なワケ? 大人気ないんじゃないの?

ま、軍かなんかしらないけど腐ってる連中はどこの集団にも一部はいるものね。
……あら、気に障ったかしら? それは失礼したわね、ふふっ。謝っとくわ


>>783
ちょっと! いきなり何してくれてんのよ!
ここいら一帯物騒過ぎるんじゃないの……って何アレ津波?
あーもうっ、めんどくさいなあ!

手間掛けさせるんじゃ……ないわよッ!!(津波に向かって拳を突きつけモーゼみたいな感じに迫り来る津波を叩き割った!)


いや冷たい冷たい、これだから水系のは嫌だってのに……
で? あんたは何がしたくてこんなことしてくれたのよ。試し撃ち?



……。本気で怒るわよ


>>788
こっちの方まで来ると平和でいいわね……さっきまでがおかしすぎたのかもしれないんだけれど

長居はするつもり無いから気にしないでちょうだい。
……でもそうね、畑の様子見てる限り中々豊作になりそうで良さげじゃない
よっぽど手入れがなってるようじゃない。美味しいものが収穫出来る事を祈ってるわよ


んぇ、ちょっと前に採れたものを持ってっていいって……
いや流石にただ偶然立ち寄っただけな上に何かしたってわけでもないから――




――って問答無用で渡されてしまったけど。……まあ、好意は好意で受け取るべき、なのかしら
早めに持って帰って皆で頂くとしましょうか


>>793
……その瞬間羞恥心を捨てれば別に終わりってことないとは思うけど。
ただちょっとその、やっぱり羞恥心捨てきれるかって言われると微妙よねー……
ましてやお風呂の最中にってようは素っ裸でしょ? おそらく、多分。
いやあ……でも服なんて取って着てる場合じゃないでしょうし


その時一人だったらまだいいんだけど、
他にも仲間がいるとなるとちょっとその、ね? ほら、色々あるじゃない?
できればそういう状況には陥りたくはないわ……

やっぱりタオルの一枚はいざってとき用にいつでも巻けるようにしておくべきかしら……

839 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/06/18(Mon) 20:36
ダークナイトって聞くと、俺の厨二病心がくすぐられるんだ

頼む、俺をダークナイトに育成してくれ!

840 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/06/19(Tue) 18:33
チンピラのボス「おい!町中のゴロツキを集めろ!ヴィルヘルムって野郎を殺った奴に金貨10枚だ!」
チンピラ「ヒヒヒヒ!分かりやした!とっておきのクズどもを集めまさぁ!」

841 名前:ヴィルヘルム ◆sEWmV1PI 投稿日:2018/06/23(Sat) 19:31

「この本は……おいおい、何でこれが此処にあんだよ?」

「この世界の奴に書けるとは思えねえ……」

「だったら多分、オレみてえに流れ着いたか。或いは、誰かが送り込んだのか……」

「………まァ、考えても仕方ねえ。とりあえずこいつは回収しとくか」(入手:謎の本)


