掲示板に戻る 全部 前 50 次 50 1 - 50 最新 50 スレ一覧

【オリジナル】異国小路の吸血姫 新館ノ参

1 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2018/02/19(Mon) 10:26
今なお寒さ厳しい冬でございますが、陽脚は日々伸びて、日なかに於きましては温かな陽気もまた空より降りて、陽光を身に浴びる楽しみを時に感じる季節でございますね
春は未だ来ずと言えども、家族や友と過ごす日々に心安らぐこと多い日々を過ごさせていただいております

わたくし、イタリアより参りました吸血鬼のアーチェロ・カルミーニオと申します
お蔭をもちましてこの度、ここに新館ノ参を立てさせていただきました
何卒よろしくお願いいたします

(過去スレ)
【オリジナル】異国小路の吸血姫 新館ノ壱
http://www.10ch.tv/bbs/test/read.cgi?bbs=narikiri&key=461367355&ls=50
【オリジナル】異国小路の吸血姫 新館ノ弐
http://www.10ch.tv/bbs/test/read.cgi?bbs=narikiri&key=478946904&ls=50

以下、お願い申し上げます

壱.sage進行でお願いいたします。
50以下に下がりましたら、適宜ageさせていただきます。

弐.わたくしとわたくしの家族、ご近所、友人の方々がお話をするスレッドでございます。
世間話などしにお出でいただけたら嬉しゅうございます 。

参.キャラハン(吸血鬼関連もしくは場に合わせたオリジナルキャラクター)もご参加いただいてけっこうでございます。
SF系の方はご遠慮願います。
 キャラハンを続けてくださる方は、初お目見えの際に、大まかでけっこうですので自己紹介くださいませ。
名前「     」
性別「     」
容姿・服装など「     」
備考「     」
また、トリップをお付けくださいますようお願いいたします。

なお、わたくしのプロフィールにつきましては、『新館ノ弐』の途中で少し付け加えましたので、それに依り以下の通り自己紹介させていただきます

名前 「正式名称は『アーチェロ・ディ・カルミーニオ=ミズリーナ』でございます。
わたくしの生まれ育った領地は中部イタリアにございますが、北部イタリアにも領地をたまわっておりました。
その地にございます『ミズリーナ湖』が大変美しいと先祖がたいそう気に入って、そのまま名前に付けました。」
性別「女性でございます。」
容姿「身長168cm。体重0〜53kg(『実在のレベル』を変えることで体重も増減するのです)。B85.W55.H82。
髪型はストレートロングの銀髪でございます。
総じて、日本で『外人』とよく言われますところの西洋白人の容貌でございます。
吸血鬼らしい身体的特徴としては、口内の鋭利な牙と必要に応じて背中より出しますコウモリ型の翼がございます。」
年齢「外見の年の頃は17歳、人間で申せばそれくらいの外見でございましょう。
本当の年齢は…、500歳代後半でございます。」
服装「和装が好きで、学校へ参るとき以外はいつもほぼ着ております。
季節に合わせた色柄を着ますよう心掛けています。
籍を置く学校の制服は、ワインカラーを基調としたブレザーです。」
備考「故郷の城館では貴族の娘として暮らしてまいりました。
長らく日本に恋焦がれ、父の反対を押し切って出奔してまいりました放蕩娘でございます。
日本の皆様に初めてご挨拶したのは、平成26年(西暦2014年)師走の初旬でございました。
以後、転居をしつつも皆様方に良くしていただき、今日に至っております。
同居している家族は、メイドとしていらしてくださいました羽藤柚葉さん、故郷より後を追って来てくださったメイドのレイナさん、それから見習いメイドのコウモリ三姉妹がおります。
日々、近隣の男女共学校に通っております。」

四.基本『日常系』とさせていただきます。
 バトルは、もしございましても日常の中の点描の範囲内にとどめ、引っ張ることの無きようお願いいたします。

五.誹謗中傷、過度に攻撃的なご発言、セクハラ等はご遠慮ください。

六.荒らしと思われる発言は無視なさってください。

七.同じ質問や話題の繰り返し、単なる個人的な事情の呟き、意味不明の発言等はお控え下さい。

八.キャラハンであるか否かを問わず、ゲストの方同士の過度な交流(クロストーク)はお控えください。

九.他の方の話題や質問に乗るのもお控え下さい。

十.10ちゃっとの規約を破る行為は厳にお慎み下さい。

十一. お約束事は、必要に応じて随時追加させていただきます。

ご質問に答えにくい場合や記憶違いもあるかもしれませんが、それにつきましてはご容赦ください。

いろいろとお願い申し上げましたが、基本的にこれまでと同じくのんびりと参れましたら幸いに存じます
何卒よろしくお願い申し上げます。

648 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/06/17(Mon) 09:16
>>646(柚葉さん)

>ソフィーちゃんはマグカップや普通のコップでお飲みになっている辺り、個性が表れていますね。

ソフィー様って、見るからに可憐なお嬢様でいらっしゃるのに、ライフスタイルはなんと申しますか割とカジュアルでいらっしゃいますね
血をいただくときもジョッキやコーラ瓶をお使いになるときもありますもの
これからの季節は凍らせてアイスバーになさる頃合いでしょうか
冬は徳利で灯様がお酌をなさったりしそうです

そうそう、わたくしを描いてくださった美術部員の方がお礼にと仰って、夫婦湯呑をくださったのでした
有田焼の「燿変辰砂」…、こんな見事な色が出せるのかというほど驚きの紅でございます
有名な陶工の作ということでたいそうな高級品なもので、遠慮申し上げたのですが、
「禁血している貴女に無理を言って古典的な吸血鬼のポーズをとってもらったことへのお詫びだから受け取って。
 貴女のメイドさんもきっとあまりいい心持ちじゃなかったと思うし。」
と仰るので、ありがたくいただきました
わたくし血を見るのは嫌ですが、紅の色は好きでございますから愛用させていただこうかと存じます
柚葉さんと二人でお茶をいただくときに、ぜひ

>あのケーキが結局どうなったのか気になりますね。
>やはり、灯さんが召し上がったのでしょうか?

きっとそうですね
あるいは、ひなた様もご一緒にいただいたのかも知れません
ひなた様は、弟さんのおやつを食べてしまったお詫びにお家に持って帰られたら喜ばれると思いますわ


649 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/06/17(Mon) 09:16
>>647(柚葉さん)

>このお屋敷は神聖な場所ですし、屋敷神様を含めて多くの方のご加護を受けておりますから
>きっと心地よく過ごして頂けるのではないかと。

神聖な場所…、そうなのですよね
多くの神様のご加護を受けていることを家主として肝に銘じておかねば、同じく聖なる仙狐様を歓待する資格もございません
神棚への毎日のお祈りもいっそう感謝を籠めて行いましょう

以前故郷のメイドの中に送った手紙に
「神様のご加護をいただいて毎日平穏に過ごしているから安心してね。」
と書きましたら、
「我等を長きにわたり責め苛んできた者どもが奉じる『神』と友誼を結ぶなど、何をお考えですか!?」
と返書を寄越されまして、自分の迂闊さを呪いたくなりました
日本の「神々」が彼女の言う「神」とどう違うか、さらなる返書で縷々説明いたしましたわ

…柚葉さんの想い人の神父様のことはまだ軽々に知らせられませんね
お母様がヘンな風に吹聴しないと良いのだけれど

>でも仙孤さんをおもてなしするとしたら、和食では年季が違い過ぎて私の技量ではとても及びませんから
>洋食でおもてなししてみたいですね。

仙狐様は洋食については、やっとグラタンをマスターなさった段階ですよね
中野様のためにも、柚葉さんから洋食の料理法を学びたいとお考えになるのではないかしら?
柚葉さんと仙狐様が並んでキッチンに立つ姿、きっととても和やかな情景となることでしょうね
ぜひ見てみたいですわ

>それにしても、日本の狐の神様は受けた恩を忘れずどんなに時を経ても
>それを返そうとなさる義理堅さと情の深さをお持ちの方が多いですね。
>仙狐さん然り、または「鈴ノ瀬」という街にお住まいの天狐空幻さん然り。
>狐の神様の日常のお話は、私も昔から大好きなのですよ。

天狐空幻様…、確か「我が家のお稲荷さま。」のヒロインでいらっしゃいましたか
三女ちゃんに付き合って少しアニメで拝見した覚えがございます
とてもフランクでやんちゃな御方でしたわね
ほかにも「ぎんぎつね」や「いなり、こんこん、恋いろは。」、いずれも稲荷神社を舞台に神様と人間との交流が描かれるアニメもございましたわ
狐神様と人間との長い交流の歴史は、魔族であるわたくしにもとても興味深く憧れを抱く物語ございます

そうそう、三女ちゃんから教えてもらったのですが
人の世にあってはかなりの昔、1990年代初めにこれもまた妖狐の恩返しの物語「やまとなでしこ妖怪変化」なる漫画作品があったそうございです
主人公が昔助けてあげた狐の女の子が成長した彼の下を訪れ、一意専心恩返しに励むというラブコメでありますとか
まさに仙狐様のアニメの先駆けと申せましょうか
残念ながらコミックス未刊行であったところ、ただいま作者の方がKindle化を目指していらっしゃるそうでございます
その作品の一部は、作者様(花石真羽(貴城輝))のブログで公開されております
とても可愛いヒロイン「狐都奈(ことな)」様…
わたくしとしてもコミックス化の行方をしっかりと見てまいり、その素敵な恩返しの物語をいつか読みたいと切望いたしております…

>近隣の監視カメラの映像なども踏まえて、この街の婦警さんを通じてきちんと報告はしてあります。
>恐らく数日後には警察の方が身柄を拘束しに来られますから、そのつもりで。

あらあら…、あの方結局逮捕されてしまいましたか
柚葉さんのご処置こそ、住民の皆さんのため、そしてご本人のためにもよろしいでしょう
婦警様のご詮議は厳しゅうございますからね、さぞ胆を冷やされることでございましょうね


650 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/06/18(Tue) 06:38
きつねさくひんをみてやるぜぇ…
座敷娘と料理人にもきつねでてくるよ
きつねにさわりたかったらキツネ動物園だ!

651 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/06/18(Tue) 14:09
羊羹のおすそ分けに来ました
抹茶の羊羹と小倉の羊羹一本ずつです

652 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/06/18(Tue) 21:44
妖怪もふもふ天国を作りたいと思いませんか?
アーチェロさんなら皆と仲良くなれそうですね。

653 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/06/19(Wed) 23:01
>>650

ありがとうございます
貴城輝先生は、きっと大勢の方に人間と異種族の交流の物語を読んでもらおうと頑張ってくださっているのです
妖怪変化と呼ばれ人間に恐れられる存在とも手を繋ぐことができる
そういう可能性を示してくださる先生には、わたくしも感謝申し上げているのです
貴方様がそうした願いに応えてくださるのでしたらとても嬉しゅうございますわ

そして、「座敷娘と料理人」教えてくださり、とっても有難うございます!
ステキな物語ですね
ここに出ていらっしゃる「座敷娘」様は、我が家の屋敷神様ととても似ていらっしゃいます
小さくて愛らしくて人懐こくて、そして美味しいものは本当に嬉しそうに召し上がるのですもの
と申しても、我が家の屋敷神様を満面の笑みにしてくれるのは、わたくしではなく我が家のメイドさんの手料理ですけれど
あの主人公の方が姫様を大事になさるお気持ちも分かりますわ
ああいう優しいお心をお持ちだから、ちょっと意地悪そうに見えた稲荷神社のあの方とも仲良くなれるのでしょうね

キツネ動物園というのは、「宮城蔵王キツネ村」のことかしら?
たくさんのキツネさんがいて、モフモフが存分に楽しめるところと噂には聞いております
ですが、我が家の周囲にもモフモフの動物さんはたくさんいるのですよ?
ハクビシン、タヌキ、アライグマ、イタチ…、そういえばキツネさんはまだ見ていませんけれど
この動物たちはわたくしの傍に来ると、わたくしの「魔気」を受けて人間の女の子に変化するのですよ
貴方も彼女たちに会える機会があるかも知れませんよ?


>>651

まあまあ、これは美味しそうなお菓子をどうもありがとうございます
どうぞどうぞ、お上がりになってくださいませ
お茶をお入れいたしますわ
実は我が家でもオレンジを使った鳴門羊羹をいただこうと思っていたところですの
3色合わせてとっても煌びやか
我が家は女所帯でみんな和のスイーツは大好きですの
どうぞご一緒下さいませ

この舌の上で蕩けるような深い甘み…、優しく心を慰撫してくれるような落ち着いた滋味…、緑茶と一緒にいただくことで溶けだした甘味は口中をしっとりと満たしていきますわ

これから暑さが増してまいりますと、水羊羹の季節ですわね
今年は自分でオリジナルの水羊羹に挑戦してみたいと思っております
美味しく出来ましたらお裾分けいたしますわ


>>652

「妖怪もふもふ天国」ですか?
それは、もふもふな妖怪さんが一堂に会するお祭りのようなものなのかしら?
たとえば、九尾の狐様、すねこすり様、野衾(のぶすま)様または飛倉(とびくら)様といわれる方々とかでしょうかしら?
たしかに、そういった方々がいらしてくださってその中に体をうずめることが出来たなら、確かにとっても気持ちよさそうですわ

…ですが、中野様のところにいらっしゃる仙狐様にしても誰彼かまわずしっぽをモフらせるわけではありませんよね?
あれはモフられる方にとってもかなり刺激が強い様ですから、相手が信頼のおける方だからこそ身を委ねさせているのでございましょう

「もふもふ天国」を作りたいなら、まず妖怪、魔族の方と互いに信頼できる関係を築かねばならないかと存じますわ
巷間よく言われるように、たとえば吸血鬼と人狼との間でも時に緊張を孕んだりすることもございます
モフモフの快楽を優先して相手に触れようとすると上手くいかないでしょう
己を偽らず相手を知ろうと努め、友好を態度で示し合い、心通じるを喜びとする、そうした積み重ねがあってこそモフモフの醍醐味が味わえるに違いございますまい
わたくしももっと日本の妖怪変化の方々と仲良くなってまいりたいですわ


654 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/06/22(Sat) 18:20
ヴァンパイアは血が美味しいと思っているのかな?

655 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/06/22(Sat) 22:01
>>654

禁血している身としましては、血の味に関する質問はちょっと困るのですけれど、お答えいたしましょう
人間の血の味は個々人により違いがございます
極上の甘露、魅惑のこく、舌の上で広がる美味に例えようのない味わいを感じる場合もあれば、逆に些か喉を通すのに思い切りが必要な場合もある、
わたくしにとりましてはそうでしたわ
飲むのを渋ると
「好き嫌いを言っていると大きくなれませんよ。」
とメイドさんからたしなめられますので、残したりはいたしませんでしたが

そしてまた、同族であっても血に対する愛着には濃淡がございますわ
「一日たりとも血を飲まずにはいられない」という者も居れば「週一回も飲めればけっこう」という親族もおります
親御さんの中にも、血を飲みたがらない我が子のために血にシロップを足したりクリームを落としたりして、飽きの来ないように工夫している者が見受けられますわね


656 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/06/22(Sat) 22:44
血を飲まないと力が尽きて死んじゃうとか創作物のイメージであるけど
そんなにバラバラなんだね

657 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/06/23(Sun) 06:29
>>656

仰るとおりでございます
吸血鬼も多々の血族がございまして、それぞれにお食事の取り方も違っておりますわね
わたくしたちの一族は、生まれてから成長期の間は血をいただかねば命長らえることができませんが、同時に人間同様の料理を嗜むことが出来ます
有名なソフィー・トワイライト様のように血以外のものは受け付けない、という方々も大勢います

故郷の城館で他族との交流の場を設けることはしばしばございましたが、厨房の者は宴の席に何を出したらよいか、相手の食性を十分把握しておかねばなりません
相手によりましては自分専用の「献血係」の人間を連れてくる場合もございます
それとは別に人間と同様の料理もお召し上がりになるということもありますから、ホスト側としてはその辺りをきちんとわきまえて御もてなしいたすのですよ

そういえば、ソフィー様のお知り合いの方がインスタに誕生日の写真をあげていらっしゃいましたが、ケーキをちゃんと用意されていましたわね
ケーキの上ですごい数のろうそくが燃え盛っていましたけれど
あのケーキはお食べになったのかしら?

658 名前:羽藤柚葉 ◆cmJTqYfU 投稿日:2019/06/23(Sun) 19:16
>>648
>>649(アーチェロお嬢様)

>そうそう、わたくしを描いてくださった美術部員の方がお礼にと仰って、夫婦湯呑をくださったのでした
>有田焼の「燿変辰砂」…、こんな見事な色が出せるのかというほど驚きの紅でございます

まあ、綺麗な湯呑ですね。
夫婦湯呑…。私とお嬢様にですか?
もし美術部の部長さんがお屋敷を訪れる機会があれば、お礼を兼ねて是非歓待したいですね。

ええとその…私自身も決して部長さんに悪い気持ちなどは持っておりませんから…。
誤解があるようでしたら、一度謝りたいですね。
では今夜の食後に、是非使わせて頂きましょう。
ふふっ…。楽しみですね。(微笑)

>日本の「神々」が彼女の言う「神」とどう違うか、さらなる返書で縷々説明いたしましたわ

ああ…西洋と日本の「神」に対する考え方の違いによる誤解が…。
日本人でもある程度の見識が無いと説明は難しいというのに、それらを説明し尚且つ理解を得るために
苦労されたお嬢様の心中、お察し致します…。

私がお慕いする方の事も考えると、お嬢様の故国を訪れる日は当分先になりそうですね…。
でも、共に時間をかけて努力致しましょう。

>「やまとなでしこ妖怪変化」
少し古い漫画ですが、このような作品があったのですね。
どちらかというと、当時の少年漫画的なデザインですね。
こちらの作品のヒロイン「狐都奈(ことな)」さん…。
可愛いというより、「格好いい」というイメージですね。
愛する殿方を命がけでお守りするお姿…同性でも憧れてしまいます。
私の家族と共に生きてきた、浅間サクヤさんを髣髴させるものがありますね。