>>839

「ダークナイトだァ? 悪いが、オレはそんなモンのなり方なんざ知らねえ」

「他を当たれ。ディオンとか言うアイツなら、てめぇの力になれんだろ」


「……とは言え、今のオレは気分がいい」

「オレの知ってる暗黒系の技術が、てめぇに向いてるかどうか」

「それぐらいなら調べてやる。いいか? これからする質問に正直に答えろ」


「最初にてめぇ、生まれは何処だ? 貴族か平民かとか、そんな大雑把な括りでいい」

「………平民、至って普通の家柄か。ついでに言うと田舎の出身……と」

「で、暮らしはどんなだ? ぶっちゃけて言うと金だ、金」

「………周りよりチッと貧乏してたと。いいぜ、次はそうだなァ」

「てめぇ、自分で自分を強欲だと思うか? いや言わなくていい、今の反応で分かった」

「結構欲深な方で、他人より自分を優先しがち……と」

「次、社会の道理には従った方がいいと思うか? それとも自分の欲望が大事か?」

「………どっちかっつうと欲望優先な、いいぜいいぜ」

「じゃ、そうだな……物事には積極的に取り組む方か? 逆に怠けられるなら怠けてえって思うか?」

「………どっちでもねぇ、と。ンじゃー争い事についてどう思う? ……嫌いじゃねえか」

「勉強はどうだ? ほう、これも嫌いじゃねえのか……くく、成程なァッ」

「なら次は、そうだな。てめぇ、人に下手に出んのはどう思う?」

「………どうしても必要ってワケじゃねえなら嫌、ってか。ま、いいだろ」

「所でてめぇ、自分の品性について考えた事はあるか? ……下品な方だな」

「じゃァてめぇ、肝は太い方か? 根性あんのかって事だよ」

「………その辺の連中に負ける気はねえってか? 自信あんならいい」

「で、そうだな。強くなんのと女にモテんのと、どっちがいい?」

「………強くなる方か。嘘じゃねえよな? ……本当ならそれでいい」

「それじゃ、最後の質問だ。名誉と愛と、選ばなきゃならねえならどっちを選ぶ?」

「第3の選択肢は『どっちも選ばねえ』しか許さねえ。……選べねえか、まァそれもいいだろ」


「おし、てめぇのダークナイト適正が出たぜ」

「安心しろよ、オレの知る限りかなりのモンだ。何処でも立派にやってけるだろうぜ」

「じゃ、そんなワケだ。自信が付いたならあっち行けよ、師匠探しは他を当たんな」


>>840

「何だか辺りが騒がしいなァ、おい……」

「さっきからクソ虫共が群がってウザってえし、何なんだ?」


「……っと、またかよ」(スキル:【魔法の矢】 対象:ゴロツキ)

「おいゴミ野郎。急所は外したから喋れんだろ?」

「さっきから鬱陶しい連中は何だ? オレの何が狙いだ」

「10秒だけ待ってやる。とっとと吐けよ、殺すぞ?」


「………成程なァ。どっかの馬鹿が、オレの首に賞金懸けてやがんのか」

「別にこんなカス、何人束になろうが大した事ねえんだが……」

「面倒じゃあるしな。流石に町諸共消し飛ばすって、ンなワケには行かねえし」

「仕方ねえ、暫く身を隠すか。……あァ、悪かったなクソ野郎」

「苦しかったろ? 今、楽にしてやるよ」(スキル:【魔法の矢】 対象:ゴロツキ)



842 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/06/23(Sat) 19:32
北の街がスライムに襲われてべちょべちょ地獄になったそうだ、気を付けろ

843 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/06/25(Mon) 05:31
よぉ、あんたメスやらねぇか?ウチのは純度100%だぜぇ?

844 名前:イーノ・シングウジ ◆OErIvK4s 投稿日:2018/07/09(Mon) 17:51
よう。元気してる?
俺は相変わらずっつーか、最近腕が鈍りまくってる気がするっつーか

やっぱどっかでぶん回しまくんねーとダメかぁ? ちょっとそこ立っててくれる?
大丈夫だ心配すんな、当てねえから。ちょっとこうタゲお前に向けて剣振り回すだけで当てないから

あ、やっぱダメ?



>>795
oh……アンタはアンタで苦労してんな可哀想に。
俺今までの人生で花粉に悩まされた事ねぇけど俺に撒くのやめてくれよな

あんたのその花粉撒く仕事ってぇのは人里付近じゃねえとダメってーの?
ただ撒くだけならもっとこう、人気の無いとこにテキトーにばら撒いて終わり! ってぇのじゃダメなんスか


あ、やっぱダメなんだ。大変してんな……
俺がここにいるうちは休んでていいぜ、撒くなら俺らが撤収してからにしてくれ頼む
なんかずっとくしゃみとか鼻水とかに悩まされんのは嫌なんだよ。しばきたくなる気持ちが分かるようになっちまうから