でも昨今の狐神のヒロイン達は、仙狐さんや天狐空幻のように「癒し」のイメージが主流ですね。
加えて日常を共に生きる事の喜びが、それらをより高めているのでしょう。


659 名前:羽藤柚葉 ◆cmJTqYfU 投稿日:2019/06/23(Sun) 20:22
>>650
>>653
あら、こちらにも狐さんの作品を愛する方が…。
共に同じ作品を愛でられるのは、良いものですね。

「座敷娘と料理人」素敵な作品を紹介していただき、有難うございます。
こちらにも狐の神様が登場するのですか?
今のところ、2巻までが発売されているのですね。
未読のまま巻数を重ねない内に、読んでみましょう。

>我が家の屋敷神様を満面の笑みにしてくれるのは、わたくしではなく我が家のメイドさんの手料理ですけれど

まあ…お嬢様ったら…。(微笑)
でも、お嬢様がレイナさんと共にお作りになった本場のピッツァを屋敷神様は大いに喜ばれていましたね。
確かに私の方が仕事柄、お料理を作る機会が多いのは必然ですが
誰かのために作ったお料理に込められた心と、それがもたらす喜びは同じですね。

美味しいものを召し上がって頂きたいという心と、それに対する感謝と喜び…。
食卓は、種族も人も超えて温かな絆を育む最高の場所なのですから。

>キツネ動物園

やはり仰っているのは、「蔵王キツネ村」の事ですか?
私自身まだ行ったことが無いので、実は動画で堪能しているのですよ。
でも今回のように狐神様の談議で盛り上がっている内に、一度行ってみたいという意欲が湧いてきましたね。
一度、お嬢様とも相談してみましょう。

>>652

仙孤さん、天狐空幻さん、すねこすりさん、その他もふもふのイメージの神様、
妖怪さん達がお集まり頂けるのなら、たしかに「もふもふ天国」ですね。
お嬢様が仰られているハクビシン、タヌキ、アライグマ、イタチの皆さんが訪れている時には、
このお屋敷も一種の「もふもふ天国」でしょう。

機会があれば家人一同で腕を振るい、ご満足頂けるよう頑張りたいですね。
その上で、もふもふを堪能することを許して頂けるのでしたら正に「もふもふ天国」でしょう。

勝手な妄想ですけど、仙孤さんは共にお料理作りに参加して頂いたり、
天狐空幻さんは「飯はまだか?」と言いながらも出来上がるまでの間周囲を盛り上げたり…。
本当に楽しくなりそうですね。

お嬢様が仰るように、このお屋敷が種族を超えた憩いの場となるようこれからも尽力させて頂きます。

>>654
>>655(アーチェロお嬢様)

この質問は、お嬢様の答えを参考にさせて頂くしかないですね。
やはり味は、十人十色なのですね。
そして吸血鬼の方にも、必要とするかしないかには個人差が御有りなのですか。

個人的には、吸血鬼の方に美味しそうと思って頂ける血の持ち主でありたいですね。
そのためにも日々の健康、お食事、美容には気を付けていかなければ。
…無論、余程の事情が無い限りお嬢様以外の方に私の「贄の血」を与える気は毛頭ありませんが。

>>656
確かに私も以前は、人が水を欲するように吸血鬼の方も血を欲するというイメージがありましたが
必ずしもそうではないようですね。
お嬢様が「禁血」なさっているように、血に対する渇望を抑えられるかどうかにも
個人差があるのですね。
以前紹介して頂いた「エターナルメロディ」のヒロインのティナ・ハーヴェルさんも
吸血鬼の人格が目覚めたとき以外は渇望を抑えられるようになった方もおられるようで、何よりです。

ただ、人の血を欲するという事はそこに「命」に関わる境界が少なからず存在するという事…。
お嬢様の御身を心配すると同時に、「禁血」がどれ程深い意味を持ち、並大抵の事ではないかを
共に暮らす中で少しずつ理解しております…。


660 名前:羽藤柚葉 ◆cmJTqYfU 投稿日:2019/06/23(Sun) 20:33
>>651

ようこそお越し下さいました。
まあ…羊羹の御裾分けですか?
お嬢様は、和風のスイーツに目がないのですよ。
無論、私たち家人一同もですが。

では私は早速、お茶をご用意させて頂きますね。
リビングで今暫くの間、お待ち下さいませ。

どうぞ…。それからこちらは我が家のオレンジを使った鳴門羊羹です。
持参頂いた羊羹と共に、召し上がって下さいませ。

私とお嬢様の湯呑が気になりますか?
はい、実は先日、お嬢様の学校の美術部の部長さんに頂いたのですよ。
お嬢様とお揃いという事で、わざわざ気を使って頂いて…。
お陰様で、よりお茶の時間が楽しみなものになりました。

ご馳走様でした…。
素敵なスイーツを頂いたお礼に、次回はオリジナルの水羊羹で是非ともお礼をさせて頂きたいですね。
お嬢様と共にご満足頂けるものを作れるように頑張りますので、今暫くお待ち下さいませ。
近い内に、足を運ばせて頂きますね。




661 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/06/25(Tue) 23:07
>>658(柚葉さん)

>ええとその…私自身も決して部長さんに悪い気持ちなどは持っておりませんから…。
>誤解があるようでしたら、一度謝りたいですね。

よかったですわ
柚葉さんから部長様に仰っていただければ、彼女も安心なさるでしょう
わたくしとしても、柚葉さんのお気持ちに影を落としたのでしたら申し訳ありませんから
わたくしとしてはとても恥ずかしいのですが、もし完成した絵をご覧になって、気に入られたならそう仰って上げてくださいな
わたくしには、自分があの絵のように華麗で耽美だとはとても思われないのですけれど…

>日本人でもある程度の見識が無いと説明は難しいというのに、それらを説明し尚且つ理解を得るために
>苦労されたお嬢様の心中、お察し致します…。

いえいえ…、日本の神様方とはとても良い出会いをいただきましたから、その歓びを伝えたのですよ
屋敷神様、土地神様、京都のお社の皆々様…
わたくしたちが礼節と信義を弁えてご挨拶すれば、快く応えてくださるのですもの
その時のことを手紙にしたためましたから、きっとメイドたちも分かってくれるでしょう
そうそう、神様へのご挨拶の際にはいつも傍に居てくれるメイドさんが慣れぬわたしを気遣って容易万端整えてくれている、と申し添えましたわ
ふふふ…、彼女たちには「神」に地酒をお酌して差し上げる、だなんて想像の外でしょうね

>私がお慕いする方の事も考えると、お嬢様の故国を訪れる日は当分先になりそうですね…。
>でも、共に時間をかけて努力致しましょう。

ごめんなさい、柚葉さんにもご苦労を掛けることと思います
ですが、この件につきましてはわたくしこそ努力してまいらねばいけませんね
彼の神父様が種族に拘らず真に守られるべき魂を大切にしてくださる、そういう方だと彼女たちに申してまいります
何度でも、そう、何度でも、わたくしの誠の心が彼女たちに通じるまで

>少し古い漫画ですが、このような作品があったのですね。

ブログをご覧になっていただけたのですか
たしかに、発表されたのは柚葉さんがお生まれになる前の少し古い作品になりますかしら?
でも、ヒロインにお褒めの言葉をいただけて、なんだかわたくしも嬉しいですわ
だって、愛する方をお守りする姿を評価していただけたのですもの
それも、ご自身を省みられてあの颯爽としたサクヤ様と重ね合わせて下るのですもの
この場合の「格好いい」はとても実感がこもっていると感じられて…
狐都奈様がそうであるように、わたくしも柚葉さんのことをあらゆる危難からお守りいたしたい、そう思っておりますから嬉しいのですわ

>でも昨今の狐神のヒロイン達は、仙狐さんや天狐空幻のように「癒し」のイメージが主流ですね。

はい、現実にはわたくしの方が柚葉さんに「癒し」をいただく毎日でございます
仙狐様や天狐空幻様のように、日頃より柚葉さんのお心の支えになれること
のんびり、ぐーたらで、柚葉さんに甘えてばかりなわたくしが日々本当に心するべきはそういうことであるのを、忘れぬようにいたします…

(申し訳ございません。今宵はここまでとさせていただきます)

662 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/06/29(Sat) 09:36
雨の季節なので、雨にまつわる妖怪の話を一つ。
創作漫画ですが、一度読んでください。
つ【妖怪雨女による神隠し】

きっと、心に染みるでしょう。

663 名前:羽藤柚葉 ◆cmJTqYfU 投稿日:2019/06/29(Sat) 21:25
>>662

あら…?目から温かいものが…。
「神隠し」といえば怖いものとして知られていますけれど、
このような「神隠し」であればこの作品の男の子、「小太郎くん」のように
どれだけ救われる子ども達がいることか…。
そう思わずにはいられません…。

両親から愛されず虐待されて泣いていた男の子と、かつて子どもを失った悲しみから
妖怪になったという雨女さん…。
お二人に欠けていたものが、お二人が出会うことで満たされ、本当の「親子」になった…。
泣いていた男の子が雨女さんの子どもになり、雨女さんに愛されて共に暮らす中で温かさと優しさを知り、
笑顔を取り戻していく…。
思わず「良かったね。本当に良かったね。」と口にしてしまいました…。