というか俺があんたをしばくことになっちまうから!
無駄な殺生はしたくねぇんだ俺。な? というわけで頼むぜ名無し


>>796
あっお前なんだ俺のファンか?
俺のファンならそんな大声出さなくても言ってくれりゃファンサービスの一つや二つくらい――



【大爆発に巻き込まれた!!】



ゲッホ。
いいか、俺は所謂ギャグマンガ系キャラクターつって
本とかでいう2コマくらいしたら傷が外傷が消える感じのやつでな……っていう冗談はこの辺置いといてだ


何をするだァーッ!! 死ぬかと思ったじゃねぇかよ
咄嗟に蹴っ飛ばせてよかったけど吹っ飛ばせてなかったらマジで死んでたぜあの爆発具合じゃ

ニンジャなんかじゃあないから所謂カワリミ=ジツなんてのは使えねぇし
いやぁにしたって驚いたな……まさか突然抱かれたと思ったら爆発すんだもんあいつ。何がしたかったんだよ
まさか俺の命を狙う悪の組織でもいるってぇのか? おーやだやだ末恐ろしいもんだぜ

……。え、マジで? いやそんなこた無いだろ


>>798
……

せめてもうちょい可愛い子に転生してきてくれます?
いや決してオークのメスを侮辱してるんじゃなくて、
そういうのはエルフの綺麗な姉ちゃんだったり一国の姫だったりする可愛い女の子が言う台詞……いやセリフは選べよと言いたいけど
可愛い女の子が言うもんであってその、お前さんみたいなのに言われても俺も一人の男だけどもその、全く興奮しないっつーか……


てか、え。なに? なろうって。こんなろうってこと? 異世界転生? わからねぇ、頭痛が痛くなってきやがってきたぜ……!
というか別に乱暴なんてしねぇよ……ほれ、こんなとこにいねぇで友達んとこ戻んな?

こんなとこいたらそれこそマジもんのに襲われんぞ。特殊な性癖の持ち主とやらとかにさ。ただでさえ世界は広いんだからよ
日が落ちたら乱暴するのが好きなこわ〜いお兄さんだってウロウロし始めるだろうし場所が場所なら


まあ俺はどっちかっつーと可愛い女の子がピンチなところに颯爽と現れるイケメン剣士みたいな立ち位置みたいなとこあるし?


……にしてもさっきのアレ、緑色じゃないシュレックみたいだったな


>>799
ハハッ、おもしれーこと考えてんな
ロマンがあっていいじゃないの。
生きているうちにどれだけのダンジョンを制覇出来るかなんてわからねえけど、俺は応援するぜ

自然に出来上がったダンジョンもあるし、人の手で造られたダンジョンもあったからな。
今もなお自然に出来上がってきてるものもあるかもしれねぇ


未開の地を自分の足で歩いて走破するのはいいぜ
スリルもあるし見たこともない景色を見たりお宝を見つけた時の感情の昂ぶり……アレはもう最高だ
それ相応の危険も当然あるし、死にかけた事も勿論あったがアンタなら分かるだろう。それも含めてダンジョン攻略は楽しいってさ

……まあ、意気揚々と行ってなんもなかった時の虚無感も相応に半端無いんだけど。それも含めての醍醐味だ、ってね


845 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/07/09(Mon) 18:17
イーノくんを我が傭兵軍団に迎え入れよう

846 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/07/09(Mon) 19:52
フアアアア!!(いきなり猛毒の霧を口から噴霧する)

847 名前:イーノ・シングウジ ◆OErIvK4s 投稿日:2018/07/25(Wed) 05:01
ふあーあ……ねんむ、んあー

……なんだよ。こっち見んなよ、こちとら寝起きなんだよ
寝起きでこんなとこ彷徨くな? それは確かにそうなんだけど。いいじゃん? 朝イチで空気を感じたいワケよ俺は

最近あんまり金の入りが良くねぇもんでさぁ。なんか良い稼ぎ所知らねぇ?
なんて聞いてそう簡単に稼げるようなら皆やってるわな……やっぱ何でもねぇわ


>>801
そいつは大変だな! 今すぐ行って退治して報酬がっぽりいただくかあ!!



って思ったんだけどその話いつのやつよ。結構前?
となるともう今駆けても解決してるか偉い事になってるかの二択かねぇ
その話を当時に聞いてりゃ駆けつけたんだけどさ……さすがに結構経ってるようだ

にしても化け猫か。
どんなもんなんだろうな、巨大っつーとこう……ネコってほら、元のサイズ的にこんな感じだろ?
だから巨大ともなるとどれくらいあって巨大なんつーのかなみたいな。やっぱ村人を喰ってたともなると相当のデカさだよな


……(想像してみた)


――おったまげだなオイ。鳥肌が立ちそうだったぜ思わず
で? 今その村はどうなってるのか名無し知ってる?知らないか
あれ以来その村の話聞かないならまあ、そういう事なのかもしれんわな

世界が世界なんだ。こういう事も起こるさ。過ぎた事を後悔したって過去が変わるわけじゃねえ
過去を変えられるなら俺だって喜んで変えに行くさね

……その化け猫が暴れてた所がどこか分かるか? 一応念の為に後で出掛ける時にその辺見に行ってやろうと思ってさ
いなかったらいなかった、いたらいたで討伐しておいてやるよ

既に退治されてたならそれで万々歳だな!


>>802
……。

生憎だが俺に食人の気はねぇぞ
つーかおたくら奴隷人なんだろ? 奴隷人なら使いっぱしりにされてるもんなんじゃねえのか?
俺の知識が古いだけなのこれ? 今の奴隷って食肉加工されるのが当たり前の時代なの?

いや、あんたらんが過ごしてきた所が異常過ぎただけじゃねえのか
悪いが捌くつもりも焼くつもりもねぇぞ俺は。お前たちには帰る所があるんじゃないのか?
初めから奴隷として働かされてたとかそういうわけじゃあないんだろ?


あ、そういう感じのやつだった感じ?
……ごめん軽率過ぎた気がする俺、謝る


けど軽々しくそういう事言うのやめとけって。な?
……可愛い女の子だったら取って食おう、とか考えてねえから。
いやそういうんじゃないから。女に飢えてるとかそういうあれじゃないから。違うから!
青年誌とかによくある女の子とアハハウフフがしたいとかそういうんじゃねえから!
仮にそうだったとしても手出せねぇから! ヘタレだから俺!!!!!!

おかしいな! 俺奴隷相手に何暴露してんだろうな!!!! むしろ俺殺してくれや!!!!



>>804
おっ、こいつぁありがてぇ
ちょうど切らしてたんだよなー砥石。サンキュー

やっぱ剣を使ってる身としてはいくらあっても助かるもんだからさ
これ持ってけるだけ持ってっていいのか? ともすりゃ遠慮って言葉知ってんのかってくらい遠慮なく持ってくけど。


よし、言ったな? じゃあ持てるだけ持ってくかあ


(なお持って行きすぎて道中で幾つか捨てていくのであった)

848 名前:イーノ・シングウジ ◆OErIvK4s 投稿日:2018/07/25(Wed) 05:26
日も上がってきたな
おはようの時間か? そろそろ皆も起きてくる頃合か


>>805
……何、どちらさん?
あんたんとこのつえー剣士だったりする? 聞いたことのない名前だからさ
剣士なら是非手合わせしてほしいもんだ

勿論、俺が勝つ。俺は誰相手にも負けるつもりはねぇからな!
最初から負けるかもなんて心意気で戦おうとする奴なんかいねえだろ?