それにしても、このように創作の漫画や小説を手軽に読めるのはいいものですね。
今アニメや漫画、小説になっている作品はこのようなネット上の創作で生まれていくものも
多いのだとか…。
いつか単行本になり、より多くの人の目に触れる機会が訪れたらいいですね。

何と言いますか、暫くは雨を見るたびに思わずこの作品を思い出してしまいそうです…。
お二人には「常世」でずっと幸せな親子で在り続けてほしいですね。
心に染みる作品の紹介、有難うございました…。




664 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/06/29(Sat) 21:45
>>659(柚葉さん)

>でも、お嬢様がレイナさんと共にお作りになった本場のピッツァを屋敷神様は大いに喜ばれていましたね。
>確かに私の方が仕事柄、お料理を作る機会が多いのは必然ですが
>誰かのために作ったお料理に込められた心と、それがもたらす喜びは同じですね。

わたくしはレイナさんの指導に緊張しながら従ったのですけれど
お陰で「伊太利亜渡りの壱銭洋食」と仰って笑顔で美味しそうに頬張ってくださって嬉しゅうございました
あのような笑顔が見られることも、料理をする大きな喜びだと本当に実感いたしますね

>やはり仰っているのは、「蔵王キツネ村」の事ですか?
>私自身まだ行ったことが無いので、実は動画で堪能しているのですよ。

はい、わたくしもそうですわ
広い敷地内のそこここでくつろいでいる狐さんたちには心和みますわね

>一度、お嬢様とも相談してみましょう。

ええ、ぜひ参りたいですわね、家族全員で
夏休みになりましたらキツネ村を含めて蔵王の名所めぐりもよろしいかも
「蔵王酪農センター」では大変美味しいソフトクリームがいただけるそうですし、たいそう見事な薔薇園まであるそうでございます

>仙孤さん、天狐空幻さん、すねこすりさん、その他もふもふのイメージの神様、
>妖怪さん達がお集まり頂けるのなら、たしかに「もふもふ天国」ですね。

ああ…、想像していたら本当に実現したくなってまいりますわ
お住まいや連絡先、そういった情報の収集は長女ちゃんの得意分野ですから、彼女に頼んでみましょうか
お住まいが分かりましたら、こちらに棲んでいる獣娘たちにも協力してもらって「もふもふパーティー」を企画して、中野様と仙狐様をお誘いしてみましょうか
もちろん、他人様だけに甘やかさせてくださるようお願いするのはずうずうしいですから、この際わたくしも猫さんや犬さんに変化(へんげ)してモフられる覚悟でございますわ

>勝手な妄想ですけど、仙孤さんは共にお料理作りに参加して頂いたり、
>天狐空幻さんは「飯はまだか?」と言いながらも出来上がるまでの間周囲を盛り上げたり…。
>本当に楽しくなりそうですね。

ええ、その日が来るのが待ち遠しくなってまいりました
…ですが、ちょっと心配なこともございます
中野様が仙狐様に甘やかされているように、この家ではわたくしが柚葉さんに甘やかされております
まさか中野様が我が家で柚葉さんの歓待を受けて、柚葉さんにクラっとしてしまわれたりしないか、と
いえ、中野様と仙狐様の絆の強さを疑う気持ちは毛頭ないのですが
柚葉さんの癒し効果は世界一と確信しているこの身としては、気になってしまうのですわ

>個人的には、吸血鬼の方に美味しそうと思って頂ける血の持ち主でありたいですね。

柚葉さん、今さらではございますが、どうかその御身と「贄の血」を大事になさって下さいませ
貴女のその尊い血を美味と思わない吸血鬼などわたくしには想像すら出来ません
わたくし以外の吸血鬼の影をほんの少しでも感じられたら、どうかわたくしをお呼びになってくださいませ
決して、決して、その者に貴女を脅かさせたりはいたしませんから

>お嬢様が「禁血」なさっているように、血に対する渇望を抑えられるかどうかにも
>個人差があるのですね。

…実のところわたくしも食いしん坊娘ですので、小さい頃はかなり年齢の割にたくさんいただいていた方だったと思います
ただ、その頃からメイド長の方針で必ず献血係として契約した人間の方のうなじから三食直接いただいておりました
ソフィー様のように保存した瓶詰の血をいただく、ということはなかったのです
メイド長が申すには、
「我々が飲んでいる血は人間の生命を繋ぐために必要不可欠のもの。
人の体がそれを生成する能力は当然に限りがあり、我々が摂取する量を間違えば、彼らの命を損なうことになる。
そのことを知っていて欲しいのです。」
そのためわたくしは、自分が人の大切な血をいただいているのだ、人は血を摂られることを決して歓びはしないのだ、と知ることができました
だからこそ、わたくしは人と絆を結ぶためには血を断つ覚悟をより強く持てたのだと思います
メイト長の意図したことではないにしろ、わたくしは彼女に感謝しておりますわ

665 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/06/29(Sat) 23:09
>>662

素敵な物語を教えてくださりありがとございます
我が子を失った雨女様の悲しみの涙
愛されず惨い扱いを受けた小太郎君の苦しみの涙
二人が出会ったことで涙は温かいものに変わってゆく様が、こちらの心にもこの季節のけぶる空気の如き静かな安らぎをもたらしてくれました

既に人とは違うものになってしまったこと、それからくる逡巡さえを跳び越えて雨女様が差し伸べてくださった優しい手が、今まさに壊れようとしていた一人の小さな子の魂を救ってくれたこと、心より喜ばずにはおれません
そしてなお、小太郎君を人ならざる者にしてしまった我が身を責め、しかしやがて母となった身として迷いを捨てて我が子のために生きる決意をする、その強さに、魂の尊さを想わずにはおられません
そしてまた、母となられた雨女様を心からしたい気遣う優しさに涙せずにはおれませんわ
種族を越えて互いに得た代えがたい大切な絆、どうか二人がいつまでも大切にしていかれることを願っておりますわ

…ただ、わたくしが雨女様と同じ人ならざる者
自分が同じ立場に立ったならば、どうすべきか
幼子を虐げた者どもに対して何を為すべきか、は己が責任において考えねばならない、と感じましたわ
それがどういう形になるのか、まだ答えは出ないのですけれど

ところでこの漫画は、別の作品をわたくしに連想させましたわ
「人間に恋した鬼は咲う」
傷ついた少年と長い時を生きる鬼の優しい物語です
魔族のわたくしにとってはこれらの物語は、我が心に問いかけてやまない良き道しるべでございます

666 名前:羽藤柚葉 ◆cmJTqYfU 投稿日:2019/06/30(Sun) 20:19
>>664(アーチェロお嬢様)

>中野様が仙狐様に甘やかされているように、この家ではわたくしが柚葉さんに甘やかされております
>まさか中野様が我が家で柚葉さんの歓待を受けて、柚葉さんにクラっとしてしまわれたりしないか、と

お嬢様お嬢様、私はきちんとメイドとして雇用されている立場ですよ。(苦笑)
それも、破格の待遇で。(汗)
ですから、そんなに謙遜なさらなくても。(微笑)
勿論、お仕事の中にそれ以上の愛情をお嬢様とお屋敷の皆様に注いでいるつもりですが。
仙孤さんは無償の愛で中野さんに尽くされておりますから、あれこそがまさに「甘やかし」なのでしょうね。

それに…やはり一番私が尽くしたいと思うのはお嬢様なのですから。
無論お客様を歓待し御奉仕するのは私の義務ですが、 お嬢様に向ける気持ちと
それ以外の方とではやはり違うと思うのですよ。
うふふ…でもそのように思って頂けるのはやはりメイド冥利に尽きますね。

>柚葉さん、今さらではございますが、どうかその御身と「贄の血」を大事になさって下さいませ

あ、申し訳ありません…。ついお嬢様が心配なさるような発言を…。
でも、心から「贄の血」を捧げたいと思う相手はお嬢様お一人ですから。
それだけは、安心して下さいね。

>メイド長の意図したことではないにしろ、わたくしは彼女に感謝しておりますわ

お嬢様が生きる為に必要不可欠な事であろうとも、その恩恵に感謝し、その意味と重さを知らなければならない…。
そのような考え方がもてるからこそ、お嬢様の一族は長き歴史と人の世界との共存の道を歩んでこれたのだと思います。
お話を聞く度に、メイド長さんとは一度お会いしたいという気持ちが強くなって参ります。

667 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/07/03(Wed) 16:03
天気予報見るにしばらく晴れないみたいですね
吸血鬼としてはそっちのほうが都合がいいんでしょうか?