まあ……キリアの姐さんとか一部例外はいるんですけど。
戦う前から「あっ、こいつは無理だな!」って肌で感じるヤツもいるもんだ
勝つ負けるって話じゃないからアレ。勝負にならねぇっていうんだよ。
勝負にならねぇような戦いは出来ればしたくねぇ。負けイベってやつじゃないんだからさ


で? 名無しの言ってるやつはどうなんだ? それなりに戦えるやつなのかよ?
そもそも剣使うのそいつ? そこからなんだよマジで。
名前も初めて聞いたようなやつに勝てるか? なんて聞かれても俺は勝つつもりだとしか言わねぇぞ


俺はそこらの野郎よりかはやれると自負してっからよ


>>806
……近くの小屋でボヤ騒ぎがしてっから何事かと思って寄ってみりゃこれまたすごいことして強引に消火してるな
ああいう強引なのは男の子の特権だってな。いいじゃないの


で、なんであんなの使うハメになったわけ? 何どういう悪いことしたの?
火遊びするにしたってもちっとこう、あるじゃん?


……火属性のエンチャント付けるつもりが間違えて普通に魔法パナしちまったって話?
バカじゃねーのか! 近年のドジっ娘でもそんなドジ踏まねえぞ!

>806がいたおかげで……ってお前自身がやらかしたのかよ!
完全に自己解決してんじゃねえか! なんだよお前、何なんだよ!
一瞬やるなぁお前って言おうと思ったけど言わない事にしたわ!

朝からなんでこんなツッコミせにゃならねぇんだよ……


>>809
そうだ!
いついかなる時でもそういう心意気は大事だぜ、俺もそうだ
道中で宝箱を見つけた時にはその場で足踏み何回かしてから手を合わせてだな、神引き神引きとか祈ってさ
よくレアなアイテムが入ってることを祈るんだ。よくやるだろ? 祈りのしかたは人それぞれだろうけど

最近俺らが拾ったのはなんだっけな、なんかのネックレスだったか
アンチドート効果のある代物だったような気がする。記憶は曖昧だけど

毒に対する耐性も上がるブツみたいで汎用性のあるモノ拾ったなって今ではラッキーだったなって
でもほら。やっぱ宝箱っつったらこう……世界に二つもないようなお宝が入ってねぇか期待しちまうよなー


だけど洞窟だとかダンジョンに眠ってる宝箱の中身って大抵しばらく先の目的地のショップに売ってるような装備品だったりすんのが


……メタってなんだよ。なんだよその顔


>>810
……?
あんたの知り合いか?
世界は存外狭く感じることってあるよな
それがこういった友人と思わぬ再開したときだったりするよな


俺にもそういう奴がいてさ。今どこで何してんのか知らねえけど
けどもまあ仲が良さそうでお兄さんは何よりだ


で、俺帰っていい?

849 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/07/27(Fri) 00:17
夏に威力がアップする火炎魔法を喰らえ

850 名前:イーノ・シングウジ ◆OErIvK4s 投稿日:2018/08/06(Mon) 00:36
ん〜〜〜、いやあ今日の夜はいい風が来てて素晴らしいじゃないの
空も見上げりゃ満天の星空よ。こういう時にこそ、ゆっくりと酒でも飲みながら話に花を咲かせるべきじゃあないか?

酒場の皆に飯でも奢りながらとかが一番盛り上がりそうでいいと思わねぇ? ……そんな金持ち合わせてねえけどさ

っつーことで。よう、元気か?


>>811
ほほーーーん、雨のように矢を降り注ぐ技かい
こういうのって傍から見てりゃ綺麗だなあ、なんて暢気に見てられっけど
やられる側からしたら面倒でたまったもんじゃないよなあ。あんなん一つ一つ避けてらんねぇわけだろ?

となると俺の取れる手段は大人しくその場で弾いて自衛する事くらいしかできねぇわけでさ
その隙を作られたらもう、お手上げ侍ってワケじゃん?
――いや、少し強引に何とかするなら……被弾覚悟で全速前進?

ほら。頭とか致命傷で済むような箇所に矢ァ受けなきゃいい話だし……だめ?

ダメっスよねやっぱ。
やっぱ遠距離攻撃が得意な連中には不利ついちまってんのがダメだな……
近接戦闘なら負けねぇけど。やっぱそうならない為に先手必勝で決めちまうか、不意打ち狙うしかないのでは?

……いや、不意打ちは騎士道精神に反する以前に俺の魂がそれすんなっつってるな


>>813
そうそう。こういう夜空だってのに関係なくあーいったアンデッドが彷徨ってんのが怖いんだよなぁ
名無しも考えてみてみ? やむなく野宿することになったけど、そこで突然ゾンビを目にしたときどうよ?

俺なら間違いなくビビる。ビビるし思わず三歩くらい後ずさる。違いねぇ

いやしかし……あの動き、嫌だねぇ。実害が増える前に今確認できる数全部片付けるとすっかぁ
あーいうのは首切り落としときゃ何とでもなるもんだぜ多分


……生憎あーいうのを浄化してやれるような術みたいなもんは扱えないもんでさ
というか俺魔法とかの類がこれっぽっちも扱えないんだよ。そうよポンコツだよなんか文句あっかオラ
かと言って聖なる剣を持ち合わせてるわけでもないから大人しく首を落としてやるしかないのさ

オラ、名無しはあぶねぇから帰るか下がってな。
俺のソードが火を吹くぜオラオラ! 火属性のエンチャント付けてるわけじゃねえけど!


>>818
ふむふむ。お前さんも苦労してたんだな
二年前、何があったかなんて聞かねぇさ、野暮ってもんだからな

そんなお前も今じゃ立派な道具屋の店主かい
いやあよく頑張ってそこに立てるまで努力したな。尊敬に値するぜこりゃあ。
特にこれといって目標らしい目標を立ててたわけでもなく世界を歩き回ってた俺らとは違うぜ


でもさ。一ついい?


お前の体、どこやった? 幽体でそうやって商売してっと不便じゃねえの? つっこむとこそこじゃない?
この先の峠越えた場所ったら……あー、あそこか。
割といいところに墓建ててもらったな、いいじゃん。あの辺から見渡す景色って存外好きなんだよ俺
てかあんたがこうやって商売してんのは別に俺はいいんだよ。直接あんたに何かされたわけでもないし
というか今さっきやりとりしたし。この道具。

でもここらの住人ってあんたがその、そういう存在だって分かってんのけ?

あー、いやこれこそ聞くのは野暮ってもんか。
やっぱ何でもないわ。あんたが今生活してることに満足してるなら、それでいいんじゃないか。頑張れよな

851 名前:イーノ・シングウジ ◆OErIvK4s 投稿日:2018/08/06(Mon) 01:09
思えばここまで長かったな


ははっ、何。ふいにそう思っただけさ


>>820
おっ、となると俺のステータスはものすげぇ事になっちまうぜ?
これでももう実質10年近く旅をしてきたからなー

それでもまだこの世界を知り尽くすことは出来てないんだなこれが。ほんと、広いよなあこの世界は
今まで歩いてきたこの旅路の中で走破してきたダンジョンももう数知れずったらありゃしねぇもんさ

今までの軌跡、っつって書籍出す?!
……いや、俺字書くの苦手だしそもそも語彙力ってぇのが皆無なもんだからそれはねぇな

にしてもダンジョンの数、ねぇ
考えてもみりゃどんだけ攻略してきたんだ俺ら。
記録してきたわけでもねえから確認しようにもちょっと……なぁ?

リゥかエルのどっちか記録っつって日記みたいなん書いてねぇかな……


>>821
おおっとと。いやあ相変わらず物騒な名無しも多いこって
これもまあ恒例といえば恒例なもんで慣れたもんだな!