668 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/07/03(Wed) 22:45
>>666(柚葉さん)

>お嬢様お嬢様、私はきちんとメイドとして雇用されている立場ですよ。(苦笑)
>それも、破格の待遇で。(汗)

そして、わたくしは破格の甘やかされ方をされていると思うのですよ
お父様の提示なさった雇用条件がどうであれ、出会いの日よりもたらしてくださった年月の幸福、人間界で得られた歓びは貴女が居てくださったからこそのものでございます
日々の安らぎは勿論のこと、人の世界がわたくしの前に温かみを帯びて開かれてきたのも、貴女が何時も其処で微笑んで手を差し伸べた下さったからですわ
人間の世界へ少しずつ歩を進め、人との絆を手探りで求め、そうして怖れや惑いがわたくしの歩みを鈍らせたとき
(大丈夫だから。怖がらなくても良いから。)
貴女の笑みとさり気ない言葉と日々のお世話とに、そんなメッセージを感じていたわたくしでしたから

それは、中野様が仙狐様からいただいていらっしゃった日々の安息以上のものであったと確信しておりますわ
…だからこそ、普通にお客様に対するおもてなしでも、お客様を魅了するのに十分以上だと思ってしまうのですよ

>それに…やはり一番私が尽くしたいと思うのはお嬢様なのですから。
>無論お客様を歓待し御奉仕するのは私の義務ですが、 お嬢様に向ける気持ちと
>それ以外の方とではやはり違うと思うのですよ。

はい、わたくしも少し心配が過ぎてしまったようでございます
貴女からわたくしへの深い慈しみのお心は本当に深くて、お客様へのおもてなしの心遣いとは別のもの
益体もない心配をしてしまい申し訳ありませんでした
今はわたくしも貴女を見習って、仙狐様達をいかにおもてなしするがしっかり考えるといたしましょう
…いつか本当にその日が来ることを楽しみにしながら

>でも、心から「贄の血」を捧げたいと思う相手はお嬢様お一人ですから。
>それだけは、安心して下さいね。

そう仰っていただけるのはとてもありがたいです
でも、わたくしは血をいただく立場です
大切な血を差し出してくださることでお体に差し障りがありはしないか、わたくしがそれに思い至っていないのではないか、と心配になるのです
経観塚で血をいただいたあの日、柚葉さんもまた二人の想いの重ね合いに喜びを感じていただいていたとしても、です
だって、献血の後は体調に気を付けなければならないことを血液センターでも呼びかけているではないですか

「贄の血」は、わたくしたち二人の文字通り「血縁」の証しですのに
なのに禁血を達成したはずのわたくしにも、特にゾクッとするような快い魅惑を感じさせます
わたくしのとってそれは、中野様にとっての仙狐様のもふもふの魅惑の数層倍になるほどのものなのです

…どうかお願いいたします
もし万が一、わたくしがただただ甘えて愉悦のために貴女の「贄の血」をおねだりするようなことがありましたら、そのときはわたくしのことを叱ってくださいませ
大切な「贄の血」は、わたくしたち二人の魂の交わりのため、本当に必要な時にだけいただくべきものだと思っておりますから

>お話を聞く度に、メイド長さんとは一度お会いしたいという気持ちが強くなって参ります。

わたくしが本当に人と交われるだけの覚悟を備えるよう導いてくれたのが彼女でした
人より血を得ることの意味の重さを教えてもらえたからこそ、わたくしは今この人の世界にいることが出来ているのだと思います
そして、柚葉さんがいらしてくれることが、奇跡ともいえる幸せであることを自覚できるのも

わたくしも、いつかきっと、二人で彼女の元を訪れたいです
わたくしにとってのこの上ない友と手を携えることができた、その最初の導きへの感謝を伝えるために

(申し訳ありませんが、今宵はここまでとさせていただきます。)

669 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/07/05(Fri) 23:33
>>667

はい、日の出とともに目覚め昼間にお散歩を楽しむ、そんな暮らしにすっかり慣れましたけれど
今でも強い日差しは辛うございます
ここのところの曇りのお天気はたいへん過ごしやすくて、お散歩してはご近所様にご挨拶、お買い物に出向いてはお店のご主人や女将様からお誘いの言葉、とても気持ちの良い外出が出来ております
ですが、過ぎたるは及ばざるがごとし
雨が激しすぎますと道に水の流れが出来てしまい、吸血鬼としてはこれはこれで困ってしまいますね

それに、間もなく訪れます七夕のため、我が家でも笹飾りを用意いたしているところでございます
陽の光輝く道に沿ってご近所の家々の面にも笹飾りが並ぶさまはとても綺麗ですわ
ほおずき市が立つのも間もなくです
季節の景色の彩りを楽しむために、青く晴れ渡る空の下、日傘を手に歩んでまいるのは、少しばかりしんどくても十分報われておりますわ

670 名前:羽藤柚葉 ◆cmJTqYfU 投稿日:2019/07/14(Sun) 09:01
>>667

そうですね。強い日差しはお嬢様の体調に差し支えますので
曇り空の日はお嬢様にとっても過ごし易いので有難いです。
加えて気温も程良く下がりますので、暑さを和らげる意味でも有難いですね。

…ですが、ニュースやお買い物を見ていると少々心配事があるのですよ。
日照時間が少ない分、お米や果物、特に桃の生育に影響が出始めているのだとか。
行きつけの青果店のお姉さんも、曇りは過ごし易いけど果物の実りが心配だと語っておられました。

あちらが立てば此方が立たぬという具合に、天気の変化と影響はままならぬものがあり
難しいですね。
お嬢様の体調に注意せねばならないのはこれからなので、家人として努力して参ります。
それから気温の変化と急激な雨には、あなたも注意して下さいね。

>>669(アーチェロお嬢様)
>それに、間もなく訪れます七夕のため、我が家でも笹飾りを用意いたしているところでございます

はい、先週は程良く晴れて満天の星空とまではいきませんでしたが、七夕のイベントを楽しませて頂きましたね。
近所の公民館の七夕祭り、それからお嬢様を囲んでお屋敷の皆での七夕パーティ…。
七夕散らし寿司と天の川素麺、そして天の川風レアチーズケーキは皆で頑張った甲斐があり
屋敷神様にも喜んで頂けましたね。

そして短冊の願い事は…。
「お嬢様と、そして私の大切な人達と穏やかな日々を送れますように」ですね。
あ、それからもう一つ…。
「となりの吸血鬼さん 第二期がアニメで実現しますように」。

671 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/07/14(Sun) 23:11
>>670(柚葉さん)

>近所の公民館の七夕祭り、それからお嬢様を囲んでお屋敷の皆での七夕パーティ…。

公民館の七夕祭りでは、わたくしが屋敷の庭から持ってまいった大きな笹が子どもたちの一杯の願いごとで飾り立てられたのは本当に嬉しかったですわ
そして、うちの学校の「奇術部」の方たちが織姫さまと彦星様の衣装で妙技を披露してくださってお子様たちの喝采を受けていましたね
美人の部長様と爽やかな助手の方の艶姿に、小さな子どもたちも年に一度の逢瀬に自分たちを楽しませるためにわざわざ来てくださった伝説の恋人たちの幸せをいっそう願っていて微笑ましかったですわ

お家での七夕パーティーは、このような発想があるものなのかと驚くばかりのお料理を柚葉さんが用意してくださって、食べてしまうのがもったいないほどでした
星型抜かれた人参やオクラがちりばめられたちらしずしや素麺、素麺を天の川に見立てるなんて思いもよらない発想でしたわ
ウズラ卵の顔に海苔の目鼻を張り付けて薄焼き卵の衣を纏わせた織姫さまと彦星様、とても可愛かったですね

>そして短冊の願い事は…。

わたくしの短冊の願いももちろん、
「柚葉さんと大切な人々、皆さんとの幸せな毎日が続きますように」
でした
考えることが一緒で嬉しいですね…
「となりの吸血鬼さん 第二期」も、柚葉さんの短冊をこっそり見てあわてて書きましたわ
願いが聞き届けられるとよろしいのですけれど…

672 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/07/16(Tue) 06:48
気がついたら朝になってるっていう経験って吸血鬼的に考えたら普通に寝る前なのかな?

673 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/07/20(Sat) 20:54
>>672

吸血鬼にとってお日様の光はかなり苦手なものでございます
ゆえに、夜の闇の中で活動していてもお日様が昇る頃合いを忘れないようにするのが肝要なのですよ
人間が目覚めて活動を始める時間まで出歩かない、ということもございますからね
その前には棺に入ってお休みする、というのが少なくとも子どもの内の普通のことですわね
わたくしの場合は特にやんちゃが過ぎて、夜の間お外で遊んでいて気がついたら居城を離れて人間とばったり鉢合わせて大騒ぎに…、なんてことが何度もあってずい分叱られたものですわ

今はこうして昼型の生活の馴染んでおりますけれども、逆にお勉強に身が入ったり漫画を夢中で読んだりして、気がついたら朝になってしまって生活のリズムが狂う、なんて恥ずかしいことも時々してしまいますわ

674 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/07/21(Sun) 20:02
アーチェロさんも魔族ですよね?
魔法少女を倒しませんか?
あ、お金持ちだからその必要は無いか。

675 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/07/21(Sun) 21:00
>>674

最近、多魔川近辺の街で覚醒した魔族の方のお話でしょうか?
たしかにわたくしも魔族ですから、ああして人間界で生活していらっしゃる方のことは他人事とは思えませんね
わたくしは魔法少女と戦った経験はございませんが、あのような対立があることを知ってしまいますと、これからは気をつけなければと思いますわ
人間界を守護する使命を負った方がもしわたくしたちに敵意を向けられるなら、わたくしたちが人間に仇名すことはしないとなんとか分かっていただけるように努めたいと思います
魔法少女ではございませんが、同じ吸血鬼のソフィー様を狙っていた退魔師の方もソフィー様のお人柄をお知りになって矛を収められました
魔法少女もそうである、と信じたいですわ
優子さまはご家族の生活をより良いものにしようと片手ダンプ…いえ千代田桃さまを戦う決意をされた、その心根はまことに尊いと存じますが…、
ですが光と闇の新たな悲劇を生まないよう、今一度お考えいただきたいですわ

できることなら、優子さまと桃さまを我が家にご招待してお茶会の席を設けて、お二人が仲良くされるお手伝いをいたしたいものでございます

676 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/07/24(Wed) 01:50
7月27日は土用の丑の日ですが鰻を食べますか?

677 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/07/25(Thu) 00:43
夏休みだから吸血鬼がたくさんプールに遊びに行くそうです

678 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/07/26(Fri) 21:33
>>676

はい、その日を楽しみにしておりますわ
今に自分は商店街で鰻屋様の前を通りますと香ばしい薫りがしてくるではありませんか
どうして食べずして済ませられましょう
土用の丑の日当日に、熱々の鰻の蒲焼きを買ってまいっていただくのを楽しみにしておりますわ
わたくしたち吸血鬼にとって夏の暑さは殊の外こたえます
美味しい鰻をいただいて、この夏を元気に乗り切りたいですわ

夏の味覚の鰻…といえば思い出しますわ
母が長崎で出会いました平賀源内なる御仁が
「本来は秋から冬が旬の鰻を、夏の土用丑の日の名物と売り込みを考えたのは、何を隠そうこの私さ。」
と吹いていたそうでございます
中々に博覧強記、才気煥発な御方だったようで、母は『日本のダ・ヴィンチちゃん』なるニックネームを差し上げたそうでございます

ちなみに、鰻はイタリアでも美味しい食材になっているのですよ
エミリア=ロマーニャ州にありますコマッキオという町では特産品になっておりまして、秋には街を上げての鰻祭りが催されるのです
トマト煮込みやリゾット、それに蒲焼きもございますわ
わがカルミーニオ家の居城とも近いので訪ねたこともございますが美しい町でしたわ


>>677

まあまあ、それは初耳でございます
この日本で吸血鬼がそれほど数をなしているという話も伺いませんし、ましてプールに大勢行くということなど…
たしかに、屋内プールやナイトプールでしたら陽の光に晒される心配もなく楽しめるかと思いますが、はたして進んで出てこられる同族がどれだけいらっしゃるか
ですが、もしそのような光景を見ることが出来ましたら、わたくしも大いに勇気づけられますわね
人間と吸血鬼が共に夏のレジャーを満喫できるだなんて、胸ときめかさずにはおれません
わたくしも家族とともにプールに出かけたいとは思っております
もしもそんな光景に本当に巡り合えたら忘れられない思い出となりましょうね

679 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/07/26(Fri) 23:02
姫君を吾輩のお城に招待したい。

吾輩のお城はイタリアの山奥にあるのだ。

680 名前:羽藤柚葉 ◆cmJTqYfU 投稿日:2019/07/26(Fri) 23:35
>>674

クスッ、最近「先祖返り」を果たしたという吉田優子さん、「シャミ子」さんに
関する話題ですね?
お嬢様の場合は…例え同じ立場に置かれたとしても誰かと争う事はなさらないかと思います。
最も…シャミ子さんと桃子さんの関係に関しては危惧するような事にはならないでしょうけどね。(苦笑)

魔法少女ですか…。
もしお知り合いになれたとしたら、お嬢様にお仕えする見習いメイドの三姉妹さんと
仲良くなれそうですね。
もしお屋敷に来て頂けるのであれば、三姉妹さんと楽しく遊んでいる様子が想像できて
微笑ましいです。(微笑)

それにしても…家族3人で月に生活費が40000円…。
それ以上は例え稼いでもそれ以上は不運によって無くしてしまうというのは
実に困りましたね…。

もしお嬢様と同じ学校に通われているのでしたら、少々お弁当の量を増やして
お嬢様と一緒に召し上がってほしいですね。
お嬢様のお荷物が多少増えてしまうのは申し訳ないのですが、
同じ魔族同士でしたら「施し」ではなく「助け合い」になりますからね。

お嬢様が仰るように、シャミ子さんと桃子さんにお屋敷に来て頂けたとしたら
素敵なお茶の時間を楽しんで頂きたいです。
もう夏本番ですし…お屋敷の縁側では楽しい季節のイベントも色々と出来ますからね。

>>676

はい、勿論ですよ。昨年は「う巻き」をお嬢様に召し上がって頂きました。
今年も商店街のお魚屋さんの所できちんと予約してあります。

毎年お嬢様も、お屋敷の皆さんも土用丑の日に鰻を頂くのを楽しみにしているんですよ。
夏本番前にお嬢様には体力をつけて頂き、今年も暑さを無事に乗り切って頂けるように
存分に腕を振るわせて頂きます。

蒲焼きは定番として、お吸い物と一緒に出させて頂く予定なのですが
今年は洋風のメニューにも挑戦する予定です。
バルサミコ酢を使った鰻のソテー、それから鰻のグラタンも…。

加えてこのお屋敷の屋敷神様は、最近洋風にアレンジしたお料理がお好みのようでして、
きっと楽しみにしておられるかと思います。
もしあなたも鰻をお料理なさるのでしたら、普段イメージするメニューとは
違うものに挑戦してみては如何でしょう?

…申し訳ありません。今夜の返信は此処までとさせていただきます。


681 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/07/27(Sat) 11:03
>>679

あらあらあら、わたくしと同郷の方ですか
それも由緒ある方のようですわね
そんな方からご招待いただけるなんて光栄ですわ
ええ、喜んで…と申したいところでございますが、そうも参りませんね

同じようなご招待は過去数百年、幾度も幾度も受けてまいりました
そのたびに待っていた結末も中々に様々でございまして
城門をくぐった途端に矢が雨あられと降ってきたり、
貴賓集う席で聖なる詠唱が一斉に唱えられたり、
宴席で出された芳醇なワインに毒が仕込まれていたり

貴方様がそうだと申すわけではございませんが、名を明かされない方からのご招待に歓喜するには、
いささか面白からざる経験が過ぎたのですよ
わたくしが「力」で以てそれを知り得るかどうかは関係ございません
見知らぬ方のところに出かけて大切な家族を心配させるわけには参らないのですよ
それに故郷の城にも戻らないのに、近隣のお城に参ったりしては我が家の親族やメイドにもがっかりされてしまうでしょう

ご招待は大変ありがたいのですが、もう少し貴方様と知り合う機会を重ねてから考えさせていただきますわね

682 名前:羽藤柚葉 ◆cmJTqYfU 投稿日:2019/07/28(Sun) 15:27
>>677

人間の世界で暮らす中で、太陽の光にも耐性がついてきたのでしょうか?
お嬢様もご自身の努力によって昼間を過ごして夜にお眠りになる生活をしておられますので、
決して不可能ではないのでしょう。

その中で、太陽の下で遊ぶことの楽しさを覚えられたのでしたらそれは幸せですね。
ただ、人間であっても暑さで急激に体調を崩すことはありますから
本来日光に弱いとされる吸血鬼の方々には猶更注意して頂きたいですね。

私達もある程度予定が落ち着いたら、避暑地に出向こうと思うのですよ。
実は商店街の福引で…プールや運動施設を兼ねたリゾートホテルの宿泊券が当たったんです。
避暑地のプールでしたら、お嬢様にも快適に過ごして頂けると思いますので。

>>679

やはりご無理でしたか…。
生憎、お嬢様は故国イタリアより出奔されてきた立場ですので…。
故国の土を踏んだとあれば、生まれ育ったお屋敷に足を運ばないわけには参りませんから。

あなた様の素性に関しては詮索するようなことは致しませんが、今のお嬢様が
故国に足を運ぶのは事情により無理なのです。
もしその時が来たのであれば、是非私も同行したいのですが。

ご期待に沿えず、申し訳ありません。

683 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/08/01(Thu) 21:50
なんか急に夏になったね
熱中症に気をつけて過ごさないとね

684 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/08/02(Fri) 23:43
>>683

夏の催し物が目白押し、里帰りやお墓参り、いろいろご予定の方も多いと思いますけれど
連日照り付けるお日様に、うっかりすると体が参ってしまいますわね
今は吸血鬼よりも毎日の暑気の方がよほど人の心身に脅威でございましょう
貴方様もお体どうかご自愛くださいませ

昨年の酷暑の経験から、今年はわたくしも夏を迎える前からいろいろと準備をしてまいりましたのよ
まず、庭に思い切って湧水を引き込みましたわ
漫画「信長のシェフ」10巻を見て思い立ち、長崎の有名な湧水庭園「四明荘」を参考に作ったお庭でございます
庭園の樹々の中、水の流れは見る目にも涼しく、そこへと張り出した座敷には、涼風が吹き込んでまいります
水の流れは緩やかで、流水が苦手な吸血鬼のわたくしでもしっかりくつろぐことができますわ
そんなお庭でいただく和菓子も、涼を取れるものを集めてまいりました
銀河をイメージした「天の川」という羊羹や甘酒を使った寒天「天糀」(あまこうじ)、口に中もひんやりと心地良うございます
よろしければ貴方様もお一つどうぞ

毎年近所の子どもたちが
「吸血鬼のお家ならきっと怖くて涼しくなれる」
なんて我が家に遊びに来ていましたが、今年はそうはさせませんよ
このお庭でしっかり涼んでもらいますわ

お家で涼をとり英気を養えましたら、しっかり夏を堪能したいですわね
花火、縁日、朝顔市…
そうそう、わたくし健康と子どもたちとのお付き合いもかねてラジオ体操にも日勤しておりますわ
今年はしっかりスタンプをコンプリートしてみせますわよ…
貴方様もご一緒にいかがかしら?