危ないから人に向かってそういう技ぶっぱなしてくるのはやめなさいよ! 怪我したらどうすんだ!
しかも夜遅くにこんな派手な技なんて決めてきおってからに

あんまりやりすぎちゃうと峰打ち決めちまうぞー。峰打ちといえど痛いもんは痛いぞアレ

……でもあれだな、ビジュアル的な意味合いではちょっといいな
こう、なんだ? 「おりゃあ!!」つってさ。こう……さっきの感じでドドドドー!! みたいな


……ガキみたいな説明だって? 喧しいわ。かっちょよかったもんはかっちょよかったんだよ
俺も必殺技名みたいなの考えるか〜〜〜!!


難しいのとカッコよさげな文字組み合わせてさ


>>823
おお、なんかよく分からんがサンキューな名無し


でもごめんな。俺、魔法は扱えねぇんだ……
代わりといっちゃなんだけど俺のお仲間さんにちょうどこの魔法が似合いそうな奴がいるもんでさ。
そいつに教えとくから!

で、どう唱え……あ、ここでぱなそうとすんのはやめろよ!
そう、あー……あったあった。この紙にどう詠唱すんのか書いておいてくれよ。それをそのまま教えてくるからさ


にしても空から無数の爆撃? してくるたぁやばそうな魔法だな
威力とか範囲とか実際に見てみねぇとどんなもんかわからねぇからコメントに困るんだけどさ
かと言って今唱えてみてくれとは言わねぇよ? あぶねぇから

仮に明るい時間帯で、且つ見晴らしの良いところから見える丘の上に城があるような場所に向かってソレを使うならまだしも
こーーーんな何もねぇところに……ましてや近くに人里もあるんだしぶっぱなすやつの気が知れねぇからなあ!


そういうわけだからよ! その紙にどう唱えるかだけ書いておいてくれよな! ありがたく覚えさせてくっからそれ!


>>826
……分かるわ
なんかよくわかんねーけどどういう仕組みしてんだろうなあアレ
ちょうど次の街に着く前に寄ってくダンジョンでもたまーに宝箱ん中が装備品だったりすんだけどもさ
それが次寄った街にPON!と売ってたのを見ると何とも言えねぇ表情になっちまうんだよな

まあ、その時に装備してるモンが拾ったそれや、
売ってるそれと比べてマシだったりまだ使えるような代物だったら拾った装備品を売りゃいい金にはなるから時々ラッキーって思うワケ
つってもなーんか胡散臭ぇと思うところが多々あるっちゃあるけど、
こういうのって詮索するだけ無駄だったり詮索しない方が良かったりするんだろうな。知らねえけど

俺たち冒険者や旅人サンらからしちゃあ大分ありがたいわけだし? 助かるだろうからいいっちゃいいんだけどさ
アクセサリー関連で俺もよく世話んなるからよ

こう、装備するだけで勝手に力がみるみるあがってくような便利なアクセとか
状態異常無効にしつつ耐久と力が増えるような、便利なアクセ……売ってねぇかなあ


……そういうのはやっぱ拾いにいくべきなんだろうな。世間一般的には。それかクソほど値段するか。もしくは伝説級のシロモノか、ね
おーやだやだ。今使ってるのでも充分やっていけることに感謝しねぇとな


で? あんたは街に着く度散財してでもその街で売ってる一番高価な装備で固める口だったりするワケ?

852 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/08/07(Tue) 17:54
疲れだだろ?ブランデーでも一杯どうだい?

853 名前:ディオン・アシャール ◆OVWTzIlA 投稿日:2018/08/08(Wed) 00:38
こんにちは、お久しぶりですね…?
フフ…そうがっかりなさらないで下さいよ。私はいつでも…貴方がたを見ておりますからね……
ところで返答のスタイルを少し変えましょう。私は元より長いのでね…フフッ

>>820
濁点を消して考えればよろしいですか?ふふ、さっそく可愛い姿を見かけてしまいましたね
そも、攻略…とは、どこまでを攻略というのでしょう…?
通りぬける事ができれば、攻略ですか?
ダンジョン内すべての魔物を倒せば、攻略ですか?
或いはすべての宝を奪い尽くせばよいのでしょうか…
……フフ、ダンジョンは常に成長し続けます。そう、冒険者の数だけね
強き者はより強い試練を求める。試さずにはいられない…求めずにはいられないのですよ。
誰が為とはいいながらも、己の力を誇示する場が欲しいのです。だからダンジョンも…より大きく育つ…