685 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/08/02(Fri) 23:56
>>682(柚葉さん、横から失礼いたします。)

>私達もある程度予定が落ち着いたら、避暑地に出向こうと思うのですよ。
>実は商店街の福引で…プールや運動施設を兼ねたリゾートホテルの宿泊券が当たったんです。
>避暑地のプールでしたら、お嬢様にも快適に過ごして頂けると思いますので。

そうそう、柚葉さんのお陰でリゾートホテルへご招待いただけるのでした
この夏一番の思い出になりそうですわね
日頃お忙しくしている柚葉さんにもゆっくり命のお洗濯をしていただきたいですわ
そして心和む夜を共に過ごしてまいりたいです…

ホテルの周囲は高原の美しい自然林や湖、花畑、古い御社もあるとやら
急いで観光地巡りをすることもないでしょうが、きっと多くの生き物や人の目に触れぬ種族も棲んでいることでしょう
新たな出会いがそこで見つかるなら、それもまた旅の醍醐味でございましょう

686 名前:羽藤柚葉 ◆cmJTqYfU 投稿日:2019/08/04(Sun) 08:26
>>683

梅雨が明けて、本格的な夏の到来となりましたね。
天気予報を見る度に35度以上の表示が出ていると、お嬢様も私自身も
いよいよ気を付けなければという気持ちになります。

この季節は、1時間に10分は必ず休憩を取りスポーツドリンクや塩飴、タブレットを
接種するようにしているのですよ。
忙しいと休憩を後回しにしてしまうというのが、逆に良くないですからね。
それと見習いメイドの三姉妹さん達には、30分毎に休憩をとってもらっています。

あ、お裾分けでこちらの塩飴をどうぞ。
タブレットもいいのですけど、個人的には和風のこちらがお好きですね。
お嬢様も、お気に入りなんですよ。(微笑)

>>684(アーチェロお嬢様)

>長崎の有名な湧水庭園「四明荘」を参考に作ったお庭でございます
>庭園の樹々の中、水の流れは見る目にも涼しく、そこへと張り出した座敷には、涼風が吹き込んでまいります

社交部の皆様、本日はお屋敷にお越し頂き有難うございます。
夏休みの課題も、社交部の企画や催し物に関する話し合いも順調のようですね。
でも、くれぐれもご無理はなさらないで下さいね。

どうぞ…お嬢様おすすめの羊羹「天の川」、甘酒を使った寒天「天糀」(あまこうじ)をお持ち致しました。
お飲み物は冷やし甘酒、麦茶のお好きな方をどうぞ。

如何ですか?こちらのお庭造りは家人一同で頑張ったんです。
こうして皆様に涼を取りながら和やかに過ごして頂けると、頑張った甲斐があります。

ではお昼は夏の定番、お素麺に致しますね。
胡瓜、短冊卵、ハム、それから葱、生姜などの薬味…。
お好きな物を入れて、召し上がって下さいね。

まだ8月は始まったばかりですが、気付けば既に後半に至ってしまうのも夏休みです。
ここが集中して勉学に励むことが出来る憩いの場所となるのであれば、是非お越し下さいませ。

では昼餉が終わりましたら、私もお嬢様も社交部の皆様ももうひと頑張り致しましょう。

687 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/08/04(Sun) 16:54
>>686(柚葉さん)

柚葉さん、お疲れ様です
ようやく涼しいお庭が出来たところで申し訳ありませんが、夏休みの社交部活動と言うことでまたまた皆様のご接待
どうもありがとうございます

柚葉さんのお出迎えを受けた皆さんの嬉しそうな表情はどうでしょう
皆さん、柚葉さんは我が部の最も頼りとする顧問ではございますが、秋の文化祭の企画は
まずわたくしたちで点てなくてはいけませんよ?
その上で、内容をさらに詰めて練り上げる時には柚葉さんも相談に乗ってくれることでしょう…

あらあら、皆様もうお菓子のことしか目に入っていないのかしら
冷やし甘酒や麦茶の喉越しの爽やかさゆえか、本当に「生き返った」という表情ですのね

この湧水庭園ですか?
はい、柚葉さんが言う通り我が家のみんなで拵えたのですよ
土地神様のお許しをいただいて、あちらの山から地下を流れてまいる水脈の一部を引かせていただきました
庭園づくりについても、わたくしは当初本職の方へ依頼しようと思ったのですが、
柚葉さんがしっかり計画を立ててくださいました

「造園技能士」?なるほど、そういう国家資格があるのですね
伺ったことはないですが、柚葉さんがそういう資格をお持ちでも何ら不思議はございません
わたくしですか?
そこは適材適所、主に力仕事を担当して、襷がけをして築山を作ったり庭石を運んだりしたのですよ
もちろん、レイナさんや三姉妹も頑張ってくれましたわ

ああ、美味しい…
お素麺は正に日本の夏の国民食と申せますわね
素麺の白く美しい麺は、幽谷を流れ落ちる滝の如しですわ
彩りも豊かで栄養もしっかり与えてくれる具の繊細な刻み様まで、庭のせせらぎの音とともに心を涼ませてくれますわね…

688 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/08/04(Sun) 16:57
>まずわたくしたちで点てなくてはいけませんよ?
×)点てなくては
○)立てなくては

失礼いたしました

689 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/08/07(Wed) 22:51
吸血鬼って幽霊見える?

690 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/08/09(Fri) 22:33
>>689

霊視でしたらできますわ、どんな霊でもというわけには参りませんけれど
命尽きてなおこの世に強い想いを抱いていたり生者と強い絆で結ばれている場合でしたら、ですわね

わたくしの学校の音楽室のピアノは、人のいないときに曲を奏でることがありますが、わたくしには昭和初期の制服を着た女性がピアのを弾いている姿が見えるのですよ
お話させていただいたところでは、学生時代にご自身で作曲した曲を世に発表する間もなく病気で身罷られたそうで、なんとか人に聞いてもらいたいとその一心だそうでございます
わたくしとお友達で校長先生にお願いして、全校集会の時講堂のピアノでその方に奏でていただけるようお願いし聞き入れていただきました
その方の姿は見えずとも、皆様も美しい音色にウットリされて、その幽霊の方も大変嬉しそうでございました
それで満足して昇天…とはならず、今は二作目の作曲に取り組んでいらっしゃいますわ

そうそう、貴方様は「石畳とひまわり」というネット漫画をご存じでいらっしゃいますか?
とても心に残る良い作品だと思いますが、実際にあのような場所に参りますとあのような対面がときどき見られるのでございます
人はそれと知らずとも多くの縁の中で生きているのですね

わたくしのように霊視は出来ずとも、貴方様も見守られているのかも知れませんよ?

691 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2019/08/11(Sun) 18:09
熱への耐性があれば……この暑さなんてへっちゃらな筈でしょう?

人外なのだから。

692 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/08/11(Sun) 21:55
>>691

熱への特段の耐性などございませんけれど?
夏の暑気は人間より苦手なくらいですわ
過酷な環境に耐えうるかどうかは種族それぞれ、人外だから不死身だ不老不死だと決めつけられては困ってしまいます

「実在のレベル」を調整すれば環境からの負荷も軽減できますが、それはすなわち幽霊同様にこの世界との関りを断つことでございます
人間との交流を求めてまいったわたくしはそのような能力を使いたくございません
同じ夏の暑さを体験して共感してこそ、日々の人付き合いも季節の風物もわたくしにとっての人間界の本当の楽しみとなるのです

ただし、我が家でもあまりの熱気に参ってしまいそうなときは、「元素支配」の魔法で季節外れの寒風や吹雪を起こすことはございます
ご近所の皆様を招いて束の間の納涼の会を催すのも楽しいものですわ

693 名前:羽藤柚葉 ◆cmJTqYfU 投稿日:2019/08/18(Sun) 16:51
>>689
>>690(アーチェロお嬢様)

こちらはお嬢様にお聞きしないと分かりませんが…。
お嬢様は霊視は可能のようですね。

私にも出来ないわけではないらしいですが…。
「触らぬ神に祟りなし」と言われますように故郷では必要以上には関わらないように
気を付けて参りました。
仮に見えたとして、そこから先が問題ですね。
霊が抱える問題を解決できるだけの力がなければ、意味が無いのですから。
見えてしまって、どうにもならないのであれば私であれば然るべき所に相談致します。

>わたくしの学校の音楽室のピアノは、人のいないときに曲を奏でることがありますが、わたくしには昭和初期の制服を着た女性がピアのを弾いている姿が見えるのですよ

まあ…。それは熱心に音楽に取り組んでおられた方だったのですね。
生きておられたならその道で名を残すことも夢ではなかったでしょうに…。
誠に残念です。

でも、お嬢様達との出会いで自身の想いを理解して頂き、尚も音楽に情熱を傾けておられるようですね。
災いを為しているわけではなさそうですから、今後はお嬢様の学校を見守る守護霊的な立場になられるのではないでしょうか?
私は部外者なのでみだりに立ち入ることは出来ませんが…。
もし機会があればその方の演奏を是非お聞きしたいものですね。

>>691
確かにお嬢様は「人外」ではありますが…。
太陽の苦手な吸血鬼の方々にとっては、暑気は猶更お身体に触ることぐらいは
存じているのではありませんか?