…私が作り上げたダンジョンは、果たしてどれほどの冒険者を呑み込んだのでしょうねぇ…


>>821
ドラゴンゲイル…なるほど、引っ掻き攻撃ですか
酷く地面を抉っていますね…ふふ、良い威力です

………。

その力、お借りしてもよろしいですか?
大丈夫です。少し、貴方の力を頂くだけですから……(怪しく輝く右手にある傷を翳し…)


>>823
爆撃魔法――なるほど、面白い魔法ですね
詠唱により連絡が取れるのですね?ふふ、空の上には誰がいるのでしょう?気になりますね
しかしながら私には似たような魔法があるのですよね…俗にいうメテオなんですが…
私のそれは任意で追跡しながら降らせることができるので、他社に任せるよりは命中率が良い様に思います
ああ、しかしながらその魔法も良いと思いますよ?ええ、魔術の構造は有り難く頭に入れておきましょう


>>826
ふふ、新しい町に着く度、あなたにとって真新しい装備が売られているのですね?
まるで貴方の成長に合わせたかのような…
絶妙なタイミングで、売られているのですね…?
ふふふ……

…フフ、そう思えるだけですよ。きっとあなたが幸運なのです(にこ


>>829
巨大魚を倒して食す…ほぅ。
よほどの腕利きのようですね?それに加え、グルメなのですね
湖は足を取られたらお終いです。心してかかって下さい
澄んだ水の中に潜むのが、何も巨大魚だけとは限りませんから…ね


>>830
やはり相当好かれていますね、あの方…(遠目に現場を眺め)
此処から窺うに、あの鉈…切れ味が悪そうですね
ということつまり、苦しませる目的があるようです
簡単には死ねない武器というわけですよ

ふふ、好かれてますねぇ〜(にこにこ


>>832
そうですね、というよりは作っているといいますか……
まぁ、たまに、なんですけどね?
定期的に放出しないと身が持たないので…彼らの住処を提供する為でもあるのですが……
(右手の平見つめながら)

……あぁいえ、此方の話です。どうぞお気になさらず


>>835
竜殺し…ほう、それはよかったですね
大剣ともなれば、筋力が必要とされるでしょうが…その喜びようであれば、きっと問題なさそうですね、ふふ
ああそれとも、手に入れただけで使われる気はなかったりしますか…?
中にはコレクションにする方もいるようですからね…それはそれでいいと思いますが、
保管するにしろ装備して使うにしろ十分に扱いには気を付けて下さいね


>>839
ダークナイト…ですか(顎に指を添えて少し考え)

……いいでしょう。ですが、あなたにその素質があるかどうかを見極めさせて下さい
闇の力を扱うには闇を支配できなくてはなりません。
あなたが己の感情に従順であればある程、あなたはすぐに自分の闇に呑み込まれてしまいます
自分の感情をコントロールできるようにならなければ、それが決定的な弱点になる、ということですよ
ではまず、近くの街へ行ってみて下さい。そこで最初の試練が待っています

…貴方の人生で恥ずべき行動やその中二病心が酷いことをその街に広めておきました。
住民からはきっと痛い視線と聞くに堪えぬ声が飛んでくるはずです
彼らの感情が高ぶるようにも仕向けておきましたので…。
さぁ、耐えてみて下さい。あなたのダークナイトへの思いがそれに勝ることを祈っておりますよ…?

854 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2018/08/15(Wed) 18:27
危険すぎる暑さ

掲示板に戻る 全部 前 50 次 50 1 - 50 最新 50 スレ一覧
名前: E-mail(省略可)

read.cgi ver.4.21.10c (2006/07/10)