暑さで色々と活動が妨げられて苛々するのも分からないわけではありませんが…。
あなたの物言いには少々八つ当たりめいたものを感じてしまいます。
加えてお嬢様に対して侮辱めいたことを仰るのであれば、お引き取り下さいませ。

694 名前:羽藤柚葉 ◆cmJTqYfU 投稿日:2019/08/18(Sun) 17:38
>>685(アーチェロお嬢様)

お疲れ様です、お嬢様…。
大学の課題、お屋敷のお仕事にもある程度の目途がつきまして、
これで心置きなく懸賞の避暑地に行く事が出来そうです。

それで、この目的地の周辺についてもお調べしたのですが、
どうやら鍾乳洞見学が出来るそうですよ。
涼しげな神秘の地下の世界…。水と岩が織り成す天然の芸術の世界を堪能致しましょう。

それと…こちらの鍾乳洞ではイベントで「蝙蝠のお食事ショー」というものも見られるそうですね。
洞窟と言えば、蝙蝠さん達の住処ですものね。
彼らが子ども達に親しまれている様子を、楽しませて頂きましょう。

当日の為に、きちんとレンタカーも手配済みです。
ふふっ…。楽しみですね。

(当日)
さてと…到着しましたよお嬢様。
次女さんは同中景色を堪能されていたようですが、長女さんと三女さんは
車内のクーラーの快適さで眠っておられたようですね。
レイナさんは助手席で、常に警戒をされておられましたが。
では、リゾートホテルでチェックインを済ませ、荷物を置いてお出かけ致しましょう。
まずは、初日の鍾乳洞見学ですね。

(当日の蝙蝠とのふれあいショー)

ふふっ…。こちらの蝙蝠さんはオオコウモリ…。
別名、フルーツコウモリと呼ばれている種類のようですね。
あらあら、あんなに美味しそうに飼育員さんの与えるフルーツを食べておられます。

あら?あららら?
お嬢様を見た途端、あんなに親しげにお嬢様の下へ…。
やはりお嬢様に、蝙蝠さんは惹かれてしまうようですね。
餌付けをされている相手ではないにも関わらずあれ程懐いている様子に、
飼育員さんも驚いておられますね。

あらら?大変!蝙蝠さんがもう一匹別の所に飛んでいってしまいました…。
あら?どこからかもう一匹別の蝙蝠さんが…。
あ、次女さんが本来の姿になられたのですね。
そして飼育員さんの所に、逃げてしまわれた蝙蝠さんを誘導して…。

次女さん、暑い中お疲れ様でした…。
思わぬハプニングに飼育員さんも困惑しておられましたが、
お嬢様と次女さんのご活躍で無事解決ですね。(微笑)

もう少し蝙蝠さんの可愛い御姿を堪能していたい所ですが、ショーは一旦終了ですね。
では、早速鍾乳洞見学に参りましょうか。

695 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/08/18(Sun) 18:20
>>693(柚葉さん)

>私にも出来ないわけではないらしいですが…。
柚葉さんはわたくしと一緒に土地神様や屋敷神様とも交流なさっていますものね
霊的な感覚が優れていらっしゃるのでしょう
贄の血を受け継がれる方は生来そうでいらっしゃるのかしら

わたくしとしては、その霊感と他人様への心配りのお心を頼って幽霊さんが過剰に近づいて来ないか心配いたしますわ
この世に後ろ髪引かれる思いの霊魂は、たとえ邪悪な者でなくても意思疎通できる生者へ心に負担を与えかねませんから
柚葉さんは不必要に彼らに近づくのを慎んでいらっしゃるようですから大丈夫かと存じます
ですが、万一霊につき纏われることがございましたら、わたくしに護らせてくださいませ
この身は魔族なれば貴女の楯になる力があると自負しておりますわ

>私は部外者なのでみだりに立ち入ることは出来ませんが…。
>もし機会があればその方の演奏を是非お聞きしたいものですね。
実はその彼女のことなのですが
わたくしたちの社交部の活動に少なからず興味を持たれたのですよ
ダンスパーティーの練習の際には彼女がピアノ演奏をさせてほしい、と仰いまして
柚葉さんの仰るとおり学校の守護霊となることを本懐とするほどの清廉な方ですから、わたくしもお願いしようかと思っておりますの
よろしければ、柚葉さんにもいずれお引き合わせさせていただきますわ

(すみません。次のご返事まで少しお時間をいただくことになるかと思います。)

696 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/08/18(Sun) 20:39
>>694(柚葉さん)

柚葉さんこそ本当にお疲れさまでした。
学業とわたくしたちのお世話を寸分漏らさずこなしていただいて、こうして素敵な避暑地への旅のエスコートまでしていただいて
澄んだ空気と吹き渡る風のなんと心地良いことでしょう
陽射しすら、闇の魔族のわたくしにもこんなにも麗らかで優しく降り注いでいます

(待ちに待った旅行の当日です)
>次女さんは同中景色を堪能されていたようですが、長女さんと三女さんは
車内のクーラーの快適さで眠っておられたようですね。
>レイナさんは助手席で、常に警戒をされておられましたが。
写り行く景色を見ながら柚葉さんとお話したかったのでしょうが、運転のお邪魔になってはいけないと三人とも我慢していましたからね
レイナさんもこんな時ばかりは羽を伸ばしてほしいのですが、わたくしたち皆の旅を楽しむ姿を見守ることこそが彼女の最も報われる道なのでしょう
わたくしたちみんな、思い切り旅を堪能いたしましょう

(待望の蝙蝠さんのふれあいショーです)
あらあらあら〜
モフモフと柔らかそうな毛並み、くりくりとした愛らしい瞳…
オオコウモリさんたちとても生き生きとしていますのね
きっと大切に慈しまれて暮らしているのでしょう
飼育員様のご説明のとおり、フルーツをいただくとき飼育員様の指を咬まないように優しく咥えてくれていますわね
互いの信頼関係がちゃんと築かれているのがとても嬉しゅうございます

>あら?あららら?
>お嬢様を見た途端、あんなに親しげにお嬢様の下へ…。
うふふふ、この子たちったら…
はい、お察しのとおり、わたくしは人の姿を持ちながら貴方たちと同じ闇と共に生きる者…
貴方たちの元気な姿が見られて心から嬉しく思いますわ
え?
「私たちと同じ姿になってお空を散歩しませんか?」
と仰るの?
そうしたいのは山々ですが…、ここではわたくしは見学者
飼育員様をさしおいて勝手は出来ません。ごめんなさいね
でもせっかくふれあいの機会を得たのですもの
しばらくわたくしの腕の中で抱かれていてくださいな
それから、あちらのわたくしの連れの柚葉さんとも、ね

あら、わたくしの連れの娘が貴女のお友達を飼育員さんのところに案内してくれたようね
…ふふっ、どこにも必ずいるものなのね、おてんば娘というものは

(鍾乳洞でございます)
はあ…、先ほどは飼育員様からお声をかけていただいてちょっと困ってしまいました
「初めてのふれあいでコウモリたちとあんなに仲良くなれるなんて、貴女には飼育員の素質があるわ。
 高校生?なら、進路調査表の第一希望にウチの飼育員と書いときなさい!」
だなんて、グイグイこられて…

などとぼやいているうちに風景は一変
なんて素晴らしい鍾乳洞の景色でしょう
暗がりの中の見事に形作られた自然の造形
ところどころより差し込む陽の光が湛えられた水に照り映えて幻想的な青の輝きが満ちております
水龍が眠る地底のが如く静謐な世界が広がって、ずっとここに留まっていたいとすら思ってしまいますわね

697 名前:吸血姫アーチェロ ◆ufrlRV4E 投稿日:2019/08/18(Sun) 20:43
>水龍が眠る地底のが如く静謐な世界が広がって、ずっとここに留まっていたいとすら思ってしまいますわね
×)水龍が眠る地底のが如く
○)水龍が眠る地底湖の如く

失礼いたしました


掲示板に戻る 全部 前 50 次 50 1 - 50 最新 50 スレ一覧
名前: E-mail(省略可)

read.cgi ver.4.21.10c (2006/07/10)